2010年03月02日

生きるって人とつながることだ! 

生きるって人とつながることだ!

「私はこれまで、<健常>→<全盲>→<全盲ろう>という三つの状態を経験した。これは、私が周囲の{世界}から徐々に隔絶されていった過程だと言える。
だが、その一方で、より確かな結び付き、より豊かなコミュニケーションを経験できたように思う」と語る著者・福島 智の自伝的エッセイ集。
3歳で右目、9歳で左目が見えなくなり、小学校4年生のときは登校できず、翌年、盲学校小学部へ転入。
全盲になったとはいえ、福島少年は、生来の活発さや好奇心、勉強への意欲は盛んで、このころから落語をよく聞き、SFが好きだったという。このエッセイ集の行間にあふれるユーモア感覚や想像力の豊かさは、少年期からの読書やSF好きが下地になっているのではないかと感じさせる。
目の病気で入退院をくり返し、母と通院することの多かった少年期。明石の潮騒を聞き、ワカメ採りが上手だった父や兄たちと暮らしていた著者は中学部を卒業し、1979年(昭和54)、東京の筑波大学付属盲学校高等部へ入学。新しい仲間を得、 スポーツや音楽を楽しむ日々が続いていた。ビートルズを愛し、自分でもピアノを弾き、トランペットを奏でるほど音楽が好きだった若者に、過酷な試練が襲いかかる。
すでに14歳(中学生)のとき右耳の聴力を失い「片耳」状態になっていたが、18歳になったばかりの著者は左の耳の聴力まで奪われ、全盲ろうになったのである。
それは「底知れぬ孤独だった」と言い「盲ろう者となって最もつらかったのは、周りの状況がまったくつかめなくなったことと、他者とコミュニケーションが極端に困難になったことである。私はこの{世界}にありながら、実は別の{世界}で生きていた。私一人が空間のすべてを覆い尽くしてしまうような、暗くて狭い、静かな{世界}で生きていた」と語る。
これからどのようにして生きていけばいいのか。他者とどのようにつながっていけばいいのか……。あせりと絶望が入り交じった気持ちを抱え、あるとき母親と意思疎通を図ろうとしているときだった。母親が点字の組み合わせを利用して指先で息子の手に「さ と し わ かるか」という文字を打ったのである。まさに指点字が考案された瞬間であり「何かの光がスパークしたように感じた」のだった。この指点字こそが著者のその後の可能性を大きく開花させることになる。
盲学校高等部へ戻り、友人たちともこの指点字でコミュニケーションを図りながら、大学への進学を目指し、一浪して都立大学人文大学へ入学。 研究者になることを目指していた著者は、都立大の助手を経て1996年(平成8)金沢大学教育学部助教授に、さらに2001年4月、東京大学先端科学技術研究センターの助教授となり、バリアー分野の研究を担うこととなる。
本書が著者と小社との間で企画された2003年には、アメリカの雑誌「TIME]」でアジアのヒーローの一人として紹介されている。また、この頃からかねてより目標としていた博士論文の執筆にもとりかかり始め、2008年5月、東京大学より学術博士号を授与され、同年10月に東大教授になっている。
本書は、著者が盲ろうというダブルハンディを抱えながら、学び、働く中で、その時々の心象風景や人との出会い、あるいは人間にとって障害とは何かについて綴ったものをベース編集されたものである。深い思索と豊かな読書量に裏打ちされた表現と独特のユーモアやペーソスがあやなしている文章は、読者を瞬く間に惹き付けるにちがいない。
体験をもとに編み出されいる一編一編は、極限の状況におかれながらも、しなやかに生きる著者の強さとともに人間の可能性の深さを感じさてくれる。また、自分のことを語りながら、日本国内でも約2万人いるといわれている盲ろう者が置かれている状況へ常にまなざしを向け、通訳者の育成や確保などの支援を呼びかけている。18歳で盲ろうにまったとき、友人に送った手紙には次のように記している。
「俺にもし生きるうえでの使命というものがあるなら、それを果たさなければならない。そして、それをなすことが必要ならば、この苦しみのときをくぐらなければならないだろう。俺の使命が、この苦しみがあって初めて成り立つものだ、 と考えることにしよう」
まさに本書には、運命を使命に変えた人間の記録がおさめられている。

あなたも書評を書いてみませんか? 詳細はこちらです。



■次の記事

トラックバックURL

books_review at 13:43│TrackBack(0)clip!文芸