2008年04月16日

ジュドルは交換不可


(Source:iNSIDE Title:北斗の拳ONLINE)

『北斗の拳ONLINE』、RMT防止に「受け渡せない
貨幣」システム[iNSIDE]


RMT対策として、ジュドルをプレイヤー間で受け
渡すことができないようになっています

RMTに対する対策は幾つかある。

・業者、RMT利用者を処罰する
運営が自力、または専門業者に委託し、規約違反
者を発見、処罰していく。おそらく一番多い対策だと
思う。

100%RMTを止める事はできないものの、ゲーム
内容を変えずに行える唯一の対策だろう。効果に
反して、コストは意外にかかるという話。 

・トレード不可にする
RMTは現金とゲーム内のアイテム、マネーを自分と
別の誰かと交換する事で成立する。そのため、交換が
できなければRMTはできなくなる。

すべてのアイテムが交換できないのは、MMOとして
色々と問題がある。RMTも商品として価値があるのは
一級品が殆どであり、この一級品だけをトレード不可
にしているものもある。

だが、アカウント自体を売買してしまう事で回避する
事ができる。また、価値のあるものをトレード不可に
する事でゲーム的な制約もそれなりに大きい。

・ID管理する
ゲーム内では1000円の剣には1000円を払う事で
経済が成り立っている。しかし、RMTの場合、現実の
貨幣で金を払うかわりにゲーム内の1000円を払わず
にこの剣を手に入れる。

従って、需要と供給に誤差が生まれる。どこから得た
アイテムなのか、どこから得たマネーなのか。これを
一目でわかるようにしたのがID化だ。

ただ、現時点では運営レベルでしか判別ができない。
願わくば、ユーザーレベルで不正が見抜け、自浄作用
が生まれると世界的には望ましい。

・アイテム、マネーをなくす
最も効果的な対策である。しかし、MMORPGにとって
物欲は中心的要素であり、物欲をなくした上で成立する
内容で商品価値が維持できるか、疑問である。

また、これらをなくしても経験値、レベルがあるならば
アカウント売買の価値も生まれるわけで、何も所有しない、
何も成長しない世界にするしかなくなる。

今回の手法は「グラナド・エスパダ」に実装された第三
の貨幣と同じように思える。

あまりRMTの抑止力にならない気がするのだが…
無料ゲーマーが課金アイテムを入手しやすくなる事くらい
しか、メリットが想像できない。

(C)1983 Buronson & Tetsuo Hara/NSP Approved No.EO-116
(C)2008 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
(C)2003-2007 IMC Games Co.,Ltd./Published by
Hanbit Ubiquitous Entertainment Inc.

この記事へのコメント

1. Posted by 半可通   2008年04月16日 21:16
消せないプレイ履歴の話
http://www.inside-games.jp/news/192/19231.html

プレイ履歴の公開という手もあります。
どこまでの情報を公開すれば、不正がしにくく
なるのかという問題もありますが……

他に、沢山の(ゲーム内)財産を所持させて、
不正発覚による財産没収ペナルティとか…

色々と手はあるものの、現実的なのは、
「トレード不可」なんでしょうね(^^;
2. Posted by うっうー   2008年04月16日 21:24
実際問題、MHFあたりは業者とか見かけないですからね。レア度が高いアイテムはトレード不可で。

渡せるのはレア度がひくい消耗品ぐらいで。
3. Posted by 後藤   2008年04月16日 21:41
>半可通さん

なるほど、そのような手もありますね。取り合えず、今回は既存のMMORPGに実装されているものでまとめました。

データ履歴の開示は似たようなケースで韓国で個人情報保護法に抵触していたので、扱いが難しいでしょう。記事にあるように、親が子の監視に使うなら問題ないと思います。

>うっうーさん

レアのトレードを封じるのはメジャーなMMORPGでは割と定番化しつつあります。それに加え、MHFは作業場とかBOTとかでカバーできる内容でもないですからね(と、書いたものの、何とかしてしまう連中が出てこないとも限りません)
4. Posted by もんた   2008年04月16日 22:25
ただRMT業者を意識するあまり、あれこれと制約を設けていくと、ゲーム的に厳しくなるんですよね。

時間のない社会人等が、全て自分で欲しい物を集めるのは絶望的に辛いです。
そういう時に身内や人とトレード、ってできないのが厳しい。
5. Posted by 通りすがり   2008年04月16日 22:56
正直トレードがないゲームは、基本的に流行らないと思います。
モンハンは「自力でアイテムを集めていく」のが主な楽しみ方なのでRMTは余り必要とされません。よってレアアイテムをトレード可にしたところでそうそう大規模なRMTは起こらないでしょう。
レアアイテムをトレード不可にすることでRMT封じの例としてMHFを引き合いに出すのは不適当でしょう。

今のところ、RMTの主な取引はほぼレアアイテムに絞られているので、レアアイテムに
おうじゃのけん(xxxxxxxx)のように表記してしまうことで、少なくとも一時的にRMTを防げるとは思います。

あと・・個人商店で買えるシステムだと・・・
どうでもいい商品を高額で売買することで・・
まあ、履歴を取れば解決しますが。
6. Posted by うっうー   2008年04月17日 00:22
アイテム取得の機会に寡占が付きまとうかぎりRMTがなくならないのはしょうがないかなと。

>5. Posted by 通りすがり さん
その方法だとロンダリング用でキャラをグルグルとトレードをまわしてしまうと履歴が洗浄されてしまうかも?
7. Posted by pa   2008年04月17日 01:17
まぁ、北斗の拳のディレクターは初期の女神転生IMAGINEのディレクターだった谷川さん。
あの時も革新的なRMT対策を提示していましたが、結局それは実行に移される事なく北斗に移っちゃいました。

正直これが本当に実装されるかどうかは激しく怪しく感じます。

ですがまぁ、ベータ時点で既に物々交換(システムで規定された価値がある程度近くないとトレードが成立しないないシステム)は実装されていますし、少しは期待できるかもしれません。
8. Posted by はじめまして   2008年04月17日 08:17
リネージュ2をやっています。

RMTとBOTはセットみたいなものですが、直接ユーザーにとって迷惑なものはBOTです。
リネ2で言うと、狩場独占、妨害、BOTPT寄生、寄生キャラ集団によるPK、粘着、恐喝などなど、直接的な迷惑行為の多くの元凶がBOTです。
先日、いちユーザーがNCJへ直接出向いて署名、BOT取締り要望書を手渡して、話題となりました。

とにかく、全てのレベル帯の狩場にBOTがいっぱいいます。T1以降キャラの強さが、レベル、SE、属性によって決まるようになり、BOT使用、BOT寄生が酷くなった気がします。
BOTのいないアデンを夢見て・・・今日もBOT報
告します。

他のMMOは詳しくないので、リネ2だけに関して、有効なRMT対策は、BOTの完全排除しかないと思います。
9. Posted by ACE   2008年04月17日 08:55
RMTの対策というより、ガンホーを通じてRMTしてください、といってるように聞こえるシステムですね。

ジュドルそのものを露店でいらないアイテムと交換で手に入れるという方法を使えばRMTはできますが、もっとも早く簡単に手に入れるのはガンホーから買うことですし、ガンホーへの利ざやはどちらにしても、この公認通過が出回ることで入るので、結果として、ガンホーが儲かるというか。

なんとも、商魂たくましいいつものガンホーです。
10. Posted by pa   2008年04月17日 16:33
>RMTの対策というより、
>ガンホーを通じてRMTしてください、
>といってるように聞こえるシステムですね。

聞こえるんじゃなくその通りでしょう。
ジュドルが北斗の拳の課金システムの要でしょうし
運営会社経由なら、過度なインフレ等が起こらないよう運営自らが制御できますからね。


……ついでに、その結果ゲームがおかしな事になっても自業自得で言い訳できないって事でもあるんですが。
11. Posted by ネトゲーマー   2008年04月18日 02:08
FEZが昔からやってるRingとオーブのようなものですね。公式RMTはこれまでも類似策がありましたが、結果は・・・
個人的には小島+谷川という時点で絶望の真っ只中といった感想ではありますが。

この記事にコメントする

名前:
 
 
Recent Comments
Monthly Log
Web Ring
 
 
 
 
Links
 
 
 
 
TalesWeaver
 
 
 
 
 テイルズウィーバー韓国公式
Service end
 
 
 
 
 
 
Board
 
 
Translation
Privacy Policy
当ブログに記載されている会社名・製品名・システム名などは各社の 登録商標もしくは商標です。利用している画像及び、データに 関する知的財産権は、各社、各情報サイトに帰属します。
当ブログはリンクフリーです。当ブログからの引用、転載は 自由ですが、各社及び各情報サイトの許諾が必要な場合が あります。
研究、考察に無関係、または思慮に欠けるコメントは一方的 に削除する事があります。
QR Code
QRコード