2010年03月01日

バレンタインは雪あそび 

ジル・チャーチル絶賛!主婦探偵シリーズ

四人の子どもの母親にして週刊新聞の臨時記者、加えて図書館の理事まで引き受けてしまったルーシー。初の理事会に出席すべく張り切って図書館に行ったはいいが、そこで発見したのは司書の射殺死体。馴染みの警部補に容疑者扱いされたうえ、事件に首を突っこまないよう釘をさされる。悔しさに記者根性もあいまって、バレンタイン目前のティンカーズコーヴで、ルーシーは真犯人を探ろうとするが……。好調、主婦探偵シリーズ第五弾。 訳者あとがき=高田惠子

あなたも書評を書いてみませんか? 詳細はこちらです。


  • レスリー・メイヤー/高田 惠子 訳
  • 東京創元社
  • 987 円
バレンタインは雪あそび
livedoor BOOKS / 関連書評


トラックバックURL

books_review at 21:11│TrackBack(0)clip!ミステリー