ガレージスタジオ

オリジナルデザインTシャツの web shop【ブーツ&スティックス】のダイアリー

GSランチ9月 No4

DSC036089月26日
グリーンカレーライス

この日、ようやく新しい電子レンジがきたので、さっそくご飯あたため機能を使ってみました。今までのは30年近く前のものだったので、感覚としては未来のものがやってきたって感じです。
そうそう、カレーはもちろんキャベツの煮たのの残りとか、カボチャの蒸し煮の残りとかを
使っていますよ。あと、牛乳にココナツファインを入れたなんちゃってココナッツミルクだし
すでに賞味期限が切れている、これまだあったんだー的なライムピクルスも使っているという
とってもとってもGSランチなカレーです。

DSC036099月27日
ソース焼きそば+目玉焼き

久しぶりに焼きそば。具は、豚肉、貝ひも、カニカマ、玉ねぎ、キャベツ、ニンジン、キクラゲ、赤ピーマン。生食用の貝ひもを湯通しして、その茹で汁で焼きそばを炒めました。

DSC036249月28日
1プレート十六穀米ご飯+スコーン

今の電子レンジってただ温めるだけではなく、温度指定まで出来るんですねー。なので、このご飯は熱々のホゲホゲではなく温々(ぬくぬく)くらいにしました。
スコーンは古河市のマルーシュさん(plumさんのとなりのとなりのケーキ屋さん)のです。
あとは、アボカドとルッコラのマヨ和え、塩もみニンジンと赤ピーマンとレーズンのサラダ、プルーンとグレープフルーツ風味のマッシュパンプキン(といっても、プルーンとグレープフルーツのジャムを作った鍋を洗わないで、そこにカボチャを入れて蒸し煮にして潰しただけ)+ブリー+ハチミツです。

DSC036269月29日
キャベツとジャガイモのカザレッチャとフジッリ

カザレッチャが50gしかなかったので、フジッリを50gプラスして二人分に。鶏肉と玉ねぎキャベツを炒め煮にしてからパスタとお湯を投入、途中でコンソメやナンプラーで味をつけ、パスタが柔らかくなったら茹でてあったジャガイモとホーリーバジルを投入、水溶き片栗粉もいれてひと混ぜしたら出来上がり。
ちょっと前に「ひと鍋パスタ」という本を借りて来てから、ショートパスタは別鍋で茹でずにスープ煮にしています。鍋ひとつで済むし、茹で汁はすてなくてもいいし、パスタがスープを吸っておいしくなるような気がします。

DSC036389月30日
とり肉とごぼう、干ししいたけと干しえのきの混ぜごはん

盛岡の盆ザルで干したしいたけとえのき、ぜったいおいしい・・
はず。&、プラスとり肉でおいしさ倍増、さらにごぼうで食感に
変化を。向こう側にあるのは、カボチャの蒸したのとほうれん草のゆでたのと島豆腐、と素材で勝負って感じです。
GSランチ的には前々日のとり肉の煮汁を使ってます。


3ヘッドライト

先日、3ヘッドライトのキッズTシャツ(白地)のご注文をいただきましたが、
今回は3ヘッドライトのキッズTシャツ(黒地)のご注文をいただきました。

DSC03547

渋かわいい。




ありがとうございます!



捨てられないもの35の続き

爪切り没収を免れてから1年と半年、箱を開けず爪切りはず〜っと箱の中でしたが、
箱をよくよく見るとわきの隙間をちょっと広げれば爪切りを取り出せそうな気がして、
やってみました。
ちょっと広げるでは済まずけっこう苦労しましたが、なんとか取り出すことが出来ました。
(ガムテープをビーって取れば済むことなんですが、箱をそのまま残したかったのでね。)
DSC03555
これが、例の、問題の爪切り。
じっさい見てみると思ったより大きくて、
内臓されているナイフも長さ5センチくらいあるので、
これは空港の係の人が見逃すことは出来ない
というのもわかるような気がします。

DSC03551そういう厳しいチェックがあってこそ、
安心して飛行機に乗れるってことですけど、
トリコロールでかわいいデザイン、
缶切りに栓抜き(こんなのがついていたなんて
すっかり忘れていました&今時使いませんけど)
までついていて、

DSC03613おまけに裏には
←こんなおもしろいマークもあって、
どこから見ても非の打ち所のない
完璧なお気に入りの爪切り、
しいて欠点を上げるとすれば、爪を切るには
小さくて切りにくい&切れ味が悪いんだけど、
没収されなくてほんとうによかったです。


でも、じゃあ、なんで行きの羽田空港では何も言われなかったのだろう?

まあ、そーゆーもの(言われたり言われなかったり)なんでしょう。
片桐はいりさんのエッセイ「グァテマラの弟」の中にも、
弟さんがリクエストしたチャッカマン(持ち込めないものらしい)を
うっかりして機内手荷物に入れたままで、出国や乗り換えのときの検査を
パスしてグァテマラまで着いてしまったという話がありましたから。


捨てられないもの35

去年の沖縄旅行の帰り、那覇空港の手荷物チェックで
僕のバッグに入っていた爪切りが引っ掛かってしまいました。
小さいナイフがついていたのがいけなかったらしく、
没収になってしまいますと丁寧に言われました。
いくら丁寧に言われても、東京からのときには何も言われなかったし、
だいたいその爪切りってナイアガラの滝のお土産屋で買った
おもちゃみたいなものなのに、没収なんて大げさなっつー感じでした。

「そんなおもちゃで僕に飛行機の中で何ができるっていうのさ、ゴルゴじゃあるまいし」
(TIMのほうではなく、13のほうです)
と思いましたが、沖縄の係員は真面目な人たちで、
没収するしかありません的な態度をくずしません。

他の人からするとただのちっちゃい爪切りですが、
僕にとっては20数年前のナイアガラ行きの思い出が詰まった、
しかもかわいい絵がついていて、とってもお気に入りの爪切りです。

そんなこんなを言って、「没収はいやだー」的オーラを出していると
じゃあ、機内には持ち込めないけど手荷物預かりだったら、ということで一件落着。
とは言うものの、このちっちゃい爪切りと共に別のフロアに連れていかれて、
&しばらく待たされたりとすごく面倒なことになってしまいましたが。

で、しばらく待たされたあと係の人が持ってきたのが、
DSC03464←この箱でした。
縦13僉横11僉幅32僂糧△涼罎
おもちゃみたいな爪切りが入っています。
でも、いっぱしのスーツケースと同じく検査機を通して、
(中身はおもちゃの爪切りなの知っているはずなのに)
セキュリティーチェック済みのシールも貼られて、
羽田に着いた時は、これまたいっぱしのスーツケースがごとく
ターンテーブルに乗って出てきました。(笑っちゃいました。)

ということで、長くなりましたが、この段ボール箱、捨てられません。
さらに、なんかこのままのほうがいーんじゃないのとも思い、開けることも出来ません。


古河(こが)遠足

昨日行ってきました、茨城県古河市。

糸コトさんが参加されているplumさんでの企画展
「日本の手仕事〜中津箒とこぎん刺し〜」を見るためです。

DSC03561僕の住んでいる埼玉県川口市から電車で1時間。

ちょうどいい距離。

先頭に乗ると妙に気分が高まります。


DSC03562古河駅に到着。

とりあえずホームから古河の街を撮ってみる。




DSC03564DSC03563駅前の風景。





↑西口を出て、こっちのほうに歩いていくとplumさんがありました。

DSC03565DSC03571糸コトさんの作品群。





オレンジ色がポイントのカード入れ↑がよいなあと思ったら、
マネージャーもやはりそれがいいと思っていたらしい。

糸コトさんの並々ならぬこぎん刺しへの思い入れも聞けてラッキーでした。

DSC03566DSC03567 中津箒さんと弘前こぎん研究所さんの作品群。




DSC03569DSC03570






DSC03572盛岡のござ九・森九商店にあったのと同じ
ドーナッツみたいなたわし、発見。


あるところには、あるんですねー。


DSC03575お店を出て、とりあえずお店の写真を撮る同行の女子3人。






DSC03577plumさんの隣は花屋さん、そのまた隣はケーキ屋さん。






DSC03578で、私が一番気になったのが、
さらにそのまた隣にあったお店です。

いろんな日本酒の瓶が並んでいました。
&レーザーカラオケの看板・・・どのようなお店?


DSC03579次に、plumさんに紹介されて行ったのが、
日々の暮らしを楽しむ器や台所道具のhibiさん。

ここで、盛岡のござ九・森九商店にあったのと同じ
&僕たちが買ってきたのと同じざる、発見。
あるところには、あるんですねー。

もう盛岡まで行かなくても、ここで済むなあ・・・などと思いつつ、
歴史博物館方面に歩いて行く途中、渋いお店がありました。

DSC03582鮒の甘露煮のぬた屋という店でした。






DSC03584ここでも写真を撮る女子たち。

それを撮っている私。




DSC03586そうそう、古河市は城下町だそうで、
言われてみれば鍵型に曲がった道が
あちこちにあるなあっつー感じです。




それと、下総国古河藩の第4代藩主、土井利位が雪の結晶の観察書である「雪華図説」
を著したそうで、そのせいでしょうか、雪の模様があちこちにありました。
(だからといって雪印乳業はなく、古河市にはトモエ乳業という会社があるそうです。)
DSC03587DSC03589DSC03591DSC03592DSC03598DSC03599











雪模様を探して歩くだけでも面白いかも・・・。

面白いといえば、こんなお店もありました。
DSC03594「たわしや」という古本屋さん。
不思議なオーラに吸い寄せられる女子3人。

けっこうディープな感じだったらしい。
(近づかなくてよかった、絶対ハマってた。)


DSC03596振り返ると、原宿でもないのに、「ラフォーレ」。






DSC03597ここでちょっと遅めのお昼。
「たわしや」さんの並びにあったお蕎麦屋で
イカ天おろしそば。

写真を撮るのを忘れてちょっと食べてしまいました。
(食べかけので失礼します。)

ぜんぜん関係ないけど、イカ天出身バンドで好きなのは、フライング・キッズです。
(さっきテレビでBIGINが出ていたので思い出しました。)

この遠足の〆は、plumさんの並びにあるシロンスさんでお茶。
DSC03601
座った席から振り向いて入り口を撮ったとこ。





DSC03602僕は、カプチーノをオーダー。
といっても、コーヒー豆が入った紅茶です。
ちょっとコーヒーの香りがするけれど紅茶みたいな。
いや、みたいなではなく、ちゃんとした紅茶です。
初めての味。
いとこがコーヒーなんで・・・的な不思議なおいしさ。

横についてきた抹茶ゼリーとスノーボール。
抹茶好き&粒あん派の僕にとってはストライク。
サクホロッときてからアーモンドのコクが時間差でやってくる
スノーボールも絶妙なおいしさでした。

そういえば、入ったときから気になっていました
ガラスのショーケースに入ったいろんな形のティーカップ。
あの中だったらこれがいいなあ・・・と思っていたカップで出てきました。

なんででしょう?
好みがわかったのかな・・・。シロンスの不思議。

そんなこんなで結局一日古河市で過ごしてしまいました。
いや、これでは足りない。
また行きたいです。
楽しかったなー。
糸コトさん、ありがとう。



GSランチ9月 No3

DSC034879月17日
納豆と玉子の和風リゾット風

この日は暑くて、冷やし納豆そばにしようかと思っていたのだけれど、冷凍のご飯がだぶつき気味で最近定番のリゾット風に。
しかし冷やし納豆そばのイメージが残っていてこーなりました。
リゾット風の味つけはめんつゆ(そばのイメージだからね)で、玉子の白身でとじて、
その上にキューリ、納豆、玉子の黄身をのせ、切り海苔と青ねぎを散らしたのですが、
これはあり!の味でした。

DSC034989月18日
1プレート枝豆ごはん

といっても、普通の白いご飯に残った枝豆をのせただけです。
あとは前日の蒸し野菜と鶏もも肉の塩漬けをバター焼きにして、
それだけでは、ちょっと寂しかったのでパクチーを添えました。

DSC035059月19日
カザレッチャのカルボナーラ

カザレッチャって何?って感じですが、断面がSの字のショート
パスタです。ベーコンの代わりにチャーシューのはじっこを
刻んで、それとあまり気味だったしらすを入れました。
&スライスチーズをはさんで、粉チーズとホーリーバジルをトッピングしました。

DSC035289月20日
ホタテ貝ひもとしいたけとキャベツと玉子の雑炊

生の貝ひもを晩ご飯用に茹で、その茹で汁で冷凍のごはんを解凍すると必然的に雑炊に。ホタテのだしに椎茸のうまみをプラスしホタテと相性のいいキャベツも入れて玉子でとじて完成です。

DSC035379月21日
エビと豚肉のサラダごはん

マネジャーがワークショップで作ってきた梨のドレッシングを使ったメニューです。ご飯を中心に茹でエビ、茹で豚肉、ルッコラ、レタスをのせ、赤ピーマン、玉ねぎ、クルミを散らしました。

DSC035429月23日
ペンネとカザレッチャのミートソース

三人分を作るのにペンネだけでは足らず、カザレッチャだけでも足らず、で、時間差でトマトソースに投入しダブルパスタに。
最後に細かく切った豚肉を入れてミートソースになりました。

DSC035449月24日
スペアリブのカレーライス

とりあえず買ってきたスペアリブ、何にするか決めていないまま二日くらい煮込んでありました。それにニンジンと玉ねぎ、茹でジャガをプラスでカレーライスに。&パクチーがあったので、
それじゃあということで、ココナツファインとコリアンダーシードとライムピクルスなどを
入れてなんとなくあっち(タイとかベトナムとか、よくわかりませんが)風な感じに。

修理モード3

去年、入院した時にいただいた五本指ソックス・クアトロ。

DSC03507ここんとこ夜ちょっと冷えるので出してみたところ、
こんな風になっていました。(ショック!)

しかしこーゆーのもグッドタイミングっていうのでしょうか、
私はちょっと前から修理モードに入っていたので、
即、修理開始です。

フェルト用のウールをほぐして薄くなった部分に置いて、
フェルティングニードルでチクチク挿していくと、面白いようになじんでいきます。

ウールを置いて      チクチク        なじむ
DSC03522DSC03523DSC03524






DSC03525
この作業を裏と表と繰り返せば出来上がりです。
(あと右と左と)




この作業、面白い。
でももう終わっちゃったしなあ・・・。


・・・と思っていたら、
DSC03546後日、指先も薄くなっているのを発見。

これは、ショックというより
やったーって感じです。






ここが好き2

トーキング・ヘッズ。
これはもう大好きなバンドなので、全部、どこを取ってもいーんですが、
ライブを撮った映画「Stop Making Sense」がすごく好きで、
その中でも「特にいー」「ここんとこ大好き」という部分があります。

Psycno Killer のエンディング。3分40秒くらいから終りまで。
その中でリズムがヨレるところがあるのですが、そこが特にいーです。



Heaven のベースライン。



Crosseyed and Painless のデビッド・バーンのギター
(イントロ1分13秒の変わり目まで)。
それと、エンディング5分38秒のブレイク。



もういっこ、デビッド・バーンのギターで、
Cities の1分42〜56秒のところのマイクスタンドを使ったボトルネック。



Girlfriend Is Better のイントロ。そしてでかいスーツ。

※このスーツは、メンズ・ビギが作ったらしいです。


Once in a Lifetime の全くちがうふたつのメロディが絡まり合うサビ。



Burning Down The House のイントロのギターリフ。
44〜46秒、
1分2〜4秒、19〜21秒、54〜56秒、
3分5〜20秒のパーカッション。
あとキーボード。・・・というか、全部。



えー、以上です。

こんなの作ってみました

DSC03384ゴーヤの輪切り焼き

マネージャーがお友達のブログ?orフェイスブック?でみた
ということで、まねっこして作ってみました。

輪切りにして小麦粉をまぶしてフライパンで焼くだけ。
あとは、塩なり、しょうゆなり、ナンプラーなり、マヨネーズなり、ケチャップなり、
ウスターソースなり、チリソースなり、デスソースなり・・・(キリがないですね)。


DSC03385生ワカメ入り白身焼き

あまった白身、さてどうするか・・・で、
生ワカメがあるし、まぜて焼いたらいいんじゃないのとなり、
作ってみました。
写真ではしょうゆをかけていますが、
あとは、塩なり、ナンプラーなり、・・・以下同文。


DSC03495蒸し野菜

スーパーですごく色がきれいな小さいさつまいもがあったので、
こーゆー蒸し野菜を作ろうと思いニンジンとカボチャも買って
しまいました。
写真では、塩をかけていますが、
あとは、しょうゆなり、ナンプラーなり、・・・以下同文。


DSC03500パクチーのくき入りスクランブルエッグ

葉っぱを取ったあとのくきが残ったので、
これが入ったスクランブルエッグを作るってのはどーだろう、
で、作ってみました。これはアリです。
今回は、ナンプラーを使いましたが、
あとは、塩なり、しょうゆなり、・・・以下同文。


DSC03492鱧のムニエル

スーパーで鱧が売っていたので買ってみました。
開いて中骨までは取ってありましたが、背中から腹側まで続いて
いるひれを取って骨切りをしなくてはなりませんでした。
検索したらやり方が出ていましたから、
見よう見まねでやってみました。
なんとか骨切りまでやったのですが、途中、力が入りすぎたか、
壊れたアコーディオンみたいになってしまった部分が・・・。でも、大丈夫。
しっぽのほうの細い部分と合わせてつくねにしました。写真右のふたつがそれです。
今回は、塩を使いましたが、これに関しましてはそれでいいと思います。


捨てられないもの34

DSC03459先日行きました盛岡の
丸竹茶屋のおまんじゅうの箱に
ついていた包み紙。

殿堂入りです。


DSC03460殿堂といっても、そんなようなものばかりを
入れた箱なんですけどね。
まあ、中には何でこんなの取ってあるのかな?
的なものもありますが、そーゆーものも時が経つと
ちょっと面白いものになります。
例えば写真右下のチョコレートの箱。

DSC03461賞味期限が95年6月とあります。
ということは、95年以前のものなので、
20年以上前のものですな。
当然リサイクルマークはついていないし、
たぶんデザインも今のとは違うのでは・・・。
(確かめていないのでわかりませんが)
あっ、でも Meiji のロゴが今のと違いますね。
そーゆー意味では、左のサイコロキャラメルの箱もキチョーかも。
これは、箱がかわいいから取っておいたのだと思いますが。
とにかく、ちょっと面白くないですか。(ないですか。)

そうそう、これらが入っている箱は5色の iMac が出た時のキーボードのケースです。
DSC03462
これはもう、
こんなかわいいデザインの箱、
捨てられないでしょう、です。




Profile
Recent Comments