2006年04月05日

サッカーだけで10本…

家庭用でもこれだけ乱立はしないだろう

韓国ではネオウィズとEAによる「FIFAオンライン」
先日、クローズドβの募集を開始したが、さらにまだ
サッカーゲームは登場するようだ。

CRスペースが開発中の「キックオフ」が公開された。
同作品はフットサルをコンセプトにしており、リアルな
アクションにトゥーンのカジュアル性を合わせた、中間
的な内容である。

内容は他のサッカーゲームと特に変わった部分はなく、
アバターと成長要素が存在する。あえて違う点とすれば、
ゲームべッティングと呼ばれる賭博性くらいだろう。

リアル、カジュアル、亜流含めてサッカーゲームが10本
も登場するのだが、トゥーン系に関しては、どれも同じに
見えてしまう。

サッカーだけでなく、スポーツゲームをプレイする際は
実名かどうかが重要な選択肢だと思う。今回10本の
内、実名でプレイできるのは2本だけである。

そして完成度で見れば「ウイニングイレブン9」になると
思うのだが、PS2なので市場性は低い。現地のユーザー
が国内や欧米の趣向と違うかもしれないし、不明な点が
多い。そもそもサッカーがどこまで市場性があるのかも
わからない。

この記事へのコメント

1. Posted by チーズ味   2006年04月06日 00:06
韓国でのサッカー熱には目を見張るものがありますから、ワールドカップ開催で訪れるであろう社会的ブームに合わせて、多くの開発会社がスケジュールを絞ってきたのではないでしょうか。
2. Posted by 後藤   2006年04月06日 02:54
仰る通りなのですが、あまりにも数が多くて…つい「どれも似たようなもんだろ」とヌルいレポートになってしまいました、すみません。向こうの競争意識は本当に旺盛です。WBC熱でいくつかの野球ゲームが一時的に活気を得ました。

この記事にコメントする

名前:
 
 
Recent Comments
Monthly Log
Web Ring
 
 
 
 
Links
 
 
 
 
TalesWeaver
 
 
 
 
 テイルズウィーバー韓国公式
Service end
 
 
 
 
 
 
Board
 
 
Translation
Privacy Policy
当ブログに記載されている会社名・製品名・システム名などは各社の 登録商標もしくは商標です。利用している画像及び、データに 関する知的財産権は、各社、各情報サイトに帰属します。
当ブログはリンクフリーです。当ブログからの引用、転載は 自由ですが、各社及び各情報サイトの許諾が必要な場合が あります。
研究、考察に無関係、または思慮に欠けるコメントは一方的 に削除する事があります。
QR Code
QRコード