2013年11月05日

いつの時代もあるが


(source:official site Title:PC)

必要に応じてゲームの世界を変える!ペリアクロニクル
[THISISGAME]


プロジェクトNTからペリアクロニクルと名を変えたこのゲームは、 プレイヤーがゲームの中の世界を変えていくクレブチンシステムと召喚獣キラナがメインのコンテンツです

 10年前にも似たようなビジュアルのMMORPGを見た事がある。この路線は何が作り上げたのかは定かではないが、いつの時代も廃れずに発表されるところを見ると、作る側に一定数、こういう路線を好む人が居るか、同じく遊ぶ側に一定数居るという確信、または現実があるのかもしれない。


(source:official site Title:PC)

 実際のゲーム画面で見ないと分からないものの、モデルはイラストほど魅力はない。だが、モデルの出来が良くてもゲームが単調だったり、バランスが悪い場合は人が残らない。そんなタイトルを幾つも見てきた。

 同作品はネクソンが買収したシングソフトによるものだ。かつて1000万人級の会員数を誇るMMORPGを幾つも持っていたネクソンだが、今はそれらもすっかり風化し、10年級のタイトルばかりとなっている。 


(source:official site Title:PC)

 自分も多分同世代なので、こういうビジュアルに惹かれなくもない。だが、その追求は大体の場合、未完成で終わるか、生活系が充実していても持続に結びつかず、ありがちな廃人コンテンツへ向かってしまう。

 何度も繰り返されてきたのだが、こうして同じ道を辿るようなタイトルが出るのは自分らは違うという確信があるのか、それとも、その程度の目標でいいから到達点として目指しているのか。

 既に市場は無数のMMORPGがひしめく時代からDOTA系が1/3、FPSが1/3、大作と呼ばれるMMORPGが残りを占めるような時代であり、中堅のMMORPGが出たとして、かつての初動も出せないのではないかと思う。

この記事へのコメント

1. Posted by たぬ吉   2013年11月06日 09:46
>DOTA系が1/3、FPSが1/3、大作と呼ばれるMMORPGが残りを占める

それぞれ1/4で最後の1/4にブラゲが入る気がします。(PC環境という意味で)


まー、風呂敷広くても中身はさっぱりだったりしますからなんとも言えない所はありますが、最近個人的に思うのは、話題にちょろっと上がってもそれが燻りにくい環境になったなぁと思いますね。
ブログが下火になってからと言うもの、ツイートの海にマイナーな話題は全部押し流されてるような感じです。
2. Posted by 後藤   2013年11月06日 11:14
>最近個人的に思うのは、話題にちょろっと上がってもそれが燻りにくい環境になったなぁと思いますね。

情報も寡占化するとそういう事になるんでしょうね。日本だと割とオンラインでブラゲの枠があるのですが、韓国の場合、花札、ポーカーといった賭博系かミニゲーム系という、殆ど欧米のブラウザと同じ歴史を辿っています。

外部の風当たりを気にしてか、各社ともに賭博系の比率は下がるものの、ランキングを見ると30位台に結構残っているので、世間がどう変わろうと続けている人達がいるという事を表しているかと思います。
3. Posted by あほうとり   2013年11月06日 20:53
>後藤さん
>モデルはイラストほど魅力はない。
確かに実際に動いている姿を見てみないことにはわかりませんが、モデルの出来は悪くないように見えます。
また,原作ありな作品のようですので市場からも一定の評価は得られるとの勘定が働いているのでしょう。

是非とも工夫を凝らして頑張ってもらいたいものです。
4. Posted by 後藤   2013年11月06日 21:18
>あほうとりさん

いや、原作はないです。元は「プロジェクトNT」というものからこのタイトルに変わりました。韓国の原作なんて大したもんはないです。

ネクソンはこの開発会社を買収しています。ネクソンだけでなく、NHN、NCソフトなど未だにセンスの良さそうなものが作れそうな開発があると買収に進みます。おそらくはPCではこれらのタイトルは埋没しますが、来るべき時にスマホでPC並のクオリティで遊べるものが求められた時にこうした会社が役立つという確保のために動いているのではないかと勝手な予想をしています。
5. Posted by あほうとり   2013年11月06日 21:54
>後藤さん
>いや、原作はないです。
そうなのですか……。
自動翻訳をあてにしたのが悪かったようです。

この見かけで中身はバリバリのWoWクローンとかなら意外性で行けるんじゃないかと思ったりしたんですが。

韓国はつらい時期ですからねえ。日韓併合で折角切れた大陸国家の玩具に戻りかけていますからねえ。色々と考えることがあるのでしょう。
6. Posted by あほうとり   2013年11月09日 22:54
>後藤さん
というか,日本人こそがこの様な可愛らしいグラフィックでWoWやEQ2のクローンを出すべきではないのでしょうか!
7. Posted by 後藤   2013年11月10日 00:57
>あほうとりさん

仰る通りです。日本だけがゼロからそれらを創造できる能力を持つのですが、いかんせん、金と技術力がありません。

なので、スマートフォンで良いので日本人ならではのデザインでMMOやMOが出ないかと思っていましたが、昨今は幾つか出ており嬉しい反面、プレイ感がPCのまま、操作性はそのままスマートフォンに落としたせいか劣化に感じられ、自分は長くても1、2週間で辞めてしまいます。そのままプレイしていても先が見えて、続ける気が起きないのです。

それはあくまで経験済みの自分で同じ繰り返しがしたくないからという意見であり、未経験の人からすればそれは新鮮で新しい世界であり、中毒者からすれば、いつでもどこでもオンラインで遊べるので嬉しい場でしょう。
8. Posted by 後藤   2013年11月10日 01:02
自分が今、悩んでいるのは今もそうなのですが、短いプレイ時間で楽しめ、かつ手軽な操作、スマートフォンに最適化したMMORPGのようなものが登場すれば成功するのではないかと思うのですが、FF14のように、MMORPGとはあれだけの時間と場所を要求するからこそ、その見返りが得られ、あれだけの人が持続するのではないか、つまりMMORPGとはあの形以外の文法で出しても成功しないのではないかという疑惑です。

スマートフォンで従来のようなMMORPGがこれからメジャーになった場合、読み方が難しいのです。PCという場から離れても成功する→利便性、自由な遊び方が求められている、と見なすべきなのか、従来のプレイサイクルがあるから需要があり、PCでなく、スマートフォンという分母が成功の鍵となったと見なすのか。

まだ、そこまで大成功のタイトルがないので情報不足ですが、新たしい芽はそこから生まれるのではないかと見ています。
9. Posted by あほうとり   2013年11月10日 02:03
>後藤さん
>劣化が感じられる
まだまだスマートフォンに操作システムをうまく落とし込めていないのでしょう。
何がMMORPGに必要なのかスマートフォンで何ができるのかをもう一度考え直すことができるのならいけるのではなにでしょうか。無理にPCと同じにする必要はないと思います。
例えば,チャットは音声入力オンリーをメインにするとか(ちょっとテキトウですね)。
10. Posted by たぬ吉   2013年11月11日 16:41
>>8
>スマートフォンに最適化したMMORPG

通信環境がよくなりパケ放題が普及してるとは言えMMOな雰囲気を作るには非同期型にするしかない。
その上で多人数である事を意識させるなら、ユーザー動向による環境の変化とかやってみるのも一興じゃないすかね。
「みんなの動きで世界や物流が変わる」のであれば他のプレイヤーを感じることができる気がします。
11. Posted by 後藤   2013年11月11日 20:53
>通信環境がよくなりパケ放題が普及してるとは言えMMOな雰囲気を作るには非同期型にするしかない。

自分も非同期が好きで、だからこそドラゴンポーカーに期待し、そして失望した身なのですが、世間はソーシャルでもリアルタイム対戦が増えつつあります。同期必須なら、スマホなんかでプレイせずにPCでガッツリ遊ぶ方を選びます。手軽で自由だからこそ、ソーシャルやスマホで遊ぶと自分自身は思っています。

これは動機を作るには「この時間」のような制限と共に時間を共有しているという蓄積が必要という経験から出てきたのかと思うものの、自分のように時間に縛られたり、通信環境の悪さからプレイを断念するユーザーもそれなりにいるのではないかと思ったりします(その証拠なのか、リアルタイムを売りとしているものはそれなりに高い順位にあるものの、ずば抜けて1位や2位という順位に昇った事がないように見えます)

しかし、パズドラみたいなポジションは狙って狙えるものではないので、こうしたフォーマットで高い持続率が維持できるというのであれば、ひとつの成功パターンではないかと思います。
12. Posted by たぬ吉   2013年11月12日 10:37
最近個人的にやってみたのは、勇者アレン、ギャザドラ、アニマル戦隊、メルファリアマーチなどなどですが、難しいものですねアプリは。
絵の選定からゲーム内容、UIなどちょっと油断するとすぐに不満が出る。

強化と進化がつき物ですが個人的に思うことは「かなり長いスパンでの育成計画が見えてしまう」というのはモチベーション低下に大きく影響しますね。
うまいこと誤魔化して先を見えないようにするテクニックが必要かもしれませんw
13. Posted by あほうとり   2013年11月12日 22:42
>後藤さん
>たぬ吉さん
片方だけをやる必要は無いんだよ。
同期も非同期もやればいいじゃない。
同期はスパーリングとか,非同期は遠征とか。
(やめて,開発者が死んじゃう!)

強化も進化もパワーアップは男の子の夢ですが,あんまりやりすぎるとキャラを磨り潰して強くするシステムになりますからね。
一度ドロップしたらイベント以外では取り返せないとかするとそういうのは減ったりして……。まあ,効率プレイする人には関係ないですね。
14. Posted by 半可通   2013年11月13日 16:32
トレーラームービー
Peria Chronicles (Project NT) Online Trailer Teaser
ttps://www.youtube.com/watch?v=pPWlja0Yaw8

シャインオンラインの進化版というか、マビノギに近い物を現代水準で作りたかったような感じも受けますが……

良くも悪くもネクソン運営なので、日本でもマビノギ卒業したプレイヤーとか注目しそうです。

私(半可通)としては、キャラメイク含めた自由度とか、運営とか気になりますが、触手が動くレベルではなくピクピクする程度かなぁ……もうちょっと色々な要素が欲しいなあ……
15. Posted by 後藤   2013年11月13日 16:45
>同期はスパーリングとか,非同期は遠征とか。
(やめて,開発者が死んじゃう!)

開発は別に良いのです。その分の金を貰えば済むので。同期が大っ嫌いな身からすると、その同期、たとえば毎日10時にはレイドがあるみたいな仕様がある非同期MMORPGがあったら、自分は遊びません。

設計的にその同期部分がメインコンテンツになるからです。レイドでいい評価を受けて良い装備を得る、またはレイドで活躍する為に良い装備が必要という。

そういうバランスだと非同期は同期できないデメリットを持った格下プレイになるわけで遊んでいても不愉快なのです。ならば全部同期で思いっきり遊んだ方がマシなくらいで。
16. Posted by 後藤   2013年11月13日 16:47
これとは逆に同期がメインで非同期の場合、ここまで腹が立ちません。この場合、非同期は放置プレイ、スズメの涙みたいなものを得られる、遊んでいない時間を有効に活用するように仕向けます。

そうする事で同期、実際にプレイしている時間に価値を作らせます。つまり、同期と非同期が混在している場合、同期の方に重きを置くのが普通なのです。

17. Posted by 通る   2013年11月15日 10:48
全く関係なくてすみません
クリエイト系流れが加速しそうです。

プレイヤーがアイテム、村、ダンジョン、マップも作れる。MMORPG「PERIA CHRONICLES」 開発元インタビュー
http://kultur2.blog.fc2.com/blog-entry-1687.html
18. Posted by あほうとり   2013年11月16日 17:11
同じような記事が出ていましたのでご紹介。

[G-Star 2013]「PERIA CHRONICLES」では自分だけの世界を作り出せる。地形の変更やパーツを組み合わせてのアイテム生成などが明らかにされた,プレス向けイベントをレポート

4gamer.net
http://www.4gamer.net/games/192/G019201/20131116004/

一から世界を作るとなると,しり込みしたり力尽きたりするプレイヤーが出ると思うので,ある程度の完成品からセレクトしたり,他人のデザインを利用できるようなモードがあっていいかも。
19. Posted by alu   2013年11月19日 10:56
キムハッキュ氏の新作MMORPG「Tree of Savior」も公開されていますね。
記事になるか楽しみにしてます。

今国内のMMORPGはブランド力の強いドラクエ、FFの一人勝ちの状態なのでこの辺で他の作品も巻き返してほしいところです。
20. Posted by :3   2013年12月15日 19:03
>強化と進化がつき物ですが個人的に思うことは「かなり長いスパンでの育成計画が見えてしまう」というのはモチベーション低下に大きく影響しますね。

いちユーザーからすると、ここがクリティカルですね。先がどうなるか想像出来てしまう事ほどやる気をそぐものはありません。

この記事にコメントする

名前:
 
 
Recent Comments
Monthly Log
Web Ring
 
 
 
 
Links
 
 
 
 
TalesWeaver
 
 
 
 
 テイルズウィーバー韓国公式
Service end
 
 
 
 
 
 
Board
 
 
Translation
Privacy Policy
当ブログに記載されている会社名・製品名・システム名などは各社の 登録商標もしくは商標です。利用している画像及び、データに 関する知的財産権は、各社、各情報サイトに帰属します。
当ブログはリンクフリーです。当ブログからの引用、転載は 自由ですが、各社及び各情報サイトの許諾が必要な場合が あります。
研究、考察に無関係、または思慮に欠けるコメントは一方的 に削除する事があります。
QR Code
QRコード