BOOTS&STICKS の HP に新柄クラウンカルーセルのページが出来ました。

クラウン・カルーセルTシャツ

架空のお店シリーズ第2弾です。

バックに The happy and funny world circuit として45箇所の地名が入っています。

この場所は、移動式メリーゴーランド「クラウン・カルーセル」が行ったところ、もしくは、
行く予定のところなんですが、イコール僕たちが行ってみたいところでもあるのです。

ということで、今回で45箇所の「なぜここなのか」、無事終了…と思いきや、
「6」に BROOKLYN のことを書いたはずなのに、なぜか入っていなかったので、
(加筆あり)ということで、追加しておきました。(大したことは書いてませんけど・・・。)

ABIQUIU ニューメキシコ州、アビキュー。
GHOST RANCH ニューメキシコ州、ゴーストランチ。
オキーフの家
オキーフの家

この本に、「オキーフは、1929年、42歳のときにアビキュー・ヴァレイを見つける。
ニュー・メキシコ北部の高地砂漠であるその土地は、細長い農地と、青草の生い茂った
みずみずしい川、それになつかしく親しい空気との、息をのむような取り合わせだった。
木も生えていない砂漠の広がりは、感覚に訴えかける荒々しい連なり方をした岩々に
まわりを取り囲まれているため、オキーフの目に俄然すばらしい感じに映った。」
とあります。
また、「その見事な岩の連なりとゴーストランチの辺鄙さは、オキーフにとって、まさに理想の夏の聖域となった。(中略)アビキューの村からそう遠くない場所、谷の北の端に、わくわくするほど豊かな地質のゴーストランチ(幽霊牧場)はある。」ともあります。

ということで、1929年以降、オキーフは夏ごとにゴーストランチで過ごすようになり、
1940年にはゴーストランチの家を買い、45年にはアビキューの村にも家を買い、
1949年、ニューメキシコ州に永住を決意し、おもに夏と秋はゴーストランチで、
冬と春はアビキューで、40年近く、絵を描きながら暮らしました。

GRAND CANYON グランド・キャニオン。アメリカ、アリゾナ州北部にある。
平均深度およそ1200m、長さ446km、幅6km〜29kmに及ぶ峡谷です。
ネイティブ・アメリカンは、少なくとも4000年前にはこの地域に住んでいました。
西側にモハーヴェ砂漠があります。

MOJAVE DESERT モハーヴェ砂漠。
アメリカ南西部のカリフォルニア州、ユタ州、ネバダ州、アリゾナ州にまたがる砂漠。
この砂漠には、多くのゴーストタウンがあります。また、航空会社が手放した旅客機が
買い手が見つかるまでストア(整備保存)される場所であるモハーヴェ空港があります。
この空港は、一方で買い手が見つからずこの地で解体されるものも多いことから、
旅客機の墓場とも言われています。

映画「バグダッド・カフェ」の舞台でもあります。
そういえば、20年ぶりに新しく映像がさらにきれいになったディレクターズ・カット版が
でたみたいですね。なんという偶然。(そうでもないか・・・)

VIRGIL テキサス州、ヴァージル。
映画「デビッド・バーンのトゥルーストーリーズ」の舞台となった架空の町。

デビッド・バーンが1983年の "Stop making sense" の全米ツアー中より始めたのが、
新聞などの切り抜きを中心とした「オモシロ話」コレクション。何とかこれが映画に
ならないかとロケ地を探し、出会ったのが、テキサス。
「僕はあの風景と人々の精神に恋してしまった。」
バーンはこの地に架空の町、ヴァージルを生みだした。
音楽とカラーの交錯する素敵なところ、映画の中にのみ存在できる「夢の街」。
(この映画の LD のライナーノートより)

サウンドトラックは、バーンが中心となって、カントリーやテックス=メックスの
要素を取り入れて作られています。
ライナーには、「バーンはテキサスを舞台に『アメリカの音楽』にこだわりを
見せているようだ。」とも書かれています。

そういえば、キース・リチャーズやミック・ジャガーが子供のころからの憧れは、
カントリーやブルースなどのアメリカ南部の音楽だったですね。

僕的には、いっこくらいは架空の町があってもオモシロイかと、ここをいれました。
で、このヴァージルってどこなの?なんて聞かれたら思うツボで、
ここからこの映画の話、そして、トーキングヘッズは1977年に "TALKING HEADS:77"で
デビューして・・・78年には2枚目の・・・79年には・・・・・80年にはあの・・・という具合に、
トーキング・ヘッズやらデビッド・バーンの話に持って行くというわけです。
デビッド・バーン箱の鍵みたいなものですね。

これは、この映画のエンディングテーマ CITY OF DREAMS です。


Here where you are standing
The dinusaurs did a dance
The Indians told a story
Now it has come to pass

The Indians had a legend
The Spaniards live for gold
The white man came and killed them
But they haven't really gone

We live in the city of dreams
We drive on the highway of fire
Should we awake
And find it gone
Remember this, our favorite town

From Germany and Europe
And Southern U.S.A.
They made this little town here
That we live in to this day

The children of the white man
Saw Indians on TV
And heard about the legend
How their city was a dream

We live in the city of dreams
We drive on the highway of fire
Should we awake
And find it gone
Remember this, our favorite town

The Civil War is over
And World War One and Tow
If we can live together
The dream it might come true

Undernearth the concrete
The dream is still alive
A hundred million lifetimes
A world that never dies

We live in the city of dreams
We drive on the highway of fire
Should we awake
And find it gone
Remember this, our favorite town

We live in the city of dreams
We drive on the highway of fire
Should we awake
And find it gone
Remember this, our favorite town