DSC_0322
7月末に八丈島キャンプを台風6号に阻止され和歌山串本キャンプに変更したのは記憶に新しく

八丈島リベンジしなきゃいけないような気がしていまして。

心の引っかかりと言いますか、物が片付いてなくて落ち着かないというか

この週末、飛行機のチケット取っておいたんですよ、八丈島行きを。

そしたら、雨ですよ、雨、雨予報。

水曜日の段階で諦めてキャンセルしました。

※ここは学習したところ(ニッコリ

ぽっかり空いた休日、さくっと丹沢でキャンプしてきました(チッ

場所は神奈川県山北町にある
『河内川ふれあいビレッジオートキャンプ場』

ネーミングからして優しそうで(オツカレサマ

ここは公共交通機関でも行けるキャンプ場です。

小田急線の新松田駅から西丹沢ビジターセンター行きのバスに乗り『宮原入口』で下車

西丹沢ビジターセンター行きのバスは割と利用していまして

当ブログでは『檜洞丸』や『ユーシン渓谷』に行くときに乗車しました。

なじみのあるバスです、はい。

バスを降りるとこの景色
DSC_0307
河内川を挟んで、左側がキャンプ場で右側が『道の駅 山北』となっています
あれ、正面は檜洞丸かな?
DSC_0308
バス停から歩いて5分ほどです。

景色を見ていたらあっと言う間に着いちゃいました。
DSC_0330
場内には川が流れており、さすが丹沢からの水
めっちゃ冷たい!
DSC_0310
流しそうめんのスタンバイ中!
この角度だと落ち着いて食べられない気が。。。

落ち着いて食べられない代表として『わんこそば』がありますが
流しそうめんはさらに上を行くと言いますか、落ち着かないだけじゃなく、どんくさいと食べられない

競争社会、とても過酷ですね(キビシイ
DSC_0311
陣地はここです。

早速ですがNEWアイテムのご紹介をば
DSC_0312
『Desert Walkerタープ』

世界で最も軽いタープとか書かれてましたが重さは440gです。
最軽量かどうかは分りませんが、メッチャコンパクトなのは間違いないです。

収納サイズもメスティンと変わらないし。
DSC_0335
これはいいですね!
軽いから設置も楽々だし、何より色がイイ!

気に入りました。
DSC_0337
そして目の前は田んぼ(ナツカシイ

設置も終わり環境に満足したところで

さてさて、海山は山へ柴刈りに
DSC_0345
小枝を拾いつつ気づけばキャンプ場の対岸の『道の駅 山北』へ来ていました。

桜の木がたくさんあって、枯れ枝どっさり集まりました。

これは春にまた来たい。
DSC_0348
しかも、アスファルト上に落ちていたのを拾ったので皆カラッカラに乾いてるし(イイゾイイゾ

さて、良い時間ですね、夕飯にしましょう
DSC_0350
もう見飽きた方もいらっしゃるかと存じますが、またこのメニューです(スキネ

この後の工程もご想像道りです(笑
DSC_0354
ガーリックはオリーブオイルでカリカリチップにして
DSC_0355
そのオリーブオイルでお肉とトマトとヤングコーンを焼いて
完成です!
DSC_0360
\おいしすぎるんですけどーっ!/

\でしょうねーっ!/
DSC_0364
日が暮れてきましたね、柴刈りした枝で焚き火をして早々に就寝としましょう。

おやすみなさい

AM5:30

おはようございます

昨夜は田んぼのカエルがうるさいなぁと思っていたら雨が降ってきてもう皆勝手にすればいいじゃないなどと思いつつも涼しくて良く眠れました。

タープのおかげでテントは雨に濡れることなく、タープありがとう!
DSC_0375
朝ごはんにしましょうか

お米に吸水20分、あとはいつものほったらかし炊飯ですね
DSC_0376
\おいしすぎるんですけどーっ!/

アジの干物とタクアンだけでもう最高!
このアジが脂が乗ってて。。。

ウマイウマイとガブガブ食べてしまいました(ハシタナイ///

そうこうしているうちに、太陽が照り付けてきました。

タープを日のあたる場所に移動させ、テントも湿気を乾かして、撤収としましょうか。


思いがけなく、サクッとキャンプできました。

60Lのザックを担いで公共交通機関に乗るのも慣れたし、たまに話しかけてくれる人もいたり

超ゆるい感じというか、風の吹くまま 気の向くまま的な雰囲気が気楽です。

ここはレコメンドスポットとして、キープしておきましょうね。

桜の頃にまた。



八丈島の事を考えながらの丹沢キャンプは楽しかったです。

今年の八丈島はとっても遠いな(カアイソウ




美味しそう!と思って頂けましたら…
↓ポチットプリーズ↓

アウトドア料理ランキング


にほんブログ村

ありがとうございました。

※頂いたコメントは非公開とさせて頂いております。