先日返却日が過ぎてしまっていた本が一冊あるのに気がついて
なんとなく時間もあったので、図書館へ返しに行きました。

いつもは写真集のところと料理本のとこくらいしか見ないのですが、
この日は少し時間があったので、なんとなく他のところにいってみると、
古もの好きには見逃せないタイトルを見つけてしまいました。

古道具ニコニコ堂のなんとなくコレクション


パラパラ見てみると最初に目についたのが、「溶けたコンビニ弁当のフタ」。
レンジで温めるところを、間違えてグリルにしてしまったらしいと書いてあり、
下の弁当はだめだったけど、カチカチになった上の透明のフタだけ
記念に取っておいたとあります。
写真ではたしかに陶片のようにも見えますが。
でも、いったいどういう人?

次に目についたのは「ネジ」で、写真は2か所ネジ穴があいている直径4〜5センチ
長さ10センチくらいの鉄製らしきパイプで、説明にはパイプとパイプをつなぐ
ジョイントのような物とあります。
続いて、本来は外側からネジを締めるのだが、内側からはめてみようという気に
なり、半日かけてようやく一本できたのがこれって書いてます。
改めて写真を見ると、なるほど、内側から一本ネジがはまっていました。

こういう人、僕は好きです。