ボルドーでは数多くの葡萄品種が栽培されており、大抵はそれらがブレンドされてワインが作られています。ブルゴーニュのように単一品種ではないのです。

カベルネ・ソーヴィニョン



小粒の黒葡萄でタンニンが多く熟成がゆるやか。これぞボルドーと言う代表的な品種。カリフォルニアやオーストラリア、トスカーナなどでも栽培されており、世界的に人気の品種だが、品の良さ、力強さなどのバランスを考慮するとやはりボルドーが一番。そもそも世界各地で生産されるのはボルドーワインがお手本となっているのです。

若い内は渋いだけなのですが、熟成するとまろやかな果実味で味わい深いワインとなります。酸味も合わさり絶妙なワインとなります。熟成こをボルドーのカベルネ・ソーヴィニョンの真髄と言えるでしょう。メドックやグラーヴで栽培されています。

メルロー



メルローはカベルネ・ソーヴィニョンと非常に良く似た品種で、ブラインドでテイスティングすると関係者でも難しい葡萄です。それほど良く似て言います。しかし、メルローのほうが熟成が早く、エレガントです。メルロが多用されるサン・テミリオン地区のワインを好む人は結構多く、人によってはメドックワインより好きという人もいます。

カベルネ・フラン



カベルネ・フランはカベルネ・ソーヴィニョンより青い感じが強く、熟成も早いです。メドックやサン・テミリオン、ポムロールで幅広く栽培されており、ワインが渋くなりすぎないためにブレンドされることが多いようです。シュヴァル・ブランのように例外的にカベルネ・フランを多く使っているワインもあります。




ソーヴィニョン・ブラン



ソーヴィニョン・ブランは酸味が強く爽やかな白葡萄です。ボルドーでは樽を使って醸造されることが多いようです。セミヨンなどとブレンドされて辛口白ワインが作られます。ロワールでは非常に高品質な辛口白ワインとなりますが、ボルドーでは気候のせいもあり幾分柔らかくなります。

セミヨン



ボルドーの白ワイン、特に甘口ワインであるソーテヌルの主要品種です。貴腐菌がつきやすい葡萄で、アルコールの高い厚みある味わいの白ワインとなります。ソーヴィニョン・ブランとブレンドされ、厚みが中和され絶妙のワインとなります。

ミュスカデル



セミヨンやソーヴィニョン・ブランと共に、甘口ワインの原料となります。辛口ワインに使われることはほとんどありません。