2017年07月20日

洋服が好き

やっぱり洋服が好きです。

なぜなら毎日着れるから。


まぁちょっと洋服好きってナルシストなのかもですが、

自分で楽しめるじゃないですか。

見た目で何が好きか分かりやすいですし。



あとは今洋服にお金注ぎ込む人が少ないから

なお良いんだなと思いました。

世の中簡単でも難しい物で

流行ってる物、場所に行っても

全然ありがたがられないですし、

こっちもうんざりする事が多いんですよね。


今って洋服が特にな時代なので、

運営は大変ですが、

やっていて一番楽しいかも知れません。

年齢的にも経験積んで

自分のやりたい事も分かってきたり

自分自身が成長したのもあるとは

思いますが。


まぁまだまだ目指してる所には

辿り着いてないので、

そこに行きたいと思ってます。

心が枯れてないのが

一番なのかもですね。


基本的にいつも今が一番いいと

常に思える状態にしたいですよね。

boozedesignworks at 08:33|PermalinkComments(0)clip!考えの話 

2017年07月11日

公私混同で上手くいくなら其がいい

お店は今13年目?

だかそのくらいになりました。

辿り着いた位置は

お店??

って感じです。


売れなかったら自分のコレクションに

しようで蒐集してますし、

今はブーズだけを販売しているに

近いですしね。

そもそも売れたい!!

という気持ちがなくなりました。


売れなくなったら店閉めるか

位な感じです。

かと言って

やる気がないわけでは無いのですが、

自然体なのが今は良いかなと。


ですので

お客さんとは店で飲んだり

だらだら話たり。


それは長い付き合いがあるので

自然に付き合えるように

なったのかなとも。

いや勘違いもあるかもですが

そう思って感謝しております。


内輪過ぎずに誰にでも扉は開いていて

遠方の方とも

言葉ではなく服で気持ちが通い合える

関係を続けていけたらなと。


ただそれは僕が欲しいと思って貰える

服を作ることが条件ですので、

そこは勘違いしないでこれからも

努力していきます。



友達もそうですが、

無条件に友達関係が続く訳では

無いなと考えてます。

それは恋人も夫婦も親子でも

そうですよね。


自分の都合を出しすぎても

相手にへりくだり過ぎても

いい関係にはなれないかなと。


頑張り過ぎると疲れるのと同じで

疲れると会いたくなくなりますもんね。


人間関係ってそういう微妙な上で

成り立ってると思います。


なかなか商売としていいやり方では

無いのかも知れませんが、

知ってる人に買って貰えると嬉しいですし、

新しく来てくれる人とも

公私混同的な関係になりたいですね。


もちろん相手ありきなので、

無駄な話は要らない

のもわかりますので、

押し付けにならないように気をつけてます。


まぁ僕もあってすぐ仲良くなる人は

だいたいその後疎遠になるので、

2、3年は経ってやっと

近くなる気がしますね。


これからも出会いを大事にして

お店を続けられたら、

それはそれは

嬉しい事だなと思ってます。

boozedesignworks at 07:57|PermalinkComments(0)clip!店の話 

2017年07月09日

無駄があってもいいじゃないかなと

無駄な事っていやですよね。

僕も自分で仕事しているので、

いかに無駄を無くすかが

とても大事です。


買い物だって買ってから後悔したくないですよね。


でも思ったのはその無駄が

大事で

人に深みを与えるんだなと。


僕の物作りも作っては

これは違うな

ここはこうの方が良いなと

の失敗の連続です。


でもそこで考え過ぎても

良い物は生まれないんですよね。

失敗や無駄な事があるから

上手くいくようになるんだなと思います。


それは自分で自分を知らないからからも

ありますし、

その無駄の中に気づきがあると

良いんだろうなと。


僕もいまだに身銭切って切って

勉強しています。

食も家具も服も靴も旅も

すべて自分で経験しないとわからないです。



あとは別に無駄があっても良いかなと思う時もありますよね。

仕事でちょっと無駄話したり

寄り道したり。


効率を求め過ぎると何のための生活かわからなくなりません??


いや上に立つ人や何かを目指してる人は

別として普通に生きるのを望む人に

効率を押し付け過ぎるのはなーと

思うんですよ。


効率を求め過ぎて人間関係疲れたりしたら

仕事嫌になりますし、

生きてく事が疲れちゃいません?



お花畑的な発想ですが、

生産効率上げるなら単価を高くして、

もっとみんな和やかに生きていける

世の中を目指したいなと。


だって日本って和の国じゃないですか。

boozedesignworks at 16:20|PermalinkComments(0)clip!考えの話 

2017年06月27日

新しい古い

10年一昔と言いますよね。

ですが30過ぎてくると

10年なんてつい最近の

イメージなんですよね。


年が上がれば上がるほど

そう思うみたいです。



基本的に一つ上の世代の事は

ダサいなと

みんな思うのも10年一昔と

関係があると思います。


世の中の流れは大まかに

言えば20年前後を

今にアップデートすると

今アリだなと

なることが多いと思います。


横丁や喫茶店なんかも

そうですよね。

服で言えば90年代が

来てたりしますし。


いつの時代も過去を参考にして

それを今にするのが

時代の空気だと

思います。


眉毛一つとっても

細眉、太眉と

時代で追うと面白いですし。


逆に言えばダサいから

格好いいになる可能性が

あるのでしょう。


それとは別パターンで

その間

つまり普遍的な物もありますよね。


簡単に言えばパルテノン神殿

でしょう。

いつの時代も素晴らしいと

される。

絵画でも建築でも思想でも

なんでもありますよね。


それは永い時間の中での

淘汰があり

残れたものだからだと

思います。


ですから突然評価されることも

あれば

突然ダサいとなる事があるのでしょう。


ですので、

商売は半歩先

作品は数年先

と考えると良いかもしれませんね。


勿論言うは易しなんですが。


まぁ人生と同じで

空気を追いかけるのか

何があっても

これだと生きるか

と生き方にも

繋がりかなと。


もちろんどちらが

良いかでは無くて

考える事が大事だと

僕は思います。


僕はある部分は変わらなく

追うところは

いつも追ってるかなと

思います。


固まり過ぎるとつまらないし

流れさぎると疲れますからね。

boozedesignworks at 07:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!仕事の話 | 考えの話

2017年06月20日

変わり行くからこそ

僕は四十が見えてきた年齢です。


若いときに解らなかった事が

理解できるようになりました。


それは全ては変わって行くんだなと。

それが解ると

一期一会の意味も

より理解できます。


洋服も内装も食事も街も

10年過ぎれば変わりますし、

少なくても人は必ず

年を重ねますからね。


年を取れば好奇心も

生きる目的も変わることが

多いですから

一つの出会いや時間を

大切にしないとと

とても思います。


身体が悪くなれば

お酒も飲めませんし、

年がいけば

若い子達との年齢差が

開くので

やっぱりかわりますよね。


先輩後輩とか関係ないと言っても

一回り以上違う子には

男女問わず流石にね。


世代が違いますし。


先輩風吹かすのはどうかなとは

思いますが、

同い年として接するのも、

媚びた感じになるのも

少し違うかなと思いますしね。


そうやって同じ飲み会でさえ

ちょっとずつ変化していくなと。


永遠に続くものも無く

未来は絶えず変わる物と

思うと

今を大事にして

そして変わる事を

楽しもうと。


何かを追うから

逃遠くなったり

見失ったりするのかなと。


なので今は完全に全て

流に身を任せてます。


boozedesignworks at 07:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!考えの話 

2017年06月16日

今月23〜25ロスアプソン?Tシャツフェアー出品致します。

今年もロスアプソンTシャツフェアーに参加致します。

特別価格3000〜4000円にてTシャツ出品します。

ロスアプソンの特設サイトはこちらです。

http://www.losapson.net/tshirtfair/

僕も三日間夜は大体いると思います。





boozedesignworks at 08:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!店の話 

2017年06月06日

日々の生活

最近なんとなくこれはいかんなと

思いましたので

書いておこうと思いました。


それは何かと言いますと、

僕の生活についてです。


よく飲んでますね〜。

と言われますが、

多分思われてるよりも

飲んで無いですよと。


いや何故そう言わなければと

思ったかと言いますと、

僕は一人でやってますので、

営業みたいな事や、

店頭に立って販売したり

次の服を考えたり、

請負の仕事の打合せ

などもありますが、

一番大事なのは作る事なので、

二日酔いでは

良いものは出来ませんし、

家の事もありますからね。


それとお酒にお金使いすぎると、

ブーズ、工房、店

どれにもお金を使えなくなりますから。


ですので、

毎日は飲みませんし、

軽く飲む時は次の日に残らない程度で

飲んでも

瓶2本か

ウイスキーや日本酒を

3、4杯

です。


月2回位飲むぞと

思いきり飲む感じですね。


今はとにかくやることが多いでので、

仕事をしっかりしようと思うと

真面目な淡々な生活になるんです。


毎日5時過ぎに起きて

朝御飯食べて

普通なら18〜19時に

終わりにして、

週に1、2回ジムか家で

軽い運動をして

食事も健康的にしてなんですね。

最近は10時半までには寝てますし。


全ては仕事の為にです。


自営業は全てが

自分でやらなければ

進まないので、

大病になれば破産ですし、

誰かがやってくれる訳では

無いですからね。


結果ハレとケが出来て

お酒が美味しくなりますし、

たまにのご馳走で

お酒も美味しく、

食事も楽しめてます。


大事なのは人それぞれ生き方

立場がありますので、

僕はこんな風な所に

落ち着いたって感じですね。


言いたかった事は

職人仕事は死ぬまで積み重ねなので、

感性だけでは

いつか良い仕事が出来なくなるって

事でした。

boozedesignworks at 07:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!下らない話 

2017年06月04日

開襟シャツ

開襟シャツが昔から好きでした。


大正末期〜昭和40年頃まで日本の夏の定番であった

開襟シャツ。

柄でレーヨンで作ればアロハシャツ。


湿気のある暑さにピッタリで、

日本らしいと思っています。



ビールに開襟シャツ

冷酒に開襟シャツ

すいかに開襟シャツ

冷やし中華に開襟シャツ

良いではないですか。


そういう想いもあり開襟シャツを作り続けてきました。

ただ衿のぺっしゃっとした感が

どうも好きではなく

ポケットもアロハなら外のアウトポケットでも

良いと思うのでが、

ブーズ的な開襟シャツとはと

ずっと考え続けて改良に改良を重ね

今年やっと完成だなと思っております。


去年の開襟シャツとほぼ変わりませんが、

微調整と

さらにはすべて部分に芯を使わない事にしました。


やはり芯を使うと固くなり、

軽やかさが失われるのと、

なんだか生地が苦しそうだなと。



ただ安い生地を使うと芯を使わなないと

安物のパジャマみたいになってしまうので、

生地は上質な物のみを使用しています。


生地本来の魅力を最大限に出せていると

思います。


ストレスの無い着心地は日本の夏に最適かと。


毎年暑いですが、

夏を楽しみましょう。






boozedesignworks at 18:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!店の話 | 新作品の話

2017年05月31日

作る基にある思想

デザインなど、

どの物作りにも

そこに連綿と流れる思想があると思います。

洋服にももちろんあります。


ブーズに関して言えば万事控えめに

なるような服作りです。


例えば衿ですが、

ブーズの衿はシャツでもジャケットでも

すべて小さめに作られています。


それは昔は襟章を付けていたので、

衿が大きいと

見栄張や尊大に見えると

言われているからなんですね。


まぁそれを知ったのは後なんですが、

ただ衿が小さめの方が

控えめな感があって

良かったんです。


無意識にそこの流れに

たどり着いた感じてすね。



なぜ控えめにするかと言いますと、

派手だと洋服の方が目立ってしまい

着られている感が出てしまうんです。


着る人が主人公な訳ですので、

それを引き立てるのが

洋服かなと。


ですので、ブーズは地味ですし、

これと言ってデザインが強い訳でもないのです。

ですが、

なんか良いんじゃないかなと

思わせる服かなと。


和食の考えと同じで、

上質な素材を使い

素材を引き立たせる洋服で

ある様に作り続けているので、

変な事はしません。


僕は基本的な好みとして

さっぱりしてるのが

好きなんです。

女性もあっさり顔の薄化粧が

好きですし、

食事も口に入れたら溶けちゃう!

みたいな物は

全然食べないですし、

建築もモダンな物が好きですしね。


ただたからこそ

濃い物もたまには

良いんですよね。


例えですが、

ゴシック建築見て

パキッとした女性と

フルボディーの赤ワイン飲んで

ステーキ食べて

なんてのを

たまにしたいんですよね。

その時はこういうのも

素晴らしいなと思うと思いますし。




まぁそれも日本文化の

ハレとケ

なんだなと思いますが。



ではまた書ける時に書きます。

boozedesignworks at 08:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!考えの話 

2017年05月27日

最近



boozedesignworks at 17:54|PermalinkTrackBack(0)clip!写真