スリフトストアとは日本でいうリサイクルショップだと思います。
マンハッタンの中にも数軒ありました。実際には数十軒あるかも知れません。

おしゃれな雰囲気のところもあれば、倉庫みたいなところもありました。
僕が行っていた8番街、21か2丁目あたり、の店は「倉庫」のほうで気兼ねなく
物色することが出来ました。

店の感じは、今思えばこっちのリサイクルショップと同じでしたね。
店先にテーブルやいすなどの家具、店に入ってすぐのカウンター周りには
こんなの買う人いるの?と思えるような靴、カバン、小物が置いてありました。

中に入るとドッカーンって感じで衣料品が並んでいて、
フロア中央の長いラックにTシャツやトレーナー、パンツ類、
まわりにワンピースとかジャケット、コートなどがあったように思います。

客の中にはおっさんにまじって、僕の印象ですが、美術系?
ファッション関係?的な若い人たちもいました。

あと、ゲイのにいちゃんとかもいましたね。
すっごい短い短パンとかを買っているのを見て
「あんな短いのをはくんだあ。」と思ったのを覚えています。

「倉庫」みたいなお店なので、当然試着室はありません。
僕はTシャツなので必要ありませんでしたが、試着する人たちは、
その場でガンガン脱いで着て、着ては脱ぎをくりかえしていました。
その光景はちょっと新鮮でした、その人たちが女性だったので。

で、Tシャツなんですが、中ほどにズラーっと白、グレー、黒、カラー物って
ふうに色分けされて並んでいました。
これをハシから一点づつ見ていくわけです。

もちろんそんなにきれいなものはありません。

洗って漂白まではしてあるんだと思いますが、
これってどうやってついたの?とか、
いったい何がついたのだろう、というような色は残っています。

デザインとコンディションをはかりにかけて
買う買わないを決めていきます。

下の2点はここで買ったTシャツです。

STOMP T 白







そこで見つけた当時オフオフブロードウェイでやっていた
ミュージカル STOMP のTシャツです。(まだやっているのかな)
背中の1/3くらいが、最初から茶色く汚れていました。
デザインがシンプルで好みだったので買いました。
HanesのBEEFY-TのX-Largeが使われています。

春から夏、秋の初めくらいまで、でかめの黒の短パンといっしょに
けっこう長く、しかも頻繁に着ていました。
首のところのリブがボロボロになり、穴もあいてきたので
さすがにもう着ることはできません。

STOMP T 黒







同じくSTOMPの黒です。
TシャツはDELTA のXLが使われています。
これは比較的きれいでした。
夏場、黒は暑いし、短パンが黒だと黒Tはちょっとねえ・・・とか、
冬場は上着の下に着るにはXLだと着心地が悪いし、変だしで、
あまり着る機会がなく、まだ着れる状態です。


もうひとつおまけで

Back to Back T 前Back to Back T 後







これは、写真の色が少し違いますが、同じTシャツの前と後です。

今日、ラジオでヨーロッパチャンピオンズリーグが
開幕したって言っていました。
当時は全く知らなかったのですが、
このTシャツ、今あらためて見てみると
マンチェスターユナイティッドが1992/93,1993/94と
プレミアリーグで連勝したときのTシャツみたいです。

こんなのが、あの「倉庫」のような店にあったなんて
面白いものだなと思いました。