このところずーっとモノクロ写真のプリントをしています。
ペースもつかめてきて順調に作業は進んでいますが、
進みすぎたかここに来て印画紙が足りなくなってしまいました。
うちは埼玉県川口市なので、JR京浜東北線で秋葉に行けば済むことなのですが、
今はネット(こっちのほうが時間も交通費もかからない)があるので、
とっても便利です。
が、今日届くとは思っているのですが、昼現在まだ届かないので、
(早め早めに頼んでおけばいーのに・・・、ということなんですけど)
これを書いているっつーわけです。

DSC00302これ、最新のプリントです。
撮影したのは20年くらい前でスリーブ(ネガが入っている袋)
に当時セレクトした印がついているのですが、面白いくらいに
今回選んだのとは違うところについています。
逆に言えば、20年前はノーマークだった写真を
今回は選んでいるということになります。
時間が経つと感覚も変化するっつーことですかねー。

でも、もっと言うと、今回セレクトのが3週間くらい前で、今現在は、そのセレクトした
ネガ番号をたよりにロングロールまたはコンタクトをみて絵柄を確認しながらプリントして
いるわけなんですが、たまに「あれ!これっていいんじゃないの。」とノーマークのを
プリントしたりもするし、逆に3週間くらい前には選んでおきながら
プリント時に「なんでこんなの選んでんの?」と却下してしまうのもあるので、
20年も経っているとガラッと変わるのも当たり前といえば当たり前なのかも知れません。

ちなみに上の写真の中のプリント16枚中9枚が、
「あれ!これっていいんじゃないの。」的なものでした。
(こーなると、3週間前のセレクトって何だったの?って感もあり。)

只今午後2時40分。印画紙が届きました。作業、再開します。