ラピスラズリの夢

ドラマ・舞台


「ポーの一族」は
2018年に宝塚歌劇団花組にて舞台化されましたが
今回は宝塚ではなく、小池修一郎氏脚本・演出で
なんと!男女キャストでの公演です!!

■ 「ミュージカル・ゴシック『ポーの一族』」 2021年1月 大阪府 梅田芸術劇場 メインホール 2021年2月 東京都 東京国際フォーラム ホールC 原作:萩尾望都「ポーの一族」(小学館フラワーコミックス) 脚本・演出:小池修一郎 出演:明日海りお 、千葉雄大、ほか

なんか凄いことになってきましたよ~
宝塚での「ポーの一族」公演決定!の発表の際にも興奮しましたが
今回はその比でないくらいに!?興奮しまくっています
ほかキャストの発表も期待していいですか!?
発表が待ち遠しい&楽しみです


エドガー(明日海りお)
エドガー

アラン(千葉雄大)
アラン

まるで原作マンガから抜け出たよう!おふたりとも美しすぎる



今年は新型コロナでドラマ撮影現場も本当に大変!
そんな中頑張って放送して頂くのですべてのドラマを観たい!
そう思うのですが・・・さすがに全作品を観ることは時間的に無理なので
今回も私が気になるドラマのみ紹介したいと思います・・・m(_ _)m


『キワドい2人ーK2ー池袋刑事課神崎・黒木』
9月11日(金)TBS系 22:00~
『キワドい2人ーK2ー池袋刑事課神崎・黒木』
突然自宅に押しかけられ、「俺たちは、腹違いの兄弟だ」と
黒木賢司(田中圭)から衝撃の事実を聞かされた神崎隆一(山田涼介)。
半ば強引な形で始まった共同生活に、神崎のストレスは溜まる一方だった。
そんななか、池袋署管内の美容室オーナー宅で強盗殺人事件が発生…


『彼女が成仏できない理由』
9月12日(土)
NHK総合テレビ  23:30~
『彼女が成仏できない理由』
ミャンマーの青年エーミン(森崎ウィン)は、日本の漫画に憧れ愛読し、
漫画家になるため念願だった日本への漫画留学をすることに。
限られた留学資金をもとにアパート探しをはじめるが、
想像を超える日本の高額な家賃事情に驚愕…。
そんな中、激安物件を発見し即決するも、築40年程の古いアパートの周りには、
一癖も二癖もある訳アリな住人たち。
そして何よりもエーミンの部屋には、色白で黒髪の幽霊・玲(高城れに)が!
背に腹はかえられずエーミンは幽霊と共同生活を始めることになり・・・


『おカネの切れ目が恋のはじまり』
9月15日(火)
TBS系 22:00~
『おカネの切れ目が恋のはじまり』
おもちゃメーカー経理部で働き、シビアな金銭感覚を持つ
“清貧女子”の九鬼玲子(
松岡茉優)のもとに、
三浦春馬さんが扮するメーカーの御曹司で浪費家の猿渡慶太が
営業部から異動してくることからはじまる、
性格も価値観も正反対の2人が繰り広げるラブコメディー。
《三浦さんは亡くなる前日の7月17日まで撮影に参加していた。
同局系「凪のお暇」を担当した脚本家・大島里美さんが書き下ろしたオリジナル作品だが、
当初の予定を変更して4話完結で放送する。》


『天使にリクエストを~人生最後の願い』
9月19日(土)
 NHK総合テレビ 21:00~
『天使にリクエストを~人生最後の願い』
元暴力団担当刑事の探偵・島田(江口洋介)は、資産家らしき和子(倍賞美津子)の依頼を受ける。
それは余命わずかな幹枝(梶芽衣子)の最期の願いを聞くこと。
助手の亜花里(上白石萌歌)、看護師の寺本(志尊淳)と共に、
幹枝が希望する静岡・富士宮へ同行した島田だが、
彼女の本当の願いはこの地で捨てた息子を捜し、謝ることだった。
息子の有力候補は暴力団組長。
島田には暴力団絡みで息子・聖哉(林田悠作)を亡くし、
妻・時恵(板谷由夏)と別れた過去があった。


『DIVERー特殊潜入班ー』
9月22日(火)
フジテレビ系 21:00~
『DIVERー特殊潜入班ー』
黒沢兵悟(福士蒼汰)は、かつては警察も手を焼くほど巧妙な手口を考え出す犯罪者だったが、
その異常なIQ・判断力・身体能力が認められ、「潜入捜査チーム(通称D班)」の一員となる。
その仕事は、様々な犯罪組織に潜入して情報や証拠をつかみとる、
ともすれば命を落としかねない特殊捜査だ。
D班は、兵庫県警本部長・阿久津洋子(りょう)が結成した秘密組織。



『一億円のさようなら』

9月27日(日)BSプレミアム 22:00~
『一億円のさよなら』
加能鉄平(上川隆也)は医療関係の企業に勤めるサラリーマン。
平凡だが幸福な家族の暮らしを送ってきた。
鉄平はある日、妻・夏代(
安田成美)の驚きの秘密を知る。
今から30年前、夏代は伯母から巨額の遺産を相続し、
株の利益もあわせると総額で48億円が銀行口座に預けられていて、
そしてそれは今日まで手つかずのままだというのだ。
結婚して以来、なぜ妻はずっとそれを隠していたのか。

鉄平は、自分と夏代の若き日の記憶を、これまでの日々の思い出をたどり直しながら、
夫婦の関係、親子の関係を問い直すことになる。


『タリオ復讐代行の二人』
10月9日(金)
 NHK総合テレビ 22:00~

『タリオ復讐代行の二人』
司法試験予備試験の制度を利用し、20歳にして弁護士となり、
大手法律事務所に就職した白沢真実(浜辺美波)は
法律の知識は確かなのだが世間知らずと頭の固さのせいで仕事をまわしてもらえずいる。

そんなある日、事務所の先輩弁護士が手を引いたお荷物案件を担当することに…。
依頼人の綿貫依里子は大手ゼネコンの御曹司に性被害を受けていたが、
金や権力によって事実をねじ曲げられ、泣き寝入りを強いられていた。
我慢できなかった依里子はネットで探した「復讐代行請負業」の男に復讐を依頼することにする。

しかし復讐代行はどうも怪しく、金を振り込むも一向に復讐に着手する気配がない。
詐欺だと確信した真実は法的に対処するため依里子に男を誘い出させる。
誘い出された男こそ、詐欺師の黒岩賢介(岡田将生)だった。

法律の知識を持った正義のヒロインと詐欺の悪知恵を持ったダークヒーローが
ひょんなことからバディを組み、依里子のかたきである・御曹司に復讐を仕掛けることになる。


『カレーの唄。』
10月10日(土)BSトゥエルビ  21:30~
『カレーの唄。』
両親に捨てられ、世界中を放浪しながら、一人で生きてきた男・天沢陽一郎(満島真之介)は、
あるトラブルをきっかけに、芸術家志望の内気な大学生・鈴木二汰(鈴鹿央士)と出会う。
お金がない陽一郎は、助けたことを口実に二汰にカレーをおごらせると、
ポツリと家族について語りだす。
清川不動産の清川薫子(森口瑤子)は、アパートの管理人だったことが縁で、
陽一郎の亡き父の遺骨を預かっている。
陽一郎が毎日カレーを食べ歩くのには、何か深い理由があるようで…。



『ハルとアオのお弁当箱』
10月12日(月)
BSテレ東 24:00~
『ハルとアオのお弁当箱』
大学図書館勤務のオタク女子・ハルは、今日もお昼は適当なご飯。
お金があればフィギュアと円盤に使いたい日々。
そんなハルがある日、飲み屋でオネエの蒼くんと酔った勢いで意気投合。
同居することになったのだが、そのルールはお弁当を作り合うことで…!?
つくって”あげる”、食べて“もらう”。
ふたりのお弁当つくりっこ漫画!



『ルパンの娘 続編』
10月15日(木)フジテレビ系 22:00~
ルパンの娘 続編
“Lの一族”こと、泥棒を家業とする三雲家の面々は世間から姿をくらまし、
華(深田恭子)の恋人、桜庭和馬(瀬戸康史)の家に身を寄せていた。
だが、桜庭は警察一家。華の父・尊(渡部篤郎)が繰り返す盗みに、
和馬の父・典和(信太昌之)は寝込んでしまう。
さすがに尊も潮時と桜庭家から引き払うのを機に、華は和馬とオンボロアパートに移った。
ようやく2人きりの静かな生活を手に入れたのもつかの間、華たちの隣人が警察に追われ、
隣に住む華にも警察が聞き込みに来るというピンチが。
その危機を救った尊は、豪華なマンションを2人に与える。
しかし、マンションは尊たち三雲家の新居につながっていた。
そんな折、華の兄・渉(栗原類)が大きな盗みのターゲットを発見し、
“Lの一族”は本格的に再始動する。



『さくらの親子丼3』
10/17(土) フジテレビ系 23:40~
さくらの親子丼3
さくらは、三谷桃子(名取裕子)弁護士が新たに作った
子どもシェルター「第2ハチドリの家」でスタッフとして働いていた。
父親から虐待を受けながら、その父を見捨てることができない少女に、母親に殺されかけ九死に一生を得た少年。
そして父親の虐待を裁判で訴えた幼い少女。そこには、傷ついた子どもたちが次々とやってくる。
平成から令和へと時代は変わっても、行き場のない子どもたちは増え続け、子どもたちを守る場所は不足したまま。
「子どもたちが傷ついた羽根を休めるように。そして未来にむかって歩みだせるように。
オトナはその手助けをするだけ…」様々な経験を経て、子どもたちに向かうさくらの思いも、深化していた。


セイレーンの懺悔』
10/18(日)  WOWOW 22:00~
セイレーンの懺悔
不祥事が続き、番組存続の危機にさらされた帝都テレビの看板報道番組「アフタヌーンJAPAN」。
その制作に携わる入社二年目の報道記者・朝倉多香美(新木優子)は、
あるつらい過去を抱えながらも報道の仕事に誇りをもって取り組んでいた。
そんな中、都内で女子高生誘拐事件が発生。
先輩記者の里谷太一(池内博之)と多香美は、起死回生のためにスクープを狙って事件を追う。
警視庁捜査一課の刑事・宮藤賢次(高嶋政伸)を尾行した多香美が廃工場で目撃したのは、
無惨にも顔を焼かれた被害者・東良綾香の遺体だった。

自身の過去と重なりこの事件を追っていた多香美だが、その執念が実を結び、
犯人に繋がる大きなスクープをものにする。
しかし、このスクープが原因となり、ある事件が起きてしまう…。
果たして、事件の真犯人は誰なのか?そして、報道記者としての “正義”とは?


『バベル九朔』
 10/19(月)日本テレビ 24:59~
バベル九朔
5階建て、築88年の雑居ビル「バベル九朔」の新米管理人・九朔満大(菊池風磨)は、
脚本家になることを夢見ているが、いまだ芽は出ず、けなげに執筆活動中。
ある日、満大が地下1階の物置部屋から迷い込んだのは、
すべての願いがかなう偽りの世界“バベル”だった。
そこで満大が目にしたのは、現実世界でやむなく夢を諦めてしまった、
監督志望の親友・後藤健や、風変わりなビルのテナントさんたち。
迷い込んだ人は、自分の思い通りになる世界を前に「ずっとここにいたい」と願ってしまう。

だが、“バベル”では、ある言葉を口にしてしまうと、二度と現実世界には戻れない!? 
謎の少女に導かれ、ビルの仲間を救うために奔走する満大の目の前に現れたのは、
“くらまし”という名の怪物!? 
カラス女にも追い回され、さらには失踪したはずの父・勝も現れ…。
満大は次々と起こる事態に戸惑いながらも、“バベル”に全力で立ち向かう。


『七人の秘書』
10/31(土)テレビ朝日系 23:00~
『七人の秘書』
“影の軍団”の正体は、銀行や警視庁、大学病院、都庁のトップ=要人に仕え、
組織に溶け込み、目立たぬことを極意とする、名もなき「秘書」たち。
表の仕事を忠実に務める一方、
裏で密かに集められた彼女たちが副業として請け負うのは「人助け」。
理不尽な目に遭う社会の弱者を救い出すべく、
ずば抜けたスキルや膨大な極秘情報とネットワークを駆使し、
見事なまでに“裏仕事”をこなします。
時には警察や法律で裁くことのできない理不尽さえも駆逐し、
金や権力にまみれた非情な支配者たちを一掃。
誰も気付かないうちにことを解決します。


『危険なビーナス』
10/--(日) TBS系 21:00~
危険なビーナス
ある日、いつものように動物病院で診察をしていた伯朗(妻夫木聡)。
そこに「弟の妻」を名乗る謎の美女・楓(吉高由里子)が突然現れ、
弟・明人(染谷将太)が失踪したことを聞かされる。
さらに楓は、明人の失踪には親族の誰かが関わっているのではないかという。

親族とは、伯朗の母が夫を亡くした後に嫁いだ「矢神家」の一族だ。...


他にも
『この恋あたためますか』
 TBS系:10月(火) 22:00~
『恋する母たち』
 TBS系:10月(金) 21:00~


放送日・曜日がまだ決まっていないドラマもあり
そのことからも新型コロナによる撮影現場の混乱が伝わってきます・・・
なので今回は放送日順に私が気になるドラマを紹介しました
他にも面白そうなドラマはまだまだありますが
ドラマ視聴出来る時間が限られているので・・・
とりあえず上記のドラマを楽しみたいと思っています



宝塚
への招待 「阿弖流為- ATERUI-」(星組2017年)

吉川英治文学賞を受賞した高橋克彦さんの小説「火怨ー
北の燿星アテルイ」を舞台化
8世紀の日本を舞台に、蝦夷の若き指導者
阿弖流為の生き様を
宝塚歌劇団:星組が描き出すスペクタルなミュージカル
阿弖流為
(収録日/収録場所)
2017年7月19日/大阪 梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ

演出・脚本/大野拓史

(CAST)
阿弖流為/礼真琴
佳奈/有沙瞳
阿弖流為1
坂上田村麻呂/瀬央ゆりあ
阿弖流為2
桓武天皇/万里柚美
伊治公鮮麻呂/壱城あずさ
菟穂名/天彩峰里
坂上全子/音波みのり
紀広純/輝咲玲央
惡玉/夢妃杏瑠
紀古佐美/夏樹れい
御園徹成/レイラ
伊佐西古/ひろ香祐
諸絞音咲いつき
鞍摩/白鳥ゆりや
百済王俊哲/桃堂純
母礼/綾凰華
飛良手/天華えま
滝名/澪乃桜季
延鎮/湊璃飛
多久麻/天路そら
大伴真綱/蒼舞咲歩
鹿成/希沙薫
猪足/碧海さりお
部天鈴/颯香凜
播摩/麻倉しずく
阿奴志己/天飛華音
丈部善理/咲城けい
和我女/都優奈
星丸/紅咲梨乃
絞斗/鳳真斗愛

(内容)
8世紀、大和朝廷は東北へ支配領域を拡大する為、蝦夷征伐に乗り出す。
胆沢の蝦夷の長の息子・阿弖流為は、蝦夷の為に立ち上がる。
阿弖流為は黒石の蝦夷の長の跡継ぎ・母礼と、
朝廷の兵に嫁いだ里を滅ぼされた母礼の妹・佳奈と出会う。
里を助けられなかったことから戦いに身を捧げる覚悟の佳奈と阿弖流為は、
深く心を寄せ合ってゆく。
仲間と力を合わせて朝廷軍を打ち破っていく阿弖流為。
しかし勝利は更なる戦いを招き、やがて都随一の武人と謳われる
坂上田村麻呂に蝦夷征伐の命が下される…。


高橋克彦さんの原作
「火怨ー北の燿星アテルイ」
かなり前(2003年)に読んだ本ですが
号泣しながら読んだことをまるで昨日のことのように覚えています
上下巻からなる長い物語を寝る間も惜しんで夢中で読んだ記憶が・・・
学校の授業では『坂上田村麻呂の東北征伐』と
タイトルを覚えただけで内容をまるで知らなかった
もちろん高橋さんの小説はフィクションなので
史実と違うことは分かっていますが
「火怨」を読んだことで古代史に興味を持ち
その後何十冊も読むほど古代史小説のファンとなるきっかけに!

宝塚歌劇団 星組の「阿弖流為- ATERUI-」
短い尺の中でよくここまで描けたなと
いい意味でビックリしました
特に阿弖流為と
母礼の最後のシーンをどう演じるのか
心配しながら観ていましたが
さすが宝塚!見事な演出でした!
キャストもナイスキャスティングで
中でも瀬央ゆりあさんの凜々しい坂上田村麻呂に
田村麻呂の美しい立ち姿から目が離せず♡

演出・キャスト・音楽とどれもが素晴らしく
ラストシーンでは思わず涙が・・・(T_T)
阿弖流為- ATERUI-」の世界に惹き込まれました
とても面白かったです



「罪と罰」

 19世紀後半のロシア文学を代表する作家ドストエフスキーの長編小説「罪と罰」を舞台化。
罪を犯した主人公の心理に迫り、当時のロシアの貧困、格差社会への絶望と怒り、
さらには罪を犯すことへの宗教的・哲学的な問い掛けが世界中に影響を与えた名著。

罪と罰 ポスター
「正義のためなら人を殺す権利がある」。
人類普遍のテーマに挑む衝撃のサスペンス。
ロシア文学の金字塔を三浦春馬、大島優子、麻実れい、勝村政信ほか豪華俳優陣で舞台化。


上演台本と演出を担当したのは、
名門ロイヤル・シェイクスピア・カンパニーなどでキャリアを積み上げ、
幅広い分野で活躍するフィリップ・ブリーン。
2015年には三浦が出演した「地獄のオルフェウス」、
2017年には「欲望という名の電車」で演出し、日本の観客たちを魅了した名演出家。

原作/フョードル・ドストエフスキー
上演台本・演出/フィリップ・ブリーン
翻訳/木内宏昌
美術・衣裳/マックス・ジョーンズ
照明/勝柴次朗 
音楽/パディ・カニーン 
音響/長野朋美 
ヘアメイク/佐藤裕子

アソシエイト・デザイナー/ルース・ホール 
衣裳補/桜井麗 
美術助手/原田愛

演出助手/桐山知也 
通訳/時田曜子 
舞台監督/幸光順平


(収録)2019年1月17日/東京 Bunkamuraシアターコクーン

(CAST)
ラスコリニコフ/三浦春馬
ソーニャ/大島優子
ラズミーヒン/松田慎也
ドゥーニャ/南沢奈央

プリヘーリヤ/立石涼子
カテリーナ/麻実れい
スヴィドリガイロフ/山路和弘

ポルフィーリ/勝村政信
真那胡敬二、冨岡弘、塩田朋子、粟野史浩、瑞木健太郎、深見由真、奥田一平、
罪と罰 CAST
<ミュージシャン>
大熊ワタル(クラリネット)
秦コータロー(アコーディオン)
新倉瞳(チェロ)

(内容)
舞台はロシアのサンクトペテルブルク。
貧しいが頭脳明晰な青年ラスコリニコフは、自分が特別な人間で、
人類が救われるならば法を犯す権利があるという理論を持っていた。
そして強欲な質店の老婆を殺害し、
奪った金を世の中のため役立てようと企てていた。
罪と罰1
そんな中、彼は貧しい退職官吏と、その後妻カテリーナに出会い、
質入れで得た金をすべて渡してしまう。
罪と罰2
ラスコリニコフはついに老婆を殺害するが、
偶然居合わせた老婆の妹まで殺してしまう。
罪と罰3
罪の意識に苦しみ、寝込んだ彼を親友のラズミーヒン、
妹ドゥーニャや母プリヘーリヤは心配する。
一方、国家捜査官のポルフィーリや、謎の男スヴィドリガイロフに
ラスコリニコフは追い詰められていく。
そして退職官吏の娘で、娼婦のソーニャの生き方に心を打たれた彼は、
彼女にある告白をする。
罪と罰4

「罪と罰」カオスのような1幕で始まり怒濤のように物語が進んでいく
三浦春馬さんをはじめ大島優子さんや麻美れいさんの迫真の演技に惹き込まれ
3時間20分があっという間に過ぎていきました
WOWOWでの、三浦春馬さん、
立石涼子さんの追悼再放送で「罪と罰」を観ましたが
本当に素晴らしい舞台だったので劇場で生で観たかった・・・
罪と罰5
三浦春馬さんの
ラスコリニコフ本当に圧倒されました
膨大な台詞量に呑まれることなく見事にラスコリニコフを演じていて
三浦さんの演技力の凄さは知っていたつもりでしたが
今までに感じていた以上に繊細で凄みのある演技に感動しました

三浦春馬さんの舞台をもう観ることは出来ない
本当に心から残念でなりません

三浦春馬さん、立石涼子さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます


先週の土曜日、三浦春馬さんの訃報をネットで知り
その日は仕事でしたがあまりのショックでその後の仕事がまるで手につかず
・・・今でも信じられない・・・受け止められない・・・
その日は眠ることが出来ず・・・結局翌日の夕方まで起きていた

私が初めて三浦春馬さんを知ったのはNHKの朝ドラ「ファイト」で
ヒロインに片想いする少年役の三浦さん
ヒロインに振られる役でしたが、私は一目惚れでした
それから出演するドラマをチェックするようになり
『ブレッディ・マンデイ』で主演したときは本当に嬉しくて
毎週TVを観るのが楽しみでした

『僕のいた時間』での迫真の演技は今でも心に焼き付いています
http://blog.livedoor.jp/bookwwwbook-movie/search?q=%E5%83%95%E3%81%AE%E3%81%84%E3%81%9F%E6%99%82%E9%96%93


「キンキブーツ」再演されたら絶対観に行きたいと思っていたのに
本当に残念でなりません・・・涙


三浦さんの笑顔は私の心の中に今も鮮やかに残っています
NHK「世界はほしいモノにあふれてる ~旅するバイヤー極上リスト~」
とてもステキな番組で、三浦さんやJUJUさんの笑顔に毎回癒やされていました


素晴らしい作品を沢山残して下さりありがとうございます



↑このページのトップヘ