2007年05月10日

開発精神論その2


(source:KDI news Title:Project M>

リネージュ2までソース流出
[GameMeca]


離職後の前会社の作業物を使うことはもうゲーム業界
では自然な事

NCソフトのソース流出事件はその後、「リネージュ供
のソースや現在開発中の企画、仕様書までも流出していた
という事が明らかになった。

韓国では不正競争防止及び営業秘密保護に関する法律に
基づいて7年以上の懲役と財産上利得額の2倍〜10倍以下
の罰金、または刑法356条に基づいて、10年以下の懲役
と3,000万ウォン以下の罰金に処するようだ。

離職後の前会社の作業物を使うことはもうゲーム業界
では自然な事

この辺の判断基準が難しい。
例えば、その会社で新技術を使い、業務をしたとする。
この経験を買われ、次の会社で採用される事はあると
しても、その新技術で作られたものを別の会社に売る、
またはそれを次の会社で使うという行為はタブーになる、
と自分の中では漠然と思っている。 

この辺は人それぞれで、確かに前回開発したソースを丸ごと
持ち歩き、他人に自慢する人もいれば、それを持ち出す事を
前提に採用するという契約もなくはない。

人力不足で喘ぐゲーム社から道徳性問題で人を選り
分けることは難しい実情であり、むしろ以前会社の
データを使うことをけしかける場合もあまたあるからだ

状況は韓国も同じらしい。
しかし、ソースを横流ししたり、他人の業務を自分のもの
と偽って、年棒を吊り上げたりする輩は即戦力になる事も
あるが、自分のところで開発する際にも同様の事を行なう
危険性がある。(単純な詐欺という事もある)

能力よりもモラルを大事にしなければならないのは、この
ためであり、チーム運営にも支障をきたす可能性もある。

・・・が、四の五の言ってられない状況というのもあり、
これらの人材を採用する事で開発費が1年近く浮いたり
する事があるのなら、心が揺らぐのもわからなくはない。

Lineage(R)II and Lineage(R)II the Chaotic Chronicle are
registered trademarks of NCsoft Corporation. 2002-2006(C)
Copyright NCsoft Corporation. NC Japan K.K. was granted by
NCsoft Corporation the right to publish, distribute, and
transmit Lineage II the Chaotic Chronicle in Japan. All
Rights Reserved.

この記事へのコメント

1. Posted by kam   2007年05月10日 08:56
技術流出はある程度は仕方ないとは思います。
普通、それをしない為に技術者には高額の給与が支払われますし、そういう技術者は辞めさせません。

ソース流出は技術ではなく、そのものを盗むという事なので、それは如何なる場合であっても単なる盗難だと思いますし、ソース流出に技術も何もありません。

ただまあ、スタッフは大して大事にはされていない、という感想だけを抱きました。(笑)
2. Posted by 後藤   2007年05月10日 11:13
>kamさん

NCソフトは韓国で最も高給取りのはずですが…
個人的には金だけで人を縛る事はできず、今回のように開発チーム全員に自宅待機や、プロジェクト中止といった業務上の不和がきっかけになったのではないか、と見ています。
3. Posted by    2007年05月10日 11:31
日本のゲーム業界もいつか歩んできた道・・・

結局、事件への制裁や裁判が積み重ねられないと、人のモラルは向上しないのかもしれませんね。
4. Posted by heys   2007年05月10日 13:00
前の会社での作業物を持ち込むのは
何もゲーム業界に限ったことではないです。

ただ、ソースなどの技術では一括りに出来ない
商品そのものを持ち込むのはどうかとは思います。
せいぜい持ち込むとしても
ノウハウ(作業技術)くらいじゃないでしょうか。

技術者のモラルが低いことと
(ゲーム会社に限らず)企業のプライドの無さは
今後、韓国企業が乗り越えなければならない
高いハードルのように思えます。

まぁ、このままズルズルと同じことを繰り返して
自滅の道へと墜ちていくような気もしますが。
5. Posted by ataki   2007年05月10日 13:35
今回のことの発端は、リネージュ3の開発環境改善?を求めた開発者の自宅待機事件までさかのぼるんではないかと思います。

その経緯を見る限りは、今回のことは自然な流れだったように感じます。

リネージュ開発者の流出は、他の会社から見ればすごく欲しい人材でしょうから、ソースの流出もしょうがないでしょうね。
6. Posted by G   2007年05月10日 15:24
ソフトを作っているのは、人なのよね。
7. Posted by 半可通   2007年05月10日 16:33
重圧と戦う人々
http://blog.livedoor.jp/borisgoto/archives/50681715.html
> チームは在宅勤務、復帰の見通しがないらしい

「リネージュIII」,チーム開発責任者のリストラ&事実上の開発チーム解散。リネージュIII,Aion,そしてPlayNC――NCsoftで今起こっていること
http://www.4gamer.net/news/history/2007.02/20070208121701detail.html

リネージュ3事件
http://blog.livedoor.jp/borisgoto/archives/50740411.html

NCソフトが騒げは騒ぐほど、
立場が悪くなるだけのような???
8. Posted by とあるMMOプレイヤー   2007年05月10日 17:05
経過や影響を吟味せずに、結果だけを追い求める会社に原因がある。
と考えるのは下衆の勘ぐりでしょうか?
9. Posted by kitori   2007年05月10日 18:12
暗黙の了解として「頭の中に入ってるものはその人のモノ」って感じだと思いますけどね。(設計の思想とか概念とか)

わざわざデータとか仕様書とか持ってっちゃうのはマズイでしょ。100%全部自分で作ったならともかく・・・
10. Posted by gogo   2007年05月10日 18:45
盗作・盗難問題は、韓国社会の根底的な問題な気がします。

例えば韓国には、ビートマニアのシステムを盗作し、音楽データは日本アマチュアユーザーのものを窃盗してサービスをしてる会社もあったりします。

他にもパッと思い付くだけで、WarrockのBF2DCデータ流用、GEのデータ流用etc....

韓国の盗作はゲームのみに限りませんが...
http://nandakorea.sakura.ne.jp/frame.html

近年は昔に比べて、ユーザーからの風当たり(盗作に対する非難)も強くなってきたようですが。

11. Posted by 半可通   2007年05月10日 19:02
リネージュ3:日本への技術流出疑惑の背景(上)
http://news.livedoor.com/article/detail/3147769/
リネージュ3:日本への技術流出疑惑の背景(中)
http://news.livedoor.com/article/detail/3147770/
リネージュ3:日本への技術流出疑惑の背景(下)
http://news.livedoor.com/article/detail/3147771/

不正アクセスやら企業スパイもどきする元社員も問題がありますが、
根っこにあるのが、NCソフトの社内問題なんですよねぇ?
12. Posted by うみゃあ   2007年05月11日 08:32
ソース流出って、どんだけだと(笑)
ハッキリいって採用した会社もアマチュアが多いのかなと勘繰ってしまいますね
そもそも優秀な技術者ならソースそのものがなくてもその仕組みが判ってるからソースなんか持ち込む必要は無い。
ソースを持ち込むって事はその仕組みが解ってない可能性が高く、改良や新規開発の際のノウハウにはならない。
何と言うか、本当に目先、すぐ目先の事しか見えてないみたいですね(´Д`)
13. Posted by 後藤   2007年05月11日 09:56
>うみゃあさん

仰る通りなのですが、ソース提示は現物という証拠でもあり、最悪当人に何の価値がなくても、ソースをいじれば、別のものが作れるという算段があるのではないでしょうか。

その程度の底の浅さで商売が成り立っていたのが、似たようなものがゴロゴロとしている市場ではないのかな…とも思います(と、言いつつ、底の浅さは我が身にも降りかかりますね。あまり偉そうな事は言えません)

この記事にコメントする

名前:
 
 
Recent Comments
Monthly Log
Web Ring
 
 
 
 
Links
 
 
 
 
TalesWeaver
 
 
 
 
 テイルズウィーバー韓国公式
Service end
 
 
 
 
 
 
Board
 
 
Translation
Privacy Policy
当ブログに記載されている会社名・製品名・システム名などは各社の 登録商標もしくは商標です。利用している画像及び、データに 関する知的財産権は、各社、各情報サイトに帰属します。
当ブログはリンクフリーです。当ブログからの引用、転載は 自由ですが、各社及び各情報サイトの許諾が必要な場合が あります。
研究、考察に無関係、または思慮に欠けるコメントは一方的 に削除する事があります。
QR Code
QRコード