ガレージスタジオ

オリジナルデザインTシャツの web shop【ブーツ&スティックス】のダイアリー

Tシャツ屋

脱Procrastinator

 
なんだか9月も予定が押し押しのまま終わりになってしまいそうです。
そして10月も BOOTS&STICKS はもちろんのこと、それ以外の予定も結構入っています。
締め切りが決まっているものもあり、また決まっていなくとも今からの季節が最適なので
やるなら今、というものもありで、分身の術を使いたいくらいの(使えないけど)
スケジュールになってきました。

もう自分は Procrastinator だから・・・、などとは言っていられなくなってきました。

とりあえず、今週の前半は「オリジナルのタグを作れ。」という天からの声、というか
天からの声のようなものというか・・・、まあ、わかりやすく言うと、マネージャーからの
指令があり、タグに入れるロゴのための版を作ります。
タグ用の枠
相手がタグ、とちっこいので、
版の枠も小さいです。
これは接着剤を塗って
乾かしているところです。

水曜日くらいには版は完成すると思います。

もうひとつ、「真鍮の小さな家 - ロウをけずって原型を作ろう」のワークショップから
2週間が経ちました。
サブマリン・ダイナーワックスatガレージもう自分は Procrastinator だから・・・、などとは
言っていられなくなってきているので、
こちらもやらねばなりません。
この原型は10月17日の工房からの風までに仕上げればよいのですが、その工房からの風に新作の
Tシャツを着て行きたい、という天からの声を
小耳にはさんでしまったような気が・・・。

とりあえず今日は、例のやりかけのまま持って帰らせてもらった原型を
ガレージの作業場まで持っていきました。
 
脱Procrastinator、やればできる!・・・・・かも。
 
 

純也さんの器

 
昨日から gallery らふと で開催の「秋迎えの喜び」展に行ってきました。

昨年の工房からの風でお会いして以来、すっかり中本純也ファンである私は、
作品はもちろんなのですが、中本さんにお会いするのを楽しみにしていました。
気持ちいいんですよね、話をさせてもらっていると。
なもんで、去年の工房からの風では出展ブースで話し込んでしまって長居をしてしまい、
えらく迷惑をかけてしまいました。
だからというわけではないとは思いますが(そう信じたい)、覚えていてくれました。

今回も色々と興味深い製作秘話を聞くことができましたが、中でも驚いたのが、
窯を作りなおすという話です。
ご自分で窯から自作するというのは以前から聞いて知ってはいたのですが、
今のを壊して別のを作るなんて、ねえ。
次なる高みをもとめて旅は続く、ということでしょうか。

なんでも一個4キロもする耐火レンガを積み上げて奥行き4〜5メートルの窯、
そして高さ、やはり4〜5メートルの煙突をひとりで作るのだそうです。
「楽しいですよ。」とご本人はおっしゃいましたが、その口調がこともなげなので
(「自転車に乗るのって、楽しいですよ。」と同じレベルの「楽しいですよ。」)
この人のスケールはどんだけなんだろう、なんて思ってしまいます。

そして話の中に垣間見える暮らしぶりから、作品に対する純粋なこだわりと、
人間の持つべき(あるいは人間が持っていたであろう)豊かさを感じます。
その辺が話をさせてもらっていて気持ちのいいところなんですが・・・。

中本さんの鉢と皿
今回選んだのは、左と手前の皿の2枚。
これで純也さんの器が3枚になりました。(むふふ)

使っていくうちに
どういう風になっていくか楽しみです。

そういえば、昨日の帰り際、(この皿で)楽しませてもらいます、と言おうとしたら
純也さんに「楽しんでください。」と先に言われてしまいました。

完ぺきに気持ちを読まれていました。(この人のスケールはどんだけなんだ。)
 
 

貴重?かもしれないもの

 
 今日は、物置化していた部屋を娘(中1)が使う部屋にするために片付けていました。

山積みになった段ボール箱をガレージの方に移動させていたのですが、
最後の最後、段ボールの一番したから出てきたのが、これです。
ビレッジボイス
ニューヨークの週刊タウン情報新聞、
ビレッジボイスです。

当たり前ですが、見覚えのある表紙、
ちょっと懐かしいです。

あったのは1994年から97年の6、7月あたりのです。
これはこの時期に行っていたからなんですが、
ビレッジボイス94−9594年は1ドル、95年は1ドル25セントと
有料だったですね。





ビレッジボイス96−97
96年からフリーペーパーになったです。
今もそうなんでしょうか。

有料から無料への切り替え期のということで
なんか貴重な感じがするような、しないような・・・。

まあ、どっちにしても僕的には宝物扱いですけど・・・。
 
 

ステンシル

 
 先週の「そうこう」のひとつに、駐車場に番号を書く、というのがありました。
これは去年から、やらなければ、と思いつつもペンディングしていた(ちょっと前まで
寒かったですから・・・)ものだったのですが、ようやく出来ました。

ステンシル(番号)

フリーハンドでもよかったのですが、
どうせ書くならと型紙を作りました。



駐車場1

シルクスクリーンも同じですが、こういうのって
一度型を作ってしまえば、あとはどんどん書けて
しまいます。
 

なので、   1     2     3     4     5   でいいところを
11111112222222333333344444445555555   とやりたくなりました。




駐車場2



   やりませんでしたけど。
 
 
 

改装2

 
 あー、もう20日。前回から二週間ちかく経ってます。
めちゃめちゃそうこうしてしまっていました。しかし今回は改装ではなく他のことで、
だったので片付けのほうはちっとも進んでいませんでした。

ガレージスタジオ2009/4/8
これは8日の夕方の状態です。
このまま進んでいませんでした。




が、今日一日でかなりなところまで行きました。
ガレージスタジオ2009/4/20-1
一見片付いているふうに見えます。
結構すっきりしました。




ガレージスタジオ2009/4/20-2
しかし、いや、やはりというべきか、
こちらのほうにしわ寄せが・・・。

ここにテーブルをいれて作業場にする計画なの
ですが、もうちょっとかかりそうです。


もらったミニカー
これは片付けとは関係ありませんが、
いや、むしろ妨げになるかも知れませんが、
先週そうこうしている間に友人の I 君の弟から
もらったミニカーです。
妨げになるかも知れないけれど、
結構うれしいです。

I 君と友達でよかった。
 
 

改装

 
 今年の初めもそうでしたが、年度始まりの4月もそうこうしているうちに
8日になってしまいました。
あっという間に一週間が過ぎてしまいました。

なにをそんなにそうこうしていたのかというと、作業場であるガレージスタジオを
改装していました。というか、まだ改装中なんですが・・・。

4月1日の状態です。
ガレージスタジオ2009/4/1-1ガレージスタジオ2009/4/1-2






2日にはこうなりました。
ガレージスタジオ2009/4/2-1ガレージスタジオ2009/4/2-2


ガレージスタジオ2009/4/2-3




   ↑こっちがスッキリした分、
   ←こっちにしわ寄せが・・・。




5日はこんな感じです。
ガレージスタジオ2009/4/5-2ガレージスタジオ2009/4/5-3
あんまり変わってないですね。
というか、同時に家のほうも片づけていて、家にしまい切れないものを
こっちに持って来たので、さらにものが増えてしまい、どこをどうしていいのやら
わけわからなくなり、三日間ほど放心状態で作業が進んでいませんでした。

しかし・・・
5日の夕方の状態です。
ガレージスタジオ2009/4/5-4

けっこう「進んだ感」があります。




しかし・・・
8日の夕方の状態です。
ガレージスタジオ2009/4/8

なんか・・・進んでないですね。



 

チロルチョコ3

 
 先日、チロルチョコ・バラエティーパック2009春夏バージョンを買いました。
「栗ぜんざい」が「いちごショートケーキ」に替わったアソートです。
チロルチョコ4
何気に買ってきたのですが、
なんとピースサインのジョージくんが
ひとつはいっていました。

早くも200個に2個説がくずれてしまいました。

が、「ミルク」のパッケージがマイナーチェンジされたのを発見しました。
(発見したのは娘なんですが・・・。)
チロルチョコニューミルク
新バージョン。





チロルチョコ1
旧バージョン。







話は戻りますが、200個に2個説が、あやしくなったので、以前の記事チロルチョコ2
「上段の二つのジョージくんのうちのどちらかがピースをしている可能性」
も低くなりました。(毎度、どうでもいいことで、すみませんです。)
 
 

お気に入りのコーナー

 
 うちの本棚は段が5段あります。
一番下の段は、今は聴くことのできないLPと絵本、二段目にはやはりLPと
観ることのできないLDと絵本が、残りの上三段にはCDがはいっています。

CDのケースは奥行がないので手前にスペースがあり、そこにお気に入りの物、
例えば、いつかのダンボとか、羽根のない飛行機栓と栓抜きなど、を置いています。

その中でも、最近気に入っている一角がここです。
家コーナー上から二段目中央に並んでいる家シリーズです。

ちょっと前からマネージャーが集めだした(らしい)の
ですが、ひとつひとつの解説というか、思い入れは
彼女のブログのほうに書いてますので、
そちらをご覧ください。

左からマネージャーのお友達からいただいたサーカスのテントの形をした缶です。
その隣は、長南さんの真鍮の小さい家青い屋根の家は早乙女さんの作品で、
赤い屋根の家は娘(小6)作、一番右のふたつの三階建てのキャンドルの家は、
ことり文庫さんからのです。

なかでも真鍮の小さい家の「塔のある家」は、去年の「工房からの風」のときには
売り切れていて、それを僕が残念がっていたのをマネージャーが覚えていて
その後、ヒナタノオトさんで見つけて来て誕生日プレゼントとしてくれたものなので
感慨深いです。(それを口実に、彼女が自分のコレクションをひとつ増やしただけとも
言えるけれど・・・。)

そういえば、そのあたりからちょっと「塔」っていいかも、と思い始めています。
そういう意味では、この一角も気に入っています。
塔コーナー



とはいうものの、なかのふたつは「灯台」と、
塔に見立てた「栓と栓抜き」なんですけどね。
 
  
 

新しい写真

 
 今日は、一年前にこのブログでも紹介させてもらいました
美容院 ノンセクトさんの小竹店のほうに行ってきました。
とは言っても、髪を切ってもらったのはマネージャーと娘で、
僕は飾らせてもらっている写真を取り替るために行きました。
ノン・セクト 旧写真
今までの写真を





ノン・セクト 新写真
新しくしました。

右はニューヨークのコニーアイランドで、
左はソーホーで撮ったものです。


ノン・セクト エントランス
ノンセクト・小竹店のエントランスです。

ここを入って・・・



ノン・セクト 店内2
(なかなか感じのいい店内)





ノン・セクト 店内1
店内奥の突き当り右側の壁に、





ノン・セクト 店内3
写真が掛けてあります。





 

チロルチョコ2

 
 チロルチョコのアーモンドのキャラクターはジョージくんというらしいです。
ちゃんと名前がついているんですね。
チロルチョコ3
昨日もいいましたけど、
ピースのほうは100個に1個の割合だそうですが、
写真の上は正月、僕の田舎(三重県四日市市)で、
下は去年の暮に川口で発見したパッケージには、
2個づつ入っていました。

これが偶然なのか、なんだかわかりませんが、これから察するに
実際は200個に2個の割合で入っているのでは・・・と思われます。
 
そんなこと、どうでもいいと言えば、どうでもいいですよね。
で、どうでもいいついでにもうひとつ。

チロルチョコ・商品ジョウホウのページに写っている2009春夏バージョンの
バラエティーパック(27個入)のパッケージ写真の中段、向かって右の
ジョージくん(「ク」の下)がピースをしていると思われます。
 
200個に2個説からすると、この写真の上段の二つのジョージくんのうちのどちらかが
ピースをしている(下段のはしていないので)、という可能性は高いです。
(ほんとにどうでもいいことで、すみませんでした。)
 
 
Profile
Recent Comments
Archives