ガレージスタジオ

オリジナルデザインTシャツの web shop【ブーツ&スティックス】のダイアリー

2008年08月

1/2のもの

 
 今日の午前中、近所のスーパーに買い物に行ったのですが、
そこで娘(小6)が思わぬものを発見してくれました。

キューピーの人形がおまけに付いたキューピーマヨネーズです。

しかし、なぜかおまけは、いつも買っている赤いキャップのではなくて、
白いキャップのカロリー1/2のやつにしか付いていません。

白いキャップは今一だなー、と思いつつも本日の購入予定にはなかった
マヨネーズ、しかも白いキャップ(しつこい)のカロリー1/2のやつを
カゴに入れてしまいました。

午後は、北浦和にある埼玉県立近代美術館で開かれている「丸木スマ展」
に行きました。(最終日のぎりぎりで、ようやく観に行くことができました。)

帰り際、ミュージアムショップで面白いような、懐かしいような、
だけど、それ買ってどうするの?的なものを発見しました。

まわすとフォーンと音の出るコマです。
直径23センチという大きさが気に入りました。

みるとセールで、お値段1/2になっていました。
というわけで、これも買ってしまいました。
1/2のもの


今日買った、二つの「1/2のもの」です。
 


 

ブランク

 
 そうこうしているうちに、27日になってしまいました。

先々週は、僕のいなか(三重県四日市市)に帰っていました。
そして、先週の月曜日(18日)に戻ってきたのですが、毎度のことながら、帰省で
一週間空白が出来ると、生活のリズムをもどすのにも一週間はかかってしまいます。

& このブログにしても、なにから書こうか考えているうちに、例えば帰省中に
マンマミーアさんに行った記事は、うちのマネージャーにさっさと自分のブログのほうに
書かれてしまうし、(マンマミーアさんは、すごくいいロケーションにあって、建物の中も
外も、いい雰囲気でした。)オリンピックにしても、いまさら書いてもねえ・・・的な感じの
時間が経ってしまっているしで、結局、帰省中を含めると二週間のブランクに
なってしまいました。

そうそう、オリンピックといえば、ああいうところに出るアスリートもブランクがあると、
元にもどすのに同じだけ時間がかかるという話を聞いたことがあります。

また、レーシングカーなんかも、ひとつのレースを終えた後、次のレースでちゃんと
走るようになるまでには、やはり、かなりの時間が必要だそうです。

ブランクを埋めて、元通りにするというのは並大抵のことではありません。

そう考えてみると、僕もオリンピック級のアスリートやレーシングカー並み・・・
ということになります。

ただ、それら並みのポテンシャルはあるのか?・・・は、別問題なんですが・・・。
 
 

変わらないもの

 
 先々週になりますが、久しぶりに学生時代の友人と会いました。

I 君とO君(大竹伸朗のサインをもらわなかった人)とは、時々飲みに
行っているので、別に久しぶり感はないのですが、Y君とT君とは
25年ぶりに会いました。

Y君はアメリカの人と結婚して、ずっと向こうで暮らしているので
日本語があやしくなっていると聞いていたのですが、変わってなかったですね。
今回、彼が仕事で日本に来たので、久しぶりに集まろうということになったのですが。

このメンバーはむかしバンドをやっていた仲間で、当時はトンガっていましたが、
さすがに25年転がってきて丸くはなっていましたが、石そのもの(本質)は
変わっていませんでした。

特にT君(一番トンガっていたこの人は、横浜にいるので会おうと思えば
会えるのだけど、25年間会わなかったです。)は、髪型もスタイルも
25年前と同じで変わっていなかったのですが、(あまりの変わらなさに
拍子抜けするくらい変わっていなかった。)さすがボーカルをやって
いただけのことはあって、中身も変わらずキラキラしていました。
(そうそう、彼が息子にキヨシローとつけた人です。)

若いころに共有した思いは貴重であるし、それを変わらず持ち続けている
仲間はもっと貴重だし、そういう仲間がいるということは、ありがたいこと
だと思います。

みんないい奴らだったのですが、25年経ってもいい奴らで変わっていませんでした。
変わっていませんでしたが、ひとつだけ180度、変わったことがありました。

当時、全員喫煙者で、トンガって四六時中パカパカ吸ってた人間が、
5人とも全員、非喫煙者になっていました。

健康が一番、25年のブランクがあっても意見が一致する仲間って
やはり貴重だなと思いました。


*付録* ツッパリを黙らせた男

じつは25年前、僕は今より10キロ以上体重がありました。
つまり太っていたわけで、ルックスの面でかなりの打撃を与えていたと
思います。他の連中はスリムで、特に I 君と数年前に亡くなったベースの
N君は身長180センチと長身で、少女漫画から出てきたような雰囲気でした。

そんな我々が、ある日、貸しスタジオでの練習を終え、I 君やN君、T君が
スタジオを出ると、「お兄さんたち、かっこいいねえ。」とか
「ロックン・ローラーはこうでなくっちゃな。」とか冷やかされていました。
みると、次にそのスタジオを使うと思われるツッパリ系のバンドの人たちが、
しゃがんで彼らに声かけていました。

もちろん彼らは、黙って受け流していましたが、そんな中、最後に僕が
スタジオから出たときです。今までさんざ「かっこいいねえ。」とか
「スリムだねえ。」とか冷やかしていた連中が、ピタッと黙ってしまいました。



◎業務連絡

今日から一週間、三重のほうに帰省します。
 
 

ノンフィクション好き

 
 先日、近所のスーパーでハリー・ポッターの第7巻が置かれているのを、
娘(小6)が見つけ「ハリー・ポッターの何だったら読めるかなあ。」と
なにげなくつぶやきました。

うちでハリー・ポッターを読破しているのはマネージャーだけなので、
(娘はまだ読んでいない。僕は第1巻のハリーが魔法の道具を買いに行くところで挫折。)
未読者の我々には内容は語れないのだけれど、さすがに各巻の題名くらいは
わかります。

「何だったら」と言われても、まあ、第1巻から読んだ方がよいとは思ったのですが、
その漠然とした疑問に思わず、「ハリー・ポッターともんじゃの寿司」だったら
読めるんじゃない?と答えてしまいました。

娘は、こういうのが好きなのでけっこう受けてくれました。

うちに帰ると、娘はすぐ母親に報告します。

すると、受け流すと思っていたマネージャーが、
意外にも「ハリー・ポッターと神社の牛」は?とか
「ハリー・ポッターとイチゴのゴーフレット」は、どお?など、
けっこう乗ってきたので、家族3人、ひとしきりこの「換えタイトル」で
遊んでしまいました。

で、全巻揃いました。

1 「ハリー・ポッターと神社の牛」  神社といえば、犬とか馬がつきものなのに、                             なぜ牛なのか。

2 「ハリー・ポッターと徹子の部屋」 魔法使い対決。

3 「ハリー・ポッターと豪華版の浪人」 大学受験に失敗した花輪くんに逢う。

4 「ハリー・ポッターと炎のウォシュレット」 これを制した者が支配者になれるのか、                               支配した者のみが使うことができるのか。

5 「ハリー・ポッターと富士見町の消防団」 三丁目の夕日的ハートウォーミングな巻。

6 「ハリー・ポッターと謎のプロレス」 覆面レスラー大会。

7 「ハリー・ポッターと市の広報」 融通がまったくきかない難敵、登場。

こういうことは、いくらでも出来るのにフィクションやファンタジーは
苦手なので、読むことはできません。

その代わりというのでもないのですが、ノンフィクションやドキュメンタリーが
好きですね。

ライアル・ワトソンの「アースワークス大地のことば」とか、
パトリシア・モリズローの「メイプルソープ」には引き込まれました。
メイプルソープ

やはり現実の話のほうが好きですね。
そういう点からいうと、1の「神社の牛」なら読めるかも知れません。


これは、近所の川口氷川神社にある「神社の牛」。
神社の牛
現実です。

 

厚いもの

 
 先日、青森の方からご注文をいただきました。ありがとうございます。

青森は、僕にとって特別な印象のあるところで、
青森というと、このことを思い出します。

ずいぶん前の話になるのですが、学生の頃、東北のほうを課題の
撮影を兼ねて一人旅をしたことがありました。

何日目かで青森に着き、ある農村を撮影しながら歩いていた時でした。
いきなりものすごい雨が降ってきたので、近くの農家の軒先に避難しました。

するとその家の方が、何事かと出ていらしたので、僕はわけを話し、
雨宿りのお願いしたところ、なんと、見ず知らずの男を座敷に上げてくれ、
そのうえ、お茶まで出してくれました。
その時、ともに出されたのが、分厚いスルメでした。

スルメになる前は、小型ロケット(あくまでイメージです)くらいあったんじゃないの?
と思えるほどの、それまでも、またそれ以降も出会ったことがない、
最初で最後、超特厚のスルメでした。

そのあまりにもすごい厚さのインパクトのために、もてなしてくれた
お婆ちゃんとお母さん、と通訳をしてくれた中学生の男の子、
その3人の顔は、まったく記憶に残っておりません。(ごめんなさい)

だけど、その人たちの人情が、なによりも厚かったことは、
今後もずっと、忘れることはないと思います。ありがとうございました。
 
 
Profile
Recent Comments
Archives