BOOTS&STICKS の HP に新柄クラウンカルーセルのページが出来ました。

クラウン・カルーセルTシャツ

架空のお店シリーズ第2弾です。

バックに The happy and funny world circuit として45箇所の地名が入っています。

この場所は、移動式メリーゴーランド「クラウン・カルーセル」が行ったところ、もしくは、
行く予定のところなんですが、イコール僕たちが行ってみたいところでもあるのです。


続きです。

TROMSO トロムソ。北極圏で一番大きいノルウェーの町。
世界最北のビール工場、マックビール直営のパブ「ウルハーレン」があります。
日本人にビール作りを教えたのはノルウェー人で、1870年(明治3年)、
ウィリアム・コープランドという人が横浜山手で日本初のビール工場
「スプリングバレー・ブルワリー」をはじめました。
後に、その工場と醸造技術をうけついだのが「ジャパン・ブルワリー」、
いまのキリンビール、ということです。
それはともかくとして、世界最北のビール工場で作られるビールって
すごく冷えていておいしそうじゃないですか。

HELSINKI ヘルシンキ、フィンランドの首都。
映画「かもめ食堂」の舞台です。
海沿いのカフェ「カフェ・ウルスラ」は、この映画のロケ地のひとつで、
(たぶんサングラスをかけた4人が、カフェで海に向かって並んでいるシーン)
海を見ながらビールが楽しめるそうです。

COPENHAGEN コペンハーゲン、デンマークの首都。
デンマークの人は古い(使い込まれた)家に住むのを、よしとするらしいです。
(新しい家に住んでいるのはちょっと恥ずかしい、という感覚)
一方、ウィキペディアには、デンマークの人は非常に、さまざまな種類の
「新しい」ライフスタイルに対して寛容であり、とあります。
このバランスがよいですね。
そして、デンマークといったら、ビールでしょう。(すみません、またビールです。)
それと100年前の画家ハンマースホイです。
ストランゲーゼ30番地やブレズゲーゼ25番地あたりのカフェ(もしあれば)で、
カールスバーグを飲みつつ100年前に思いをはせる、なんていうのも
いいかも知れません。