2010年01月17日

殺す者と殺される者 

傑作サスペンス新訳で復活

おじの遺産を相続し、不慮の事故から回復したのを契機に、大学の職を辞して亡母の故郷クリアウォーターへと移住した心理学者のハリー・ディーン。人妻となった想い人と再会し、新生活を始めた彼の身辺で、異変が続発する。消えた運転免許証、差出人不の手紙、謎の徘徊者……そしてついには、痛ましい事件が。この町で、いったい何が起きているのか? マクロイが持てる技巧を総動員して著した、珠玉のサスペンス。解説=三橋曉

あなたも書評を書いてみませんか? 詳細はこちらです。


  • ヘレン・マクロイ/翻訳:務台 夏子
  • 東京創元社
  • 903 円
殺す者と殺される者
livedoor BOOKS / 関連書評


『殺す者と殺される者』についての意見(トラックバック)

本が好き!経由で献本をいただきました。感謝いたします。 米女流ミステリー作家、ヘレン・マクロイのサスペンス作品が本書。 2009年に創元推理文庫の創刊50周年を迎えたことを記念して、約半世紀ぶりに新訳で刊行されたということだが、サスペンス、ホラー、SF風味、さらに驚...
[ ぽっぺん日記@karashi.org ]   2010年01月28日 23:31
殺す者と殺される者 ヘレン・マクロイ/翻訳:務台 夏子 東京創元社 903円 Amazonで購入 書評/ミステリ・サスペンス _uacct = "UA-918914-3";urchinTracker();&n...
[ 爽快!読書空間 ]   2010年01月25日 19:45

トラックバックURL

books_review at 10:04│TrackBack(2)clip!ミステリー