2007年05月09日

BOTは許さない


(source:official site>

RMTは合法,これからは自動プログラムが問題
[GAMEABOUT]


ゲーム振興法改正案の処罰が明らかとなった。

ゲーム製作業者のデータプログラムを複製,ハッキング
改ざんをする、ゲーム物の非正常的な利用したいわゆる
作業場から生産,獲得したゲーム内マネー、またはゲーム
内アイテム

これらを利用した場合、5年以下の懲役または5千万ウォン
以下の罰金が課せられる。

もとより、同法案の意図はRMT根絶よりも、作業場根絶の
方が目的と予想されていた。こうした内容に政府がRMTを
産業保護の為に容認した、という見方をする人もいる。 

過去記事でも書いたが、何が正常に得たアイテムで何がBOT
を通じて得たアイテムかの分別は難しい。これに対し、現地
の大手RMTサイト、アイテムマニアは

実際に行政政府の力強い介入がなくてはゲーム社が顧客
のゲームに関する情報、すなわち、自動プログラムなどの
非正常的な行為をしたのか、可否をRMTサイトに越さない

と見ている。個人情報問題もあり、大抵の運営はRMT自体
を良しとしないため、RMTサイトに協力するような事はない。

が、現地では幾つかのRMTサイトと運営が提携している事
もある。実際にしているのかは不明だが、セキュリティや、
BOT対策にRMTサイトが協力するという関係がある。

だが、何をしようと、売っているものにRMTをする価値が
ある限り、BOTも作業場も減らない気がしなくもない。
変わるべきなのは、売り物の中身と遊ぶ側の中身にある
ような気がするが、いつまでも自己顕示欲を求め、満たす
ものを与え続けるのだろう。

この記事へのコメント

1. Posted by うっうー   2007年05月10日 00:27
作業場といえば隣国の中国なわけですが、韓国の司直も中国へは介入できないわけで、韓国国内だけでどーにかなる話なのかなと。
2. Posted by 通りすがり   2007年05月10日 05:26
個人的には、RMTの一番嫌なところって、苦労してゲットしたアイテムも、RMTでゲットしたアイテムも区別がつかないところなんですよね。
何度も攻略に失敗しながらようやく自力入手したアイテムや、コツコツと何ヶ月もゲーム内で金策して買った念願のアイテムが、RMTで入手した分不相応なアイテムと区別がつかないのは悲しいものがあります。
せめて自力で入手したアイテムはその旨を明示できるシステムがあってもいいんじゃないか?と思うのですが、そういうゲームは見た事がないので、こういう意見は少数派なのかもしれませんね。
3. Posted by 後藤   2007年05月10日 08:32
>通りすがりさん

面倒でも過去の所有者の履歴が残る、みたいなシステムも割と面白いかな、と思います。「あの○○さんが使っていたものだ」と気持ちが入ったり、逆に品はいいが、装備する気も失せたり、と(色々と問題もあるかと思いますが…)
4. Posted by kam   2007年05月10日 08:51
BOTがあるからRMTがあるのではなく、RMTで旨味があるから不正ツールが使われます。
その点からみれば法的な制約を掛け辛い分、あまり効果はあるとは思えません。
5. Posted by ( ゚Д゚)   2007年05月10日 15:09
ゲーム振興法改正案とは最近改定されたのですか?

今日DnF(アラド戦記)でアナウンスがあり
BOTや不法現金取り引きに対して取締りを厳しくするとの事です。

具体的には
・不法プログラム使用者発見の時使用回数とかかわらず直ちに永久制裁される
・不法大量ゴールド及び勘定取り引き者が確認され次第に
改定された現行法(ゲーム産業振興法,個人情報保護法) に相応する
制裁の措置を直ちに行う
・加入者携帯電話認証を通じて個人認証を強化し
不法プログラム使用試みを根源的に防止しする

どうもこのゲーム振興法改正に合わせての事の様なので
コメントしてみました。
6. Posted by 後藤   2007年05月10日 15:19
>( ゚Д゚)さん

この改正案はしばらくBOTとRMTに関する部分が不明瞭のまま進んでいました。

先日、処罰をすべきはBOTと利用者という話が出てきた気がします。
7. Posted by moo   2007年05月11日 01:53
クレジットカードの番号を作成する違法ツールを使って課金アイテムを大量に購入しRMTに流したり
ファンサイトの掲示板やブログにパス抜きウィルスを
"昨日の攻城戦の動画→ココ" みたいなリンクで実行させたり
こんな明らかに犯罪行為を平気でやってる中国作業場には効果は無さそう・・・

この記事にコメントする

名前:
 
 
Recent Comments
Monthly Log
Web Ring
 
 
 
 
Links
 
 
 
 
TalesWeaver
 
 
 
 
 テイルズウィーバー韓国公式
Service end
 
 
 
 
 
 
Board
 
 
Translation
Privacy Policy
当ブログに記載されている会社名・製品名・システム名などは各社の 登録商標もしくは商標です。利用している画像及び、データに 関する知的財産権は、各社、各情報サイトに帰属します。
当ブログはリンクフリーです。当ブログからの引用、転載は 自由ですが、各社及び各情報サイトの許諾が必要な場合が あります。
研究、考察に無関係、または思慮に欠けるコメントは一方的 に削除する事があります。
QR Code
QRコード