日本ピアノ文化史閑話・リパッティと井上園子 Lipatti and Sonoko その4



 


 一級の一次資料が日本にある。東京藝術大学附属図書館が所蔵する1933年7月15日付けの “Musical Courier”( New York, Saturday, July 15, 1933 )だ(写真)。リパッティの名も、井上園子の名もでてくる。

 Vienna's Music Contests Bring Dazzling Display of Technic
 (ウィーンの音楽コンクール、まばゆいテクニックの競演)

  と見出しをうって報じている。これには順位と名前も載っている。
1位は Boleslaw Kon 国籍はポーランド、前年の第2回ショパン・コンクール3位、モスクワ音楽院で学ぶ。
 2位は Taras Mykysha(5月におこなわれたブダペストのリスト・コンクールで2位) 国籍はロシア、ウクライナ人、
 3位はフランスのMlle.Perin(同リスト・コンクールで5位)。
 4位はSofia Gurewitch、ラトヴィア国籍、ロシア人。

 コルトーの逸話を思わせる審査の紛糾があったようだ。1位から4位までを決めたうえで、2位と3位を分け与えるとして、ふたりのピアニストの名をあとから付け加えている。そのため記事は複雑な書き方をしている。

The second and third prizes had to be duplicated
and the duplicates given to Constantin Lipatti, Roumanian,
and Therese Troster, Austrian, respectively,
because their technic was too colossal to pass unrewarded.

 《2位と3位は分け合わねばならなった。2位にはルーマニアのコンスタンチン・リパッティ、3位はオーストリアのテレーゼ・トロステルをそれぞれ加えることになった。というのも、ふたりのテクニックは非常にすばらしく、無冠にしておくことはできなかったからだ。》

 複雑!審査員たちの紛糾ぶりが透けて見える。


1983/.06, 『音楽の世界』
2010/.01, PC版
2014/.01,03,改訂
2015/.10,改訂
2016/.03,改訂
2018/.06,推敲


 



Anatol Rapoport began his report  with a word " jury " : 

  Vienna.--- The Great Hall of the Musikverein here has been the setting of extraordinary scenes for the past three weeks. It might have been a sensational trail, except for the absence of the uniformed minions of the low.  And a " trail " it was, though musical, with 250 defendants arguing their own case at the piano keybord, before a jury, fifty strong, and a public whose sympathy must have been comfort, though it could do nothing to protect its favorites.

  This international contest has become an annual agony. Day after day, for three weeks, the young contestants follow each other in quick succession: Russians, Greek, Japanese, Dutch, French, Hungarians. They were conspicurous by their cosmoplitan names : Borumski, of Poland ; Ceccarelli, of Italy ; Karolyi, of Hangary ; Sonoko, of Japan ; Corma of Uruguay (sic). They sat down at the instrument and played Bach, Beethoven, Chopin and Liszt. True, most of them had studied in the music capitals of Europe, but this only shows what a melting pot the art of music is.