ガレージスタジオ

オリジナルデザインTシャツの web shop【ブーツ&スティックス】のダイアリー

GSキッチン268(9月16日)

DSC09370しらすと生ワカメゆずポン酢

この日、近所のスーパーに行くとしらすの升売りをやっていて、なんとなく並んでしまいました。升2杯でずっしり、帰ってから計ってみると430gありました。いきなりしらすが430g、半分は冷凍してもまだ200gはあります。っつーことで、しらす消費習慣に入りました。朝ご飯に食べるとしても使い切れないので、さっそく晩ご飯に使います。一方生ワカメは賞味期限が過ぎていたので、使い切らないと的な立場にあり、とりあえず二つを合わせてゆずポン酢和えにすることに。きゅうりを輪切りにして塩もみして水気を絞り、茎の部分を含めた生ワカメを適当な大きさに切って、そこにしらすも投入、ゆずポン酢、糸寒天、白ごま、細切りの大葉もまぜて出来上がりです。

DSC09371しらすと生ワカメ入り玉子焼き

続いて玉子焼きです。厚焼き玉子と同じ味付けをしたとき卵にしらすと生ワカメの葉(?)の部分を適当な大きさに切って入れてフライパンで焼いただけです。厚焼き玉子みたいに焼こうと思ったのですが、最初に流し入れて巻いた段階で十分な太さになった
DSC09372ので、結局三回に分けて三本できました。

切ってみると中は若干半生で、半生好き(私&娘)にはバッチリでした。



DSC09373たらこ入りポテトサラダ

大量のしらすの登場で、朝ご飯の時用のたらこ(これもけっこうな量ありました、18日現在まだ残っています)を急遽使うことに。きゅうりと玉ねぎとジャガイモだけの基本のポテサラに、適当な大きさに切ったたらこを混ぜただけです。混ぜすぎず、マーブル状でとどめておいたほうがきれいかと・・・。それにこっちのほうが、たぶんおいしい。

DSC09375豚肉とキャベツの塩炒め

玉子焼きのあとのフライパンを見ているうちに豚コマも残っているしキャベツもあったなーということで、両者を炒めることに。豚コマを適当な大きさに切って塩コショウしておきます。キャベツを適当な大きさに手でちぎってフライパンに入れていきます。(別に庖丁で切ってもいいのですが、まな板に豚肉がのっていたのでね。)続いて豚肉もいれて、オリーブオイルを回しかけて火にかけます。両者に火が通ったら味を見て、今回はもうちょっと塩を入れて、コショウをきつめにふって(コショウを効かせたほうがおいしいかなと思った)出来上がりです。

nippon

娘がイタリアのスーパーで買ってきたお菓子、nipponという名前がついています。
ライスパフのチョコレートがけで、
雷おこし的な雰囲気なのでニッポンとつけた感があります。

そんな立派な国の名前がついたお菓子なんですが、
スーパーの片隅に山積みになって、ひとつ1ユーロのセール品になっていたそうです。
なんか、そういうのやめてもらいたい気がします。

DSC09424














開けてみると、駄菓子感たっぷり。ニッポンてついているのに駄菓子・・・。
こういうのもやめてもらいたい気がします。
とは言え、おいしいんですけどね。

GSキッチン267(ポテサラ編)

DSC09363基本のポテサラ

きゅうりと玉ねぎのスライスを塩もみして水気を絞っておきます。そこに茹でたジャガイモの皮をむいたものを入れて粗くつぶします。きび糖とガーリックパウダーとコショウをふって、マヨネーズとオレオエステパのオリーブオイル(マヨネーズだけでもいいし、オリーブオイルだけでもいいかも)をいれて混ぜて、味を見て、今回は塩をプラスして出来上がりです。
これにゆで玉子やにんじんを入れれば、いわゆるポテトサラダになるし、当たり前ですが、ツナとかハム、ベーコン、チーズを入れてもいいし、カニカマやさつま揚げ、ちくわなんかもアリかも、です。
&マカロニをいれてポテロニサラダなんていうのも作った記憶があるような・・・。

あと、ふりかけのバリエーションです。
DSC09365基本のポテサラ+粗挽き黒胡椒

ピリッと大人な感じに。




DSC09366基本のポテサラ+粉チーズ

塩気とコクをプラス。




DSC09364基本のポテサラ+パプリカパウダー

スペインな気分に。




余分な仕事

今日から木枠を作ろうと思い、作業場を片付けかけたのですが、
床に置いてあった釘やネジの入った箱を持ち上げた瞬間、
フタが開いて中身をぶちまけてしまいました。

DSC09411留め金がかかっていなかったみたいです。
留め金をかけずに床に置いたままにした過去の自分を恨むしかありません。

量が少なかったのが不幸中の幸いです。







DSC09412とは言え、似たような大きさのがあるし、どのネジがどの箱に入っていたかもわからないし・・・。

&別の用も出来たし、で、今日の木枠作りは延期となりました。







GSキッチン267(9月14日)

DSC09351牛肉ときゅうりの柚子胡椒ゆずポン酢

国産牛のコマがほんの少し(50gくらい)残っていた(このくらい使っちゃえばいいのに・・・レベル、しかし使い切れない小市民的性格)ので、これを塩コショウしてオリーブオイルで炒めて、細切りにして塩もみしたきゅうりと合わせて柚子胡椒とゆずぽん酢で和えました。水分吸収もかねて糸寒天をプラスして、見ているうちにごまも入れたくなったので、+白ごまです。(牛肉、残しておいてよかった。)

DSC09353油揚げと切り干し大根黒七味煮

切り干し大根はざっと洗ったら、ひたひたの水につけてもどします。油揚げ(袋状になっていないやつ、厚めでしっかりしたタイプの)は細切りにして鍋にいれて、そこにもどした切り干し大根を戻し汁ごと入れて火にかけ、白だしで味をつけたらゆず一味で出来上がり。・・・なんですが、先に柚子胡椒とゆずポン酢とゆずを使ってしまったので、ゆず一味の代わりになるものは・・・と冷蔵庫を見ると、黒七味(ふだんあまり使わないので忘れていました)があったので、こーなりました。

DSC09354生ワカメとちくわの生姜マヨしょうゆ和え

近所のスーパーで生ワカメが今週の広告の品になっていました。生ワカメ好きは見逃しません。さっそく買っては来ましたが、何にしよう・・・でしたが、普通にちくわと合わせるかとなり、ちくわといえばマヨしょうゆかとなり、でも何かもう一押し・・・と考えていたら、中学時代に乗った新幹線の中で食べた、もうちょっと正確に言うと、柔道の全国大会に出るために東京へ向かう途中、豊橋駅を通過中に車内販売で顧問の先生が買ってくれた生姜入りのちくわ(めっちゃおいしかった)を思い出し、おろし生姜をプラスしました。

DSC09355ベーピー(ベーコンとピーマンのペタンコ焼き)

ピーマンを半割りにしてヘタごと焼いてしまうペタンコ焼き、気に入っていますが、今回は、なんと!ベーコンつき。まあ、ブロックのベーコンの端っこが残っていたからなんですけどね。
ピーマンは半分に切って、オリーブオイルをしいたフライパンに切り口を上にして並べてフタをして中火にかけます。5分くらいしてピーマンが柔らかくなってきたら裏返して、拍子木切りにしたベーコンもいれて、フライ返しでピーマンを押さえつけながら焼いていきます。ピーマンがくたっとなったら出来上がりです。皿に移して粗挽き黒胡椒をかけます。食べるときに好みで塩をふります。

GSキッチン266(9月13日)

DSC09340マグロのアラ煮と大葉のマヨ和え

前々日のマグロのアラ煮がほんの少し(このくらい食べちゃえばいいのにレベル)残っていたので、それを少し細かく切って、細切りの大葉をマヨネーズで和えただけです。


DSC09342じゃがバター&ゴルゴンゾーラ

茹でたジャガイモを粗くつぶしてバターとゴルゴンゾーラピカンテをのせただけです。函館で食べたイカの塩辛のせじゃがバターを思い出し、塩辛をゴルゴンゾーラ(いつものように賞味期限が過ぎているので早く使わないと的な・・・)に代えてみました。

DSC09343きのこの酒蒸し+ナンプラー

野菜室にエリンギのちゅうくらいのが2本、しいたけが3個、えのきが2分の1袋あったので、これらを合わせて、あと乾燥のスライスにんにくもいれて酒蒸しにして、ナンプラーをかけただけです。&ナンプラーとくれば、パクチーも、ですよね。

DSC09345ジャークチキンと野菜炒め

ジャークシーズニングと酒(ジャークシーズニングが足りなくて酒でのばした)を合わせて、適当な大きさに切った鶏もも肉にまぶして3日くらい経ったものをオリーブオイルで炒めて、ある程度火が通ったらキャベツとにんじん、ピーマン、玉ねぎを投入してさらに炒めます。が、野菜のほうに火が通っても鶏肉はまだっぽかったので、野菜を取り出して鶏肉だけをさらに炒めました。鶏肉に火が通ったら野菜の上にのせておいて、フライパンに水をいれて火にかけ焦げをこそげて少し煮詰めて、中濃ソース(ジャークシーズニングを入れたいところなんですが、鶏肉にまぶした段階で最後でした、買い置きもないし・・・)をプラスしてソースとし、全体にかけて出来上がりです。

GSキッチン265(9月12日)

DSC09331マグロづけ焼きパクチー和え

この日のお昼の残りのマグロづけ焼きを角切りにして、パクチーのざく切り、&ナンプラーとコリアンダーシード、粗挽き黒胡椒で和えて出来上がりです。


DSC09332みずのおしんことキムチとフライドオニオンまぜ

ほんの少し残っていたキムチ、もうそれだけ出しても残り物感満載なので、それに弘前で買ってきたみずのおしんこをまぜてみました。まぜたのを見ているうちにもう一つ何か加えてみたくなり、最初ナッツ系?と思ったのですが(まあ、それもよかったのかも知れません)、フライドオニオンが微妙な量残っていたので、それをプラスしてみました。青森(弘前ですけど)と韓国(日本産のキムチですけど)とポーランド(フライドオニオンの原産地)のハーモニー。

DSC09333キャベツと玉子炒め

キャベツと玉子ってけっこういい組み合わせだと思っているんです。子供の頃、千切りキャベツに玉子を割り入れて電子レンジで玉子が絶妙な感じになるようにチンして、それにしょうゆをかけて食べるのが好きでした。今回は、フライパンで塩コショウで下味をつけた玉子をざっくりと炒めて、いったん取り出しておいて、続いてざく切りキャベツを炒めて火が通ったら玉子を戻し入れてまぜたら器に移してオイスターソースをまわしかけて出来上がりです。

DSC09334茹でとりレバー

鶏レバーを適当な大きさ(ひとつを五個くらいに切る)に切って、沸いたお湯に入れて再び沸騰したきたら火を止めフタをして18分(15分はツレヅレハナコさんのレシピです、しかし今回は大きいのがあったので18分)おいてから取り出し、あとは、塩なり、スパニッシュハーブなり、ウスターソース&辛子なりで食べます。

DSC09336銀座あけぼののマヨネーズおかき

これ、まじにマヨネーズの味がする。
ビールにめっちゃ合います。
飲み過ぎに注意!


GSキッチン264(9月11日)

DSC09320マグロのアラ煮

マグロのアラの血合いの部分(赤身の部分はしょうゆ漬けにします)を適当な大きさに切って、みりんとしょうゆと酒とおろし生姜で汁気がなくなるまで煮て、コリアンダーシードとココナツファインをまぶして出来上がりです。

DSC09321油揚げと小松菜他&玉子のオイスターソース煮

油揚げと小松菜、しいたけ、にんじんを中華スープとオイスターソースで煮て、そこにとき卵を流し入れて玉子がゆるゆるとかたまったら出来上がりです。しかし、もう一味欲しかったので、仕上げにオイスターソースをかけました。

DSC09323餃子の具+カニカマ入り玉子焼き

ちょっと前に市販の餃子(あまりに焼き餃子が食べたくて、&お買い得だったのでついふら〜っと買ってしまった)が、家族の間で評判がイマイチだったので、そのリベンジで作った餃子の具のあまりと、それだけではボリュームに欠けるかなということで、カニカマをプラスして玉子焼きに。餃子の具とカニカマをとき卵にいれてフライパンに流し入れて青ねぎを散らして、フタをして全体に火が通ったら出来上がりです。

DSC09324大葉入り焼き餃子

はい!これがリベンジの焼き餃子です。キャベツと玉ねぎをみじん切りにして塩もみ、水気を絞っておきます。豚ひき肉は塩を加えて粘り気が出るまで練っておきます。両者を合わせてオイスターソース、しょうゆ、コショウ、ごま油、みじん切りの大葉を加えて具の出来上がり。市販の24枚入りの皮で具を包んだら、いったんおいて残りの具+カニカマの玉子焼きを作ります。その後、玉子焼きを焼いたあとのフライパンにサラダ油をしいて、餃子を並べて水をまわしかけて強火にかけて2〜3分、水分がなくなってきたらごま油をまわしかけて、いい感じに焼けたら出来上がりです。
自分で言うのも何なんですが、全然違う、めっちゃおいしかったです。

GSキッチン263(9月10日)

DSC09317トリュフ入りのタリアテッレ生クリームソース

この日のお昼の残りです。何回も言っていますけど、娘がイタリアから買ってきてくれたパスタなんですが、箱に4人分と書いて買ったけど、一人分を取っておいてもねえ・・・、ということで4人分全部を茹でたんですよね。案の定食べきれなくて、晩ご飯にも登場です。

DSC09315オイルサーディンとオリーブ

この日は、ほかにソーセージとキャベツを煮たのとかあって、パスタもあるしで何となくそっち系かなーって感じになったのでオイルサーディンの缶をあけて、それだけでは何なんで黒オリーブと緑オリーブをのせてみました。

DSC09316油揚げのチーズのせ焼き

テーマがそっち系だとあと何があるかなーと考えた結果、油揚げがあって使いかけのゴルゴンゾーラがあってモッツァレラもあったので、こーなりました。もちろんこのままでは食べにくいのでピザカッターで適当な大きさ(一枚を六等分)に切りました。

GSキッチン262(9月9日)

DSC09312茹でジャガ煮

この日の昼ご飯の豚肉の鴨南蛮風つけそばのつけ汁が残ったので、それで茹でてあったジャガイモを玉ねぎのスライスとともに煮てみました。豚肉の出汁がでた汁なので、肉のない肉じゃが的な感じになりました。早く使わないと葉っぱが黄色くなってきてしまう、という理由からクレソンをトッピングしました。

DSC09310ゆで豚と生ワカメのポン酢和え

近所のスーパーで一時毎日のように売っていた生ワカメ、最近はあまり見かけなくなりました。でも、たまに思い出したかのように置いてあるときがあります。そんな時は、やはりついふら〜っと買ってしまいます。そんな生ワカメと、昼ご飯(豚肉の鴨南蛮風つけそば)のときについでに茹でたというか、昆布つゆで煮ておいた豚肉を合わせてゆずポン酢と黒ごま五穀ドレッシングで和えました。

DSC09313生ワカメとカニカマ入りの玉子焼き

生ワカメの葉のほうは上のポン酢和えに使って、茎のほうはこっちに使いました。ボウルに玉子を割ってカニカマと生ワカメの茎を入れて、そこにマヨネーズとしょうゆを混ぜて、オリーブオイルを熱したフライパンで焼いただけです。

Profile

オリジナルデザインプリントTシャツショップ【ブーツ&スティックス】の店長によるブログです。仕事場であるガレージスタジオより、B&S的な日々を、綴っていきたいと思います。オリジナルTシャツのコンセプトは〈僕の着たいTシャツ〉デス。

Recent Comments
Archives