ガレージスタジオ

オリジナルデザインTシャツの web shop【ブーツ&スティックス】のダイアリー

好きなもの

お土産その2

娘が自分と僕たちに買ってきたイタリア土産。

DSC09275














バッグにベルト、ワイン、調味料、パスタ、お菓子、化粧品、本など
こんなに買ってきたの?って感じの量です。
(これ以外に友達やサークルの仲間、バイト先、就職先にも買ってきてあります。)

ビンものが多くて本もけっこうありました。
なので、スーツケースには、↓この札がついていました。
DSC09286














えらい!
僕にとっては、この札だけでも十分なお土産です。


ですが・・・、
一つ一つをスーツケースから説明つきで出してくる娘、そうかそうかと聞く私たち。
スノードームは買ってこなかったのかなと思いつつ聞いていたのですが、
最後の最後に出てきました、スノードーム。しかもふたつ。ピサのとシエナのと。
DSC09272














えらい!
下のトリュフオイルやトリュフビネガーもうれしいけど、
やはりこれがないとねー。

DSC09280















お土産

お土産といっても弘前&函館旅行で買ってきたものなんですが、
まずはこれ↓です。

DSC09159弘前の古道具屋の
green furnitureさんで
見つけました。

色絵のなます皿3枚。
染め付けのはあるのですが色絵のはなかったので、前からこんなのがあればなあと思っていました。






DSC09160こちらは、はこだて工芸舎さんで見つけたものです。

函館の骨董というコーナーにありました。

形が面白かったので、買ってしまいました。







DSC09168それとあとこの二つ。

塔のような置物と鳩笛です。
塔?は、先のgreen furnitureさんにありました。
鉄製で重いです。
僕がこれいーですね的な感じで持っていくと
お店の人(若い男性)は、うれしそうに「おもしろいものを選びましたね。」と言ってくれました。
そう、そのとおり!おもしろいものが好きなんです。
彼によりますと、もともとは金属の板に模様をつけるポンチみたいなものだったのではないかということでした。それに絵をつけたそうです。
まあ、絵はなくても買っていたと思いますが。

もう一つは鳩笛です。弘前駅のお土産コーナーで見つけました。
琉球張り子、松山の金天だるま、木彫りの上田獅子に続いての郷土玩具シリーズ。
なんか弘前まで行ってよかったなって感じです。

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ・アディオス

今日、観に行きました。
ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ・アディオス。

DSC08767














前作のブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブから18年(もう、そんなに!)が
経っていたんですね。

コンパイ、イブライム、カチャイートにルベーン・ゴンザレスなどメインの人たちが
亡くなったので、もう活動をしていないのかと思っていたのですが、オマーラや
エリアデス・オチョアやバルバリート・トーレス、ミラバル、ファン・デ・マルコスなどは
健在でずっと続けていたのですねー。(知らなかった。)
でも、これがその活動の最後のツアーっつーことでの記録映画っつーことでした。

いやいや、やはり、観てみるもんですね。

「ふーん、そうだったんだ。」とか、「えー、そうだったの。」的なことがわかるんですが、
その中でも、このCDジャケットのエピソードはビックリでした。
この人↓・・・、イブライムだったんですねー。(18年間、知らなかった。)

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ
オマーラ・ポルトゥオンド
ライス・レコード
2008-06-01


この写真を撮った時の状況、映画の中で語っています。
「あー、そーゆーことだったの!」って感じです。

石その4

石その3で、「石拾い第2弾、またまた拾ってしまいました。」と言いました。

DSC08268
これが、その時の石です。(集めました。)













で、石その3で、
「うちの庭というか、敷地というかをアスファルト化する計画が勃発したので、今ピックアップしなければ石たちは埋まっていまう、そう思うと、拾っておこうかなと・・・。」とも言いましたが、その続きで、また拾ってしまいました。

DSC08269
洗った直後なのでまだ濡れています。













石とは別にガラスの破片も拾いました。
ビンの底のや厚みのあるものもあります。
シーグラスに対してランドグラスとでもいいますかねー。
まあ、でも、シーグラスほど味わいはありませんけどね。


エイミー・ワインハウス

今日は、ポスタル・バッグの切手部分の切り出しをしました。

BGMは、最近ハマっているエイミー・ワインハウス。
CDは持っていないので、Youtubeで。

DSC08258ご注文は、「自由の女神の消印なし」と「ミシンの消印あり」。




これからエイミーを聴きながらこの2枚を切り出します。






DSC082591時間15分後、
切り終わりました。














エイミー・ワインハウス、なんかなじむなーと思っていたのですが、わかりました!
レゲエっぽいリズムの曲が多いんですよね。
レゲエ好きの僕としてはスルーできないかなと・・・。

で、あの声ですからね。

こんな↓感じです。



いーでしょー。

石その3

これは、先日拾った石(石その2)をどのように立てるか、
そしてどの面を正面にするかを決めているところです。

DSC08217真ん中のテーブルの部分に置いてあるのが決まった石です。

右側にある箱の中にはまだ石があるし、結構な数の石を拾ってきたような・・・。
というか、結構な数です。拾い始めると面白くて止まらないんですよねー。



まあ、それはそれとして、石拾い第2弾!です。
またまた拾ってしまいました。

DSC08219うちの庭というか、敷地というかをアスファルト化する計画が勃発したので、
今ピックアップしなければ石たちは埋まっていまう、
そう思うと、拾っておこうかなと・・・。

(その話がなければ、こんなふうに拾うことはないかも・・・。)


一個一個立つかどうか見極めながら1時間くらいかかってこれだけ拾いました。
(この作業は面白いです。ほかにやることがなければ一日中でもやっていられます。)

まあ、それはそれとして、期限が区切られるとやるけど、区切られなければやらない、
というのは、借りて来たDVDはみるけど、買ったDVDはなかなか見ないっつーのに似ているような・・・。

石その2

一昨日拾って昨日水に浸けてあった石のほうは洗って乾かしておきました。

DSC08057こうして見ると色んな石があります。
(色んな石を選んで拾ってきたのだから、当たり前なんですが。)

こーなるとつい並べたくなります。
っつーことで、乾いたのを画面右奥のほうに並べてみました。





正面から撮ってみました。

DSC08055無地のもの、
線が入っているもの、
ツートンのもの、
四角いもの、
丸いもの、
三角のものなどなど、
一つひとつに
個性があります。








拾ってきて洗っただけなのに、すでに愛着が湧いてきています。

昨日から気になっていたのですが、石、
その辺にころがっている石がちょっと面白いような・・・。

DSC08044今朝うちの前にころがっていた石の中から、これいいかも的なものを拾ってみました。












DSC08045まず大きい石部門。
とは言え、石は両端だけで、中の四つはノロ(あとで説明します)と呼ばれるものとガラス(たぶん針金入りの窓ガラスの破片です)で、微妙に角がとれていー感じになっています。






DSC08046続いて小さい石部門。
(左に大きいのもありますが。)
当たり前ですが、一つ一つ色も違えば形も違うし、妙にかっこいいと思えるようなものもあれば、これは山に見えるというものもあり
飽きないですね。






DSC08047こちらはノロ部門。
ノロとは鋳物の製造工程で生まれる副産物?らしいです。あとで説明と言いながら、じつはよくわかりません。すみません。
でも、これがけっこう面白いんですよね。

こんなふうに組み合わせてオブジェ化することもできます。



DSC08049で、まず洗うためにガレージスタジオに持ってきました。













DSC08048こちらは、昨日拾った小石です。
(じつは昨日から拾っていました。)
水につけて汚れを落とそうということでね・・・。









汚れを落としたら工作にしようかと・・・。

日暮里散歩2018

先週の土曜日、日暮里に行ってきました。

DSC07647
日暮里駅の西口を出たところ。



                                              
DSC07649
夕焼けだんだん。














DSC07650
谷中ぎんざ。

左の店頭では昼前なのに缶ビールあけていました。いーですねー。










今回の目的は、この先を行ってちょい右に入った穀雨さんでの谷中小さな蚤の市でした。


DSC07654
見つけたのは、
染め付けの皿、
角皿、
FOOT POWDERの缶
(中身入り)、
時計の部品入れの缶、
時計の文字盤です。







角皿は食器棚に、染め付けの皿(金継ぎのため)とパウダー缶はガレージに、
文字盤と部品入れの缶は本棚に。
DSC07674どんな時計だったのかはわかりませんが、
いーですねー。













DSC07681














DSC07683ちっちゃいけど
ちゃんとフタが開きます。いーですねー。













DSC07652そうそう、穀雨さんからの帰り道、日暮里駅近くにあった喫茶店?というか食堂?
懐かしい感じ。
ショーケースの中は
ソフトクリームに
パフェ、オムライス、
ラーメン、中華丼、
賞状に楯。
いーですねー。





台湾のベビースター

台湾のお土産でベビースターラーメンのようなものをいただきました。

僕は三重県出身で、本社が三重県にあるおやつカンパニー(というよりは松田のほうがしっくりきますが)のベビースターラーメンには物心がついたときからなじんでいます。
だからといって、こーゆーものに一家言を持っているとかは全然ありません。
ただ、しばーらく食べていないので、なつかしいな・・・と。

DSC07448パッケージがいいですね。

左のは宇宙食を感じさせます。宇宙を夢見ながら食べることができますね。

個人的には右のパッケージのほうが好きですが。





で、中身はというと、想像していたより白い。(ベビースターをイメージしていたからね。)
乾燥したねぎらしきものも入っています。(全然別ものでした。)
このふたつは違う会社のものですが、中身の見た目はかわりません。
台湾的ベビースターはこーゆーふーなんですね、きっと。

DSC07449DSC07565







当然のことですが、ビールにはバッチリでした。

ありがとうございました。

Profile

オリジナルデザインプリントTシャツショップ【ブーツ&スティックス】の店長によるブログです。仕事場であるガレージスタジオより、B&S的な日々を、綴っていきたいと思います。オリジナルTシャツのコンセプトは〈僕の着たいTシャツ〉デス。

Recent Comments
Archives