2011年06月06日

まだまだ狙い目か?


(source:official site Title:OCO)

iPhoneのMMO、20日間で100万ドルの売上
[INVEN]


最近、ゲームロフトは、オーダー&カオスオンラインを発売し、20日ぶりに100万ドルの売上をあげたと発表した

 iPhoneでMMORPGはそれなりにあるものの、ここまでリッチなMMO体験が出来るものは少ない。ゲームロフトが得意とする、既存のゲームをベンチマークする手腕は素晴らしく、抜きん出た完成度を見せている。

 が、それでもMMORPGは人を選ぶと思っていた。スマートフォンはそれほどガチのユーザーは少なく、やはり日本のケータイ同様、お手軽ユーザーが大半なのではないかと思っていたのだが…

 おそらくはゲーム内課金の差が出ていると思われる。単にケータイのようにアプリ代金だけで売上を狙えば、購入者xアプリ代金しかないが、ゲーム内課金は容易にアプリ代金の何10、何100倍も課金させる事が出来る。

 市場シェアから見て、1割か2割でも、こうした課金によってメジャー並の売上を狙う事が出来る。もう無料+ゲーム内課金は定番になるだろう。いよいよ北米も人数よりも客単価にシフトしていくのか、それとも、このようなゲームジャンルだけなのだろうか。

現在、国内の業界では、このようなスマートフォンMMORPGの優れた性能にとても驚きながらも、MMOPRG産業を起こした韓国の法律と制度のために世界的なスマートフォンのゲーム業界に一歩遅れて進出することに

 韓国はオンラインゲーム市場が最も早く成長し、かつ、オンラインゲーム以外のゲーム市場が殆ど存在しない国だ。その市場の1/3はMMORPGが占めており、世界で最もMMORPGを開発している国と言える。

 しかし、その韓国は国の法律と制度の都合で国内にapp storeが出せず、海外進出も厳しい状況で開発力、経験はあれど、スマートフォンの市場に踏み込めず、ヤキモキしている。

 日本は…全てが遠いのだろうか。リッチなのは一部の見せ場用コンテンツだけで、ソーシャルで鍛えたセンスを使い、非同期MMO的なものならば作れそうな気がするのだが。

 

この記事にコメントする

名前:
 
 
Recent Comments
Monthly Log
Web Ring
 
 
 
 
Links
 
 
 
 
TalesWeaver
 
 
 
 
 テイルズウィーバー韓国公式
Service end
 
 
 
 
 
 
Board
 
 
Translation
Privacy Policy
当ブログに記載されている会社名・製品名・システム名などは各社の 登録商標もしくは商標です。利用している画像及び、データに 関する知的財産権は、各社、各情報サイトに帰属します。
当ブログはリンクフリーです。当ブログからの引用、転載は 自由ですが、各社及び各情報サイトの許諾が必要な場合が あります。
研究、考察に無関係、または思慮に欠けるコメントは一方的 に削除する事があります。
QR Code
QRコード