2006年04月05日

100万人達成間近

ゼラ協賛の映画館というべきか

2月15日にオープンβを開始した「ゼラ」が会員登録
者数100万人達成が近いようだ。約1ヶ月半という
期間だが、「ダンジョン&マスター」が2ヶ月で同じ
数字を出している事から見ると、韓国にもMMO衰退
の波が迫りつつあるのかもしれない。

100万人達成を記念し、ノートパソコンやメモリーなど
数多の物品が支給されるイベントが予定されている。

100万人達成は今月8日が予定されており、専用の
映画館でカウントダウンイベントが行われる。

この記事へのコメント

1. Posted by うっぴ   2006年04月12日 21:00
実際MMOはもう末期かと。
よほど方向転換しないと、まぞいLV上げにだるいクエの繰り返しじゃこの先・・
このゲームも見るからにすぐ飽きて終わりそうですが、キャラがたまらないので、
してみたいです。
ただ、それだけなんですけどね;;
2. Posted by 後藤   2006年04月12日 22:30
うっぴさん、初めまして。現地でも土方、土方と嘆きながら、日々狩りに勤しんでいるようです。
いいじゃないですか。キャラを堪能したいからプレイしたい。飽きれば辞める。とても自然な事だと思います。世の中には自分が依存と分かっており、つまらないと愚痴を零しながらも抜けられない人が大勢おり、その人達に比べれば遥かに主体性があると思います。
個人的にはまだまだMMOは中毒性が甘い気がします。健全な市場やゲーム性を追求した市場を望んでいますが、一方で一度触れたら二度と抜けられないくらいの中毒性まで昇華した形は作る事ができるのか、邪な欲求ですが興味がありますね。
3. Posted by うっぴ   2006年04月13日 22:11
始めまして^^後藤さん。
中毒性でいいますと、人間の持ってる残虐性、収集癖、美への憧れ、など脳内でドーピングされるゲームがいいですね。
何よりもやってて気持ち良いというのが一番かと。別に私、変態ではありません^^;
思うに最近のゲームは効果音とか音楽がしょぼいかと・・
音で高揚するのがもっと重点に置いても良さそうですが。
絵は綺麗なんですけど。
ファミコンの名作とかって効果音聞いただけで、何のゲームか分かるそんな感じとでも言いましょうか。
あれだけしてたのに、あの村の音楽も思い出せないという感じです。
操作感も、もっさりしてる感じがしますね。
4. Posted by うっぴ 続き   2006年04月13日 22:12
テトリスがもっさりしてたら、気持ちよく無いし・・。アローンインザダークなんかはもっさり感が逆手に恐怖でしたが。
MMOはあらゆる問題点がありますが、
操作性のやりやすさ、音楽、効果音、
そこら辺もっと見直して欲しいですね。
マリオの宮本さんなんかは、そういうのがすごく分かってると私には感じるんですよ。ゲームはやりやすく楽しくというのが。
やはりやらされてる感を感じると辛いですね。(特に50匹倒せとかのクエ><
新しい物を産むのも大切ですが、今ある物を根本的に見直すと良いかもと思います。
歴史を変えたゲームは多々ありますが、別に想像にも付かないゲームでは無いんですよね。でも亜流とは明らかに何かが違う。と。
全ての面でやりやすく、脳内モルヒネがふつふつと出るゲームが中毒性を掻き立てる気がしますね。
今後リネ2風の亜流が氾濫しないことに期待して。(ディアブロ風は歓迎ですが^^;
5. Posted by 後藤   2006年04月13日 23:03
MMOの中毒性の理由は現実逃避と代替欲求の2つで完結できそうな気がします。この二つは共に「現実で満たされない部分を何とかしたい」に尽きます。しかし、現実にもっと接点を持った形があるのではないか…と思って市場を見ています。RMTもそのひとつですが、他にも現実に効果を持たせる道があるような気がします。

この記事にコメントする

名前:
 
 
Recent Comments
Monthly Log
Web Ring
 
 
 
 
Links
 
 
 
 
TalesWeaver
 
 
 
 
 テイルズウィーバー韓国公式
Service end
 
 
 
 
 
 
Board
 
 
Translation
Privacy Policy
当ブログに記載されている会社名・製品名・システム名などは各社の 登録商標もしくは商標です。利用している画像及び、データに 関する知的財産権は、各社、各情報サイトに帰属します。
当ブログはリンクフリーです。当ブログからの引用、転載は 自由ですが、各社及び各情報サイトの許諾が必要な場合が あります。
研究、考察に無関係、または思慮に欠けるコメントは一方的 に削除する事があります。
QR Code
QRコード