ガレージスタジオ

オリジナルデザインTシャツの web shop【ブーツ&スティックス】のダイアリー

不思議物 part2


昨日、マネージャーがヒナタノオトさんから手に入れてきました。
オオタ硝子研究室さんの不思議物。

DSC04393なんか妙に惹かれます。

モチーフは富士山?

光が当たると神秘的。


当たり前ですが、角度を変えれば表情も変わります。
DSC04390DSC04391DSC04392





見ていて飽きない。

これ、つや消しの部分と磨いてある部分があって、けっこう手間がかかってる?
DSC04395DSC04396DSC04397





そーゆー意味で、光が当たっていなくても、見ていて飽きない。


CDの入れ物

突然ですが、CDって手軽に取り出せるほうがいいですよね。

いやいやそんなことはない。
凝った箱に入っていて、そこからうやうやしく取り出してこそCDです
と言う方もおられるかも知れません。
(プレーヤーにいれる前に二礼二拍手一礼したりして)
それはそれでいいと思います。
でも、ぼくは簡単に取り出せるほうがいい派です。

なので、
DSC04372←こーゆー紙のさや(っていうんですかね)がついていると
それだけで、かけるのをためらってしまいます。

「取っちゃえばいいじゃん」と言われるかも知れませんが、
別にして取っておくのもなんだし、かといって
僕の性格からして捨てるなんてもってのほかだし・・・。
ということで、出したらちゃんといちいちこの紙のさやにケースをいれてしまっています。
(じゃあ文句を言うなって話なんですけどね・・・)
この紙のさや的なものに入っているCDって、うちではキューバ系の音楽のに多いです。

例えば、
DSC04378←こんな感じ。

また解説書なんかといっしょになっていると
余計に取り出しにくいので、さらにためらいますし、
やっぱやめておこうとなることも多々あります。
(キューバ系の音楽は好きなんだけど)


そして、
DSC04374取り出しにくいといえば、
写真上のような紙製でレコードのジャケットみたいなのも
取り出しにくいので、かけるのを迷ったりします。
(ボブ・マーリィは好きなんだけど)
同じ二枚組でも下のようなケースのほうがいいですね。
取り出しやすさに関していえば。

もういっこ、
DSC04375←こーゆーのもあります。
レコードのジャケットみたいで、さらにLPっぽく
プラの袋にはいっています。
これ、意外と出し入れが面倒くさいです。
「袋なんて捨てればいいじゃん」と言われるかも知れませんが、
僕の性格からして捨てるなんてもってのほかなんです。
(じゃあ文句を言うなって話なんですけどね・・・)

ということで、
DSC04376こーゆーのが一番かも。

紙のジャケットに直接はいっているやつ。
これ、究極。
取り出しやすいこと山のごとし。


GSキッチン6


DSC04338ゆでえびと生ワカメこんぶポン酢マヨ和え

まだまだ自分的ブームの生ワカメ。今までしらす、カニカマ、貝ひも、たらこ、まぐろなど色々合わせてきましたが、今回はえびです。家族の評判もよく、自分的にもなかなかいいんじゃあないのって感じです。(えびですからね、おいしいのは当たり前。)

DSC04339ひらたけのにんにくしょうゆバター炒め

ひらたけも現在自分的ブームでスーパーで見かけるとつい買ってしまい、常備状態にあります。キノコ類とにんにくはテッパンのコンビ。それプラスバターでコク、しょうゆでパンチを効かせればなかなかいいんじゃあないのって感じになります。

DSC04342ヤゲンと豚肉の塩炒め

ヤゲンの塩焼きはビールにぴったし。豚肉の塩焼きも同じく。
しかし今までは別々で、このようにいっしょに炒めたことはありませんでした。合わせることでワンランク上を狙ったわけではなく、単に豚肉がちょっと余っていたので一緒にしただけです。

DSC04356ひらたけと生ワカメのポン酢和え

一緒にしたシリーズ第2弾。自分的ブームの生ワカメとひらたけを合わせました。ひらたけとにんにくをオリーブオイルで炒めたのと生ワカメを混ぜて昆布ポン酢で和えただけ。海の物と山の物の出会い、グルタミン酸とグアニル酸の出会いと言ってもいい。

落ち葉

昨日はゴミ収集日。落ち葉(それも柿の木の葉、しかもお隣の)が
たくさんうちの敷地内に落ちていたので、ゴミを出すついでにその落ち葉も
集めてゴミと一緒に出そうとかき集めて袋詰めをしていました。
その間、頭に浮かんで来ていたのは、
「これだけ葉っぱがあったら柿の葉寿司がたくさんできるなー」とか
「えびもいいし、穴子もいいけど、しめ鯖がいいかなー、やっぱし」など
柿の葉寿司関連のことばかりでした。
まあ、それはそれとして、そんなこんなで袋詰めは終了し、
無事に収集場所に出して一件落着・・・と思いきや、
ふと詰め切れなかった葉っぱを見ると、ほとんどが枯れ葉色なんだけど
中には赤いのや黄色いの、緑が残っているものなどがあり、
ちょっと面白いかも・・・なんて思ってしまった。

DSC04359いったん家に戻ってカメラなんか持って来たりして
後戻りできなくなってしまいました。




DSC04361ほうきで掃いていないところとか
ちょっと離れたところまで見に行ったりして
だんだんノッてきました。

月曜日の朝一から何をやってんのって感じですが、
ビーチグラスを探しているような楽しい気分。
DSC04363
しかし、いざキレイなのを探すとなると
なかなか見つかりません。

袋詰めをしているときに、柿の葉寿司のことではなく
なんでこっちのほうを思いつかなかったかと後悔したり、
さっき収集場所に出した袋を戻してきてその中から探そうかとさえ思ってしまいました。

・・・という話でした。おしまい。

スパゲティの長さ

先日ひと鍋パスタでスパゲティを半分に折って使いました。
そんなことからスパゲティの長さは何センチなんだろう(計りました、26センチでした)、
続いて、その長さはどこから、もしくは誰が決めたんだろう、ということになり、
基準はいったい何?ということになりました。

ちょっと検索してわかるかなと思ったのですが、
基本的にその辺のことはわかりませんでした。
本場イタリアにはもっと長いのがある、くらいはわかりましたが。

僕が思うに、フォークでクルクルクルッと巻いて食べるには25〜7センチくらいが
食べやすくてちょうどいい長さ、ということではないですかね。

そういえば、その先日のひと鍋パスタで、
スパゲティは半分に折ったらちょい食べにくくなるのでは・・・と思っていたのですが、
食べるのには支障はなかったですね。
ただ一回クルッとやるだけでフォークに巻けてしまうので、ちょっと物足りない感じ。
やっぱ、クルクルクルッくらい巻いてからパクッがよいかと思います。

ちょっとそれますが、スパゲティってフォークでクルクルと巻いてパクッと食べるのが
おいしいと思います。うどんや焼きそばのようにズルズルと啜るのはイマイチのような
気がしますし、なんか違和感を感じます。

で、もどりますが、クルクルクルッパクッのほうが楽しいし、おいしい。
そういう意味では、半分に折るのはNGですね。
だけど、ひと鍋で作りたい。じゃあ、どうするか。

解決策が書いてある本がありまして、それによると、スパゲティをまず水でふやかす、
90度くらいまで曲がるようになったら鍋にいれる、そうです。
でも、ふやかす入れ物はどうする?って感じですね。
ボウルにしても鍋にしてもスパゲティをいっぺんに浸けるとなるとけっこうな
大きさのが要りますし、バットにしても大きいのが必要です。
だったら普通に別鍋で茹でてソースと合わせたほうがいいのでは・・・と思います。

もういっこ、これはネットで見たのですが、直径28センチのフライパンを使う、です。
これ、ふやかす必要はないし、ひと鍋で出来そう、いいかも知れません。
ただ28センチのフライパン(意外とでかい)があればの話ですが・・・。


ファンシー・ミーティングTシャツ

ひさしぶりにTシャツについて、です。(Tシャツ屋なのにね)

玉乗り象が15個ならんでいるファンシー・ミーティングTシャツ 、いーですね。

DSC04343
さっきプリントしました。





2年前にも言いましたけれど、
象×15Tシャツ
象×15Tシャツもしくは、ファンシー・ミーティングTシャツ

玉乗り象の重なりが微妙に違います。
DSC04347DSC04348DSC04349






ひとつだけ他のとは違うイヤリングをしている象がいます。
DSC04344






          &

うしろには、Fancy meeting you here ! の文字がはいります。
DSC04352






Fancy meeting you here ! の意味は、「こんなところで会うなんて!」です。

なので、2年ぶりに登場してもらいました。

GSランチ11月その4

DSC0429611月20日
パッタイ

このところず〜っとご飯だったので、たまには麺類を・・・と炒めビーフンに。二人分でもやしを一袋使ったところ、莫大な量になってしまいました。もちろんちゃんと残り物も利用してます。

DSC0429911月21日
えびと豚肉のグリーンカレーライス

豆乳とココナツファインでなんちゃってココナツミルク。茹でたニンジンとレンコンの焼いたの(どっちも残り物)と白菜の外葉の青い葉もはいっています。

DSC0430311月22日
スパゲティ豚肉入り豆乳トマトソース

ひと鍋パスタをスパゲティでやるのは初めてで、半分に折ったので食べにくいかもと思っていたのですが大丈夫でした。盛りつけのときにチェダーチーズスライスをはさむのがポイント。

DSC0432311月23日
1プレートカキフライ+赤飯&炊き込みご飯

スーパーでちょうど6個入りのカキフライがあったので、それと生ワカメとホタテの貝ひもとパクチを和えたのと冷蔵庫にあった煮物としいたけのソテーの残りと冷凍庫にあったご飯たち。

DSC0434111月26日
豚肉と炒め玉ねぎのカレーライス

いつもは12時過ぎに昼ご飯になるのだけれど、今日はマネージャーが午前中出かけていて1時に帰宅ということで、その1時間を使って炒め玉ねぎを作ることに。
DSC04340←弱火で1時間炒めた玉ねぎ。
冷蔵庫に半分残っていたのを使ったのだけれど、炒め始めて20分が経った頃にどうせ同じ労力を使うなら3個分くらいを炒めてストックすればよかったのではと気がついた。が、後の祭り。
まあ、それはそれとして、1時間費やして半個分の玉ねぎを炒めただけのことはあって味わい深いカレーになったような・・・。

GSキッチン5

DSC04275干し大根のぬか漬け

漬けてあったのを忘れていて三日くらい漬かってしまったものですが、それはそれで美味しいです。大根の場合、うちの切り方は二種類で、マネージャーの家の銀杏切りと僕が子供の頃から馴染んでいる拍子木切りです。

DSC04276カボチャとゴルゴンゾーラとピスタチオ

柿に続いて甘い系+ゴルゴンゾーラで、
蒸し煮のカボチャとゴルゴンゾーラ。&ピスタチオ。
調味料をいれなくてもゴルゴンゾーラの塩気だけで十分です。
食感の変化としてピスタチオをいれてみました。

DSC04302カボチャとゴルゴンゾーラ

シンプルに混ぜただけ、しかしちょっと混ぜ過ぎの感あり。
見た目ゴルゴンゾーラがどこかへ行ってしまった。
&器がちょっと小さかったから山盛りになってしまいました。


DSC04285生ワカメの白身焼き

生ワカメいりの玉子焼きはありましたが、白身だけでというのは初めてかも。ワカメの深緑と白のコントラストをねらったとかそーゆーわけではなく、単に昼ご飯に黄身を使って白身があまっていたからです。胡椒を効かせてしょうゆで食べるとおいしい。

DSC04317柿とカマンベール

ある料理本にりんごとカマンベールのサラダというのが載っていたので、じゃー柿(もらったのがまだあった)とカマンベールでもいーんじゃあないの・・・となりました。柿とゴルゴンゾーラというのもやったことだし。

DSC04337貝ひもと大根のしょっつる&マヨネーズ和え

ホタテと大根のマヨサラダがあるのだったら、貝ひももアリなんじゃないかな・・・となりました。大根は千切りではなくスライスして(なんとなくこっちのほうが合うかなと)塩もみ、ナンプラマヨでもよかったけど、なんとなくしょっつるマヨに。

GSキッチン4

DSC04200芋がらと油揚げ炒め煮

たまーに食べたくなる芋がら。今回は生のいもがらが近所のスーパーの地場野菜コーナーに置いてあったので、ついふらーっと買ってしまいました。で、芋がらの食べ方はこれしか知らない、油揚げといっしょにごま油で炒めて味付けはめんつゆで。

DSC04205焼きブロッコリー

ゆでたブロッコリーをオリーブオイルで焼きつけただけです。
ブロッコリーに焦げ目をつけるなんてうちではあまりないので、
つい写真を撮ってしまいました。
仕上げに塩をパラッとふって完成です。

DSC04211きのこの酒蒸し

しいたけとえのきたけと最近うち的ブームのひらたけを
ニンニクと酒を入れた鍋に投入して蓋して弱火で蒸して、
きのこがしんなりしたらしょうゆを回しかけて
ひと混ぜすれば出来上がり。

DSC04271ゴルゴンゾーラと柿

電車の中のテレビで見たパナソニックのふだんプレミアムのコマーシャルに出て来た料理にモッツァレラと柿のカプレーゼというのがあったので、じゃあ、ゴルゴンゾーラと柿もアリなんじゃないの・・・で、こーなりました。

DSC04268豚肉のパクチ炒め

コロコロに切った豚肉(ここではカシラを使っています)とニンニク、タマネギを炒めて最後にパクチの茎の部分を入れたら器に盛って、仕上げに粗挽き黒胡椒とクロックでゴリゴリつぶしたコリアンダーシードをかけ、パクチの葉っぱをのせて完成です。

年末に向けての作業6

昨日の続きです。

DSC04324DSC04325
ちょこっと黄色なんかを
いれてみたりして、



   処理前↑         処理後↑

DSC04326DSC04327
その後ニスを塗って、




   処理前↑         処理後↑

DSC04329
切り離したあと、
切り口にもニスを塗って、





DSC04330DSC04331
周りにちょろっと金色をのせて、




   処理前↑         処理後↑

DSC04332
出来上がり、あとはひもをつけて完成です。





Profile
Recent Comments
Archives