2010年02月04日

友だち、恋人、チョコレート 

哲学者探偵シリーズ第2弾

イザベル・ダルハウジーは、エディンバラに住む〈応用倫理学ジャーナル〉誌の編集長。ある日姪が営むデリカテッセンで、一人の男性が話しかけてきた。心臓移植を受けて以来、身に覚えのない映像がよみがえってくるというのだ。ドナーの記憶なのか? 得意の哲学的思考と行動力で、試行錯誤しながら謎を解こうとするイザベル。イタリア男の誘惑や、友人以上恋人未満のジェイミーへの想いに揺れつつ真相に迫るが……。シリーズ第2弾。訳者あとがき=柳沢由実子

あなたも書評を書いてみませんか? 詳細はこちらです。


  • アレグザンダー・マコール・スミス/翻訳:柳沢 由実子
  • 東京創元社
  • 987 円
友だち、恋人、チョコレート
livedoor BOOKS / 関連書評


『友だち、恋人、チョコレート』についての意見(トラックバック)

友だち、恋人、チョコレート アレグザンダー・マコール・スミス/翻訳:柳沢 由実子 東京創元社 987円 Amazonで購入 書評/ミステリ・サスペンス _u...
[ 爽快!読書空間 ]   2010年02月13日 16:21

トラックバックURL

books_review at 08:29│TrackBack(1)clip!ミステリー