ガレージスタジオ

オリジナルデザインTシャツの web shop【ブーツ&スティックス】のダイアリー

2012年10月

作業状況&近況報告

前回の記事に出てきた高台の中のとんがりは、
山伏のかぶる頭巾に似ているので兜巾(ときん)というそうです。
(事情通の方から教えていただきました。ありがとうございます。)
見た目もかっこいいけど、名前もいいですな。

ところで、またまた間があいてしまいました。
この2週間くらい何をやっていたかと言いますと、
作業場の片づけ(これは永遠に終わらないかも・・・)とプリントと工作&モア、です。

前々回のブレイクの予感2でのグレー地にチョコレートブラウンでパペットTと、
そのパペットTに使われていたノスタルジックブルーで3ヘッドライトT、
DSC09262新たなご注文をいただきました。
ありがとうございます。
(ほんとにブレイクするかも・・・。)




そして、つい先日は、これらの柄をプリントいたしました。
DSC09278ダブルライト、花火缶、グローブトロッター、玉乗り象です。
ありがとうございます。
パペットもそうですが、花火缶や玉乗り象も初期の柄です。
これらは、ゴム版画で作った絵が元になっていて、
今みてもかわいいです。(自我G3)


DSC09211Tシャツにプリントといえば、遅くなりましたが、
今年も工房からの風のスタッフTシャツ、刷らせていただきました。
ありがとうございます。
10周年記念ということで、大野八生さんの「10」のイラストです。
今回だけの限定品で、レア感満載のTシャツです。


DSC09213工房からの風といえば、初日の夕方、大勢の人たちが空を見上げて
写真を撮っているので何事かと思いきや、空一面いわし雲でした。
基本的にジャック天野な私は、「みなさんが撮るなら、わしは撮らん
もんねー。」と写真は撮るつもりはなかったのですが、帰り際、
そこに飛行機が飛んできたのでつい撮ってしまいました。
(飛行機とかヘリコプターとかによわいんです。)

そーそー、飛行機といえば、飛行機の模型もある作業場、けっこう片づいてきました。
DSC09274
10月25日現在、です。
左にチラッと写っている白いTシャツは、
上から2番目の写真にある玉乗り象Tシャツです。



DSC09218もういっこ、片づけといえば、これは作業場ではないのですが、
台所の戸袋を片づけていて、使っていない箸がはいっっている
箱の中から発見しました。
どこかの外国のガム・・・???どこから来たのか???
???なんで箸のなかに混じっていたのか???・・・。




ここも好き

先週の土曜日、行ってきました、工房からの風
今年は、今までの中で一番早く着いたんじゃないか?と思うくらい
早く(と言っても10時過ぎですけど・・・)着きました。
そのくらい気合いが入っていたということです。10周年記念でしたしね。

僕的には、中本純也さんですね。
お会いするのが楽しみでした。
なんか・・・いーんですよね。
話をしていて気持ちいいというか、なんか、いー感じなんです。

工房からの風のHPの作家紹介のコーナーに、
「純也さんはpcを使わない。
携帯も持たない。
お風呂は五右衛門風呂。」
とあるようにプリミティブ(失礼)なところがよいのでしょうか。
今回もお話させてもらっているときにも、
「FAX(今どき?・・・失礼)するには車で30分のところにあるコンビニに
行かなくてはいけないんですよ。」
と笑いながらおっしゃっていました。

いやいや、でもそーゆー人が作ったものだからこそ
「作品の魅力+その作品の背後にある作家さんの魅力」
で、強く惹かれてしまうのでしょう。

そうそう中本さんといえば、これまた工房からの風のHPの作家紹介のコーナーにあるように、
以前は南蛮焼き締めだったのですが、今年から白磁へと作品が一変していました。

このニュースは、少し前にヒナタノオトさんで知ったのですが、
それを知る以前(今年の始めくらい)に、「なんか、白い皿が欲しいなあ・・・。」という気持ちが、
漠然とではあるけれど、湧いてきていたというのは偶然ではないような気が(勝手ですけど)します。
(まあ、手頃な大きさの白いのがなかったっつーだけのことなんですけどね。)

DSC09223
で、そのヒナタノオトさんで出会った中本さんの衝撃的白い器が
←これです。
21〜2cmの皿があれば・・・と出かけたところ、
バッチリ21cmのがありました。


工房からの風では、もう少し小ぶりの16cmのがあれば・・・と、
今回は、物差し持参で出かけたのですが、ありました。
DSC09222
最初に見た時から「これだ。」と思いました。
計ってみるとバッチリ16cmでした。
中本さんって僕が欲しいものがわかるんじゃないの?って
気が(勝手にですけど)します。

そーいえば、3年前の工房からの風のときにもお話をさせてもらったのですが、
その時、窯を作り直す予定だみたいなことをおっしゃっていたように記憶していたので、
そのことを言うと、白いのをやりたくてそれ用の窯を作っていたということでした。
焼き締めは焼き締め用の、白磁は白磁用の窯が要るんですね。(知らなかった・・・、びっくりです。)

楽しい一日も終わろうかというころになって、娘(高1)の茶碗を思い出しました。
小学生になる前から使っている「マイメロディー」の茶碗です。
高校生には小さいので、ご飯テンコ盛りでした。

ということで、再度中本さんのブースへ。
DSC09216
おかげさまで
ご飯テンコ盛り、解消です。




DSC09219中本さんの器ってがっちりしているのにたわんだりもしている、
そーゆーところが好きで、眺めていても飽きないですね。

この茶碗も、いいのがあってよかったなあ・・・と、
つくづく眺めていたのですが、裏側をちょいと見ると、
高台の内側がちょんととんがっているのに気がつきました。

へー、こんなところがとんがってる・・・、ちょっとしたことだけど、ちょっと変わっていて面白いなあ・・・。

もしやと思い、先の皿も見てみると・・・
DSC09221DSC09224

やっぱりとんがっていました。




ひょっとして・・・と思い、焼き締めのほうも見てみると・・・
DSC09228DSC09226DSC09230





やっぱりとんがっていました。

こーゆーところも好きですね。


ブレイクの予感 2

DSC09201
前回、このグレー地にチョコレートブラウンの
パペットTのご注文をいただいたことを
書きましたが、もうひとつ
こういうご注文もいただいていました。
   ↓
DSC09198「パペットTの青でプリントした3ヘッドライト」
です。

パペットTの青=ノスタルジックブルーで、
パペットTが出来た時に作った色でしたが、
この柄にもよく合いますね。

グレー地にチョコレートブラウンでパペットT、そのパペットTに使われていたノスタルジックブルーで
3ヘッドライト、と「技あり!×2、合わせて一本」(もと柔道部なので表現がつい柔道ちっくになって
しまって、すみません)的なご注文、いや「一本!一本!合わせて二本」ですね、
ありがとうございます。うれしいです。

このノスタルジックブルー、黒ほどハードではないけれど、かといってソフトでもなく、
ということは、セミハードっつーことになりますが、(そーいえば、セミソフトって言葉はないですね、
あるのかな・・・)ほどよい重量感がいいと思います。
ほかのB&SモーターサイクルズTにも合うのではないでしょうか!


ブレイクの予感

お客様のご要望により、先々月にグレー地にチョコレートブラウンの3ヘッドライトを、
DSC09032

先月にはグレー地にチョコレートブラウンのハイレフトをプリントさせていただきましたが、
DSC09154

今月になって、今度はグレー地にチョコレートブラウンのパペットTのご注文をいただきました。

                    ありがとうございます。

DSC09201渋かわいくクラシカルな感じで、これまたよいです。
これまであったパペットTは、白地に黒、
もしくは青(ノスタルジックブルー)のプリントと
ネイビー地に白のプリントの3種類でしたが、
これで、4種類となりました。

グレー地にチョコレートブラウン、これまでなかっただけに新鮮です。
まだまだこの組合せが合いそうな柄もありますし、他の色の組み合わせでも
製作可能なものもありますので、?と思われた場合には、お問い合わせください。
よろしくお願いします。

ハートで打つ

最近観た映画『ボブ・マーリー/ルーツ・オブ・レジェンド』のなかで
バニー・ウェイラーが、靴底のかかとをパカパカさせながら(僕にはそう見えました)
「レゲエのリズムはボンボンボンと三つ叩いたあと四つ目は叩かない。四つ目はハートで打つんだ。」
的なことを言っていました。
たしかにレゲエのリズムってリズムを落とすというか、音に隙間があるというか、空白の部分があって
そこんとこでグルーヴを産み出しているって感じがします。

たとえば、↓こんな感じです。


あってしかるべき部分をあえて落とすことによって独特のノリが出る・・・、
これって BOOTS & STICKS モンキーレンチTに通じるような気がします。
かなり強引ですけど、バックプリントのみでフロントのワンポイントがないという点で。
このワンポイントレスにより、「前側がただの無地のTシャツに見えるけど実は違う。」という、
この独特のノリのあるTシャツになっていると思います。(ってそんな大げさなものではないけれど。)

今回の新柄でも「ハイレフト」と「フラットツイン」は、フロントのワンポイントはありますが、
バックプリントのみという選択もアリです。(前にも言いましたけれど。→作業状況速報9

で、先日、いただきましたご注文が、なんとフロントのワンポイントなしのフラットツイン!
(驚くことはないんですが・・・。)
ありがとうございます。

ということで、昨日プリントいたしました。
DSC09189DSC09190DSC09191
    インクをのっけて、        シャーして、           出来上がり、   です。


IMG_4043

えー・・・、なんだかんだ言いましたが、要は好みですので、
フロントプリントあり or フロントプリントなし、
お好きな方を選んでいただければよいかと思います。






Profile

オリジナルデザインプリントTシャツショップ【ブーツ&スティックス】の店長によるブログです。仕事場であるガレージスタジオより、B&S的な日々を、綴っていきたいと思います。オリジナルTシャツのコンセプトは〈僕の着たいTシャツ〉デス。

Recent Comments
Archives