ガレージスタジオ

オリジナルデザインTシャツの web shop【ブーツ&スティックス】のダイアリー

2013年06月

白地に紺のワンダフルブレッド

DSC00066ザ・ワーズ・フロム・ブリリアント・ソングTシャツ。





DSC00128またまたトランプTシャツのご注文をいただきました。

ありがとうございます。

と同時に、白地に紺インクのワンダフルブレッドTシャツ
のご注文もいただきました。

今までワンダフルブレッドTシャツといえば、グレー地に白インクだけだったのですが、
マネージャーも言っているように、→組み合わせヴァリエーション
ボディーとプリントの色の組み合わせのヴァリエーションは、(出来る範囲でですけれど)
ニーズにお応えしていこうということになりつつあり、(というか、既になっていますけど)
今回もそういうことで、新しいヴァリエーションが出来ました。
DSC00126DSC00123






クートラス展と東京タワー

2年くらい前にある雑誌で見てずーっと気になっていた
フランスの画家ロベール・クートラス。
そのクートラスの作品展が開かれているというので、→ロベール・クートラス展
これは是非にでも見ておかなくては・・・っつーことで、
麻布台のGallery SUさんまで行ってきました。

作品は、カルト(手札大の油彩画)、グァッシュ、テラコッタなどがありましたが、
見たかったのはカルトで、ポストカードよりちょっと細めのボール紙に描かれた油彩画です。
小さい絵なんですが、存在感がありましたね。ずーっと見ていても飽きません。
展示されているものを見るだけでなく、展示されていない(数が多くて展示しきれない
といったほうがいいかも)作品をじっさいに手に取って(袋に入っていますが)
見られるっつーのも感動ものでした。
(もう一回見に行こうかなー・・・。)

そんなクートラス展とはまったく関係ありませんが、ギャラリーにいく途中、
東京タワーが見えたのでタワーをバックに一枚撮ってもらいました。
DSC00122
この日は、クラウンヘッドTシャツでした。
東京タワーとよくマッチしていると思います。
(よくわかりませんが・・・・・。)


そうそう、東京タワーといえば、何年か前に特別展望台まで行ったことがあるのですが、
そこまで行くエレベーターが途中でガクンッ!と揺れるんです。
エレベーターの中に「途中、揺れます」と書いてはあるのですが、
じっさいあんな高いところでガクンッ!となるのは、そーとーおっかないです。
(こっちは、二度と行きません。)



最新作業状況

フロムガレージスタジオTシャツのバックプリント版、
前回は露光が終わって現像(水洗い)したところでした。
DSC00097
その後、乾燥して、ピンホールや周囲を乳剤で埋めて
テストプリントをします。

←昨日までの状況、センターラインやガラス板の端のライン、
そして周囲を乳剤で埋め終わったところです。


そうそう、昨日までの状況といえば、
クラウン・カルーセルTシャツのご注文をいただきました。
DSC00099
レディース白地に黒インクと
ジェラン(男女兼用)グレー地に白インクです。

ありがとうございます。

あとは仕上げをして、明日には発送できると思います。


で、今日ですが、
フロムガレージスタジオTシャツのバックプリント版のテストプリントです。
DSC00103
アンヴィルのMにプリントしてみました。





DSC00106先に出来ていたフロントプリント(左)と
新しく作ったバックプリント(右)です。





DSC00107
そのバックプリントのフロント側です。
このロゴがワンポイントで入ります。

たった今(4時50分)プリントしました。

今日は、ここまでです。


作業状況実況報告

今日は、晴れているうちにスクリーンを張ろうと朝から作業に入りました。
DSC00084
午前中にスクリーン洗浄まで終わりました。





DSC00085午後は、スクリーンが乾くまでの間に
原稿をプリントアウトしました。
今回は版が大きいのでA3のフィルムを2枚使い、
必要な部分をつなぎ合わせて原稿とします。


原稿が出来たら、スクリーンに感光乳剤を塗り、乾くまでの間に露光の準備をします。
DSC00091DSC00092





↑準備万端整ったところです。↑こちらの乳剤が乾けば露光開始です。

(乾くまでの間に、これを書いています。そろそろ乾いたと思うので行ってみます。)
          ・
          ・
          ・
(乾いていたので、露光開始してきました。20分かかります。)
          ・
          ・
          ・
DSC00095はい、20分経ちました。
(後ろでタイマーが鳴っています。)

続いて現像です。
(つっても水洗いするだけですけど・・・。)

DSC00096はい、その水洗いです。
途中で撮れば版が抜けていくところがわかりやすかったと
思いますが、撮るのを忘れてしまい、これは版が抜けきった
ところで、あとはこのまま平に置いて乾燥を待ちます。

ただ今5時10分、今日は、ここまでです。

作業状況報告(らっきょう解禁)

まあ、これも作業と言えなくもないかと・・・・・。
らっきょう漬け、です。

子供の頃は、らっきょうを食べるなんて考えられなかったのに、
現在は、現役バリバリのらっきょう好きです。
いつ頃かららっきょう好きになったか記憶にないのですが、
お昼にカレー屋に行って福神漬けとらっきょうが並んでいたら
必ずらっきょうをご飯の横に取っていました。(たぶん、その頃だ、っていつ頃?)

そんな自他ともに認める(あっ、でも他の誰が認めてくれたかは記憶にないな)
らっきょう好きな私ですが、自ららっきょうを漬けたことはありませんでした。
(いろいろと手間がかかりそうだったのでねー。)

ありませんでしたが、去年、ヒナタノオトのホンマさんから
下漬けなしの漬け方を教えてもらっていたのでした、ふっふっふ。
それを3週間前に実行しました。
DSC09989漬ける前のらっきょうとホンマさんがくれたレシピ。

さあ、漬けるぜい!この日が来るのが待ち遠しかった。
とは言え、このらっきょうの下ごしらえは
マネージャーがしてくれたんですけどね。

DSC09991       &

待ち遠しかったとは言え(再び)、
砂糖と塩と酢を合わせて火にかけるんですが、
鍋に入れた砂糖と塩の量に端からビビった。

あと、漬け汁が煮立ったららっきょうを入れた瓶に注ぐだけなんですが、
何も考えずにざあっとやったら、こぼれるこぼれる、
瓶の外側と周りをベタベタにしながらもなんとか注ぎ終わり・・・、
そんなこんなから3週間が経ちました。
DSC00093
いー感じになってます。




DSC00094
マネージャーは出かけていていないけど、
待ちきれませんでした。




(らっきょう、もう一袋買ってこようかな・・・。)

今週の作業状況

今週にはいってからの作業は、ホームページにアップするための写真を作る、です。
まずプリントしたTシャツの撮影です。いや、その前に、アイロン掛けか、
DSC00081で、そのあとフロントとバック、&部分アップを撮ります。

そして撮った写真をPCに取り込んで加工します。
明るさを調整したり、切り抜いたり、また画面上で
適当な大きさになるよう画像の大きさを調節したり、
そんなことを今やっております。
DSC00071
と同時に、
←このフロム・ガレージスタジオTシャツの
バックプリント版をやはり作りたいと思い、
木枠を作っていました。

DSC00080接着剤まで塗ってあります。
あとはスクリーンを張り・・・といきたいところなんですが、
昨日今日と天気がよくないので、ここで止まっています。
(スクリーンを張る作業は溶剤を使うので、なるべく頭が
クラクラしないよう、窓全開、ドアも全開でやりたいのですが、
雨だとそれができないからです。)

そうそう、先週末、早速ご注文をいただきました。
メンズのMサイズのトランプマークTシャツです。
DSC00077
ありがとうございます。





DSC00082あと、これはTシャツではないのですが、
ずーっと気になっていた割れてはずれた
傘のつゆ先(っていうんですって)。

今朝突然、アルミ板を巻けばいいんじゃない?
と思いつき、思いついたら即実行、
DSC00083っつーことで、
割り箸を削って欠けの部分を埋めて
アルミ板を巻きました。
ちょっとこの部分が太くなったけど、
自分的には大満足で、天気はドンヨリだけど、
気持ちはスッキリしました。



新柄

今回新しく作った柄を紹介します。

まず、ワーズ・フロム・ブリリアント・ソングTシャツの3パターンです。
DSC00072DSC00062DSC00061
左から「イン・ザ・サン」、「トランプマーク」、「クラウンヘッド」です。

フロントには↓このワンポイントが、左胸もしくは真ん中に入ります。
DSC00066DSC00068

続いて、フロム・ガレージスタジオTシャツです。
フロントプリントで、バックは首の下のところにワンポイントがはいります。
DSC00071DSC00073
これに関しては、もうひとまわり大きい版でのバックプリントを考え中です。
その場合、フロントは左胸にワンポイントが入ります。

それと、以前からあったグローブ・アイスクリームTシャツなんですが、
フロントプリントのみだったところにバックプリントを追加しました。
DSC00070DSC00069
グローブ・アイスクリームのフレーバーが書いてあります。
地球アイスらしく、地球上のいろんな場所のいろんな時間帯の名前になっています。

American Midnight   アメリカの真夜中フレーバー
Antarctic Night     南極の夜フレーバー  
African Dawn      アフリカの夜明けフレーバー
Polynesian Dusk     ポリネシアの夕暮れフレーバー
French Afternoon    フランスの午後フレーバー
Indian Morning      インドの朝フレーバー
Sahara Evening      サハラの日暮れフレーバー
Whole of Glove      全部フレーバー


そしてスパークプラグTシャツと、キューブシュガーTシャツです。
DSC00060DSC00059DSC00014

以上です。
よろしくお願いします。


テストプリント2

スパークプラグTシャツ、完成しました。

DSC00059DSC00060
フロントは大きめのワンポイントで、バックは↑こんな感じです。
使っているボディーは、アンヴィルでサイズはLです。

            &

DSC00066ザ・ワーズ・フロム・ブリリアント・ソングTシャツです。
ブリリアントな歌からの言葉をデザインにしてみました。
(ブリリアントな歌は架空です。)
フロントのワンポイントは、
←こんなふうです。

DSC00068アンヴィルのMとレディースのLにプリントしました。
メンズのほうは左胸に、レディースは真ん中になります。
(ご希望があれば、左胸にプリントも可能です。もっというと
メンズも真ん中にというのも可能といえば可能です。)


DSC00061バックのプリントは3種類ありますが、
とりあえずメンズのほうには、
これをプリントしてみました。
I was crowned with a spark right on my head.
と読みます。

DSC00062レディースのほうは、こういうのです。
Singing sparkling song riddim is light & bright
saying this is my message to you.
となってます。
riddimとは、レゲエの世界でいうリズムのことです。


本日は、以上です。


テストプリント

昨日、すっかり忘れてしまっていたフロントワンポイントの版を作りました。
DSC00044
原稿を置いて露光しているところです。





で、今日、
DSC00052
そのワンポイントの相方、バックのプリントです。

ガムテープで補強し、
プリント台にセットし、

インク返しをしたあと、シャーしてバックプリント完了です。
DSC00053DSC00054





モチーフは、プラグ(エンジンについているやつ)です。
B&S印のスパークプラグ(もちろん架空の)です。

DSC00056
明日は、このフロントの版を仕上げて、
スパークプラグTシャツを完成させる予定です。

             & more.



版作り5+ベルベット・アンダーグラウンド

版作りの続きです。
DSC00038
昨日、ドリルで穴あけまではやったので、
組み立てからです。



ねじ止めし、L字金具で補強し、ボンドを塗ってスクリーンを張って完成です。
DSC00039DSC00040DSC00042





あとは、スクリーン洗浄剤で洗って乾燥です。
今日は、ここまででした。

今日一日は、一昨日観た映画「ビル・カニンガム&ニューヨーク 」のエンディングで
使われていた曲がはいったこれを聴きながらでした。
DSC00037このアルバムが出たのが47年前の1966年(ライナーにそうありました)、ビル・カニンガムは50年間ニューヨークのストリートで写真を撮っているそうなので、ちょうど撮り始めた頃のレコードであるわけで、そんなこんなの思いを巡らせながら作業をしていると一日聴いていても飽きませんでした。






Profile
Recent Comments
Archives