2011年03月13日

感じる違和感


(source:official site)

 11日に発生した東日本大震災でゲーム運営どころの騒ぎではない状況が続く中、それでも各社、各人でこの震災に対して、何が出来るか、思案、実行に移している。

 だが、こういう時に便乗して悪どい事を企む人や企業も存在する。誰かが困っているという事はそれだけでチャンスであり、震災という状況から注意、判断力が鈍り、その隙を突こうとする人が居ないとも限らない。

「GREE」が提供するオリジナルアバター「GREEボランティア」(100〜10,000ゴールドの間で購入金額を任意で選択可能)をご購入いただくことで募金することができます。本施策では、ご利用いただいた「1ゴールド」に対して1円相当を、グリーが負担し寄付します[プレスリリースより]

 一切のピンハネもなく、募金できる。この募金を実行する為のスタッフの人件費はGREE持ち。まさに慈善事業だ。更に友達紹介を利用し、そのGを募金に回す事も出来る。

 彼らは彼らなりのシステムを生かして募金に役立てているはずなのだが…どこか釈然としない。何が釈然としないのだろうか。

キヤノン、被災地の救済に義援金3億円〔大地震〕

キヤノンは12日、東日本大震災の発生を受け、被災地救済の義援金として3億円を拠出すると発表した

 こちらの方は単に義援金を拠出している。上記のGREEのやり方をキヤノンで行なうとすれば、IXYあたりに被災地救済カラーなどを施し、購入価格はそのまま募金になるとでも言おうか。

 どうにもソーシャルの課金には彼らの母数を増やしたい、または何かのリレーションを起こさせようという、彼らのいつもの商売の臭いがしてしまう。

 手段や方法など関係ない、被災地に募金が届けば良い。確かにそうかもしれない。ならばポータルの入り口に募金バナーを貼って任意課金させれば済むと思うのだが、何故にアバターを買わせたり、友達紹介させるのか。

 この手の善意には1%すら商売の香りがしてはならないと思う。商売の香りとは、通常の業務に関わるという意味だ。例えば、量販店で売上は全部募金になると宣言しても、穿った目で見れば、これを機に売れ残りを一掃処分、かつ企業イメージアップと見る事が出来る。

 心底、本当の善意だったとしても、通常の業務の片鱗が見えるだけで利得が見透かされるのである。

 何もしないより良い。今はそんな事を批判しているよりも行動が先。それも事実だと思う。なので、穿った見方を日頃している自分が間違っているのかもしれない。

この記事へのコメント

1. Posted by そよかぜ   2011年03月13日 13:48
同じ心境です。
2. Posted by イノセンス   2011年03月13日 14:14
>どこか釈然としない。何が釈然としないのだろうか。

私も釈然としません。何が釈然としないかいうと彼らの今までの儲け方が気に入らないからという理由で釈然としないんでしょうね。
後藤さんの言う通り募金したいならわざわざ課金という手段を取らないで任意で好きな額募金できる仕組みにした方がいい気がします。
3. Posted by 後藤   2011年03月13日 14:27
>彼らの今までの儲け方が気に入らないからという理由

ですかね。そこもあるんですが、例に挙げたように量販店やどこかのスーパーが在庫処分に募金をちなませただけで自分は同じ印象を持ちます。

自分の商売に絡ませてはダメだと思います。善意に1%の打算が混ざれば、残りの99%を疑われます。

ヤクザが何の利得もなく、町の人を救済する為に動いても、それまでの行為で疑われるでしょう?100%ですら疑われるんです。信用と同じ話です。
4. Posted by たまに見てる人   2011年03月13日 16:06
ニコ動でも同じような募金していて、コメントも荒れてる感じではあるのだけど、そのなかで「やらない善より、やる偽善」というコメントみて、そう考えることもできるなと。また、子供向けという意味では、いいやりかたかもと思います。ストレートに募金するのも、意外と心理的抵抗があると思います。
5. Posted by 通りすがり   2011年03月13日 16:30
>この手の善意には1%すら商売の香りがしてはならないと思う。

まったくその通りだと思います。
キャノンのようにするだけで企業イメージがアップするというのに、GREEのやり方には下心を感じます。
自分の懐がたいして痛まないどころか顧客を増やせるのかもしれないのですから。
ゲームで儲けようとする連中はろくでもないのが多いという私の見方は、ここでも裏付けられました。
福島原発が危機的状況にあるなか、最悪の事態が発生すれば日本の大部分が放射能汚染されてしまうかもしれないというのに、儲けることしか眼中にないとしたら本当に残念なことです。
6. Posted by R   2011年03月13日 18:19
私はこの施策については悪くないと思っています。

たとえばコンビニに震災の募金箱が置いてあるからといって、コンビニが震災の募金受付を利用して集客の手段としてるなんて言う人はいないでしょう。わざわざ銀行まで出向いて寄付金を口座に送金する手間をかけるまでのことはしない人でも、買い物のついでにお釣りを入れるぐらいのことはしてくれたりもするわけで。ハードルは低いほうが浅くとも広く募金を集められますよね。

ネット上に義援金受付の窓口はすでにいくらもあって、なにもわざわざ義援金を送りたいがためにGREE利用者になる必然性がなく、集客手段として利用しているというのは同意しにくい見方です。
私も偏見を承知でいうと、ふだんGREEやモバゲーやハンゲーやってるような層は、おそらく自分から積極的に募金先を探すような人は少ないと思うんですよ。でも、ソーシャルゲームで義援金アバターが販売されていて、フレンドがそのアバターに変更しているとしたら、自分もなんかしないとって気持ちになって(あるいはSNSにありがちな同調圧力、義援金送らないのってカッコ悪い)、そこに義援金の窓口がなければ得られなかったであろう寄付まで募ることができるって利点があると思うんです。

ですから、ふだんであればあまり利口でない、いたいけな青少年から小遣いを巻きあげているその課金の手軽さや課金させる圧力が、この被災地救済のための義援金を募る手段としてけっこう有効に働きそうで、私としては良い施策だと評価しています。

たしかに連中はこれまでろくでもない商売をしてきました。疑いのまなざしを向けるのはもっともです。しかしそれは彼らが集めた募金を全額ではなく必要経費分をちゃっかり中抜きするだとか、不正を行わないかどうかについて向けるべきじゃないでしょうかね。
7. Posted by 後藤   2011年03月13日 18:34
>いたいけな青少年から小遣いを巻きあげているその課金の手軽さや課金させる圧力が、この被災地救済のための義援金を募る手段としてけっこう有効に働きそうで

そこなんですよね。結果良ければ手段を問わないみたいで。善意って違う気がします。どうでもいいから金を募るのなら、国が税金から数%出すだけで募金以上の効果が出来ると思うのです(もはや募金ではないですが)

金額の高さが大事なのか、それとも助けたいという思いが大事なのか。自分は後者がなければ募金は単なる集金システムでしかないように思います。

しかし、募金と銘打って行なうより、いつものアバターで課金した方が気構えなく、普通に進むという部分は分かりますね。ターゲットに即した募金方法ですか。
8. Posted by イノセンス   2011年03月13日 19:02
難しい課題ですよね。
金額の高さも助けたいという思いも大事ですが、そのお金がどこで誰に手渡されたのかそこまで公開するべきだと思います。
伊達直人はランドセルを子供達にプレゼントしましたが、模倣犯で迷惑な贈り物をした方もいます。募金を募れば相当大きな額になると思います。それが適切な使われ方をしたのか?
そこが重要です。
お金を出すだけなら簡単です。今なら自室にいながら募金できます。それが適切に使われたかどうか、募金受け付けた側にはそこまで公開する責務が募金を募る側に対してあると思うんです。
かくいう私は自室から支援するくらいしかできません。下手に経験の無い人が現地に行っても迷惑になるだけですし…。
9. Posted by R   2011年03月13日 19:22
思いだけでは人は救えません。しかし、思いがなくとも、金は金だけで食料も薬も物資も労働力も調達することもできます。これは大切なことです。思いはあってもいい。でも、具体的に一人でも多くの被災者を救う力となるのは金額の多さです。

GREEやモバゲーは年端のいかぬ子供さえネットを通じて買い物ができるよう営々と敷居の低い集金インフラを整えてきました。テレビ局の時価総額をしのぐほどの企業にまでGREEを成長させたその恐るべき集金インフラをいまこそ社会のために人々のために活用すべきときです。

税金はもちろんうなるほど投入されますよ。阪神淡路大震災のときにも10兆円近く震災復興のために公的資金が投じられています。これは募金だけでは到底集まらない金額です。今回も被災地救援のための特別予算が組まれるでしょう。納税者はみなそれを負担することになるでしょう。だからといって、被災してない人が特別になにもしなくていいという話にはなるはずもなく。

ニュージーランド震災での募金は赤十字社に集まりました。これは赤十字社の人道支援に活用されており、国家による救援・復興活動では行き届かないところまでサポートされ、これによって世界中の人々が救われています。国は国でインフラの復興に多くの予算を割かなければなりませんし、予算の配分や使い道も限定されます。赤十字社に集まった募金であれば、救援活動のノウハウを積み重ねてきた彼らがすぐさま活動資金としてさまざまな用途に利用することができます。

集金システムでいいんですよ。優秀な集金システムであればあるほど、それは人命救助のための具体的なエネルギー源として働いてくれますから。
10. Posted by 後藤   2011年03月13日 19:29
>でも、具体的に一人でも多くの被災者を救う力となるのは金額の多さです。

その金が麻薬密売で得た金でも、真っ当な金でも金は金。金そのものに違いはない。そういう考え方はありますね。
11. Posted by R   2011年03月13日 20:12
それはまったく違う話です。麻薬密売で得た収益は日本でいえば犯罪収益移転防止法、海外でもさまざまなマネーロンダリング防止法によって取締の対象となり、汚れた金を寄付によって処分されても、犯罪組織がパクられたときに捜査・没収の対象になるので迷惑なだけの死んでいる金です。

善意のない金には意味がないという話とはまったく異なる話です。合法的な収益として稼いだ金をそこに善意がないからと否定対象とするのとはまったく違いますよね。善意がない寄付には心のこもってないお金には意味が無いなんて、安全なところでぬくぬく暮らしていられる人の寝言ですよ。
たとえば我々は日常、税金によって構築されたインフラやサービスの恩恵を受けていますが、その税金がどんな人からどんな手段で取り立てられたなんてことを気にかけるでしょうか?GREEもたくさん法人税収めてますよね。なぜ血税の出所は気にならないのに、人命救助の利用される金は純粋な善意であることを求められるのでしょう?

偽善が非難されるとしたら、それは24時間テレビや日本ユ偽フやエコキャップ運動のように、善意を装って救済されるべき人々へ使われるべき金額を無駄に目減りさせている連中でしょう。人々の募金が100%赤十字社にわたって救援活動に利用されるという確約さえあるのなら、気持ちなんて善意なんて問題ではありません。
自分は気持ちのこもった100円だから、パチスロ大当りしたついでで寄付した1万円より価値があるとか、そんな寝ぼけた主張を肯定するのは本当勘弁してください。大切なのは送る側の気持ちじゃないです。そんな勘違いしてるから外国の傷跡生々しく混乱収まらない被災地に千羽鶴を贈ろうなんて発想が出てくるんですよ。完全な善意で。いま、誰もができる、いちばん効果的な被災者支援は100円でも多くのお金を送る以外にはないです。100%善意じゃないからダメだろとかdisってる場合じゃないです。
12. Posted by 後藤   2011年03月13日 20:19
>自分は気持ちのこもった100円だから、パチスロ大当りしたついでで寄付した1万円より価値があるとか、そんな寝ぼけた主張を肯定するのは本当勘弁してください。

無理ですね。自分はその考え方の側なので。価値の比較は出来ないものの、その1万円より100円の心を信じます。千羽鶴が邪魔なのは分かりますが。

ならば、いつもの如く、補正たんまりついたアイテムを公開オークションでもして、一人当たり10万円出させたり、ガチャに特別アイテムでも入れれば、こんな名ばかりアバターよりもっと課金してくれると思います。

金額が望みなら、幾らでも金を集められる術があるでしょう。

>100%善意じゃないからダメだろとかdisってる場合じゃないです。

多分、自分は支援される側でなく、高見の見物というポジションに居るので、Rさんの仰るように、そういう状況でないのかもしれません。が、それでも善意につけ込むように見えてしまい、ますます彼らの商業感を疑ってしまう。それだけなんです。

立場なんでしょうね。自分が電気も食料もない状況だったら、Rさんの考え方が真っ当で自分がいかに世間ずれした事を考えているのか、思い知るような気がします。
13. Posted by R   2011年03月13日 21:40
後藤さんのお考えはわかりました。つい熱くなってしまって申し訳ありません。

キヤノンに打算はないか、その義援金は本当にGREEのそれよりもまっとうな金といえるのかというところにもすこし意見したいところはあるのですが、被災者支援のあり方についての議論は、ゲーム業界とは直接関わらない、もっと適当な場所があるかと思いますので、この辺りにして引き下がらせていただきます。
14. Posted by 後藤   2011年03月13日 21:51
>Rさん

ありがとうございます。すみません、私も自分の今の立場を超えて想像できる余裕があまりありません。もっと学び、視野を広げれば、違う見方も出来るのかもしれません。ご容赦ください。
15. Posted by 通りすがった   2011年03月13日 23:21
この議論には少し興味が出ました。

例えば有名アーティストがチャリティコンサートを開催したとして、それが人気取りだのあこぎだのと責められることはまずないと思います。これは、通常利益としている「プロとしての能力」部分を100%還元するからであって、集金スタイルとはまた別の話だからなのでしょう。

しかしコンサートの段取り自体は、やはり「寄付」ではなく「集金」です。「寄付」しているのは主催者(アーティスト個人)であり、コンサートに来る人はいつもどおり、値段分の才能を楽しんで帰るわけです。

まとめると、稼ぐ能力を持つものがそれを発揮し集金して、その利益を寄付する行為自体は、寄付の方法として「アリ」だと認識されていると考えて良いかと思います。支払う側はあくまで商売として支払うため、寄付とは違う資本からも義損金を得られるシステムとして、私は支持します。

ただ、今回のGREEの方法に商売臭がする原因は、

・販売されるアバターが災害に乗じたものである
 (自分達の能力ではなく便乗商売に感じる)
・GREEとの売買を介する必要がある
 (単純に別項目で募金を受け付け、そのうえでGREE会員だったなら特別アバタープレゼント…というニュアンスならば反発もなかったかもしれない)

ここに問題があるのではないかと分析します。
16. Posted by F   2011年03月13日 23:37
通りすがったさんの意見に同意です。
ただ
>・販売されるアバターが災害に乗じたものである
という点においては、経費を差し引かないという事で
あまり商売は感じません
友達紹介を促すコピーさえなければですけど
共同募金(赤い羽根募金)や、ユニセフ募金(某香港タレントがいる方)は
ちゃっかり経費引いてますからね
寄付してくれた人に対して、寄付したとアピールできる物を
提供する事自体は、良いと思うのですけど
17. Posted by G   2011年03月14日 00:46
えっこれって単に義援金集めを建前利用した法人税に対しての節税狙いでしょ。

だって寄付したきゃキャノンみたいに企業として身銭切れば済む話で、
なのにユーザーから義援金って形で金集めて、その金全額損金扱いにして法人税浮かせようって狙いじゃないの?

18. Posted by 通行人D   2011年03月14日 02:21
ドラゴンネストがイベント賞金の1000万を、イベント中止にして寄付をするらしい。寄付をするというのだから、文句はない。どうせサクラが1000万手に入れて会社に還元するだけだろうと考えていたのだし。

善意など欠片もなく、宣伝目的&税金対策なのは明確だ。不愉快な行為であるのに、寄付をするという建前があるから糾弾するのも違う気がする。”本当に寄付するのか?”という疑念も沸いてくる。信用というのは大事だと改めて実感します。
19. Posted by icchokami   2011年03月14日 03:37
GREEはほとんど何もしてないように見える。

キヤノンとかNHNは金出してる。
コンサートのは、アーティストが場合によってはステージ費用出したりしてるし、その為の場作りや時間を費やしてる。
20. Posted by 通りすがり   2011年03月14日 07:25
色々な企業の様々な形での無償支援が広がっています。
GREEのやり方は果たして賞賛に値する行動なのでしょうか。
集まったお金を全額寄付したかどうかは部外者には確認のしようがない点も指摘しておきたいと思います。
21. Posted by 通りすがってみた   2011年03月14日 14:46
>本施策では、ご利用いただいた「1ゴールド」に対して1円相当を、グリーが負担し寄付します。

この部分が釈然としません。
負担してるのはユーザーでGREEは仲介してるだけですよね。

これが、MMOなどのゲーム内で稼げる通貨や不要な装備を寄付したら、1M=1円で現実の金額に換金して寄付します。とかだったらすばらしいのでしょうけど。
(RMTの是非はあるでしょうが、有意義な使い方であると思います)
22. Posted by MG   2011年03月14日 22:25
ちょっと気になるのはここでGREEをうがった見方をしている人は
GREEのゲームをプレイするなり、この募金をしたのでしょうか?

私はプレイも課金も今回の募金もしてます。

ゴールド自体を買うこともできますが、
(厳密に言うと違いますが)
基本的にゲームで使用される仮想通貨のコインを購入した時のついてくるおまけでも手に入ります。
つまり、おまけのゴールドで募金している場合は、
ユーザーの負担はまったくないです。
私がまさにそのタイプですし、
周りで募金している知人もみんなそうです。

ついでに現在の募金状況です。

 現在の募金金額 134,020,700円
 募金人数      693,531人


それとGREEの課金がしやすいという話もよくでますが、
私が使っているDocomoもAUも両方ともパスワード設定もありますし、
課金するまでに5段階ぐらい踏んでいます。
全然課金しやすくなく、しつこいぐらい説明も出ています。
ボタン一つで課金できるシステムじゃないです。
23. Posted by MG   2011年03月14日 22:28
なお募金先に関しては、
日本赤十字社を予定しているそうで、
透明性を確保するために報告すると書いてあります。

疑惑を唱える前に少しは調べるべきではないでしょうか?
24. Posted by 後藤   2011年03月14日 23:13
>疑惑を唱える前に少しは調べるべきではないでしょうか?

調べませんね。何故なら、もう彼らは自分らのリスクを抑え、いつものアコギな課金を募金に利用していると「思い込み」ますから。調べるのは自分がそう思い込んでいるのが、もしかして違う?と疑惑を持った時です。

これが企業イメージです。現実がどうであれ、そう思い込まれてしまったらお終いなんです。

ガンホーがあれだけセキュリティやBOT対策に金と人を使っても、いつまでも罵られ、恨まれるのと同じです。

では、どうすれば、その穿った見方を変える事が出来るのか。それはもう、気の遠くなるほど長い期間、そうじゃないと訴え続けるしかないです。
25. Posted by 後藤   2011年03月14日 23:34
自分はRさんやMGさんの意見から実はアバター課金は負担の少ない募金方法で透明性もあるかもしれないとも感じましたが、他がワンボタンで課金させないのは、見方からすれば顧客にその課金は妥当か、使い過ぎではないかを確認しているのであって、逆に簡単に課金出来るのはそれだけユーザーから金を容易に絞り取ろうと見なす事も出来るわけです。

つまり、穿った見方をすれば、事実がどうであれ、受け取り方で変わるという事です。変えられるとすれば、単純に義援金にでもしておけば、釈然としないなどと言う感想にはならなかったでしょう(義援金は義援金でまた、色々あると思いますが…)
26. Posted by :D   2011年03月14日 23:48
>現在の募金金額 134,020,700円
>募金人数      693,531人

今日の朝ページを覗いた時は1億ジャストくらいでしたが、1億3千万まで上がりましたね。もっと合計が増えて、その分をきちんと募金に回してもらえれば、わずかながらでも足しになるのではないでしょうか。

ただ、募金額って一人平均200円程度なんだなあ・・こういうところは渋い(冗談ですが^^;;
27. Posted by F   2011年03月15日 00:36
アバター販売という形式を取る事によって
商売しているという匂いが出てしまう
という事ですが
逆に考えると
ただ単にアバターが欲しいだけで買われたお金が
義援金と化す場合もある訳で
また、過去購入したポイントで、すぐ使う予定のない
また、端数ポイント等をとりあえず寄付しておくという
人もいると思います。

本当は、会社から義援金を拠出した上で
寄付の窓口を設けるという形式だと良かったのですがね。

28. Posted by :o   2011年03月15日 00:54
スレと関係ないですが、掲示板に原子力発電の詳しい解説記事のリンク貼っておきました(右上twitter経由で紹介されてたものです)。
29. Posted by HBK   2011年03月15日 01:24
皆さん募金に関しては様々意見があるかと思いますが、ここの議論はRさんが引くことで収束しているはずです。いたずらに蒸し返すのはやめましょう。

それぞれが納得できる方法で被災者へ支援できれば、それでいいんじゃないですかね。
30. Posted by 後藤   2011年03月15日 02:01
>HBKさん

ゲームに関係している、してないよりも、昨今の世の中の動き、行動の仕方の討論会みたいになりそうですね。自分も脱線気味です。すみません(しかも、かなり神経質な内容です。よくよく考えると、昔の自分は全部スルーしてましたね)

この記事にコメントする

名前:
 
 
Recent Comments
Monthly Log
Web Ring
 
 
 
 
Links
 
 
 
 
TalesWeaver
 
 
 
 
 テイルズウィーバー韓国公式
Service end
 
 
 
 
 
 
Board
 
 
Translation
Privacy Policy
当ブログに記載されている会社名・製品名・システム名などは各社の 登録商標もしくは商標です。利用している画像及び、データに 関する知的財産権は、各社、各情報サイトに帰属します。
当ブログはリンクフリーです。当ブログからの引用、転載は 自由ですが、各社及び各情報サイトの許諾が必要な場合が あります。
研究、考察に無関係、または思慮に欠けるコメントは一方的 に削除する事があります。
QR Code
QRコード