ガレージスタジオ

オリジナルデザインTシャツの web shop【ブーツ&スティックス】のダイアリー

2016年08月

GSランチ・8月最後

DSC033148月25日
1プレート十六穀米ごはん

今回から十八ではなく十六穀米。(雑穀のメーカーが違うだけ)
しいらのムニエルにバターとナンプラーとパクチー、
あとはポテトサラダと蒸しカボチャとプチトマトです。

DSC033188月26日
もち麦ライス+玉子入りトマトソース

冷凍の蒸しキャベツとゆでニンジンの消化メニュー。
玉ねぎとソーセージを角切りにしてオリーブオイルで炒めたあと
トマトペーストで煮込みました。玉子を入れたのは思いつき。

DSC033198月28日
カレー十六穀米ライス

残り物(手羽元煮、豚肉と小松菜煮、キムチ、なめことしいたけ
煮など)を集めてカレーでねじ伏せる、典型的なパターンです。
それにココナツファイン、コリアンダーシードで決まりです。

DSC033278月29日
冷やしうどん温肉味噌かけ

盛岡で食べることができなかったじゃじゃ麺をイメージして
作ってみました。味は、本物を食べたことがないので
わかりませんが、見た目はこんなのかと・・・。
(今、確かめてみましたが、盛岡じゃじゃ麺、見た目も全然違いますね。)

DSC033298月30日
もち麦ご飯のミルクリゾット風

リゾット+落とし玉子、ゴルゴンゾーラ、モツァレラスライス、
粉チーズ。(得意の)昨日の晩ご飯の残りのルッコラと
パクチー、さらにそれにサラダ菜を混ぜたもの添え、です。


盛岡リポート2 光原社 ござ九・森九商店 他

一週間と一日前、北ホテルをチェックアウトして荷物を盛岡駅のロッカーに入れたあと、
歩いて向かったのが光原社です。(徒歩10分くらい)
IMG_6431





通りからちょっと奥まったところにある門を抜けるとすごく雰囲気のある空間がありました。
IMG_6444IMG_6433IMG_6432





さらに奥に行くと↓こんな感じで、
IMG_6436奥から振り向いて撮ると↓こんな感じ。
IMG_6438

IMG_6440奥の突き当たりまで行って振り返ると
←こんな風。
        突き当たりの先には北上川。
IMG_6441

この中庭には、展示室やギャラリー、ショップ、喫茶店などがあるのですが、
宮沢賢治に関する展示室の中にあったのが
IMG_6443これ。
光原社という名前をつけたのが宮沢賢治で、
この看板を彫ったのが棟方志功だそうです。

「手を触れないように・・・」とありましたが、
言われなくても恐れ多くて触れません。

DSC03293こーゆーのを買うので一杯いっぱいです。







さて光原社をあとにして、
市内循環バス「でんでんむし」(右回り)で次に向かったのは上の橋(かみのはし)付近。

IMG_6450中津川に掛かる上の橋。
映画「寅さん」のロケにも使われたことがあるそうです。




IMG_6446で、その上の橋近くにあるのが、
盛岡生食普及会。

渋過ぎる建物、中も渋かった。タイムスリップ。


IMG_6449
その並びにあるのが、丸竹茶屋。




DSC03303ここでこのおまんじゅうを買いました。







その後歩いていよいよ今回の目玉とも目当てともいえる「ござ九・森九商店」へ。
IMG_6460IMG_6462
いきなりのでかいたわしに
笑ってしまう。



IMG_6470店に入ってすぐ目についたのが、
三度笠(?)。
        右を見るとまたでかいたわしが。
IMG_6468

IMG_6466その下にもたわし(?)。

         こっちはたわし。
IMG_6474
         左奥のドーナッツみたいなの、ちょっと欲しかったなあ。

店内、ず〜っと見てても飽きません。
IMG_6469IMG_6471IMG_6475IMG_6472IMG_6477IMG_6473










そして、あれもこれもと欲しくなってしまう。・・・けど、ひとつだけ、↑ここから
DSC03287←このざるを買いました。





                &
IMG_6463
店の奥にある中庭。
こちらもいい感じでした。





いつまでも「ござ九」さんにいるわけにもいかないので、
お昼を食べに「クラムボン」に向かいます。
が、その途中、南部せんべいの店「白沢せんべい店」があったのでちょろっと中に。
が、入ってビックリ。
IMG_6480IMG_6481
店の片隅に昭和な家電が・・・。
またまたタイムスリップ。



ここで、↓この「はじき」せんべいだけ買って、クラムボンへ。
DSC03290







IMG_6494クラムボンです。ちょうど窓際の席が空いていたので、
IMG_6489そこに座って中からも
撮ってみました。
意味もなく。



IMG_6492マネージャーが頼んだのが、「焼きサンド」。
僕も焼きサンドと思ったのだけど先に言われてしまったので、
同じのじゃ何だからと頼んだのが、「ハムサンド」。
こーくると、ふつう、この「ハムサンド」は
焼いてないパンにハムがサンドしてあると思いますよね。

しかし、来たのはどっちも焼いてあるサンドイッチ。クラムボンの不思議。
(もともと焼きサンドが食べたかったので、全然文句はありません。ベリーOKです。)


そうそう、ござ九も白沢せんべいもクラムボンも同じ通りにあります。
(突き当たりまで来て、右に曲がると盛岡生食普及会、左に曲がると丸竹茶屋です。)
で、その通りの一本となりの道は中津川沿いの通りで、そこにあったのが↓「ひめくり」。
IMG_6498IMG_6496IMG_6495





                   (なんと大谷哲也氏の器が置いてありました。)

DSC03282
ここで「ニックナック」という
クッキーを買ったところで
ちょうど時間となりました。。



IMG_6505
再び「でんでんむし」(今度は左回り)に
乗って盛岡駅に。



以上で、今回の「仙台〜盛岡」行き、終了です。



GSランチ(8月4回目)

DSC032348月13日
えびとアボカドのミルクリーム煮+もち麦ごはん

この日はありがちな残り物はなしで、一から作りました。
味付けはありがちなコンソメとナンプラー、それにココナツファインとコリアンダーシードです。

DSC032368月15日
もりそば+牛スジ煮つゆ

鴨せいろと同じく、冷たいそばに温かいつゆで、
あったかつめた的食感です。
もちろん牛スジ煮は、前日・・・じゃなく前々々日の残りです。

DSC032458月16日
ペンネしらす入り生クリームソース

賞味期限がギリのしらすがあったのでそれを生クリームに投入して、その後アボカドとトマトを混ぜようという計画だったのですが、分けて盛りつけたほうが楽かなと思い、こーなりました。

DSC032568月18日
とりももとにんじんのスープカレー

湯葉の煮たの、豆腐とゴーヤ炒め、枝豆、ごまドレッシングなど
が残っていたので、ひとつにまとめてカレーにしてしまえば
問題なし!だけど、和風?中華?エスニック?的な一品です。

DSC033028月23日
ソーセージのサラダと塩パン、塩バターパン、バゲット

ソーセージの他は、サラダホーレンソウとサニーレタス、ゴルゴンゾーラ、クルミとカシューナッツ、ドレッシングはヨーグルト+マヨネーズ。塩パンと塩バターパンの違いを知りたかったので2種類買って、バゲットは前日の残りで大宮駅中のPAULというパン屋さんのもの。
(塩パンと塩バターパンの違い、味ではよくわからなかったけど、明らかに違うのは形)

DSC033108月24日
キャベツとニンジンのカレーライス

旅行に行く前に冷凍しておいた蒸しキャベツとゆでニンジンを
使ってしまわないとなー(冷凍庫にほかのものが入らない)と
いうところから作ったメニューです。


盛岡リポート1

これまた、早いです。盛岡に行ってから一週間が経ちました。

一週間前、盛岡駅に着いてからまず行ったのが、盛岡県立美術館。
IMG_6373IMG_6367IMG_6368





ここの常設展(松本竣介や舟越保武など)を観るためです。
松本竣介、以前世田谷美術館で観たことがあるのですが、やはりよかったです。
舟越保武の彫刻、ぼくは観るのは初めてだったのですが、なんでしょうか、
なにか惹かれるものがありました。いー感じでしたね。
(真ん中の写真に写っているのは、マネージャーと盛岡在住の友人です。)

三重県立美術館のときもそうでしたけど、あまり人がいなくてゆっくり観ることが
できますね、地方の美術館って。
(地方の美術館、ちょっといいかも。建物を見るのも面白いし・・・。)

続いてやってきたのは、盛岡の中心部、大通商店街。
IMG_6376IMG_6375
知らない街を歩くのって
ワクワクします。




ワクワクしながら、さっき降りた盛岡駅のほうへ。
IMG_6378
大通商店街をずーっと歩いていくと
突き当たりが盛岡駅・・・らしい。

これは、その途中にある開運橋。


IMG_6381IMG_6380橋の上から見た北上川。

もうすぐ国体が行われるそうです。





駅近くの「ぴょんぴょん舎」(けっこう有名らしい)という焼肉店で、
盛岡といえば冷麺でしょう、ということで、盛岡冷麺を食べたあと、友人の車で鉈屋町へ。

と、その前にちょろっと寄ってくれたのが、十六羅漢像のある公園。
IMG_6382IMG_6383IMG_6384





もともとお寺だったらしいのですが、明治時代に焼失して石像だけが残り、
その後公園になったそうです。
公園のぐるりに16体の羅漢像が・・・、けっこうシュール。

で、鉈屋町。ここは知らなかったけど、古い蔵や町家が並んでいました。
IMG_6391IMG_6390





IMG_6389
こーゆー風景、琴線に触れまくり。




IMG_6393
こんなところもありました。
湧き水?・・・ですかねー。



市内にもどってやってきたのは、岩手銀行赤レンガ館。
IMG_6399

盛岡ってこーゆー古いビルがけっこうあるんですね。



中身は↓こんな感じです。
IMG_6400IMG_6406IMG_6407






IMG_6412次は、ツタのからまる喫茶店(右側)
「FUKAKUSA」で、休憩。




IMG_6414反対側から見たところです。
中津川沿いにあってロケーションは抜群。
友人の話だと、この中津川は季節になると産卵のために
登ってくる鮭を見ることができるらしいです。
水がきれいなんですねー。

IMG_6410IMG_6408ちょうど窓際の席が空いていたので
ラッキーでした。

私が頼んだアイスクリーム。
渋い骨董の器で出てきました。


知らない街はどこをあるいても面白い。
IMG_6415IMG_6416IMG_6417IMG_6419IMG_6420IMG_6421












この日の最後は、盛岡城趾公園へ。
IMG_6426IMG_6428IMG_6429





天守閣跡まで登って、この日は終了です。





松島レポート

早いですね、松島に行ってからもう一週間が経ちました。

IMG_6259
なんの予備知識もなく行ってしまった、松島。




IMG_6363
とりあえず松島海岸駅から見た駅前風景を撮ってみる。




IMG_6272マネージャーの計画通りまず雄島(おしま)に。
岩を掘って仏壇的なものが至る所にありました。
なんとなく去年行った沖縄の斎場御嶽を思い出したけど、
今写真を見比べてみると沖縄のほうがワイルドですね。

                    ↓斎場御嶽
IMG_6269DSC01483





DSC01494






で、松島の風景。へえー、こーゆーとこだったんだ。(予備知識ゼロだったからねー。)
IMG_6283IMG_6342天気もイマイチだったけど、写真もイマイチで三大風景のひとつと言われている松島のよさが全く伝わりませんね。申し訳ないです。


IMG_6263申し訳ないついでにいうと、
僕はこーゆー風景のほうに惹かれます。





IMG_6291若冲の描いた松を思い出させるような苔生した松、発見。






IMG_6300雄島から福浦島に行く途中、
「カモメのえさあります」と書かれた
「つばめ」という名の船、発見。
カモメとつばめ、
韻を踏んでるなってだけなんですけどね。


IMG_6322五大堂のある島に架けられたすかし橋。
橋げたがはしご状になっていて隙間から海が見える。
気を引き締めるためにこういう造りにしてあるらしい。
気が引き締まるというよりビビる。
何かものを落としたりしたらアウト。


IMG_6361IMG_6358瑞巌寺洞窟遺跡。
岩があるところ、すべてこんな風。




江戸時代に掘られたものらしいのですが、岩を掘るのがブームになっていたのかも。
でも、考えてみたらすごいエネルギーですよね。電動工具なんてないわけだし。
IMG_6362IMG_6350IMG_6357





                               ↓川村記念美術館
IMG_6344DSC02012福浦島の中心部。
赤いベンチが彫刻のようで、
芝生の中にある彫刻つながりで、
去年行った川村記念美術館を
思い出しました。



IMG_6349松島さかな市場のかきバーガー。
牡蠣入りのクリームコロッケがはさんであります。
おばちゃんがゆる〜い感じで作っている。
なので、ず〜っと行列。
その待ち時間も味のうちか、おいしかった。


以上です。

誕生日プレゼント

今年もやってきました、娘が8月22日で、マネージャーが28日の誕生日ウィーク。

先日、娘のほうのは、バタバタでしたが無事(?)終了だったのですが、
僕はご飯担当なので、プレゼントはどんななのか当日まで知りませんでした。
が、見てビックリ。
DSC03277マネージャーのオーダーで、
ことり文庫さんから送られてきた絵本。
同封されていたのは、
娘にピッタリの言葉が書かれた
8/22の日めくりカレンダーの一枚。

                 と
DSC03270
a.A.さんのオリーブの花の蕾のモチーフのネックレス

旅往く船。



ネックレスにはオリーブの葉をモチーフにしたプレートがついていて、イニシャルが、
DSC03271DSC03273そして旅往く船には 2016.8.22
の刻印がしてありました。





自分ちのことなのに、こんなこと言うのもなんなんですが、こんな誕生日プレゼントを
もらったらうれしいだろーなー・・・です。じっさい娘もとっても喜んでいたので
バタバタながらいい誕生日になったのではないかと思います。
ことり文庫さん、a.A.さん、ありがとうございます。


はっ! でもこれに続くマネージャーの誕生日、プレゼントはどーしよーかなー。
ハードルがあがっているような気がするけど・・・。




買ってきたもの

自分的に面白いものは、↓これ。
DSC03293
盛岡の光原社で買いました。

チュニジアのオリーブの木のまな板と
インドの鉄の人形と手描きのトランプ(だそうです)。


DSC03294
人形は、最初、からだが犬かネコみたいだけど顔が
←こんなんでシュールで面白い!と思ったのですが、
あとでサルだとわかりちょっとがっかり。
いや、でも、とっても気に入っています。


DSC03312
今はここにいます。





                  &

◯盛岡
DSC03284
今回の旅行の最大の目的であった
「ござ九・森九商店」で買った



DSC03287ざる。

早くこれに何か
(キュウリなり、ニンジンなり、インゲンなり)
入れて干したい。


DSC03300
今はチュニジアのまな板とともにここにいます。





DSC03290あとはお菓子。
南部煎餅のみみ(たぶん型からはみ出したもの)とこわれせん
と柚餅子の切り落とし。
はじっこ好き、ハンパもの好きなんで。



◯仙台
DSC03291
仙台は、世界中の牛タンが集まっているんじゃあないの?
っつーくらい、牛タンだらけでした。

あっ、笹かまもあったね、買ってこなかったけど。




盛岡の余韻

今回の仙台〜盛岡、自分としてはなかなか中身の詰まった面白いものになりました。
20日に仙台から松島に行き仙台に戻って宿泊、21日に盛岡に移動し盛岡在住の友人の力を借りて岩手県立美術館に行き、野口久光シネマ・グラフィックス展と常設展(松本竣介や舟越保武、萬鐵五郎など)を観て、その後市内を案内してもらい盛岡泊、22日の午前中から今度はふたりで市内を歩いて、2時50分発の新幹線に乗り川口に着いたのは6時でした。
ぴっちり詰まっていて、なんか松島に行ったのが遠いむかしのような感じです。

色々写真も撮ってきたし、自分的には面白いものを買ってきたのですが、
とりあえず昨日、今日での盛岡の余韻といえば、
DSC03303←これです。

映画「寅さん」のロケ地にもなったという上の橋(中津川に
かかる擬宝珠のついた古い木製の橋)近くにある丸竹茶屋の
くるみまんじゅう(昨日の昼ごはんのあとのコーヒーとともに)
と栗まんじゅう(今日の・・・以下同文)。



重なるときは・・・

仕事でも約束でも重なるときって重なりますよね、当たり前ですが。
どうにもまんべんなく仕事が入ってきたり、約束がうまいことバラけたりはしないです。
どこかしらでタブってしまう。
でもこれって統計学的には当たり前のことらしいです。
(って言いきって大丈夫か?違っていたらごめんなさい)
例えば小学校のひとクラスに40人いるとして、そのクラスに同じ誕生日の子が一組か
二組はいるなんてことを聞いたことがあります。
365日あるのだからバラけてもいいはずなのに、誰かしらがダブってしまう。
仕事や約束と同じです。

えー、何が言いたいのかと言いますと、昨日は、娘の誕生日で、なおかつ娘が
サークルの合宿から帰ってくる日でもあり、さらに我々も仙台〜盛岡の旅行から
帰ってくる日でもあって、さらにさらに台風まで関東に上陸ということで、
大変な一日、もうちょっと細かくいうと、大変な夕方から夜でした。

我々が家に着いたのが夕方の6時くらい、それから娘の誕生日なのでスーパーに買い出し、
&お祝いの晩ご飯の準備、娘は学校までは帰って来ているのだけれど、
一部電車が動いてなくて遠回りしての帰宅中、その間に夕食の準備をしつつ
駅に着いた頃を見計らって車で迎えにいき・・・と、
で、「誕生日おめでとう!かんぱーい」となったのが9時過ぎでした。

DSC03263DSC03265牛タン、仙台から送っておいて
よかったー。
&こんなバタバタなときでも、
目出たいときは海老!は、
忘れない。

あっ、今気がついたのですが、
鯛のカルパッチョとサーモンのカルパッチョ、カルパッチョがダブっている・・・。
後ろのケーキとパンも入れて6皿、そのうちのふたつが重なっていました。
まっ、これも統計学的には当たり前・・・なのかな。


短パンを作る

今日の午後は、突然はげしく雨が降ってきたので出かけるわけにもいかず
これまた、突然短パンを作ろうとなりました。
作るとはいっても長いのを切るだけなんですけどね。

DSC03258太ももの前がうすくなってきたので、
その部分を補強したのですが、
その後、同じようなものを買ったし、
補強したワッペン的なものも若干派手で
あまり履かなかったカムフラージュパンツ。

DSC0326035年ものの短パンだけではねーっつことで
思い立って実行したのですが、
同じカムフラージュで代わり映えはしませんでした。

まあ、洗い替えくらいにはなりますかね・・・。




Profile
Recent Comments
Archives