ガレージスタジオ

オリジナルデザインTシャツの web shop【ブーツ&スティックス】のダイアリー

2015年06月

川村記念美術館

一昨日の日曜日、千葉県佐倉市にある川村記念美術館に行ってきました。
この日の目的はドライブで、適当な距離にある美術館ということで
ここを選んだだけなので、なんの予備知識もなし、知っていたのは、
a.A.の長南さんのここにしかない限定品の小さい家があることくらいでした。
が、じっさい行ってビックリ。
広い庭があって散策できるし、池もあって白鳥とかいたりしてハイソな雰囲気でした。
美術館も面白い建物だったし、部屋に合わせた展示でレンブラントから印象派、日本画に
フランク・ステラ、ポップアートと幅広いラインナップでした。
ポップアート好きの私としては、ウォーホル、オルテンバーグ、リキテンシュタインなどが
見れたのが嬉しかったです。
あとマン・レイの写真以外の作品(レディーメイドの流れで、便座やビン、トンカチ、
自動車の板バネ、Gクランプなんかを使っている)があったのには驚きました。
これ、かっこよかったです。
ロスコ、ポロック、マグリット、マックス・エルンスト、ブランクーシ、ロダンなんかも
ありました。
でも一番よかったのはフランク・ステラの部屋で、ここが一番大きかったと思うのですが、
初期の平面のモノトーンの作品から平面のカラー作品、だんだん立体になってきて
立体のカラー作品から新しいところで、これは知らなかったのですが、スチールやアルミを
使ったモノトーンの作品までありました。
ちょっと圧巻でしたね。
いやー、とにかく行ってよかったですな。

DSC02008敷地に入ってすぐの景色





DSC02012散策コースの途中にあるテラスからの風景





DSC02029テラスからさらに進んだところの満開のアジサイ




↓アジサイ図鑑

DSC02017DSC02016DSC02018DSC02019DSC02020DSC02021DSC02022DSC02023DSC02024DSC02037DSC02038DSC02044


DSC02050美術館のユニークな建物





DSC02051近づいてみると





DSC02052こんなオブジェがあって
第一印象は、モノトーンのステラ・・・
いや、正直、フランク・ステラの汚い版だな、だったのですが、
作者名を見てビックリ!


DSC02054ステラでした。





1992年か3年にカラフルな立体作品の展示を見てフランク・ステラに対する
僕のイメージはそこで止まっていたので、それ以降にこのような作品を作っていたとは、
さっきも言いましたけど、ちーっとも知りませんでした。

とにかく行ってよかったです、さっきも言いましたけど。

DSC02065行ってよかったシリーズ第2弾。

ここのミュージアム・ショップでしか買えない
a.A.の長南さんの作品。

と、千葉に行ったらこれでしょ!的いわしの缶詰。
これはミュージアム・ショップではなく出口横のギフト・ショップで買いました。

以上です。


UD50

言うだけダイエットもついに50回の節目を迎えました。
(というほどのものではないけれど)
でもまだ膝が心配なのでエアロビはできず、暗礁に乗り上げる的状況は続いています。
ということで、最近の数字は、22日が598の137、
23日が603の138、26日が608の138、29日が606の139で、
体重はともかく体脂肪率が13%台なのが気になるところです。
有酸素運動をしないとこうもちがうのかなあ・・・って感じですが、
食べるもので調節(量少なめ、甘いものはシャットアウト)して乗り切ろうと思います。



ハイレフト&作業状況報告3

ワンポイント、できました。

メインの柄ふたつ、それぞれに大きいのと小さいのの4パターンとともに
いまUSBに入っています。
あとは、これをプリントアウトして原稿を作り、原稿のピンホールなどを埋めたら、
その後木枠を作ってスクリーンを張り、スクリーン洗浄剤で油分を洗い流したら、
乾燥させ、乾いたら感光乳剤を塗って再び乾燥、そして乾燥したらプリントアウトした
原稿をのせて露光をし、水洗いをして三たび乾燥させたら、周りの余白の部分と
ピンホールなどを乳剤で埋めて再度露光をし、ガムテープで補強するだけです。
(ああ、その前に木枠を材料を買いに行かないと・・・。)

ここまでくれば、あとは勢いに乗ってガーッとやるだけです!

話は変わりますが、先日ハイレフトのご注文をいただきました。

ありがとうございます。

IMG_6028_bハイレフト

←こんなんです。

※写真をクリックしていただくと大きくなります。



またまたプリントの様子を撮ってみました。

DSC01968
まず下の方にインクをのせます。





DSC01969
版の目にインクを入れるために
版を浮かせたまま一回上の方に
スキージーでインクを動かします。



DSC01970
次に版をTシャツの上におろして
同じようにスキージーでインクを
今度は下に動かすと、Tシャツに
インクがのって


DSC01971
プリント完了です。

そして、よいなあ、
特にチェーンのところとかサスペンションのところが
とってもよいなあと思うのでした。



6月のGS ランチ・サードクォーター

NBAファイナルも終了し、スポーツ観戦も燃え尽きたなー・・・と思いきや、
女子サッカーのワールドカップがありました!
予選全勝1位通過、期待出来ますねー。

ところで、なんとマネージャーのお友達のお友達のお嬢さんがなでしこジャパンのメンバー!
(しかもバイエルンミュンヘン所属!すっげー・・・、いいなあ、ビールの本場・・・)
ということがわかり、勝手にすごく身近に感じ、自分的にはかなり力が入っています。

はい!では、それとは全く関係ないけれど、今週のGSランチです。

DSC01951豆腐とひき肉のカレーライス

この日は、カレーにしたかららっきょう漬けをつけたのではなく
らっきょう漬けを食べるためにカレーにしたっつー感じで
このメニューになったような記憶が・・・。
もちろんサドンデスソースは欠かせません。

DSC01957オープンサンド

ホテルブレッドが一枚残っていたので半分こし、冷凍してあった
イングリッシュマフィンもこれまた半分こ、でオープンサンド。
調子に乗ってサドンデスソースをかけたはいいけど、直接上唇に
あたって激痛が走る。タバスコにしておけばよかったと後悔。

DSC01963冷やしうどん・ゆで豚肉とキュウリのせ

サドンデスソースと並んで今年ハマり気味なのが豆乳で作るタレ
で、これは豆乳とめんつゆを合わせたものをかけてます。
薬味は、青ネギ、海苔、大葉、おろし生姜とサドンデスソース。
前日の痛い反省から、混ぜて食べる系だけに使うことに。

DSC01965ワンプレートご飯GSランチ風

この日は、モロッコインゲン煮、ホーレンソウの胡麻和え、カブ
の葉と油揚げ煮、カブとニンジン鶏肉煮、鶏もも肉巻き焼き、
ポテサラonサニーレタスなどすべて残りものでした。残りものを
復活&再利用するのがGSランチで、こーゆーの大好きです。

DSC01967スパゲッティひき肉カレーソース+レンジ玉子

またひき肉カレー。
じつはミートソースを作り始めたのだけれど、気がついたらカレーになっていました。レンジ玉子(40秒チンするとできる)とサドンデスソースはテッパンの組み合わせになりつつあります。

DSC01972冷やし担々麺(風)

(風)とは。まだ辛いものがNGの娘も一緒だったので全く辛く
ないからです。(でも、サドンデスソースがあるから大丈夫)
タレは豆乳と中華スープとナンプラーとライムピクルスを合わせ
たもの&ホーリーバジルをのせれば、完全に担々麺(風)。

作業状況報告2

作業状況報告の前に、NBAのファイナル、一昨日の予想通り
第6戦もゴールデンステート・ウォーリアーズが勝ち、優勝しましたね。
いやーうれしい。
別にウォーリアーズの応援をしていたわけではないのですけれど、
(うちはニューヨーク・ニックスのファンです、ちなみに今とっても弱いです)
アンチ・レブロンの私としては、レブロン(NBA最高のプレーヤー、めちゃめちゃ上手い)
のいるチームに若いウォーリアーズが勝ったというところがね、うれしいわけです。

まっ、それはそれとして、ようやく新柄、できました。
といってもPCの中でですが。
今回は↓こんな感じで文字に影をつけるというか、立体的に見えるようにしてみました。
DSC01959DSC01961






いつものように僕はバックプリントのイメージで作っていたのですが、
さっきマネージャーが、レディースはフロントプリントのほうがかわいいんじゃない、
とつぶやいいて去っていったので、じゃあ、版を大小作ろうかなあ・・・と考え中です。

あっ、それからフロントのワンポイント(もしくはバックの首下のワンポイント)は、
今製作中なので、版を作り始めるのはもう少し先になります。
今月中にはできると思います。
いや、できます!やります!がんばります!  (バスケットも終わったしね)

6月のセカンド・クォーターのGSランチ

NBAのファイナルはウォーリアーズが王手をかけましたね。
第4クォーターのウォーリアーズはすごいです。
どの試合でも第4クォーターはキャバリアーズを圧倒しているんじゃないかなー。
今日の試合もフォースクォーター残り5分から見物です、楽しみ。
(あとでゆっくり録画を見るんです。)
第6戦はアウェーでの戦いとなりますが、このまま勢いに乗って第6戦も取って
優勝するのではないかと思います。
アンチ・レブロン派の私の希望的観測ですけれど・・・。

わかる人にしかわからない話ですみません。
NBAに興味のない方はここからどうぞ。
今週のGSランチです。

DSC01932納豆スパゲッティ

こーゆー場合、たまごの白身はどうするか。
とっておいて夕飯に使おうかとも思ったのですが、
それもめんどうくさかったので、
豆乳とまぜてカルボナーラ風に麺にからめてみました。

DSC01935大根と豆腐のグリーンカレーライス

思いつきでドライトマトをいれてみました。
あと、今季初のホーリーバジルも。
ホーリーバジル、細々とだけれど毎年芽が出てきます。
真ん中の赤いのは、例のサドンデスソースです。

DSC01939大根の玉子とじ丼

こーゆー場合の白身はどうするか。
黄身を一個残して他の玉子と一緒にします。
その分とじた玉子の色が薄くなります。
当たり前といえば当たり前ですね。

DSC01942玉子のせカレー丼

こーゆーカレーにした時は、大抵が残り物のリメイクで、
これには、トンバラ軟骨煮の煮汁とそれで煮たジャガイモと
ニンジンとカボチャ、&とりひき肉とキャベツの豆乳煮が
入っています。

DSC01943イングリッシュマフィンのサンドイッチ

下からスライスチーズ、ハム、目玉焼き、ケチャップ、
サニーレタス、赤玉ねぎスライス、大根のマヨネーズ和え、
&サドンデスソースです。
玉子+サドンデスソースの組み合わせが多いような・・・。

DSC01949豆腐と玉ねぎのグリーンカレーライス

1クォーター(この場合、一週間)に2回のグリーンカレー、
しかも豆腐の、悪くないですね。
豆腐とご飯の組み合わせは大好きなので。
&今季2度目のホーリーバジル。

DSC01946マグロのたたき丼+オクラとホーレンソーのごま和え

ずーっと見ていただければわかると思いますが、
サドンデスソースの虜ですね。
もうevenマグロのたたき丼、ですよ。
わさびといっしょはどうかなーと思ったのですが、
結果は、一回やってみて、いや、やってみなよとオススメできるレベルの組み合わせでした。

サードクォーターに続く


西荻と中本さんの器

昨日、西荻窪に行ってきました。
小さくって個性的な店がたくさんあるってマネージャーから聞いてはいたものの、
想像以上に面白い店がたくさんあってびっくり。
それに一軒一軒が思っていたより小さくて、これまたびっくりだったけど、
これは、広いより狭いほうが楽しいので◎。
今回は、午後から、それも3時くらいからだったのだけど、
次に行く時には、ガッツリ午前中から気合いを入れて見て回りたいと
そんなふうに思った西荻窪でした。今更ですけど、この街、おもしろい。

DSC01922西荻の通り。
こんな感じの通りばかりで、
歩いていて飽きません。
僕的には・・・ですけど。


DSC01926そんな通りの途中に
こんな鳥居があったりして飽きません。
僕的には・・・ですけど。(再び)





DSC01930これは、駅前のKIKUYAさんで買ったセサミハイチ。
あたり前田のクラッカーの前田製菓が作っている
ちっこいクラッカーと塩昆布をKIKUYAさんが
ブレンドした商品だそうです。
中本理詠さん作の器にだすといい感じに。
当たり前だけどビールに合うこと山のごとし、です。

そうそう話は変わりますが、昨日は娘が飲み会(といっても娘はまだ飲みませんが)で
いなくて、娘がいないと必然的に夕食は、簡単な居酒屋的メニューとなります。
昨日は帰宅が遅くて時間もあまりなく、残り物を並べる感じになったですが、
ここで登場するのが例の中本さんの平皿です。
DSC01928
うちは「なんでこんなちょっと、残るかなあ」という量が
残ります。食べきりません。

でも、こういう皿があるとそれもありだなという気になります。


サドンデスソース

前回けっこう辛かったカレーに無謀にもサドンデスソースをプラスしたのは、
ここに繋げるためでした。

っつーことで、サドンデスソースの話です。
以前使っていたHOT SAUCE FROM HELL DAVIL'S RAGEがなくなったので、
ついに、ず〜〜〜〜〜っと気になっていたサドンデスソースを買ってしまいました。
DSC01899




これを買うのを迷っていたのは、
DSC01897←これがオマケについているからでした。

こーゆードクロ、今はスカルっていうんですかね、
そーゆー骸骨的なものは好みではないのだけれど、
あればあったで捨てられない性分なので、
ず〜〜〜〜〜〜っと避けてきたってわけです。

しかし今回、そんなことより中身を試してみたくて、ついに買ってしまったのでした。
だって世界一辛い唐辛子、ブートジョロキアが主原料ですからね。
ラベルにもHOTTESTと書いてあるし。

DSC01910ふたを開けてびっくり、ビンの口が広い。
タバスコのビンだって小さくすぼまっているし、
HSFHDRのだって一回り小さい穴のあいた中ブタが
ついていたのに、これはビンのまんまでした。
理由は、恐る恐るビンを傾けてみてわかりました。
タバスコよりHSFHDRより粘度があってビンの口を小さくする必要がないのでした。
というより、こうでないとビンから出てこない、たぶん。
それくらい粘度が高いです。見るからに辛そう。
で、実際のところ、めちゃめっちゃ辛い。(量にもよりますが)
でも、爽やかに辛くて、すごく美味しい。
いいもの見つけたって感じです。


オマケの骸骨はあればあったで、なかなかかわいいじゃん、と思えるようになりました。
とはいえ、キーホルダーにしたり携帯につけたりはしませんけど。


6月第1クォーターのGSランチ

先日、アメリカのバスケットボールのNBAのファイナルが始まりました。
それにちなんで、ということでもないのですが、
(NBAの試合は、前半が第1と第2、後半が第3と第4のクォーターに別けて行われます)
6月を四つにわけて、その最初の四分の一なので第1クォーターです。

では、さっそく。
DSC01913沖縄そば風ラーメン

豚バラ軟骨を一週間煮込んでトロトロになったのを食べるには
これが一番かなと思い、暑いけど熱い麺にしてみました。
前日に味玉もあったほうがよいなと思いつき、
ゆで卵をバラ軟骨の横に投入しておきました。
DSC01916結果、こーゆー感じで、「ふっふっふ」となりました。

なぜ、「〜風」なのか。
沖縄そばにはふつう紅ショウガがのりますが、
そんなのないので(買ってくればいいんですけどね)
サドンデスソースで代用したからです。

DSC01917麻婆豆腐風あんかけご飯

なぜ、「〜風」なのか。(Part 2)
形は似てるけど味が違うからなんです。
どっちかといえば、和風味。(ひき肉とかも入っていないし)
けど、ワンポイントでサドンデスソース。

DSC01918豚バラ軟骨煮のカレー丼

まだ残っていたバラ軟骨煮をカレーに。
これだけでもけっこう辛かったけれど、
またまたワンポイントでサドンデスソース。
(これは若干無謀な試みだったような・・・)

第2クォーターに続く(かもしれない)

フロム・ガレージ・スタジオ

はい!まさにガレージ・スタジオからの報告です。

先日、フロム・ガレージ・スタジオTシャツのご注文をいただきました。

ありがとうございます。

ひさしぶりにプリント風景を撮ってみました。

DSC01884




版にインクをのせて
DSC01885版の抜けた部分(図柄)にインクをいれるために
版を宙に浮かせた状態で向こう側にシャーします。




DSC01887



その後版をおろして手前にシャーすると
(写真はシャーし終わったあと版を持ち上げた状態です)
DSC01888プリント完了です。




これはフロントの左胸に入るワンポイントで
DSC01890バックプリントはこうなります。

なかなかかっこいいですね。(自分で言うのもなんですが)



フロム・ガレージ・スタジオTシャツ

Profile
Recent Comments
Archives