ビジネス・経済・マネー

2009年11月23日

数々の逆境からの復活。日本一長くて楽しい朝礼。一人ひとりが輝く経営。

かつて出版社のナンバーワンセールスマンだった川畑社長は、1977年に沖縄教育出版を設立。

その後、ガンを発病し見事復活を果たすものの、不安を感じた社員は半数が続々と退社し、
数億円もの借金を抱えた上に、事業資金をひったくられるなど、数々の逆境が...。

逆境の中で学んだことを活かして「人の幸せと健康に役立つ仕事を」と
1993年、薬草事業部沖縄自然薬草センターを開設。

沖縄県産素材を使った健康食品や化粧品は新聞などの広告による通信販売のみの営業にも関わらず、
顧客への徹底したアフターフォローによって、売上の約9割がリピーターの注文となっており
高業績につながっています。

話題になっているのが、「日本一長くて楽しい朝礼」。
歌やダンス、寸劇なども飛び出すユニークな朝礼を通して、一人ひとりの個性と主体性を引き出し、
全国から同社を訪れる見学者は大手企業の幹部を始め、年間500人以上。

障がい者雇用にも力を入れ、「従業員一人ひとりが輝く経営」から生み出される社員のやる気や元気は、
結果として業績に大きくプラスになっており、その取り組みはテレビや雑誌・新聞等で取り上げられています。

「全員主役の感動創造企業」=「共に育つメダカの学校」=「沖縄教育出版」をのぞいてみてください。

あなたも書評を書いてみませんか? 詳細はこちらです。


  • 田原 実/イラスト:山上 幸二
  • インフィニティ
  • 1260 円
全員主役の感動創造企業 沖縄教育出版 1
livedoor BOOKS / 関連書評


books_review at 11:48|PermalinkTrackBack(7)clip!

2009年03月05日

この書籍紹介は、「本が好き!」会員による登録です。

大型バスで押し寄せ、大きな声でしゃべりながら、高額商品を買っていく、中国セレブたちの本音を紹介。

中国人観光客の目に日本はどう映っているのか?
大型バスで押し寄せ、大きな声でしゃべりながら、高額商品を買っていく中国セレブたちの本音を紹介。
‘うるさい’、彼らの文句と興味のあるあなたに!中国人観光客と接することのあるあなたに傾向と対策を伝授。

あなたも書評を書いてみませんか? 詳細はこちらです。



books_review at 15:28|PermalinkTrackBack(0)clip!

2009年02月12日

稼げる実力派コンサルタントになれる!

最近、コンサルタントという仕事が注目され人気になっています。その仕事の実態はあまり知られていません。コンサルタントの仕事は一言で言うと、企業の課題や問題点を見つけ出して解決していく仕事ですが、その実際は簡単なものではありません。ビジネスマンとしての能力だけでなく、“人間力”が試される奥深くエキサイティングな仕事と言えます。それだけに、この仕事に携わって大きな仕事を成し遂げたとき、大きな喜びと仕事の醍醐味を感じることができます。
本書では、コンサルタントの実態から仕事の魅力まで、“稼げる実力派コンサルタント”になるためのノウハウを船井総合研究所のベテランコンサルタントである著者がわかりやすく解説しています。

あなたも書評を書いてみませんか? 詳細はこちらです。



books_review at 11:37|PermalinkTrackBack(1)clip!

2009年01月07日

あなたは声で損をしていませんか?

あなたは声で損をしていませんか? 声美人とは、言葉に気持ちをのせて、心を通わせるコミュニケーションができる人。声美人が使っている「まぁるい声・まぁるい言い方」を“声のソムリエ”が教えます! 声を磨いて、ものの言い方をほんの少し変えるだけで、あなたの印象は驚くほど変わります。誰からも好感をもたれ、仕事がスムーズにいく女性はみんな声美人なのです!
本書は、人から愛される話し方、声の表現力を身につけてスキルアップする方法、声を磨いてイメージアップする方法、仕事のできる洗練された大人の女性になるための方法などを、CDを聞きながら学べます。

あなたも書評を書いてみませんか? 詳細はこちらです。



books_review at 22:07|PermalinkTrackBack(0)clip!

「勝ち組社労士」になるための実践ノウハウ

年々受験者が増えている人気の資格「社会保険労務士」。同時に社労士事務所を開業したいと願う人も増えています。しかし、実際に起業するとなると「開業してうまくやっていけるだろうか」という不安が出てくるものです。
本書では、そんな疑問に答えることはもちろん、「社労士はとても楽しい仕事だということ」「社労士はやりがいがあって、充実した毎日が過ごせるということ」「迷っていないで社労士になろう!」と、著者は呼びかけます。
実力派社労士として活躍してきた著者が培ってきた、仕事をもらうために心がけた人脈術、取引先の年代別戦略方法、信頼度200%アップする契約法、いままでのキャリアを活かす顧問契約獲得術、営業戦略、ウェブ活用法など、実践ノウハウを公開しています。

あなたも書評を書いてみませんか? 詳細はこちらです。



books_review at 22:04|PermalinkTrackBack(2)clip!

2008年12月04日

どんなお店でもすぐに使える「ほめる仕組み」を大公開

社員やスタッフが突然辞めてしまう。引き止めても無気力で、どこか諦めた様子。こっちまで気力が奪われてしまう――このような人事問題に対する現場の店長や管理者の叫びは近年よく聞かれます。店長は店舗を改善したいのに、厳しく指導すると辞めてしまう、スタッフの成長を願う気持ちを本人になかなか理解してもらえない。そのジレンマを解説する方法が「ほめる」仕組みです。本書では、経営者や店長がどのようにしてスタッフに思いを伝え、成長させ、お店を繁盛させていったのかを紹介しています。ほめられない理由とその解決法、すぐに使えるほめる方法・ほめ言葉、ほめてお店を繁盛させる具体例が満載です。
「店舗のよい点をほめる調査」を実施し、モチベーションを高め、売上をアップさせる著者が、必ず成果が上がる「ほめる」仕組みを大公開します。この「ほめる調査」は沢山の媒体で紹介され、2008年には大阪府橋下知事からの依頼で「大阪ホスピタリティ向上調査」を実施しています。

あなたも書評を書いてみませんか? 詳細はこちらです。


  • 西村 貴好
  • 同文館出版
  • 1470 円
繁盛店の「ほめる」仕組み
livedoor BOOKS / 関連書評


books_review at 19:17|PermalinkTrackBack(1)clip!

6年間の新聞配達が「成功し続ける起業家」を育てた!

日本オリンピック委員会強化トレーナーとしてアテネ、北京の体操選手をサポートしてきたオアシスグループ代表・久永陽介氏の成長・成功の秘訣を一冊にまとめました。
鹿児島のある平凡でおとなしい少年が、ひとりの恩師を出会い、鍼灸・整体の治療家になることを志し、上京。新聞配達を6年間続け、同時に6つの学校を卒業します。この6年間の新聞配達を通じて会得した「継続の法則」によって運命が好転し、成功のスパイラルが回り始めます。成功し続ける起業家に共通する三つの力、「吸引力」「邁進力」「感謝力」を解説し、あわせて「七つの習慣」を紹介します。
著者は30数店舗のサロンの開業実績を持ち、オリンピック強化トレーナーとして指導する他、セミナー、出版、新規事業立ち上げと意欲的に活動しております。これまでに“サニー久永”の愛称で健康・スポーツ雑誌やテレビ番組に多数出演しております。

あなたも書評を書いてみませんか? 詳細はこちらです。



books_review at 19:13|PermalinkTrackBack(1)clip!

いつの間にか指示する立場になっていた!

女性の社会進出が浸透してきた昨今、会社の中でリーダーの立場となる女性は増えています。そんな中、「いつの間にか指示する立場になっていた!」という女性も多いものです。
本書はリーダーに必要な5つの力を提案しています。「サポート型のリーダーシップ」「目標を設定し、達成する力」「さまざまな部下とかかわる力」「部下を育てるコミュニケーション力」「自分のモチベーションを高める力」この5つのスキルを身につける具体的な方法を書いております。
これからリーダーになる人、役職が就いたけど、いまいち上手く部下に指示が出来ない人、自分の立場への悩みを持つ女性へ向けて、働く女性が自分自身も大きく成長しながら、仕事を上手に回すノウハウが詰まっています。

あなたも書評を書いてみませんか? 詳細はこちらです。


  • 蓮尾 登美子
  • 同文館出版
  • 1470 円
女性が部下をもったら読む本
livedoor BOOKS / 関連書評


books_review at 19:10|PermalinkTrackBack(3)clip!

2008年11月03日

この書籍紹介は、「本が好き!」会員による登録です。

パーミションマーケティング―ブランドからパーミションへ

パーミッションマーケティングとは、従来型のマス広告による刈り取り型マーケティングのアンチテーゼとして出てきた概念で、最初にアテンション広告で顧客の気を引き出した後、段階的に顧客のパーミッションを引き出し、優良顧客にしていく、というプロセスをいうマーケティング手法です。

あなたも書評を書いてみませんか? 詳細はこちらです。



books_review at 23:57|PermalinkTrackBack(1)clip!

2008年10月27日

行動経済学が明かす「あなたがそれを選ぶわけ」

2つの同程度のものから選択させるとき、「おとり」として加えた第3の選択肢次第で結果が変わってしまう?10円の頭痛薬をのんでも痛みは取れないのに、おなじ薬を100円だと信じてのむと痛みがなくなる?お金は盗まない正直な人でも、オフィスの備品や共有の食べ物を盗んでしまう?答えはどれもYES。なぜなら、人はとても不合理な行動をする存在だからだ。そして、本書の著者、MITのアリエリー教授によると、その不合理さは、系統的で予想できる。
これまでの経済学では人が合理的に行動するものと考えられてきた。経済活動に大きく影響するにもかかわらず、これまで無視されてきたり誤解されてきたりした、人の「感情」。これらをよりよく理解することで、ビジネスにも投資にも政治にも、驚くほどのチャンスがもたされる。本書では行動経済学の第一人者がユニークで愉快な実験とともに行動経済学を解説する。
つまり、本書を読めば、ビッグチャンスが手に入ること間違いなし!

あなたも書評を書いてみませんか? 詳細はこちらです。


  • ダン・アリエリー/熊谷 淳子 訳
  • 早川書房
予想どおりに不合理
livedoor BOOKS / 関連書評


books_review at 13:49|PermalinkTrackBack(3)clip!