ガレージスタジオ

オリジナルデザインTシャツの web shop【ブーツ&スティックス】のダイアリー

2018年10月

GSランチ10月その4

IMG_878210月24日
カレーうどん

前日、カレーにならずだったので、この日はカレーに。煮込み用のうどんが買ってきてあったので、ライスではなくうどんになりました。鍋にお湯と昆布つゆと玉ねぎのスライス、冷蔵庫の奥から発掘した5日前の豚肉ときのこ炒めの残り汁と「パクチクワサラダ」の残りの揚げ玉とキャベツを合わせたものとうどんをいれて10分くらい煮たあと、カレー粉をいれ、豚肉をいれ、水とき片栗粉をいれてとろみをつけたら出来上がりです。丼にうつして玉子の黄身と小口切りの長ねぎをのせて、七味をかけて完成です。

IMG_8778冷蔵庫の奥から発掘した5日前の豚肉ときのこ炒めの残り汁と
「パクチクワサラダ」の残りの揚げ玉とキャベツを合わせたもの





IMG_879810月25日
豚肉と香味野菜のサラダと目玉焼きのせライス

目玉焼きは、オリーブをしいた中華鍋でひとつづつ焼きます。弱火で3分、白身が固まったら取り出しておきます。つぎにオリーブオイルをしいて細かく切った豚肉とガーリックパウダーとコショウをいれて炒めて、ボウルにあけて粗熱を取ります。粗熱が取れたらナンプラーで味付けをして、大葉(茎は小口切り、葉はざく切り)パクチー(葉は摘んで、根っこはみじん切り、茎は長さ2〜3僂棒擇襦法▲襯奪灰蕁丙元はみじん切り、茎は長さ2〜3僉⇒佞呂兇切り)バイマックルー(半分はみじん切り、もう半分は細切りにしてとっておく)コリアンダーシード(ミニ石臼でコリコリつぶす)の半量を混ぜて和えます。ご飯と目玉焼きとともに器に盛りつけて、仕上げ用にとっておいたパクチーをのせて、細切りのバイマックルーを散らして、コリアンダーシードの残り半分、粗挽き黒胡椒をかけたら完成です。

IMG_880610月26日
あんかけ焼きそば

前日の夕飯に食べようと買ってきたうずらの玉子串フライ、棚にのせたまますっかり忘れてしまい、気がついたのは食べ終わってからでした。ということで、この日の昼に登場です。まず、焼きそばの麺を一玉づつごま油をしいて中華鍋で、強火で焦げ目がつくまで焼いて皿に取り出しておきます。つぎにごま油をしいて豚肉、にんじん、キャベツ、長ねぎ、椎茸の順に炒めて、前々日のタイ風肉じゃがの残り汁とお湯、中華味、オイスターソース、ナンプラー、ガーリックパウダー、コショウをいれて水とき片栗粉でとろみをつけたら少し残して麺にかけて、途中でカニカマとうずらフライをのせたら、残りのあんをかけて出来上がりです。ちぎったルッコラの葉を周りにおいて完成です。
今回は、食べてる途中でタイのシーズニングソースをかけました。

IMG_8805前々日のタイ風肉じゃがの残り汁







IMG_003510月27日
かきのかき玉そば

前日の牡蠣の炒り煮が残っていたので、これプラスかき玉のつゆでそばにすることに。翌日(Tシャツ屋として野外イベント参加のため早朝から夕方まで出かけるので、この日のうちに次の日の晩ご飯まで作っておこうという魂胆です)用のゆでえびのマリネ(仮名)のむきえびを茹でたお湯に昆布つゆをいれてそばつゆにします。水とき片栗粉で弱くとろみをつけて、そこに溶き卵を沸騰しているところにつーっと流し入れてかき玉にして、そばが茹で上がる直前にかきの炒り煮をいれて温めます。そばを丼に移してかき入りのかき玉汁をかけて茹でたほうれん草、22日に作ったレンコンのごま油焼きの残り(ちょうど2枚残っていました)、揚げ玉、小口切りの青ねぎ、柚子七味をトッピングして出来上がりです。

IMG_005510月28日
天然酵母手作りパンのラッキーズのランチボックス

この日は埼玉県伊奈町の野外イベントに参加していたので、同じく参加されていたラッキーズさんのランチボックスにしました。50個限定だったので、参加者の強みで朝の準備段階で予約しておきました。

IMG_006510月29日
豚バラ軟骨と玉子のせラーメン

25日の豚バラ軟骨煮が残っていたので、沖縄風のラーメンにしようと思い、近所のスーパーに太麺のつけ麺用の麺を買いに行ったのですが、つけ麺用の麺の隣に札幌の生ラーメン(3食入り)に半額シールが貼られているのを発見、あっ、これでいいや、となりました。でも、まあスープの味的には沖縄っぽく(和風だしと中華の味を合わせると沖縄風になると信じています)しようかと、焼きあごだしと中華あじを合わせてしょうゆ味にしました。(あと前日の白菜と豚肉ハム炒めのと、切り干し大根と油揚げと豚肉煮の残り汁もはいっていますが。)そのスープに冷蔵庫から出したての玉子を割り入れて弱火で5分煮ます。2分経ったところで、別鍋で沸かしておいたお湯に麺(茹で時間3分)をいれます。茹で上がる前に丼にスープと小口切りのパクチーの茎をいれておいて、時間になったら麺をいれて、温めておいた豚バラ軟骨と玉子、小口切りの青のりとパクチーの葉っぱをのせて出来上がり。コショウをかけて完成です。

IMG_007210月30日
汁ありセンレック

前日のソーセージと白菜コンソメ煮の残りスープと白菜、サラダセロリを使いました。まず残りスープとお湯を合わせて中華味とナンプラーで味をつけて、冷凍のかに風味団子といかねぎ団子をいれて煮ます。豚薄切り肉をいれて色が変わったら取り出しておきます。次に石臼で潰したコリアンダーシードの半量と水に浸けておいたセンレックをいれて柔らかくなるまで煮て(今回は水に浸けていた時間が短かったので、長めの4分くらい)器に盛り、団子と豚肉と長さを半分に切ったサラダセロリをのせてコリアンダーシードの残りをふりかけ、青ねぎもいれたら出来上がりです。コショウとチリソースを適宜かけて食べます。

IMG_0070前日のソーセージと白菜コンソメ煮の残り







IMG_008510月31日
カレー丼

前々日の豚バラ軟骨煮の残り汁(煮こごり)と前日の小松菜と油揚げ煮の残り汁とお湯と昆布つゆを合わせて玉ねぎの縦スライスと小さめに切った豚肉の半量をいれて煮て、カレー粉をいれて水溶き片栗粉でとろみをつけたら豚肉の残りをいれて、玉子の白身もいれて白身とじにします。それをご飯にかけて黄身をのせて、細切りの大葉をのせて出来上がりです。

IMG_0084前々日の豚バラ軟骨煮の残り汁(煮こごり)






GSキッチン306(10月26日)

IMG_0034アスパラとハム塩炒め

アスパラ5本は下のほうの皮をピーラーでむいて長さ5僂棒擇蠅泙后ハム2枚は半分にして1冑に切っておきます。フライパンにアスパラをいれて火にかけて水気が取れたら、オリーブオイルと塩をいれて炒めます。さらにコショウ、ガーリックパウダーをふってハムも加えて炒めて出来上がりです。

IMG_0032鶏レバー焼きとサラダセロリ

近所のスーパーに午後3時前くらい(ふだんあまり行かない時間帯)に行くと色んなものに値引きシールが貼られていました。
この時間にくるとお得じゃんと思いつつ肉売り場までくると「若鶏のレバー焼き」にも半額シールが貼られていました。しかも出ているパック全部に。半額、半額の繰り返しで、アンディ・ウォーホルの作品みたいだなと思いつつ、ついふら〜っと1パック買ってしまいました。と同時に、これにさっき(野菜売り場で)見たサラダセロリを合わせるのっていーんじゃない・・・とも思い、野菜売り場までもどり・・・というわけで、こーなりました。前日のカニカマとパクチーのサラダで作ったマヨナンプラーが残っていたので、それをかけつつ食べました。

IMG_0030かきの炒り煮

かきは塩でもみ洗いして水で流し、汚れと殻を取って鍋にいれ、中弱火にかけて5分ほどかきを返しながら煮て、煮えたものから取り出して、鍋に残った汁をちょこっと煮詰めて取り出しておいたかきにかけてできあがりです。

IMG_0031切り干し大根と油揚げと豚肉煮

かきの炒り煮を作ったあとの鍋を使います。
切り干し大根は水でざっと洗ったあと、ひたひたの水に10分くらい浸けておきます。次に細切りの油揚げといっしょに浸けた水ごと鍋にいれて&白だしもいれて、フタして弱火で5分蒸し煮にします。するとほば水気がなくなっていたので、酒をいれて細切りの豚肉も投入して炒り煮して仕上げにしょうゆを回し入れて出来上がりです。

IMG_0033ごぼう甘辛酢煮

切り干し大根と油揚げと豚肉煮のあとの鍋を使います。
細切りにして水につけた(切ったそばから水にいれていきます、最後のをいれてから1分くらいで使います)ごぼうと水(ひたひたくらい)を鍋にいれてフタして中火で5分くらい蒸し煮にします。次にフタを取って昆布つゆとみりんをいれて強火で汁気がほばなくなるまで煮て、さらに酢をいれて汁気がなくなるまで炒り煮にして出来上がりです。

B&S in 伊奈町バラ祭り

先日の日曜日、出店してきました、埼玉県伊奈町のバラまつりで。

IMG_0053今回知ったのですが、伊奈町ってバラの町だったんですね。いたる所、バラばらバラでした。そんなバラ押しの伊奈町のバラまつりに
Tシャツ屋として参加させていただきました。








IMG_0051場所は伊奈町のバラ園(町制施行記念公園)で、バラ園というだけあってまさにバラ












IMG_0054ばら















IMG_0049バラです。

このバラの向こうに見えるのが我々のブース(ライムグリーンのテント)です。










IMG_0045これですねー。














IMG_0044















この日一日、楽しかったです。

IMG_0046こんな子たちも来ていたし・・・。
おっかけ男子の掛け声というか、合いの手というんですかね、それがきちっと統率がとれていて歌の一部のようになっているのに驚きました。生で見たの初めてだったし・・・。めっちゃ面白い。
この子たちより、どんな男子が応援しているのかばかり見ていました。

この日一日、楽しかったです。

GSキッチン305(10月25日)

IMG_0004タラモサラダ

3〜4日前に茹でたジャガイモをDレンジで温めて皮をむいてつぶします。朝ご飯用に切ったたらこの残り(この日が賞味期限でした)とバターを混ぜたのですが、パラパラしてまとまらなかったので、牛乳をいれました。

IMG_0003朝ご飯用に切ったたらこの残り






IMG_0005カニカマとパクチーのサラダ

キャベツの中心のほうの葉を2枚、太めの千切りにして器に盛り
カニカマをほぐしてのせて、&ざく切りのパクチーで、サラダの出来上がり。マヨネーズとナンプラーを混ぜたソースで。
(パクチーの根っこは豚バラ軟骨煮に。)

IMG_0006絹厚揚げ焼き

絹厚揚げをオーブントースターで4分焼いて4つに切って、おろし生姜と昆布つゆ(原液のまま)をまぜたものかけて小口切りの長ねぎをのせただけです。


IMG_0007豚バラなんこつ煮

14日から煮はじめて、気がついたら十日ほど経ってました。その間、毎朝上に浮いている白く固まった脂を取り除いて、茹で汁が少なくなったら水を足して、火をいれていました。この日、そろそろよいか(というか、他に色々あったから、火をいれながらで、後回しになっていた感があります)と、昼に昆布つゆとオイスターソースで味付けをしてパクチーの根っこもいれて、いったん煮て冷しておいて、食べる前にもう一回温めます。からしをつけて食べます。

GSキッチン304(10月24日)

IMG_8787生ハムの生春巻き

まずキャベツを千切りにして、しんなりするように少し(15分くらい?)おいておきます。生春巻きの皮を水で湿らせて2枚重ねて、その上に生ハムを斜めにおいて、ルッコラの葉を表を下にして生ハムの横に置き、しんなりしたキャベツを皮の手前に横置きにしで、ルッコラの茎も置きます。皮の両端を折り畳んだあと、手前からきっちりと巻いて出来上がりです。ライスペーパーのたれをつけて食べました。

IMG_8788ほうれん草とカニカマのゆずポン酢和え

茹でたほうれん草の茎の部分とほぐしたカニカマと馬路村のポン酢しょうゆで和えてみたけど、何かもう一つ混ぜたいなとなり、ごま?糸寒天?海苔?などを思いましたが、おーそういえば、冷凍庫にほんの少し(大さじ1くらい)だけ揚げ玉が残っていたなとなり、混ぜてみました。汁気は揚げ玉が吸ってくれたけど、なんか糸寒天もいれてみようかとなり、ひとつまみ(数えてみたら24本でした)だけいれました。

IMG_8796タイ風肉じゃが

一口大に切ったにんじんと1冑に縦スライスした玉ねぎと水を鍋に入れて柔らかくなるまで煮て、中華味とナンプラーとオイスターソースをプラスして適当な大きさに切った豚肉をいれ、八分くらいに火が通ったら豚肉は取り出しておきます。次に四つ割りにした椎茸と八つに切った茹でジャガイモとパクチーの根っこをいれてフタして煮ておいておきます。食べる前にもう一度温めて豚肉をもどして豚肉が煮えたら出来上がりです。器に盛りつけてパクチーをのせて完成です。

IMG_8791いわし水煮缶汁のチヂミ風

四日前に開けたいわしの水煮缶の缶汁に小口切りの長ねぎと、この日のお昼(カレーうどん)に使った玉子の黄身を取ったあとの玉子の白身2個分とお好み焼き粉とおろし生姜をいれてグルグルとかき混ぜて、オリーブオイルをしいた熱したフライパンに流し入れて、フタして中火で2分、ちょこっとオリーブオイルをプラスしたあと、ひっくり返してフタなしで1分焼いて出来上がりです。酢醤油をつけて食べたらおいしかったです。

IMG_8784四日前に開けたいわしの水煮缶の缶汁と玉子の白身






GSキッチン303(10月23日)

IMG_8771餃子の具のお好み焼き風

前日の焼き餃子の具が小さめの茶碗一杯分くらい残ったので、それに玉子とお好み焼き粉をまぜてオリーブオイルをしいたフライパンで焼いただけです。


IMG_8766残った具






IMG_8772焼きオクラ

オクラは洗ってヘタとガクの黒い部分を取って塩でこすってうぶ毛を取り、庖丁の先で穴をあけておきます。お好み焼き風のあとのフライパンに並べてオリーブオイルを回しかけて弱火でフタして2分半ほど焼いたら、フタを取って転がしながら焼き目をつけ器に移したらしょうゆをかけて出来上がりです。

IMG_8773鶏ももとブロッコリーエリンギ炒め

鶏もも肉は黄色い脂を取って塩小さじ1をまぶしてビニール袋にいれて空気を抜いて冷蔵庫にねかせてというか忘れて(たぶん5日くらい経っていると思います)いたものです。残り5房になった茹でたブロッコリーとオリーブオイルで炒めようという計画だったのですが、朝のみそ汁で使ったエリンギの残りもあったのでこれもプラスしました。オクラを焼いたあとのフライパンに適当な多いさに切った鶏もも肉を皮目を下にして並べて(オイルはいれません)弱火で3〜4分焼き、次に鶏肉をよせて空いたところに斜め切りにしたエリンギをいれて、上に一房を2〜3本に切ったブロッコリーをのせ、フタして2分焼いたら鶏肉に火が通ったのでいったん取り出して、あとは強火にしてエリンギとブロッコリーを炒めて、マキシマムをふりいれ、鶏肉をもどしてひと混ぜしたら出来上がりです。

IMG_8770ポテサラキムチ

前日の夕飯に出した基本のポテサラ(マヨなし・塩なし)とキムチがちょこっとづつ残ったので、ふたつを合わせて冷蔵庫にしまっておきました。こーなるとふたつを混ぜるしかありません。キムチは細かく切って、あと細切りの大葉も加えて、&やっぱマヨネーズだなということで、マヨネーズもプラスしてぐるっと混ぜたら出来上がりです。

IMG_8767前日の残りのポテサラとキムチ






IMG_8774絹厚揚げのチーズのせ焼き

相模屋さんの焼いておいしい絹厚揚げ(2個入り)を見ているうちに大きさがスライスチーズと同じなのでは・・・と思ったら、のせて焼くしかないな・・・となりました。一つを厚さ半分にして開いてそれぞれにモッツァレラチーズ入りのスライスチーズをのせてオーブントースターで6〜7分、イメージ通りの焦げ目がつくまで焼いたら出来上がりです。しょうゆをかけて食べるとおいしい。

GSキッチン302(10月22日)

DSC09748砂肝塩しょうゆ和え

砂肝はつながっているところを切って二つにして、さらにその一つを縦半分にきり、白い筋の部分に4〜5本の切り込みをいれて、この日のお昼の1ポット生ハムとルッコラのミッレリーゲで残ったパスタの茹で汁で弱火で茹でます。茹で上がったらボウルに取り出して(茹で汁はとっておきます)、塩としょうゆをまぶしておいておきます。時々上下を返して味がしみたら小口切りの青ねぎをプラスして出来上がり、器に盛りつけたらさらに青ねぎをかけて完成です。

DSC09750れんこんのごま油焼き

れんこんは1センチ厚のいちょう切りにしてごま油をしいたフライパンで焼いていきます。ごま油が足りなくなったら適宜足します。裏表にいー感じに焦げ目がついたものから器に移して、その度に塩をひとつまみづつかけます。

DSC09751長ねぎの焼き餃子

具は豚ひき肉とキャベツと長ねぎの青いところだけなのですが、長ねぎの青いところが思った以上に多くなったので、長ねぎの焼き餃子となりました。キャベツはみじん切りにして塩もみして水気を絞っておきます。長ねぎの青いところもみじん切り(長さ20〜25センチのが8本、1本を縦に5〜6本に切ってからそろえて、あとはひたすら刻んでいきます)にして、豚肉は塩をふってスプーンの背中で粘りが出るまで練って、それらを合わせたらごま油、おろし生姜、中華味、オイスターソースを加えて混ぜておきます。足りなくなると困るので多めに作って、残ったらなんとかします。
この具を餃子の皮で包んだら、サラダ油をしいたフライパンに並べて強火にかけて、水を
100mlいれてフタして2分半焼きます。水気がなくなりパチパチという音がしてきたら、フタを取ってごま油を回しかけて、あとは焼けムラが出来ないようにフライパンを回しながら、餃子の下面の焦げ具合いを想像しながら焼いて、この辺りだなと思ったらフライ返しを餃子とフライパンの間に差し込んで餃子をはがしていきます。全面がはがれてフライパンをゆすると餃子全体が動くようになったら、皿をかぶせてフライパンをひっくり返して皿にのせます。
酢醤油で食べますが、ラー油がないので、代わりにキムチを混ぜて食べたりもします。

GSキッチン301(10月21日)

DSC09739ベビーホタテの甘辛煮

ベビーホタテは黒い管を取って洗って水気を切ったあと酒をまぶしておきます。鍋にみりんとしょうゆとおろし生姜をいれて火にかけ沸いたらホタテと前日のブロッコリーの茎のごまからし和えの残り汁をいれて煮ます。けど、煮汁が多くなったので、いったんホタテを取り出し煮汁を煮詰めます。ある程度煮詰まったらホタテを戻し入れて煮汁がなくなるまで煮て、仕上げに昆布つゆをいれて汁気がなくなるまで煮たら出来上がりです。

DSC09737前日のブロッコリーの茎のごまからし和えの残り汁






DSC09744ウィンナーと油揚げ大根にんじんコンソメ煮

前々日の油揚げと大根煮がちょこっと残っていて、これをなんとかしないと的な感じでした。ホタテの甘辛煮のあとの鍋に大根とにんじんと水をいれてフタして煮て、他のことをしている間に汁気がなくなってきたので、前々日の油揚げと大根煮を汁ごといれて、さらに前々日に使った油揚げ4枚入りの2枚が残っていた(しかも賞味期限は前日まででした)のでそれもいれて、あと前々日のマカロニサラダで使ったウィンナーの残りもあったのでこれもいれて、ここまで何味にするか決めていなかったのですが、ウィンナーをいれたことにより、コンソメ味にすることに決定しました。

DSC09740ちょこっと残っていた前々日の油揚げと大根煮






DSC09743むきえびのアヒージョ風

むきえびは背わたを取って塩と酒をまぶしておきます。多めのオリーブオイルをフライパンにいれて火にかけて、むきえびをいれて弱火でじわじわ茹でるような感じで火をいれて、スパニッシュハーブをふりかけて出来上がりです。+冷凍してあったバゲットのトーストをそえて完成です。

DSC09741ブロッコリー入りスクランブルエッグ

茹でたブロッコリー、一房を5~6本に切って溶き卵に加えて塩コショウ、ガーリックパウダーしたら、オリーブオイルを中火で熱したフライパンに流し入れて、ゆるゆると固まってきたら器に盛り、粉チーズと粗挽き黒胡椒をふって出来上がりです。

作業状況報告2018年10月・プリント4

新柄、出来ました。
フロントプリントです。
ねずみ的キャラクターにブーツを履かせて、&スティックを持たせました。

IMG_0003















バックプリントはこんな風です。

IMG_0005















何パターンかプリントしてみました。ラキワンに持って行きます。

IMG_8783















GSキッチン300(10月20日)

DSC09730生ハムと黒オリーブのポテトサラダ

基本のポテサラ(マヨなし・塩なし)に輪切りにした黒オリーブと細切りの生ハムをまぜて、最近カルディで買ったイタリアンハーブで味をつけました。


DSC09734基本のポテサラ(マヨなし・塩なし)

いつも通りのキュウリとオニスラの塩もみと、茹でて皮をむいたジャガイモを熱いうちにスプーンで割ってきび糖をいれて混ぜたあと、ガーリックパウダー、コショウ、オレオエステパのオリーブオイルをいれて全体をまぜたら出来上がりです。今回は、あとでイタリアンハーブやスパニッシュハーブ、インデアンミックスなどで味のバリエーションをつけようということで、マヨネーズや塩はナシで作ってみました。

DSC09731ブロッコリーの茎ごまからし和え

適当な長さに切ったブロッコリーの茎を細めの拍子木切りにして
葉っぱも同じ長さに切って、きび糖、しょうゆ、からし、白のすりごまで和えただけです。


DSC09732マグロの大葉マヨ和え

近所のスーパーでマグロのアラとして売られている切り落し、筋があるので細かく切って、みじん切りの大葉とマヨネーズで和えただけです。


DSC09733いわし水煮缶のサラダ?

この日は、時間がなく(来週末のイベント「ラキワンパーク」にむけてTシャツをプリントしていたのと、夕方に突然激しい雨が降ってきて、それが娘の帰宅と重なって駅まで車で迎えに行ってたりしたので)上の三品(基本のポテサラは、次の日の朝用)しか出来ていませんでした。しかし、これだけじゃいくらなんでも足りないので、すぐに出来るもの!=缶詰をあけるだけ、で、これになりました。
なんて言っていいのかわからないので、サラダ?、です。サラダ菜の上にいわしの水煮缶をのせて・・・だけでは何なんで、スパニッシュハーブをかけてみました。

Profile

オリジナルデザインプリントTシャツショップ【ブーツ&スティックス】の店長によるブログです。仕事場であるガレージスタジオより、B&S的な日々を、綴っていきたいと思います。オリジナルTシャツのコンセプトは〈僕の着たいTシャツ〉デス。

Recent Comments
Archives