ガレージスタジオ

オリジナルデザインTシャツの web shop【ブーツ&スティックス】のダイアリー

2018年08月

GSランチ8月その4

DSC092418月25日
汁ありセンレク

この日は暑さがもどってきていてエアコンをつけていたので、冷たい麺じゃなくてもいいかということで、温かい汁ありビーフンにすることに。中華味とナンプラーでスープを作ったら、そこに冷凍のいか団子とバイマックルーとコリアンダーシードをいれていか団子に火が通ったら、水に浸けておいたセンレクをいれて2分ほど煮て、麺がやわらかくなったら厚切りのベーコンもいれてちょっと温めてから盛りつけます。青ねぎを散らして粗挽き黒胡椒をふって&チリソースで出来上がりです。

DSC092458月26日
1プレート鯖焼きご飯

この日は僕のひとりご飯で、日曜日で天気は晴れ、BGMはレゲエとくれば写真右上のものがつきます。(ひとりじゃなくてもつきますが・・・。)買ってきてから一ヶ月以上経っている冷凍の塩さばが気になっていたので(冷凍でも時間が経つと油焼けしてくるので)それを焼いて、あとはルッコラとぬか漬けのきゅうりです。

DSC092468月27日
キャベツと玉子の鰹節カレーライス

この日もひとりご飯。キャベツと玉子のカレーを思いつき、キャベツはざく切り、玉ねぎはスライスにして鍋に入れて、冷蔵庫を見るとちょうど四日前のキャベツとにんじんの玉子とじの残り汁があったので、それもプラスしてキャベツと玉ねぎが柔らかくなったらコンソメと鰹節とカレー粉をいれて、水とき片栗粉でとろみをつけたら玉子を割り入れてフタして中火で3分ほど煮て白身が固まってきたなーくらいになったらご飯にかけて、さらに鰹節をふって出来上がり。

DSC092508月28日
冷やし中華

と言っても甘酸っぱいタレ(実はあれは苦手)ではなく、中華味とオイスターソースで作ったタレで甘味、酸っぱみはいっさいなしです。トッピングは、細切りのきゅうりと大葉とチャーシューそれと半熟卵にしようと思ったのですが、ゆでて殻をむくのが面倒だったので、目玉焼きにしました。青ねぎを散らしてパクチーオイルをかけて出来上がりです。

DSC092558月29日
クスクスとミートソース

塩とオリーブオイルと熱湯をいれて5分ほど蒸らしてからオレオエステパのオリーブオイルをさらに回しかけてほぐしたクスクスと、豚ひき肉とみじん切りの玉ねぎを炒めてカットトマト缶をいれてコンソメ、クミンシード、コリアンダーシード、中濃ソースで味をつけたミートソースとちぎったルッコラを盛りつけて粗挽き黒胡椒と粉チーズをふりかけて出来上がりです。

DSC092608月30日
冷やしレタスそうめん

ゆでて氷水で冷やして水気を切った素麺と細切りにしたレタスをまぜて器に盛り、ゆで豚をのせて細切りにしたみょうがと青ねぎを散らして、昆布つゆと白だしとおろし生姜をまぜた麺つゆをかけて出来上がりです。

DSC092618月31日
カレーライス

すこしづつ残ったものを集めてカレーにするパターンです。牛すね肉のスジとにんじんを煮たののにんじんだけが残ったものと、牛すね肉(スジなし)のバター焼きの残り汁と、さつま揚げとキャベツとにんじんの煮たのの残り汁を集めてプラス玉ねぎとコンソメ、カレー粉でカレースープを作ったら、水溶き片栗粉でとろみをつけて最後に豚肉をいれて肉に火が通ったら器に盛って、あとは3年くらい前に漬けたらっきょうを添えて出来上がりです。

金継ぎ第二弾その3

6月に始めた金継ぎ第二弾もようやく終わろうとしています。
残りは皿が二枚となりました。

↓これは、四ヶ所が欠けていた絵皿です。

DSC08660一ヶ所は小さめだったので、残りは三ヶ所。

一ヶ所目。

ちょっとづつ漆を塗っていきます。









DSC08854ちょっと塗っては乾かし、を数回繰り返しで本体の面と同じ高さまで盛っていきます。












DSC08892ほぼ同じ高さまできました。

ペーパーをかけて本体の高さと揃えます。











DSC09211真鍮粉入りの漆を塗って完成です。















DSC08658二ヶ所目と三ヶ所目。

やはり塗っては乾かし
を繰り返します。












DSC08856もう少しです。















DSC08893本体より高くなったのでカッターナイフで削り、ペーパーをかけてならします。












DSC09212仕上げに真鍮粉入りのを塗って、ここも完成しました。

ということで、この絵皿は終了です。











DSC08657もう一枚の皿は、欠けた上に縦にヒビが入っています。(号泣)

まず縦に入ったヒビに透明の漆をいれてそれ以上割れないようにします。

数日後、乾いたら真鍮粉入りの漆を塗ってヒビに金色を線をつけます。


と同時に欠けの部分に粘度の高い赤色の漆を塗って盛り上げの土台を作ります。
そして、乾いたら塗り、を繰り返していきます。

DSC08784途中、赤の漆は乾きが遅い(そんな気がしました)ので透明のに代えました。

赤の上に金色をつけたほうが金の発色がよいらしいのですが、そこにあまりこだわらないのでね。






DSC08850ここまで来るのに
何回塗ったか!って
感じになるくらい
塗りました。












DSC08894はーやれやれ、です。
ようやく本体の面より高くなりました。













DSC08895ある程度カッターで削ってからペーパーをかけて本体と同じ高さに揃えます。












DSC09208おなじみ真鍮粉入りの漆を塗って完成です。

縦のヒビは余分な漆を削り落として出来上がりです。

ということで、
金継ぎ第二弾も終了しました。






GSキッチン252

DSC09177豚肉玉子野菜マキシマム炒め

最初にスクランブルエッグを作って取っておきます。次に豚肉と野菜(キャベツ、玉ねぎ、にんじん、ピーマン)を炒めて火が通ったらマキシマムをふり入れ、玉子を戻し入れてザッとまぜたら出来上がり。

DSC09178豚肉の梅ジャムしょうゆ煮

梅ジャムを作った鍋を(洗わずに)そのまま使っての豚肉煮。豚肉と玉ねぎとちょっとの水をいれて火にかけて鍋はだについているジャムが柔らかくなったらゴムベラでこそげて落とします。
しょうゆをいれて汁気がなくなってきたら出来上がり。

DSC09188ゆで豚ときゅうりのポン酢和え

この日の昼ご飯(冷やし素麺+温カレーつゆ)のときのカレーつゆのカレー粉を入れる前のつゆで、ゆでておいた豚肉と細切りのきゅうりと小口切りの青ねぎを合わせて馬路村のゆずぽん酢で和えただけです。

DSC09189めかじきアラ煮

アラといっても、めかじきの血合いの部分が入ったところで骨はないので扱いは楽チンです。血合いのまじった部分とそうでないところに分けて、そうでないところは適当な大きさに切ってナンプラーをまぶしてフライパンで焼く予定。こちらは血合いのまじった部分を適当な大きさに切ってみりんと昆布つゆとおろし生姜で煮ました。

GSキッチン251

DSC08889牛すね肉のしょうゆバター焼き

牛すね肉のスジを取った赤身の部分を塩コショウしてフライパンでさっと焼いて、バターとしょうゆ、オイスターソースをからめて、ルッコラの上にのせただけです。


DSC08886スジと赤身に分けたスネ肉

煮込まないと柔らかくならないと思っていたスネ肉も、スジ以外の赤身だけだったら煮込まず焼いただけでも食べれるのではないかと思い、ちょっと手間でしたが分けてみました。
結果は思ったとおりでした。
むしろローストビーフ用のよりおいしいかも。(私の個人的な感想です。)

DSC08897かつおのたたき

かつおのたたきをルッコラの葉っぱにのせて、小口切りのルッコラの茎、ガーリックチップ、粗挽き黒胡椒を散らしました。ドレッシングは、添付のタレとマヨネーズをまぜたものです。


DSC08900ハムチーズのせ玉子焼き

旅行に行く前で、ハムが7〜8枚、スライスチーズが4枚残っていてという状況下での使い切りメニューです。フライパンに玉子を流し入れたら、ハムを並べてスライスチーズをのせて、フタをして弱火でチーズが溶けるまで焼いたら出来上がり。トッピングはルッコラと粗挽き黒胡椒です。

お土産

お土産といっても弘前&函館旅行で買ってきたものなんですが、
まずはこれ↓です。

DSC09159弘前の古道具屋の
green furnitureさんで
見つけました。

色絵のなます皿3枚。
染め付けのはあるのですが色絵のはなかったので、前からこんなのがあればなあと思っていました。






DSC09160こちらは、はこだて工芸舎さんで見つけたものです。

函館の骨董というコーナーにありました。

形が面白かったので、買ってしまいました。







DSC09168それとあとこの二つ。

塔のような置物と鳩笛です。
塔?は、先のgreen furnitureさんにありました。
鉄製で重いです。
僕がこれいーですね的な感じで持っていくと
お店の人(若い男性)は、うれしそうに「おもしろいものを選びましたね。」と言ってくれました。
そう、そのとおり!おもしろいものが好きなんです。
彼によりますと、もともとは金属の板に模様をつけるポンチみたいなものだったのではないかということでした。それに絵をつけたそうです。
まあ、絵はなくても買っていたと思いますが。

もう一つは鳩笛です。弘前駅のお土産コーナーで見つけました。
琉球張り子、松山の金天だるま、木彫りの上田獅子に続いての郷土玩具シリーズ。
なんか弘前まで行ってよかったなって感じです。

函館→川口

函館二日目の朝は、イカ刺し丼でした。

DSC09114和定食にもイカ刺しがついているし、イカ広場はあるし、イカイカイカですが、イカメンチはなかったですね。
と思ったら、知らなかっただけで函館にもありました。
(検索しました。)







この日の午前中は、函館山の南東に位置する立待岬に行きました。
路面電車の谷地頭(やちがしら)行きに乗って終点で降りて、あとは1キロくらい歩くと岬にでます。

DSC09115終点の谷地頭駅















DSC09116途中の風景

遠くに五稜郭タワーが見えました。












DSC09127墓地の一画にはこのようなお墓も。










この辺りは、
ず〜っと登り坂。


DSC09121登り坂を登りきった
ところが岬でした。














DSC09117津軽海峡夏景色















DSC09123岬の右側の風景

この崖のどこかに洞窟があって、そのむかしは武器庫になっていたらしいです。(隣で他の人に説明していたガイドさんの話が聞こえてきました。)








DSC09133岬のあとは路面電車で一駅もどって青柳町で降りて函館公園に寄りました。








一見落ち着いた雰囲気の公園のように見えましたが、

DSC09135一画には遊園地があり賑わっていました。














DSC09134これは貴重なアトラクション、日本最古の観覧車だそうです。
(柱にそう書いてあります。)











DSC09140函館公園のあと、さらに一駅もどった宝来町で降りて老舗の和菓子屋「千秋庵」に行きました。お土産にどら焼きや函館散歩というお菓子を買いました。帰ってきてからわかったのですが、ここの山親爺というせんべいの缶入りには、おまけに熊のフィギュアがはいっているのだそうです。ちょっと欲しかった。


DSC09143千秋庵の前からの風景

函館山が見えました。













DSC09145そろそろ時間となったので、函館駅のほうに戻ります。
函館の路面電車は新旧いろいろな車両がありますが、つぎに乗った電車は古いタイプので床が木でした。
妙に懐かしい感じ。







・・・というわけで、函館駅から新函館北斗駅に向かい、新幹線で大宮まで来て、
大宮からは京浜東北線で川口まで、とだんだん現実に戻ってきました。

DSC09147我々のパターンとして新幹線に乗るとまずは食べる、です。













DSC09148そして飲む、です。















DSC09151今回は、大宮まで4時間かかるので、適当なところでおやつ、千秋庵のどら焼きでした。












緊急速報!

高校時代の友人からこんなハガキが届きました。

DSC09240















どうやら特命全権大使というのになって外国に行くらしい。
何じゃそれ、と思い調べてみると、いわゆる大使館(外国にあるやつですね)の
日本国大使になるのだそうな。もうびっくり。

ついに友人からVIPが出ました。
ディスコ(今はクラブっていうんですか)のVIPとか、川口オートのVIPではなく
本物の日本の国のVIPですよ。(SPとかつくんだろうなー。)
去年まで居酒屋やバーに飲みに行ってたのに、それが V・I・P ですよ。(しつこい?)
そういえば、3年前に僕が入院したとき、彼は見舞いに来てくれたんですよね。
めっちゃ自慢できます。

ちなみに彼とは高校時代、柔道部で一緒に汗を流した仲間なんですよね。
あの頃の3年間って、今思えば貴重で、人生の宝物といってもいいかも知れません。
(こっちは宝物だって思っているけど、向こうは思ってないかも。)
何十年経っても、立場が天と地ほどになっても、当時の距離感のまま話ができますから。

で、もうちょっと言いますと、彼は柔道部の一部員、僕は主将でした。
この位置関係も当時のまま、これは一生変わりません。ふっふっふっ。

GSランチ8月その3

DSC091818月17日
えび天冷やしそば

近所のスーパーでとり天や水産天(あなご天、いか天、イカゲソ天、いわし天、えび天など)が広告の品になっていたので、天ぷらそば的なものにしようとなり、この中からだったらやはりえび天かなと・・・。時間にちょっと余裕があったので、ポーチドエッグも作って(沸騰した湯に酢と塩をいれて、冷蔵庫から出したての玉子を割り入れてきっちり4分ゆでたら氷水にとっておいておきます)、ゆでて氷水で冷やしたそばに細切りのきゅうりをのせて、えび天と玉子をのせてつゆをかけて青ねぎを散らしてわさびをつけて出来上がり。

DSC091838月18日
冷やし素麺温カレーつゆ

前々前日のエリンギのオリーブオイルとしょうゆ炒めの残り汁、前々日の肉野菜炒めの残り汁、前日の小松菜の蒸し煮とラムジンギスカン焼きの残り汁+白だし、豚肉、牛乳、ナンプラー、カレー粉、片栗粉でカレーつゆを作って、フライドオニオンと青ねぎをトッピング。
&ゆでて氷水でキンキンに冷やした素麺です。

DSC091908月19日
冷やし素麺ネバオクラかけ

この日は僕ひとりだったので、前日多めにゆでた素麺の残りで済ますことに。冷蔵庫にあったゆでた素麺を水をかけてほぐしてから、細かく刻んで水につけてネバネバを出したオクラをかけて、白だしを原液のまま適量かけて、玉子の黄身をのせて青ねぎとごまを散らしておろし生姜をそえて出来上がり。

DSC091938月20日
めかじき入り玉子丼

前日の玉子の白身が残っていて、それプラス玉子で玉子丼にしようとなりました。めかじきのアラ煮も残っていたので、それをベースに昆布つゆをプラスして、玉ねぎと小松菜の蒸し煮の残りもいれて玉子とじに。ご飯にかけたらもみのりをのせて、ゆず七味をふって出来上がり。

DSC091978月21日
ネバオクラかけ冷やし素麺

この日の午前中に胃カメラをやって、家に帰ってきてものどの麻酔が効いていて、何かのどごしのいいものを・・・ということで、またまた素麺に。たまたまちょうどいい量(50g)の素麺が残っていたし。オクラのネバネバものどによさそうだし。

DSC092068月22日
1ポットパスタ・カザレッチャ

久しぶりにパスタにしようとなり、どれにしようかとスパゲティやマカロニをチェックしていたら、このカザレッチャ(断面がS字のショートパスタ)の賞味期限が切れているのを発見。なので、カザレッチャに決定。湯を沸かして玉ねぎとカザレッチャをいれて煮ます。ある程度経ったところでハムとしいたけをいれ、コンソメ、ナンプラー、牛すじ煮の残り汁もいれてパスタが柔らかくなるまで煮たら、ガーリックパウダー、コショウ、オリーブオイルも加えて、水溶き片栗粉でとろみをつけて、大葉をいれ、ぐるっとまぜたら器に盛り、粉チーズと粗挽き黒胡椒をふって出来上がり。

DSC092268月23日
えび天冷やしそば

今回も、近所のスーパーでとり天や水産天(あなご天、いか天、イカゲソ天、いわし天、えび天など)が広告の品になっていたので、天ぷらそば的なものにしようとなり、今度はえび天以外のものにしようと思ってスーパーに行くのですが、現場(総菜売り場)に立ってみると、やはりえび天かな・・・となってしまうんですよねー。

DSC092318月24日
ひき肉カレーライス

旅行前に冷凍しておいた牛すじ煮の残り汁と、さつま揚げとにんじん煮の残りを使って玉ねぎのみじん切りと豚ひき肉をプラスしてのひき肉カレーです。さつま揚げとにんじんは細かく切ってひき肉となじむようにして、コンソメとナンプラーで味をつけて、コリアンダーシードを多めにいれてフレーバーをつけて、仕上げにココナツファインをふりかけて出来上がり。

ラッキーピエロのラッキー

函館に二泊と短い期間でしたが、ぎりぎりで食べることが出来たラッキーピエロの
ハンバーガー。
函館駅前店で並んでみて、どうして行列ができる(できやすい)のかがわかりました。

DSC09103














まずメニューが多彩。ハンバーガーだけでも色んな種類があって迷いそうな上に、
ハンバーガーだけではなく、看板にもあるようにカレーやオムライス、これらも
それぞれに色々と種類があるし、トッピングも色々(クロスオーバー的なメニューで
カレーオムライスというのもあります)、あとはカツ丼なんかもあったなー。
細かく分かれたメニューを注文通りに作るのって大変なような気がします。
で、注文を受けてから作り始めるらしく、出来るまでに時間がかかります。
(我々の場合、あまり混んではいなかったけど、10分くらいは待ちました。)
その間、店頭で待つことになるので、商品待ちの人とこれからオーダーする人とで
店の前がわーっと人であふれてしまうんですねー。

ハンバーガーの店だから早く出てくると勝手に思い込んでいましたが、
ここはファーストフードの店ではないんですね。


それはそれとして、ようやく注文を終えたと思ったら、
「もう少しお時間、いいですか?」と言われ、いきなり鐘を鳴らされました。
えっ?何事?何が始まるの?と思いましたが、
呼び出し番号が1番なので、景品がもらえるということでした。

DSC09109














この呼び出し番号は、伝票番号の下二桁を使っているらしいです。
・・・○○○98、○○○99、○○○00、○○○01、○○○02・・・って感じですかね。

で、我々は01だったわけです。

で、しばし待ってもらったのが、これ↓です。

DSC09179














団扇とバッチと賞状です。ラッキー。

函館

函館の朝は和朝食で始まる、です。

DSC09040














バイキングもいいけど、こういうのもいいですね。楽。

はい、で、まずは路面電車で五稜郭へ。
五稜郭タワーから見た五稜郭です。

DSC09041DSC09042







ほんとに星形になっていました。(これでは、よくわかりませんけどね。)
あと、こういう星形の城って世界中にけっこうな数あるんですね。
タワーの中の展示でわかりました。

タワーから見た函館山。

DSC09043昨日は、あのてっぺんに行ったんだなと思うとおもしろいですな。













DSC09045ところで、この五稜郭タワー、ガラスが下向きに斜めになっているので、窓際に行くと、
落ち着かないです。
(ふぅ〜うっぅ〜)

でも下界は見渡せますね。







DSC09047
眼下にラッキーピエロ発見!
とはいえ、さっき来る時にその前を通ってきたんですけどね。










DSC09056地上に戻ってきての
ラッキーピエロ、
まだ昼前だというのに
混んでました。

お昼はラッキーピエロのハンバーガーを食べるという計画はあるものの、ここはひとまずパス。






DSC09050そうそう五稜郭も行きましたよ。
これは、タワーから五稜郭に入る途中です。
橋を渡って入ります。











DSC09051でも僕はこっちのほうが気になりました。

明るいカリブミュージックを結構な音量で流していました。
五稜郭に似合わないこと山のごとし。








DSC09057五稜郭から路面電車の駅に戻ってきたところです。
ビルの間から見る五稜郭タワー。











DSC09058路面電車に乗って着いたのが函館どつく前駅です。
どつくとは、ドックのことです。
その駅のすぐ隣にあった公園の石碑。









DSC09060目的地に行く途中、
こんな建物がありました。
銭湯だそうです。
所変われば品変わる
ですな。










DSC09061で、
目的地みかづき工房さんに到着。













DSC09067入ってびっくり。
渋過ぎるカフェスペース。

こういうステレオありましたね。










DSC09063僕が座ったソファーの横にあった模型。
いーなあ、これ。

とにかく、まったりと
くつろぎきってしまいました。









DSC09068みかづき工房さんを出たところです。
こんなおもしろい建物でした。












DSC09070函館どつく前駅に戻ってきました。
が、僕はもう少しこの辺で写真(モノクロのやつ)を撮りたかったので残り、マネージャーは一足先に次の目的地に行くことに。








DSC09071ふらふら歩いているとこのような店を発見。

函館大正館 古楽堂

ググってみたけど
よくわかりません。
骨董屋?なのかなー。








DSC09074で、
次の目的地に到着。
北方民族資料館です。

ここでマネージャーと落ち合い、地図を見て前日の夜に確認したラッキーピエロとハセガワストアが近いことがわかり、そちらに向かうことに。





DSC09077途中、函館の雑誌に載っていたカリフォルニアベイビーがありました。
なんでも函館のカフェ文化の先駆け的存在であるらしい。
入ってみたかったけど満席で待っている人たちがいたので、パス。






DSC09083こちらがハセガワストアベイエリア店とラッキーピエロベイエリア本店、これの並び、向かって右側にカリフォルニアベイビーがあります。









DSC09081ラッキーピエロのハンバーガーを食べる気満々だったのですが、2時過ぎなのにあまりの混み具合いに軽くはね返されてハセガワストアのやきとり弁当にすることに。

合わせたのは、北海道限定のサッポロクラシックの夏限定の「夏の爽快」。



DSC09084その後は、元町のほうにもどって八幡坂通りを登ることに。

(ひぇ〜、けっこうキツイ。この上に何があるというの?といいたくなります。)

先を行くマネージャー、振り返る余裕あり。





DSC09088坂のてっぺんに着きました。

誰もいないように見えますが、このカメラの後にたくさんの人がいます。
みんなこの坂をバックに順番に記念撮影をしていました。
我々は、そういう習慣がないので、とっとと先へいきます。



DSC09090坂の上は教会群となっていて教会がたくさんあるみたいです。
これは、そのひとつ、函館ハリストス正教会
ロシア系の教会みたいでした。









DSC09096これは、元町公園。

坂の上をぐるーっと回って・・・












DSC09098最後に行ったのが、革製品の店OZIOさん。

バッグや財布などの作品を見せてもらいながら、シルクスクリーンの話からスマホにガラ系の話まで楽しくおしゃべりさせていただきました。







で、いったんホテルにもどって休憩したあと、函館駅近くの港のほうに行ってみました。

DSC09101これは、ふれあい「イカ広場」の看板。

どこまでもイカをフィーチャーしてますな。











DSC09102イカ広場のほうへ行ってみると、青函連絡船記念館摩周丸がありました。












DSC09103ここは、ラッキーピエロ函館駅前店。

昼のリベンジというか、ここで食べておかないと、もう食べる機会がないっつーことで、晩ご飯はハンバーガー&ビールということになりました。





結果として、ハセガワストアのやきとり弁当とラッキーピエロのハンバーガーの両方を食べることができたのでオールOKでした。

DSC09110マネージャーはチャイニーズチキン、僕はベーシックなラッキーバーガーにしました。

真ん中にあるのは、デミソースとチーズかけのフライドポテト、です。







DSC09112ラッキーピエロのハンバーガー、食べておいてよかったです。

でかうま!
もうちょっと
ていねいに言うと、
でかくてうまい。
もっと丁寧に言うと、大きくておいしい、
です。

ハンバーグもガッツリしてますし。


これは、ほんとうにおいしかった。
(食べきれませんでしたけど・・・、夜はビール優先なのでね。
あっ、でも残りはマネージャーが引き受けてくれたので大丈夫。)


Profile

オリジナルデザインプリントTシャツショップ【ブーツ&スティックス】の店長によるブログです。仕事場であるガレージスタジオより、B&S的な日々を、綴っていきたいと思います。オリジナルTシャツのコンセプトは〈僕の着たいTシャツ〉デス。

Recent Comments
Archives