February 26, 2011

ξ ^ー^)ξ愛しているようです

2 :以下、VIPに代わりまして名無しのようです:2011/02/20(日) 16:45:52 ID:211/obnoO
ξ ゚⊿゚)ξ ―――で、どういうこと?

(;^ω^) ……

川 ゚ -゚) …すまない

ξ ゚⊿゚)ξ 謝るのは後にして

ξ ゚⊿゚)ξ 私は今、アンタたちが何をしたかを聞いてるの

(;^ω^) ……浮気しました……

ξ ゚⊿゚)ξ 聞こえないわ

(;^ω^) 浮気…しましたお……

ξ ゚⊿゚)ξ ……

ξ ゚⊿゚)ξ そう

川;゚ -゚) わ、悪いのは私だ!

川;゚ -゚) 内藤と君が付き合ってるのを知ってて、私が声をかけて、それで…

ξ ゚⊿゚)ξ その誘いに乗った時点でブーンも同罪でしょ

(;^ω^) ……

川;゚ -゚) ……




3 :以下、VIPに代わりまして名無しのようです:2011/02/20(日) 16:46:32 ID:211/obnoO
ξ ゚⊿゚)ξ で、これからどうするつもりなの?

川;゚ -゚) 別れます。もう内藤には会わない

(;^ω^) お…

(;^ω^) あの…ツン……

ξ ゚⊿゚)ξ あ、そ

ξ ゚⊿゚)ξ はっきり別れるのね?

川;゚ -゚) あぁ!

ξ ゚⊿゚)ξ ……なら、いいわ

ξ ゚⊿゚)ξ 私も鬼じゃないもの

ξ ゚⊿゚)ξ 今回のことは、なかった事にしてあげる

(;^ω^) ツン…!

ξ ゚⊿゚)ξ その代わり、次はないわよ

川;゚ -゚) あぁ、本当に何て言えばいいのか……!


4 :以下、VIPに代わりまして名無しのようです:2011/02/20(日) 16:47:03 ID:211/obnoO



 何も言わなくていい。
何も、言わないでいいわ。

―――どうせその日から一ヶ月後に、また浮気が発覚するんだから。


5 :以下、VIPに代わりまして名無しのようです:2011/02/20(日) 16:47:31 ID:211/obnoO


ξ ^ー^)ξ愛しているようです



6 :以下、VIPに代わりまして名無しのようです:2011/02/20(日) 16:48:09 ID:211/obnoO
ξ ⊿ )ξ ……言いたいことは?

川;゚ -゚) ……

川;゚ -゚) すみませんでした

ξ ⊿ )ξ あら、それだけ?

川;゚ -゚) ……

ξ ⊿ )ξ ……まぁ、いいわ

ξ ⊿ )ξ 一ヶ月前、アンタ自分で何て言ったか覚えてる?

ξ ⊿ )ξ 「別れる」って言ったわよね?

川;゚ -゚) ……言いました…


 人のものを盗んじゃダメって、ママに教わらなかった?

……仕方ないわね。


ξ ー )ξ …いいわ、私が教えてあげるから


7 :以下、VIPに代わりまして名無しのようです:2011/02/20(日) 16:48:45 ID:211/obnoO
 誰だって間違いはあるものね。
だから、一度は見逃した。

二度も許されると思ったら、大間違いよ。
私は鬼でもないけれど、仏でもないんだから。


「その声がブーンを誘惑したの?」

「……なら、もう誘惑出来ないようにしてあげる」


 勘違いしないでね。

私はあなたを憎んでいるんじゃないの。
大切な友人だと思っているんだから。

でも、人のものを盗むのは良くないでしょう?
これは、罰よ。

私を裏切って、嘘をついた罰。

歌にもあるじゃない。
「嘘ついたら針千本飲ます」ってね。

これは、私に嘘をついた罰。
そして、裏切った罰は何にしましょうか。


8 :以下、VIPに代わりまして名無しのようです:2011/02/20(日) 16:49:48 ID:211/obnoO
「―――! ――……!!」

「なぁに? …苦しいの? でもね、私も苦しいのよ。分かってるでしょ?
 ねぇ、クー。私はあなたを嫌いになりたくないの。憎みたくないの。
 恨みたくないの。今まで通り、友達でいたいのよ。
 でも、やっぱり『けじめ』は無くちゃいけないじゃない。そうでしょ?
 私は一度だけあなたたちを許したわ。残念なことに、また裏切られたけどね。
 ねぇ、クー。苦しい? 痛い? もう嘘、つかないでね?
 ……そんな顔しなくても、ちゃんとブーンにもお仕置きするわよ。
 私はアイツを愛してるけど、嘘は嘘だものね。
 裏切り分も一緒に、何か考えなくちゃ。そうだ、もう私以外の女を見ないようにすればいいんだわ。
 あぁでも、声でも誘惑出来るのよね。どうしようかしら。
 どうすればいいと思う? あなたなら何かいい考えが思い付くんじゃない?
 あ、でも…」

「もう、喋れないよね」

「……! ―――!!」


 私はブーンの事を愛してるのよ。

だからこそ、二度も浮気された事が悲しくて悔しくてたまらないの。
あなたの喉なんかより、心が痛いのよ。


9 :以下、VIPに代わりまして名無しのようです:2011/02/20(日) 16:50:22 ID:211/obnoO
(;^ω^) …ツン……

ξ ゚⊿゚)ξ なぁに?

(;^ω^) あの…

ξ ⊿゚)ξ 浮気のこと?

ξ ー゚)ξ いいわ。許してあげる

ξ ⊿゚)ξ でも、不安だから、もうアンタはこの部屋からは出さないわ

ξ ⊿゚)ξ 外には女が掃いて捨てるほどいるもの

ξ ⊿゚)ξ また誘惑されたら大変だものね

(;^ω^) ……


 嫌だとは言わせないわ。

だって、アンタは恋人の信頼を踏みにじったんだもの。
裏切りには裁きが必要よね。


<ピピピピピ、ピピピピピ

ξ ゚⊿゚)ξ 携帯、鳴ってるよ

(;^ω^) お…見て、いいのかお?

ξ ゚⊿゚)ξ いいも何も

ξ ゚⊿゚)ξ 自分の携帯じゃないの

ξ ゚⊿゚)ξ また二股でもしてるの?

(;^ω^) してないお!

ξ ゚⊿゚)ξ そう。なら、返事してあげなさいよ


10 :以下、VIPに代わりまして名無しのようです:2011/02/20(日) 16:50:56 ID:211/obnoO
ジャラジャラ


(;^ω^) ……ツン、これは?

ξ ゚⊿゚)ξ 足枷よ

ξ ゚⊿゚)ξ この部屋から出られないようにね

(;^ω^) ……

ξ ゚ー゚)ξ ブーン、私のこと、愛してる?


(;^ω^) も、もちろんだお!
ξ ^ー^)ξ ……嬉しいわ


 その言葉は、嘘じゃない?


ξ ゚⊿゚)ξ「ブーン」

( ^ω^)「なんだお、ツン?」

ξ ゚⊿゚)ξ「今の私を、その瞳に焼き付けておいてね」

( ^ω^)「え?」

ξ ゚ー゚)ξ「その眼球に、網膜に、記憶に、私のこの姿を焼き付けて」

(;^ω^)「つ、ツン?」

ξ ー )ξ「アンタが最後に見るものは、私であってほしいの」

(;^ω^)「……? ぼ、僕の目にはいつもツンが―――」



11 :以下、VIPに代わりまして名無しのようです:2011/02/20(日) 16:51:25 ID:211/obnoO
「…忘れないでね。私だけが、アンタを愛せるってこと…」

「…ツン?」

「そして、私だけが、これからのアンタを生かせるの」

「……ツン? …な、何だお、その手に持っt「ブーン、私を見て」

「この、幸せな顔をした今の私を」

「ツン?!」

「その目に、」

12 :以下、VIPに代わりまして名無しのようです:2011/02/20(日) 16:51:50 ID:211/obnoO





ξ ∀゚)ξ「焼き付けて」



13 :以下、VIPに代わりまして名無しのようです:2011/02/20(日) 16:52:29 ID:211/obnoO
ジュッジュジュジジッ!!

(; ω )「あ゛、あ、ああぁァあ!!
      ああぁあぁぁぁあぁッああああぁあ!!!!」

ξ ^ー^)ξ ブーン、愛してるわ。アンタを、心の底から

ξ ∀゚)ξ 私には、アンタがいれば他には何もいらないの

ξ ∀゚)ξ 二人だけで良いの

ξ ∀゚)ξ アンタの目は、私だけを映しててほしいの

ξ ∀゚)ξ 他の女を映しちゃ、ダメなの


 ねぇ、聞いてるの?


ξ ∀゚)ξ ずっと、死ぬまで愛してるわ

ξ ∀゚)ξ アンタは、どう?

(; ω )「ううううう!!」


14 :以下、VIPに代わりまして名無しのようです:2011/02/20(日) 16:52:55 ID:211/obnoO

 愛しい人。私の、愛しい人。

あなたの目に、私を閉じ込めて。
あなたの耳は、私の声だけを聞いて。
あなたの唇は、優しさだけをこぼして。

あなたに近付く女は、私がみんな、みんな遠ざけてあげる。



16 :以下、VIPに代わりまして名無しのようです:2011/02/20(日) 16:53:38 ID:211/obnoO
ξ ∀゚)ξ クーのことは、もう忘れてしまいなさい

ξ ∀゚)ξ アンタには、私がいるから

ξ ∀^)ξ ずっと、一緒だから…


 二度と離さない。
どこにも行かせないわ。
誰にも会わせないわ。

だって、私だけがアンタを満たしてあげられる。
暗い闇の中で、私だけがアンタを導いてあげられるの。

ねぇ、私のこと、愛してる?
私は、アンタを心から愛してるよ。

17 :以下、VIPに代わりまして名無しのようです:2011/02/20(日) 16:54:18 ID:211/obnoO
ξ ∀゚)ξ ねぇ、

(; ω )「う゛っううぅぅう!!」

ξ ∀゚)ξ 私のこと、愛してる?


 愛しい人、私の愛しいひと。

抱きしめてあげるわ。
抱きしめてあげる。

愛しい、愛しいひと。


ξ ∀゚)ξ 私とアンタは、ずっと一緒なの

ξ ∀^)ξ 幸せでしょう?

(; ω )「くっ…クーは、どうした、お」

ξ ∀゚)ξ どうもしてないわよ

ξ ∀゚)ξ 嘘をついた『罰』を受けてもらっただけ


 ……昔からの方法で、ね。


18 :以下、VIPに代わりまして名無しのようです:2011/02/20(日) 16:55:02 ID:211/obnoO
(; ω )「っううう゛」

ξ ∀゚)ξ 目が痛む?

ξ ∀^)ξ 大丈夫…私がいるから、大丈夫よ

ξ ∀゚)ξ 今は、眠って


 愛しいひと、愛しいひと

あなたが眠るまで、抱きしめてあげる。
悪夢を見ないように、抱きしめてあげる。

だからもう何も気にしないで。

夢の中でも構わないわ。
いつか答えてくれれば、それでいい。


19 :以下、VIPに代わりまして名無しのようです:2011/02/20(日) 16:55:30 ID:211/obnoO





「ねぇ、私のこと、愛してる?」



20 :以下、VIPに代わりまして名無しのようです:2011/02/20(日) 16:55:58 ID:211/obnoO



ξ ^ー^)ξ愛しているようです

終わり




21 :以下、VIPに代わりまして名無しのようです:2011/02/20(日) 16:59:38 ID:211/obnoO
短くてごめんね、ごめんね、今度は長くするね

モチーフ曲はルルティア/愛し子よ でした。はい。
PVもいい感じに病んでます。




boonkei_honpo at 09:18│Comments(0)TrackBack(0)ホラー | 音楽短編フェス

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字