ガレージスタジオ

オリジナルデザインTシャツの web shop【ブーツ&スティックス】のダイアリー

東京蚤の市

ずいぶん時間が経ってしまいましたが、東京蚤の市に行ってきました。
いつだったかな。えーっと、10日でした。2週間前ですね。
思った以上に混んでいて品物を見るのも一苦労って感じでしたが、
そんななか選んだものは、これらです。

DSC01827100年くらい前のイギリス(って書いてあったと思う)
のインク瓶




DSC01834いつの時代のかはわからないけれど
古そうなサクマのドロップ・・・ではなくて
シキシマのドロップの缶
(下にシキシマ製パン会社とあるので、今のパスコがその昔、
ドロップを作ってたってことですね、きっと。)

DSC01833OXOのブリキの缶

(昔の食品のコンテナですな、きっと。)



DSC01830      &

CONFICO Chewing-Gum Candyのキーホルダー


以上です。

それにしても混んでました。
お昼ご飯を買うだけでも20〜30分くらい並びましたからねー。
でも、楽しかったです。


ANEMONEさんのガレージセール

ANEMONEさんのガレージセール、一昨日行ってきました。(おもしろかったー)

知らないところを車で走るのは超苦手なのですけど、
事前に椅子をお願いしてあったので、それを運ぶために車で行きました。
知らないところを歩くのは超好きなのに車となるとなぜか緊張します。

まあ、そんなことはおいておいて、椅子以外にもいいのがありました。(うれしい)
DSC00306イタリアのコーヒーの缶大小、明治の粉ミルクの缶、木槌大小、
ラジペン、&それらが乗っているのが椅子です。

木槌はフォルムが気になって大きいほうを手に取ったら妙に
しっくり来たのと同時にスクリーンを張るときに木槌があったら
いいのにと思ったことを思い出し、それならば小さいほうも
DSC00305ということでふたつを持ち帰ることにしました。

ラジペンはタミヤ模型ので、
へえ、タミヤ製の工具があるんだ!という驚きとともに
譲っていただきました。

DSC00308こちらはイタリアのコーヒーの缶です。
こういうテイストのもの、好きです。
大小ありますが、フタは同じ大きさというのが
合理的というか、面白いです。


DSC00307そしてもういっこ、明治の粉ミルクの缶です。
向かって右のが今回譲っていただいたもので、
左のはうちにあった友人の例のO君が赤ちゃんのときに
実際に飲んでいた粉ミルクの缶(O君からもらった)で、
時代的には1950年代後半のものということになります。

ロゴを見ると今回のほうが古いものっぽいのでちょっと調べてみると、
このロゴは1931年から1955年のものでした。
となると戦前のものかも知れないしギリO君の缶の前の年のものかも知れませんが、
どちらにしても感慨深いです。

色々と貴重なものをいただきました。
ありがとうございます。

ジャケ買い

今はもうしなくなりましたが、レコードしかなかったころ(いつの話?)は
ジャケ買いなんていうのもやりました。
↓なつかしい、これがジャケ買い第一号かも・・・。
Tubular Bells
Tubular Bells
ちょっとシュールなのが好きだったですね。

CD になってからは、前にも言ったことあると思いますが、
モノクロの写真が使われているものに弱かったです。
↓こんなのです。
魅惑のとりこ(紙ジャケット仕様)
魅惑のとりこ(紙ジャケット仕様)


中味より外味で買ってしまう。

最近ではこーゆーこともなかったのですが、先週、別のジャンルで(これをジャケ買いと
いっていいのかわかりませんが)ジャケ買いしてしまいました。
マロンクリーム缶
マロンクリーム缶です。
近所のカルディで見つけました。

缶がかわいかったので、
思わず買ってしまいました。

買ったはいいのですが、中味はどう使えばよいのでしょう?
タイムリミットは2014年1月22日。
まだ時間はあります、ゆっくり考えよう・・・。

フィニッシュ

 以前、缶が欲しいがために2キロ入りのカレー粉を買った
と言いましたが、その賞味期限が今日でした。
カレー缶日付

使い切りました。
カレー缶上から
 
 

カレー好き

 
 昨日のお昼はカレースパゲッティーでした。

イタリアにもこういうのあるのかな?とか思いつつ、
日本にもカレーうどんがあるくらいだから、あるんじゃないの?
でも意外にないんじゃないの?とか、カレー味のパスタはあるけど
カレー味のピザは、さすがにないだろーなどと、どーでもいいような
ことを考えつつ作っていたのですが、まあ、それは置いておいて、
うちはウィークデーのお昼はカレーということが、よくあります。

今日はタイのビーフン(センレック)を使ったカレーヌードルでした。

カレーライス、カレー炒飯、カレーうどん、カレー焼きそば、カレーパスタ、
けっこう辛くするので、必然的に娘のいない時に作ることになります。

タイのグリーンカレーもよく作りますが、カレー粉を使った料理、
いわゆるカレーですね、を作ります。
カレー缶
以前は缶欲しさにインデラ(中・黄色の缶)のや、マドラス(向かって
左の缶)のを買ったりしましたが、今使っているのは、赤い缶の S&B の
カレー粉です。
最初は小さいのでしたが、これも缶欲しさに「中「そして「大」と
だんだん大きいのになっていきました。

「大」は400g入りです。けっこう使いでがあります。
カレーが好きだからカレーを作るのか、カレー粉があるから作るのか
どっちが先かわからなくなってきます。
「缶がほしいから」を最優先したことだけは確かです。

で、あるとき、缶欲しさに「2kg入り」を買ってしまいました。
でかカレー缶
缶の後に「おいしいカレーライスの作り方 中辛(50皿分)」とあります。
これは業務用ですね。(わかっとる!)
というわけで、いま現在、カレー粉があるから・・・状態です。

タイムリミット(賞味期限)は2009年2月14日・・・使いきれるか。
 
 

ふたつのCHARMS


 ハワイのABCマートの紙袋をさがしていたら、
紙袋は見つからなかったけれど、段ボール箱の底から
こんなものが出てきました。

フィルムケースのフタ







1992〜3年のニューヨークにいた時に使っていた
イルフォードの35ミリのモノクロフィルム「XP-1」のケースのフタです。
(赤いフタが好きというわけでもないのだけれど・・・)

現在は「XP-2」になっていてフタの色も黒にかわっているので、
赤はもうありません。
こう考えると貴重ですね、でもミはありません、フタだけです。

XP-2 フィルムケース







XP-1のとフジ(白いやつ)のもはいっていますが、
これが「XP-2」の空ケースです、やっぱり捨てられない。

で、最初の写真ですが、中ほどにシミがあります。
そこにはこれがありました。

アメアップ







15年前のニューヨークのキャンディーです。
なにを思って取っておいたのかわかりません。
たぶん丸かったのだと思いますが、とけてシミになったぶん
平たくなっています。
(写真右下:未開封のメントールタブレット SOOTHERS もありました。)

よく見ると、包み紙に CHARMS とあります。

CHARMS 缶







これは、4,5年前に旧浦和市の調(つきのみや)神社の骨董市で見つけた
CHARMS の缶です。




時を越え、場所を越えふたつの CHARMS がここに揃いました。
不思議な感動が私の中に湧いてきました。

CHARMS 缶とあめ







感激のツーショット。

でも、よく考えるとたいしたことはないですね。


集めているもの


 基本的にものを取っておきたいほうなので、
色々たまってしまい、自分でもいやになると前に言いましたが、
「捨てなくて」ではなくて、集めているものもあります。

そのひとつがブリキの缶です。

このあいだの鑑定団で缶詰を集めている人が出ていましたが、
(あのコレクションはすごかったですね)
僕の場合は中身はなしです。

フタがついていて、そのフタもブリキで
出来ているものがいいですね。

あと缶に直接印刷されていて、
デザインがかっこいいのとか、かわいいのですね。

たとえばこんなのです。

PEANUTS&BABY POWDER 缶







左はジョンソン&ジョンソンのベビーパウダーの缶です。
15,6年前にニューヨークのドラッグストアで見つけました。
中身もちゃんとはいっていました、今はカラですが。
創業100周年の記念缶なのでしょうか、100th ANNIVERSARY と書いてあります。
こういうのってうれしいですよね。

右はおなじみのピーナッツのです。
僕のいなかの、古ものおもちゃ+雑貨の店で見つけました。
フタの錆び具合が、古もの好きにはうれしいです。


オートミール缶







オートミールの缶です。
左のはやはり15、6年前にニューヨークのスーパーで買いました。
缶詰コレクターの人ではありませんが、これは中身がはいったままです。
家族の中に「オートミールは好きじゃない」という人がいたので、
(今もいますが)
開けそびれてしまい、現在にいたっています。

右は今年の夏に、近所のフリーマーケットで見つけました。
中身ははいっていません。
フタのデザインと、細かいところのデザインがちがいます。
こういうのもうれしいですよね。


FITA 缶







クラッカーの缶です。
けっこう大きいです。
高さ12センチ、一辺の長さ17センチあります。
金属ゴミの日に捨ててあったのを、拾ってきたものです。
こういうのが、一番うれしいです。


北欧からやってきた

みどりの缶





 


 店主(兼デザイナー)のお気に入りの中に、「缶」が
 あります。

 お茶が入っていたり、飴が入っていたり、クッキーが
 入っていたり、の缶です。
 中身よりも、外の缶が欲しくて買うこともしばしば。 
 錆びていても、多少歪んでいても、捨てられていたものでも
 そのデザインに惹かれれば、拾ってくるし、買ってもきます。

 
 上の写真の缶は、デンマークからやってきました。

 日本橋浜町にある工芸ギャラリー「ヒナタノオト」のオーナーが
 デンマークで見つけ、お店に置いていたものです。

 
 赤い飛行機、青いくるま…の隣に並べるみどり色のものがあったら
 いいなあと漠然と思っていたところでの、出会いでした。

 元々は薬が入っていたそうで、デンマークでも、その薬メーカーの
 缶だけを集めているコレクターの方が居るそうです。

 ありそうで、ない。
 探せそうで、探せない、みどり色だと思います。







 ♪ ♪ ♪
 
 足にはブーツ。
 手にはドラムスティックを持って、
 軽やかにリズムを刻みながら
 散歩にでかけよう!!

 そんな気持ちで、【ブーツ&スティックス】











Profile
Recent Comments
Archives