2009年04月15日

このバランスが難しい


(source:official site)

絶好調に見える任天堂が警戒する「任天堂ショック」
の可能性[Impress Watch]


任天堂自身が発売するファーストパーティ
タイトルが弾切れした上に、任天堂ゲーム
機ではやっぱりファーストパーティタイトル
しか売れないと見なされるようになり、
サードパーティも力が入らなくなりつつある

この「やっぱり」にすべてが集約されている。
あれは任天堂のものを売って、任天堂だけが儲かる
ゲーム機に過ぎないと切り捨てる人もいるほどに。

理想的な形はファーストがハードのリリースと同時
に大々的な宣伝と商品力でアピール、サードが後を
継ぎつつ、ファーストも後方支援ではないかと思う。

だが、任天堂は前に出過ぎた。市場をチームプレイ
と見なすならば、スタープレイヤーがボールを取り
過ぎた結果、メンバーがしらけた状況に近い。 

一方、PSPは逆の構図に近い。こちらはPS3を
売るために殆ど、PSPは殆ど放置状態だった。

これでサードがしらけていれば敗戦確実だったが、
巷の次世代機は開発コストに対し、国内でコストが
回収できる見込みは薄く、勝負にすら出にくい賭場
である。

任天堂ハードは作りやすいが、上記に書いたように
任天堂というスタープレイヤーが人気独り占めだ。
ユーザーとしてはここで互角に戦えるほどのスター
プレイヤーが出れば、高い水準での競争が生まれる
と思うかもしれないが、任天堂ハードはユーザーや、
ハードに対する意識がいわゆるPS2型と異なる。

Wii、NDSに代表される任天堂帝国だが、実際
はもっと以前から任天堂カラーが存在し、その色を
作れるのは任天堂の専売特許となっていた。

これは任天堂が唯一無二で売れる理由を作る反面、
サードがつきにくいハードを生んだ原因でもある。

次世代機は高過ぎ、任天堂は独占。残されたものは
PSPとなる。幸い、PSPはPS2型の販売手法
に近く、PS2型に慣れたメーカーは今、ここぞと
ばかりにPSPに注力している。

もう1つの懸念材料は、携帯ゲーム機に対して、
初めて携帯電話がゲームプラットフォームと
して強力な対抗馬となったこと

日本ではiPhoneのゲームなど、携帯電話のアプリと
思われているが、海外ではiPhoneはネットブック
と携帯ゲーム機の中間的なポジションにある。

用途がゲーム機だけでないという強みも大きい。

より自然なインターフェイスにすることで、
非ゲームユーザーにも受け入れてもらい
やすく、かつ、ゲーム熟練者に新しい刺激
を与えるためだった

一般層の刺激は成功したものの、ゲーム熟練者に
新しい刺激を与えたのか、個人的には疑問だ。

ゲーム機に“毎日触れて”もらい、遊びへと
入ってもらうための仕掛けが必要だ

既に離れたユーザーを引き戻すのは難しい。
なので、元記事ではいかに離れないかと作るかが
大事であると定義している。

毎日、触りたくなる価値をどう作るかだ。
ここの加減は個人差もある。MMORPGは中毒
のゲームと呼ぶ人もいれば、それは自制心がない
人の言い訳と見る人もいる。

ゲーマーに「毎日続ける」を作るにはゲーム的に
毎日続ける価値を与えれば解決する。

では、一般人はどうするか。それはライフスタイル
の提案に近い。いつもの生活よりも有意義で刺激
があり、生活が豊かになり、面倒でないもの。

かなり任天堂も提案してきたはずだが、中々持続に
ならない。

この点は、実はDSについても同じだ。DSも、
ユーザーを飽きさせずに稼働させ続けるために、
次々に手を打つ必要がある


飽きていない人を呼び戻すのは比較的、容易だ。
だが、飽きた人はどうするのか。ハッタリは通用
せず、ゲーム的な内容も邪魔である。

市場を含めて、その周辺は4つの層がある

・ゲームを楽しみ、今も持続している層
・かつてゲームを楽しんだが、今は辞めた層
・ゲームに触った事がない層
・取り合えず買ったが、動いていない層

この4つの層に対し、どこを狙うのか、どう狙うか
で今後の市場における存在が変わってくる。



この記事へのコメント

1. Posted by うーん・・・   2009年04月15日 12:51
元記事を読んだのですが、まず結論ありきでそれに見合う情報のみを集めていったように個人的には読めるのですが・・・。

確かにWiiでは任天堂が圧倒的に強くほかが弱い任強他弱の状況にありますが、サード各社(少なくとも大手といえる会社)がWiiは性能も低いしPS3か箱360がメインストリームになるだろうと見越してそちらに注力しているうちに任天堂だけが目新しく見えるゲーム(それが新しいかどうかは個々人の見解によると思います)でいわゆる非ゲーマー層を取り込んだのが現在ではないでしょうか?

HD機の商売が開発費の高騰もあり思ったように稼げていない状況で益々苦しいとは思いますが、これからがゲーム業界の興亡になりそうな予感がします。
2. Posted by ドラクエが出てから   2009年04月15日 13:46
ドラクエが出てからこの記事を書いてほしかった。
出る前にこんな記事書かれても
あっそ?ドラクエ出るしってなるんだが・・・。
3. Posted by 半可通   2009年04月15日 14:06
「塞翁が馬」ってやつですね、長所が欠点になる。
結局は、適応力……開発能力、発想力、資金力の勝負
DSi発表が日本国内の株式市場では任天堂株の失望売り
(7%下落)を招いた【期待によるバブル】は発生中?
何万円もする携帯電話並みに3D液晶(視差シャッター)
&3Dカメラ(2眼式)でもDSiで搭載できていれば
失望売りされなかったでしょうが、2万円の
ゲーム機に搭載可能な部品は限られています。

いつまでも、WiiやDSで続けるわけもいかず、
【その次】が最も予測しにくいのが任天堂で、
SCEのPSP2やPS4、MSのXBOX後継機は判りやすい。

そのうち、WiiやDSの後継機がでるにしろ、
その目的はサードパーティ支援ではなく、
任天堂の任天堂による任天堂のためのハードで
あり続けると思います。(それだけの実力あるし)
4. Posted by 後藤   2009年04月15日 14:32
>ドラクエが出てからさん

確かにドラクエはハードもソフトも引き上げる事でしょう。

しかし、PSPにおいて「モンハン」に比肩するタイトルは出たでしょうか。

1強だけでなく、近いレベルのものが持続する事でユーザーが絶え間なく興味を抱き、購入しようと思うのではないかと思うのです。(最近ではPSPもタイトル数が増え、モンハンほどではないものの、30万級がどんどん出るようになり、良い傾向だと思います)

なので、ドラクエ「以後」でしょうかね。本当の意味では。その勢いを生かした後続が続けるかだと思います。これらは過去のハードでもキラータイトルの法則で確定していたんですが、予定通り行かないのが現実なのでしょう。
5. Posted by MIG-29   2009年04月15日 14:38
開発費の高騰に加えてゲーム人口の激減…
このような逆風の前で今まで通りやっても、大手ですら破滅するのは必定かと。

そろそろ全く新しいゲームのビジネスモデルを構築する必要が出てきそうですな。
6. Posted by 後藤   2009年04月15日 15:23
>MIG-29さん

仮にドラクエが売れ、その後も後続としてRPGが集ってWiiが持ち直したとしたら、それは結局「ゲーム機はゲーマーのもの」という結論を証明した事になり、今までWiiが戦略として打ち立ててきたものの価値がなくなるような気がするんですが、売れればいいんですかねぇ。

>そろそろ全く新しいゲームのビジネスモデルを構築する

なので、自分はゲームなど捨てているのですが、それでも売れるのはゲームばかりになりそうで、徒労に終わりそうな…
7. Posted by Pey   2009年04月15日 16:44
>MG-29さん
>開発費の高騰に加えてゲーム人口の激減…

知っててあえて言うならば「勝手に開発費高騰させたんですよね?」
見た目=広告の意味合いから考えれば、業界全体で勝手に争って、値上げしたのでは?と言われてもしょうがないかと

ラーメンの麺と汁はそのままで高級食材テンコ盛りで原価がかかって価格暴騰させたのはゲーム業界の身勝手な事情です。

>そろそろ全く新しいゲームのビジネスモデルを構築する必要が出てきそうですな

任天堂がハード屋のままなら今のまま突き進むでしょうし、ソフト屋も意識し始めればゲーム本体を無料で配布する路線もあるでしょうね。(当然月額500円などのサービス料は取った上ですけどね)
8. Posted by |-`)   2009年04月15日 17:22
 そう言えば、もう間もなくWiiにて
モンスターハンターG (PS2の焼き直し)が
発売しますね。
そしてDQ最新作が7/11(予定)DSにて、
WiiでもMH3が夏頃に発売と。

 MHはオンラインプレイでは月額課金を
採用し、DQも接続料は不要ですが
オンラインプレイに相当力を入れているようなので、
MHGは別としても、如何に売れるか注目ですね。
9. Posted by MIG-29   2009年04月15日 23:29
Pey殿>
>知っててあえて言うならば「勝手に開発費高騰させたんですよね?」

まさに「ユーザーが望んでないのにメーカーが勝手に突っ走ってしまった」感がまさに「自爆した」と言うべきか。

もう少し「身の丈にあった運営」をしてくれるメーカーがいなかったのかと…

>ソフト屋も意識し始めればゲーム本体を無料で配布する路線もあるでしょうね。

ありでしょうけど、ここ(→http://blog.livedoor.jp/borisgoto/archives/51626654.html)にあるようなタイプが主流になって、現在のゲーム機が廃れてしまいそうですが…
10. Posted by 半可通   2009年04月16日 07:07
HDTV対応のためHD(High Density:高解像度)表示に
進んだXBOX360やPS3が「背伸び」した部分で開発が
(主にメモリ不足で)面倒になったところは、次の
PS4などでは大幅に緩和されるようですが……
逆にXBOX360改とかPS3改という程度の魅力しかない
ハード性能よりソフト性能で売るようになる?

シンクライアント(ネット端末)的な進化などは
課金モデルを考えるとメーカー思考では歓迎ですが
客の「所有する欲望」を満足させるか業が必要です。
NHK(推奨規格)ゲーム機とか出したら米国が全力で
潰しにきそうだけど、TVのインテリジェンス化を
中途半端に進めている日本家電の現状だと、
一気にゲーム機ベースにするほうが良い気がします。
パソコンベースになるかゲーム機ベーかの違いで
米国では米国内企業の技術ベースになるので
パソコンベースで全てが統合されていく方向。

この記事にコメントする

名前:
 
 
Recent Comments
Monthly Log
Web Ring
 
 
 
 
Links
 
 
 
 
TalesWeaver
 
 
 
 
 テイルズウィーバー韓国公式
Service end
 
 
 
 
 
 
Board
 
 
Translation
Privacy Policy
当ブログに記載されている会社名・製品名・システム名などは各社の 登録商標もしくは商標です。利用している画像及び、データに 関する知的財産権は、各社、各情報サイトに帰属します。
当ブログはリンクフリーです。当ブログからの引用、転載は 自由ですが、各社及び各情報サイトの許諾が必要な場合が あります。
研究、考察に無関係、または思慮に欠けるコメントは一方的 に削除する事があります。
QR Code
QRコード