文芸

2010年03月02日

生きるって人とつながることだ!

「私はこれまで、<健常>→<全盲>→<全盲ろう>という三つの状態を経験した。これは、私が周囲の{世界}から徐々に隔絶されていった過程だと言える。
だが、その一方で、より確かな結び付き、より豊かなコミュニケーションを経験できたように思う」と語る著者・福島 智の自伝的エッセイ集。
3歳で右目、9歳で左目が見えなくなり、小学校4年生のときは登校できず、翌年、盲学校小学部へ転入。
全盲になったとはいえ、福島少年は、生来の活発さや好奇心、勉強への意欲は盛んで、このころから落語をよく聞き、SFが好きだったという。このエッセイ集の行間にあふれるユーモア感覚や想像力の豊かさは、少年期からの読書やSF好きが下地になっているのではないかと感じさせる。
目の病気で入退院をくり返し、母と通院することの多かった少年期。明石の潮騒を聞き、ワカメ採りが上手だった父や兄たちと暮らしていた著者は中学部を卒業し、1979年(昭和54)、東京の筑波大学付属盲学校高等部へ入学。新しい仲間を得、 スポーツや音楽を楽しむ日々が続いていた。ビートルズを愛し、自分でもピアノを弾き、トランペットを奏でるほど音楽が好きだった若者に、過酷な試練が襲いかかる。
すでに14歳(中学生)のとき右耳の聴力を失い「片耳」状態になっていたが、18歳になったばかりの著者は左の耳の聴力まで奪われ、全盲ろうになったのである。
それは「底知れぬ孤独だった」と言い「盲ろう者となって最もつらかったのは、周りの状況がまったくつかめなくなったことと、他者とコミュニケーションが極端に困難になったことである。私はこの{世界}にありながら、実は別の{世界}で生きていた。私一人が空間のすべてを覆い尽くしてしまうような、暗くて狭い、静かな{世界}で生きていた」と語る。
これからどのようにして生きていけばいいのか。他者とどのようにつながっていけばいいのか……。あせりと絶望が入り交じった気持ちを抱え、あるとき母親と意思疎通を図ろうとしているときだった。母親が点字の組み合わせを利用して指先で息子の手に「さ と し わ かるか」という文字を打ったのである。まさに指点字が考案された瞬間であり「何かの光がスパークしたように感じた」のだった。この指点字こそが著者のその後の可能性を大きく開花させることになる。
盲学校高等部へ戻り、友人たちともこの指点字でコミュニケーションを図りながら、大学への進学を目指し、一浪して都立大学人文大学へ入学。 研究者になることを目指していた著者は、都立大の助手を経て1996年(平成8)金沢大学教育学部助教授に、さらに2001年4月、東京大学先端科学技術研究センターの助教授となり、バリアー分野の研究を担うこととなる。
本書が著者と小社との間で企画された2003年には、アメリカの雑誌「TIME]」でアジアのヒーローの一人として紹介されている。また、この頃からかねてより目標としていた博士論文の執筆にもとりかかり始め、2008年5月、東京大学より学術博士号を授与され、同年10月に東大教授になっている。
本書は、著者が盲ろうというダブルハンディを抱えながら、学び、働く中で、その時々の心象風景や人との出会い、あるいは人間にとって障害とは何かについて綴ったものをベース編集されたものである。深い思索と豊かな読書量に裏打ちされた表現と独特のユーモアやペーソスがあやなしている文章は、読者を瞬く間に惹き付けるにちがいない。
体験をもとに編み出されいる一編一編は、極限の状況におかれながらも、しなやかに生きる著者の強さとともに人間の可能性の深さを感じさてくれる。また、自分のことを語りながら、日本国内でも約2万人いるといわれている盲ろう者が置かれている状況へ常にまなざしを向け、通訳者の育成や確保などの支援を呼びかけている。18歳で盲ろうにまったとき、友人に送った手紙には次のように記している。
「俺にもし生きるうえでの使命というものがあるなら、それを果たさなければならない。そして、それをなすことが必要ならば、この苦しみのときをくぐらなければならないだろう。俺の使命が、この苦しみがあって初めて成り立つものだ、 と考えることにしよう」
まさに本書には、運命を使命に変えた人間の記録がおさめられている。

あなたも書評を書いてみませんか? 詳細はこちらです。



books_review at 13:43|PermalinkTrackBack(0)clip!

2010年02月13日

パパ、ママ、あいしてる

6歳の誕生日の直前、手術不可能な悪性の脳腫瘍だと診断されたエレナ。医者によると余命はわずか135日。仲がいい4歳の妹グレーシーにエレナの思い出を残そうと、両親はエレナの毎日をブログにつづり始めた。
残された時間、エレナはさまざまな夢をかなえていく。ドレスを着てお姫様になりたい。自分の絵を美術館に展示したい……。だが、そんな幸せな時間は長くは続かず、病状は次第に悪化し、エレナは短い生涯を終える。
しかし、悲しみのなか、両親はエレナの残したメッセージカードが家の中のあちこちに隠されていることに気づく。それは、両親への愛情をつづり、妹に人生の 愛し方などをおしえるものだった。脳腫瘍のため話せなくなってからも、エレナはみんなへの愛のメッセージを残していたのだ。2年たったいまもエレナのカー ドがときおり見つかり、両親は彼女の残したものを愛情とともに振り返っている。

あなたも書評を書いてみませんか? 詳細はこちらです。


  • ブルック&キース・デザリック/青山陽子 訳
  • 早川書房
パパ、ママ、あいしてる
livedoor BOOKS / 関連書評


books_review at 20:38|PermalinkTrackBack(2)clip!

2010年02月08日

<ファーシーアの一族>待望の続編

六公国を危機に陥れた“赤い船団”が撃退されて十五年。王ヴェリティが去って後、王妃が一粒種の王子を守りながら、なんとか平穏に国を治めてきた。一方、第一王子の庶子フィッツ、暗殺者の弟子で、今や一族の〈技〉を継承する数少ない生き残りとなったフィッツは隠遁生活を送っていた。だが、かつての師の突然の来訪が、彼を運命の渦に放り込むことに……。圧倒的なスケールの異世界ファンタジー〈ファーシーアの一族〉続編登場

あなたも書評を書いてみませんか? 詳細はこちらです。


  • ロビン・ホブ/翻訳:鍛治 靖子
  • 東京創元社
  • 1008 円
黄金の狩人1 (道化の使命)
livedoor BOOKS / 関連書評


books_review at 14:07|PermalinkTrackBack(3)clip!

2010年02月04日

お誕生日の剣

あたしの名前はアラミンタ。タビーおばさんとドラクおじさん、それから最近やってきたマホーツカイ一家の三人と、さらにふたりの幽霊と一緒にキミワルーイ屋敷に住んでいる。幽霊って古いバケツそっくりのよろいサー・ホラスと、従者のエドマンドのことよ。ある日屋敷を探険していたあたしとワンダは、秘密の部屋で大発見をした。なんとあさってがサー・ホラスの五百回目の誕生日だって! かわいくてキミワルーイ、シリーズ第2弾。

あなたも書評を書いてみませんか? 詳細はこちらです。


  • アンジー・セイジ/翻訳:斎藤 倫子
  • 東京創元社
  • 1680 円
お誕生日の剣 (いたずらアラミンタ2)
livedoor BOOKS / 関連書評


books_review at 08:33|PermalinkTrackBack(1)clip!

2010年01月21日

マタタビ潔子の猫魂(ねこだま)

第4回ダ・ヴィンチ文学賞大賞受賞作
妖魔退散エンターテインメント 

地味で無口な28歳派遣社員・潔子。職場でいやがらせに遭うが、
アパートで潔子を待つ飼い猫は、実は「猫魂(ねこだま)」なる憑き物! 
潔子の怒りが頂点に達したとき、猫魂と一体化して美女に変身! 
いやがらせしてくる敵の憑き物に仕返しします。
妖怪×仕事人のコミカル・アクション!

●主人公と猫のコンビが大活躍。ふてぶてしくも愛らしい妖怪猫。
●はたらく20〜30代なら共感必至の主人公。
職場のストレスを、憑き物の力であざやかに「仕返し」します!

あなたも書評を書いてみませんか? 詳細はこちらです。


  • 朱野帰子
  • メディアファクトリー
  • 1260 円
マタタビ潔子の猫魂(ねこだま)
livedoor BOOKS / 関連書評


books_review at 17:52|PermalinkTrackBack(3)clip!

2010年01月17日

幽霊屋敷売出し中

あたしの名前はアラミンタ・キミワルーイ。キミワルーイ屋敷におばさんとおじさんといっしょに住んでいる。ある日タビーおばさんったら、いきなりうちを売りに出すって言いだした。ひどいと思わない? あたしはまだ一度だって幽霊を見たことがないっていうのに。ワイン貯蔵庫には絶対に吸血鬼だっているはず。というわけで、屋敷が売れるのを阻止するための、あたしの大作戦が始まった! かわいくてキミワルーイ、シリーズ第1弾。

あなたも書評を書いてみませんか? 詳細はこちらです。



books_review at 10:16|PermalinkTrackBack(0)clip!

2010年01月07日

RITA賞YA部門受賞!

「彼女こそ選ばれしものだ」妖精の魔法と人間の愛のあいだで少女の心はゆれる。

フェアリーの気をひくな。フェアリーを見つめるな。フェアリーを視る力を持つ少女アッシュリンは、彼らの不気味な世界など見えないふりをしてきた。ところがある日、人間の男の姿をしたフェアリーに誘いをかけられる。いったいなぜ? 人間とフェアリーの間で揺れるアッシュリン。RITA賞YA部門受賞、ローカス賞推薦作品に選ばれた、ロマンスとファンタジーの見事な融合。ロマンティック・ファンタジーの決定版。シリーズ第1弾。訳者あとがき=相山夏奏

あなたも書評を書いてみませんか? 詳細はこちらです。


  • メリッサ・マール/翻訳:相山 夏奏
  • 東京創元社
  • 1113 円
妖精の女王
livedoor BOOKS / 関連書評


books_review at 06:23|PermalinkTrackBack(0)clip!

2009年12月14日

大切な人の心の声、聴こえていますか?

若い女性に大人気の演劇集団キャラメルボックスの作・演出の成井豊さんの新作です。

生真面目なお父さん、広告代理店勤めのお母さん、無口な息子、そしてどうも恋をしているらしい娘……いつのまにか心が離れてしまった家族を取り戻したいお父さんの奮闘記。

寒い冬にほっこりと心温まる素敵な物語です。
ぜひ、ご一読ください。

あなたも書評を書いてみませんか? 詳細はこちらです。


  • 成井 豊
  • ポプラ社
  • 1575 円
天使の耳の物語
livedoor BOOKS / 関連書評


books_review at 11:55|PermalinkTrackBack(3)clip!

2009年12月06日

素数たちの孤独

ハヤカワepiブック・プラネット〉【ストレーガ賞受賞作】心に深い傷を負った天才青年と足が不自由な少女。他者を避け孤独に生きる二人は運命的に出会うが……。イタリアで百二十万部のベストセラーを記録。至高のラブストーリー

あなたも書評を書いてみませんか? 詳細はこちらです。


  • 翻訳:土屋政雄 翻訳:黒原敏行 翻訳:飯田亮介
  • 早川書房
  • 1890 円
素数たちの孤独(ハヤカワepiブック・プラネット)
livedoor BOOKS / 関連書評


books_review at 07:21|PermalinkTrackBack(0)clip!

2009年12月05日

急逝した巨匠のパソコンの中から発見された遺作

クライトン甦る! 急逝した巨匠のパソコンの中から発見された遺作。スピルバーグ映画化決定。

1665年9月、カリブ海のジャマイカ。ジャマイカはイギリスの植民地だが、まわりをスペインの植民地に囲まれている。ジャマイカの総督は、財宝を運ぶスペイン船を襲撃して財宝を奪う私掠行為を推進し、このためポート・ロイヤルの町は繁栄をきわめているが、無法者たちがあふれている。ある日、私掠船の船長ハンターは総督からスペインの財宝船の情報を知らされる。財宝船は、スペイン領の島マタンセロスに停泊しているという。マタンセロスは難攻不落の要塞島で、守備隊数百人、大砲12門を備えている。司令官は、残酷なことで悪名高いカサーリャという男だ。ハンターは、マタンセロス島をよく知る人物から島の地理を聞き、襲撃に必要な一騎当千の人材を集めてまわる。参加することになったのは、天才的な航海士、火薬の専門家、怪力の巨漢、驚異的な視力を持つ男装の麗人、カリブ海一の冷酷な殺し屋の5人。ハンターは、敵の意表をつく上陸作戦を立て、彼らのほか60名の船乗りらとともに、特殊な装備を持って、出航する。だが、行く手には思わぬ難関が次々と待ち受けていた! 波瀾に満ちた展開で描く大冒険小説。

あなたも書評を書いてみませんか? 詳細はこちらです。


  • マイクル・クライトン/翻訳:酒井昭伸
  • 早川書房
  • 1995 円
パイレーツ
livedoor BOOKS / 関連書評


books_review at 21:26|PermalinkTrackBack(1)clip!