変な時間に寝て大人になっても現実逃避

2010年11月24日

【インプロ】日々を丁寧に、そしてspecialに。

アドプラ3とShaunさんのWSをまとめて振り返る!
ちょい忙しいのでほぼ自分メモ、要点のみ!
極めて不親切、申し訳ない。
そのうちどこか何か別の記事でわかりやすく語りますきっと。

<アドプラ3>
・目的を共有しないままアドバンスを起こすと混乱する
・状況や起こっている物事ではなく、人間や人間どうしの関係にフォーカス
・日常と非日常を区別する、日常を丁寧に作り非日常に反応する
・キャラクターに会話がなくともプレーヤーどうしの対話は必要
・ネガティブなシーンでもプレーヤーはポジティブに
 (プレーヤーがネガティブだとシーンがネガティブになる)

<ShaunさんWS>
・Listen, Reacting, Responding(聞く、リアクションする、応える)
・感情は大きくてもよいが、小さくも出せる(表情だけで表現するなど)
・マイムは丁寧に、リアルに
・「Today is the day(今日がまさにその日)」というつもりで。
 丁寧に人間関係を描き、それから特別な出来事を起こす

あと、Shaunさんから個人的にもらった言葉。

"You are a really fun of people.
You are not a reader, you are a giver.
Take a little, start a scene."
(あなたはとても楽しいタイプの人です。
 受け取る人ではなくて、与える人です。
 ちょっとだけ人からもらって、シーンを始めなさい)

すごいなー、あれだけの短時間でだいぶ本質を突かれているw
giverってすてきな言葉だな。
leaderって言うとぐいぐい引っ張っていくイメージがあるけど、
giverって言われるとその場にいる人にちゃんと与える感じがする。
これからはgiverを目指していこう。うん。


borderline_you_and_me at 01:31│Comments(2)TrackBack(0) インプロ 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by Former Norisuke   2010年11月24日 22:51
You are a really fun of people.

 ↑
爆笑!
2. Posted by シャーロン   2010年11月25日 22:48
>Mr. Former Norisuke
なぜ笑う!?

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
変な時間に寝て大人になっても現実逃避