2008年04月23日

輸出国としての展望


(Source:official site Title:SF)

ドラゴンフライ、アンリアルエンジン3でスペシャル
フォース2制作[GameMeca]


ドラゴンフライが開発において一番自信あるジャンル
がFPS。率直にスペシャルフォースは国内で成功を
したが海外市場に出すほどすぐれた技術力のある
ゲームではない

「スペシャルフォース」は公開当初から決して優れた
見た目ではなく、欧米系FPSの劣化版でしかなかった。

しかし、現地ではそんな欧米系FPSが苦戦し、韓国系
FPSが市場で最も売れるジャンルとなった。 

あえて見栄えを落としたのは低スペック対策もあるの
だろう。だが、ここは情報が錯綜していて難しい。

現地のプレイスタイルを見ると、FPSはMMORPGと
違い、自宅で腰を据えて何時間もプレイするというより、
帰宅前にPC Bangに寄り、1,2時間遊ぶといった、
ゲーセン的プレイが中心に見える。

このPC Bangも常に最新のPCを導入しているかというと
あやしいのだが、「AVA」の人気を見ているとそれなり
に新型が普及しているようだ。

現地では同作品においても数千人単位のギルドがある。
このギルド間でトーナメントがあり、攻城戦ではないが、
同様のコミュニティ力学が働く。

また、高額の賞金で大掛かりなイベントが展開される
のもFPSの特徴だ。利権はないが、ステイタス、地位
を作り上げる。

一番大きいのは、FPSにありがちな煩雑な操作を排除し、
万人向けに敷居を落としている点だ。

欧米系FPSは単に市場に放り出すだけだが、現地の
運営はここに書いた以上の事をしている。内容が良く
ても、運営力がなければ売れないとは、こういう事を
指す。

だが、海外はどうだろうか。韓国と同じやり方が通用
しないような気がする。

基本的な骨格は海外市場進出だ.新作に消耗する
費用を100としたら、50はコスト、50はマーケティング
で消費する

版権獲得の理由は世界的に有名なタイトルであり、販促
の費用が浮くという理由のようだ。こう判断したのは、
各国に新作を売り込む費用よりも版権を買った方が安い
という計算が成り立ったのだろう。

だが、オンラインは長期的なビジネスであり、ユーザー
を集めるには見栄えやブランドは効果的だが、ユーザー
を持続させるにはやはり、運営の信頼と内容にかかって
くる。

(C)since 2000 CJ Internet.corp.All Right Reserved.
(C)2007 Dragonfly GF CO.,LTD.
(C)1997-2007 Neowiz Corpration.,All Right Reserved.

この記事へのコメント

1. Posted by Moon   2008年04月23日 15:15
製作の手抜きだと思っていたところが、煩雑な操作を排除し万人向けに敷居を落としていると言われれば・・・
それはかなり正解だと思う。
でも、それはまぐれ当りの結果論のような気もします。
欧米や日本なら、ゲームシステムで改善しようとしますし・・・・
2. Posted by momo   2008年04月23日 22:09
FPSは米ではPCよりも箱に人が移っているじゃないかなあ。
箱だとPCよりも操作も含めて簡単になっているから
そして日本ではFPSそのものが流行っていない。

この記事にコメントする

名前:
 
 
Recent Comments
Monthly Log
Web Ring
 
 
 
 
Links
 
 
 
 
TalesWeaver
 
 
 
 
 テイルズウィーバー韓国公式
Service end
 
 
 
 
 
 
Board
 
 
Translation
Privacy Policy
当ブログに記載されている会社名・製品名・システム名などは各社の 登録商標もしくは商標です。利用している画像及び、データに 関する知的財産権は、各社、各情報サイトに帰属します。
当ブログはリンクフリーです。当ブログからの引用、転載は 自由ですが、各社及び各情報サイトの許諾が必要な場合が あります。
研究、考察に無関係、または思慮に欠けるコメントは一方的 に削除する事があります。
QR Code
QRコード