最近、このブログで身内のことを書きすぎているのでは?とか、
もっと自分のことを書いた方がよいのでは?という声が、うちの家族のなかの
一部から上がっています。

たしかに、僕がこれを担当するようになって10か月あまり経ちますが、
多少ポイントがブレてきたかも知れません。

このブログの目的というか役割は、どのような人間が
BOOTS&STICKS のTシャツを作っているのかを知っていただくことなので、
ここはひとつ原点に帰って、自分のことを書くことにします。

DSC03740のコピー
2008年7月28日現在の私です。
夏はたいがいこんな格好です。

着ているのは、ロゴT両面プリント、
アンビルのLサイズです。

3、4年前までは Live Longer T や
HOE DOWN T
を着ていました。

参考までに、身長は171僂任后

なにもいきなり自分の写真を、出すこともなかったのかも知れませんが、
百聞は一見にしかず、ですから。


ところで、話はがらりと変わってオリンピックの話なのですが、
もうじき北京オリンピックですけど、最近のオリンピックって
魅力がなくなってきている、と感じているのは僕だけでしょうか。

けっこう生きてきたので、何回もいろんなオリンピックを観ています。
だから、ちょっと飽きてきたのかも知れませんが、
サッカーのワールドカップは、同じ4年に一度でも全然盛り上がるし、
毎年行われるツール・ド・フランスも、毎年気になってしょうがありません。

僕が思うに、先日の突然の野球のルール改正に代表されるように、
商業主義が先行しすぎて、がちんこ勝負感が薄くなってきている
せいではないでしょうか。

水着の問題も、シラケてしまった要因のひとつです。
体型を水着で変えて好タイムを出されても、僕的には何か
違っているような気がしてなりません。
というか、あれ、はっきり言って反則だと思います。

聖火にしても、今回は世界中を回る必要はなかったと思います。
シンプルにアテネから北京の陸路を、聖火ランナーで
つなぐだけのほうがよかったと思います。

交通手段にしても、通信手段にしても、素材にしても、
加速度的に発達して、どんどん便利になり、高性能になっています。
過去に不可能だったものが、今では可能になっています。
しかし、ああいうこともできる、こういうこともできる、
とふくらましていくと、原点が霞んでいくような気がします。

オリンピックも「切り戻し」が必要なのでは・・・、と思います。


話は戻りますが、考えてみるとうちのTシャツは、僕がひとりで
作っているわけではないので、そういう意味では、こっちのほうは
「切り戻す」必要はないような気がしてきました・・・。