2013年10月03日

命運が分かれた?


(source:MK2 Title:WM)

グリーが希望退職者200人募集 従業員1割削減
[social game info]


同社では、厳しい経営環境の下、収益性の改善を重点課題に掲げ事業の選択と集中を推進してきたが、事業規模の適正化と経営資源の効率化を一層推進するため、今回の決定に至った、としている

 一昨年前はモバゲーと共にソーシャルゲームの両雄と呼ばれていたが、昨今は差をつけられ、このような結果に。ちょうど昨年、この両社が異なった経営方針を打ち立てていたのを思い出す。

 グリーは子供騙しみたいなチープなクオリティから、ゲームと呼べるクオリティのあるものを提供、既存のソーシャルゲームとの差別化を図ろうとした。家庭用の市場原理からすればPS3とかのゲームが並ぶ中、横にファミコンのゲームが売られていれば誰も買わないわけで、クオリティがゲームを決定するという考え方に到るのも分からなくはない。

 だが、彼らが得意とする顧客動向の調査では、何故ユーザーが金を払うのかは掴めなかったのだろうか。別にそこにクオリティの高いゲームがあり、その満足度や感動から金を払っていたわけではないと思う。単に仕組まれた欲望スイッチを刺激され、捨てられないステイタスを作り、維持するため、もっと自分の存在をアピールする原動力が金だったから、あれだけの利益が作れたのではないだろうか。

 それはクオリティが格段に成長した今も課金の仕組みは何も変わっていない事からも伺える。ボイスがついたり、3Dデータを扱うようになった分だけプレイのレスポンスが低下、かつてのソーシャルゲームのように直ぐにいつでも遊べ、何も考えなくていい、ただ、金を払いポチポチと押していれば結果が出る内容から離れつつある。

 しかし、ソーシャルゲームに金を払い続ける層からすれば、何も考えず金で蹂躙、または時間を投資さえすればステイタスが築けるという内容だからこそ、止められず課金し続けたと思われる。仮に自分の思考力が楽しみたいとか、刹那の判断の妙技を楽しみたいのであれば、そんなゲームに時間や金を費やすのがバカバカしくなるからだ。

 見た目や音がリッチになった代償に逐一読み込むようになり、遊びにくくなって、課金のロジックは以前と変わらないようなゲームはゲーマーは勿論、ソーシャルゲームの中毒者からも敬遠される内容になっていなかっただろうか。

 一方、モバゲーはこのリッチ化に警鐘を鳴らしていた。その意図は利益率からの発言なのかもしれないが、あくまで手軽にあの程度の内容が遊べるからこそ、あの客層が集まった事を理解していたように思える。

 では、グリーはこのまま沈んでいくのだろうか。この市場の原点に立ち戻って商売するのであれば、まだ挽回できるのかもしれない。それともいっそ、次世代機並のビジュアルとサウンド、著名なクリエイターを起用し、大作のような売り方でブランド形成を狙うのだろうか。

 仮に世間の評判を集めたとしても、何に金を使わせるかが変わらない限り、変わらないように思える。かつてはステイタスを築き、その維持に金と時間を使わせてきたが、昨今の流れはそことは違うものになりつつある。

この記事へのコメント

1. Posted by たぬ吉   2013年10月03日 09:37
ライトユーザーをまるっとLINEにぶっこ抜かれたってのが一番でかい気がしますが・・・

ただゲームプラットフォームとして考えた場合、利益的なヒットはちょいちょいあったのかもしれませんが、大ヒットにつながるゲームを提供できなかったのは大きいかなぁと。

コミュニティ形成にもそんなに注力してなかったからゲームに飽きたら居残る必要がないっすからねぇ。
2. Posted by 後藤   2013年10月03日 11:20
>たぬ吉さん

LINEも看板というタイトルや後続に苦しんでいるように見えますね。パズドラの成功から非ポータル系の時代に変わった気がしますが、かといって非ポータル系が次々と成功しているわけでもない、と。
3. Posted by たぬ吉   2013年10月03日 13:25
LINEは今のところゲームメインじゃないからいいんじゃないすかね。コミュニティツールとしての立場が磐石ならやり直しは効きますし。

非ポータル系は1つ成功した後ユーザーを横に流すことができないのが厳しい所ではあります。
セガとかは他のアプリ入れたら魔法石プレゼントみたいなのやってますけどねー
うまくいってんのかなアレ。
4. Posted by F   2013年10月04日 02:56
http://toyokeizai.net/articles/-/20836

問題はそれだけではないようで
この記事によると、来年2月には
さらに崩壊する可能性が.....

5. Posted by 後藤   2013年10月05日 14:41
>Fさん

焼畑商売と言われてますからね。儲からなくなれば離れるのは否めないかと。

ゲーム屋は利益も大事ですが、ゲームを世に出す事が目的で儲かれば何でもいいというわけではなく、やはりゲームを作り、そのゲームに価値を感じて対価を払ってくれる顧客の増加、育成が
ゲームという市場の発展につながるものだと思っています。

もはや、そんな企業理念を持っている会社もあるのかわかりませんが…

この記事にコメントする

名前:
 
 
Recent Comments
Monthly Log
Web Ring
 
 
 
 
Links
 
 
 
 
TalesWeaver
 
 
 
 
 テイルズウィーバー韓国公式
Service end
 
 
 
 
 
 
Board
 
 
Translation
Privacy Policy
当ブログに記載されている会社名・製品名・システム名などは各社の 登録商標もしくは商標です。利用している画像及び、データに 関する知的財産権は、各社、各情報サイトに帰属します。
当ブログはリンクフリーです。当ブログからの引用、転載は 自由ですが、各社及び各情報サイトの許諾が必要な場合が あります。
研究、考察に無関係、または思慮に欠けるコメントは一方的 に削除する事があります。
QR Code
QRコード