2014年01月03日

2014年に来るもの

 昨年の調査では日本のスマートフォンの普及率は約50%という話で、殆どのソーシャルゲームもネイティブに移行しつつあり、予想していたように演出やボイスが家庭用並に使われるようになってきた。

 ならば、普及率70%を超える韓国ならば、家庭用ゲーム市場もなく、あっという間にPCの市場など食ってしまうほど爆発的に成長するのではないか?と思うのだが、家庭用ゲーム機が普及しなかったように、スマートフォンでのゲームプレイも何故か予想していたよりも鈍い。

 しかし、まったく需要がなかった2005年以前とは違い、アプリでのMO、MMO、ソーシャルゲームが増え、PC市場は殆どが大手の寡占となったせいか、新作よりも手堅い路線が今年のラインナップになっているように思える。


(source:official site Title:RS2)

 昨年は多忙なせいか、GSTARに関してまったく書く時間が無かった。そのせいで「レッドストーン2」も触れずに年を明けてしまった。


(source:KDI-news Title:RS2)

 日本ではアイテム課金をいち早く成功させたMMORPGとして有名だが、2004年当時でも4,5年昔のクォータービューMMOで、現地ではまったく話題性はなかった。

 日本での成功が大きいせいか、見た目もトゥーン寄りにしてあり、かつ、低スペックのノートPCでも動く辺りで留めている。ほぼ完全に日本攻略用ではないかと思われる。


(source:KDI-news Title:PBS)

 ネオウィズは昨年の半ば辺りにMO「プロジェクトブラックシープ」を発表。設定は中世の調査団みたいなものがあるが、ゲーム内容はごく普通のリアル系アクションに見える。戦闘の打撃感にこだわったらしく、操作した時の気持ち良さは高いかもしれない。

 だが、ネオウィズのMMO、MO運営はことごとく失敗しており、同作品もおそらく埋もれていくだろうと予想。日本に来るとすれば多分、ゲームオンではないだろうか。


(source:KDI-news Title:CLOSERS)

 やたら日本のラノベやアニメの影響を受けていそうな「クローザーズ」も今年公開予定。意外にストーリーやイベント色が高いので、日本でも興味を持たれそうな気がする。


(source:KDI-news Title:CLOSERS)

 現地ではこういう路線で長生きしたタイトルはないので、ほぼ完全に輸出専用ではないかと思われる。


(source:KDI-news Title:SW)

 同様に「ソウルウォーカー」も来年には公開される。こちらはNHNでのサービスが確定している。「クローザーズ」よりもキャラやクオリティは洗練されてはいるものの、ストーリーや世界観はあまり無いように思える。


(source:KDI-news Title:SW)

 それらがあったとしても、MOという周回プレイで持続させるにはトレハンを強いる動機付けが必要であり、この2作にそれがあるのかはわからない。


(source:KDI-news Title:ToS)

 「ラグナロクオンライン」の継承者とも言える「ツリーオブセイヴァー」も来年であり、かなりの数のコンテンツが既に実装済みらしい。日本ではハンビット運営になるのか、まだ分からないものの、ハッキュ氏のタイトルなので初動で沈むような事はまず無いのではないかと思われる。

(C)NEOWIZGAMES All Rights Reserved.
(C)L&K LOGICKOREA All Rights Reserved.
(C)NADDICGAMES.All Rights Reserved.
(C)LIONGAMES.All Rights Reserved.
(C)2002〜2012 GRAVITY CO.,LTD. Lee Myoung-Jin.
All RIGHTS RESERVED.
(C)IMC Games Co., Ltd. All Rights Reserved.

この記事へのコメント

1. Posted by MMO放浪者   2014年01月05日 21:47
ツリーオブセイヴァーは私もかなり期待しております。ハッキュ氏とROの面影が感じられるデザイン。過去にROをプレイした人ならこのタイトルを見過ごすことはできないでしょう。
運営とユーザー(特に一番大事)が協力してお祭りムードが作り出せれば長く続くタイトルになるかもしれません。

それとも別のソーシャルゲームがヒットするのか・・・。
2. Posted by 半可通   2014年01月08日 21:13
ツリーオブセイヴァーに関して、IMCが権利回収し
ハンゲーム以外でサービス提供という噂もあります。
http://kultur2.blog.fc2.com/blog-entry-1690.html
Tree of Saviorの最初のテストであるフォーカス
グループテスト(FGT)が2014年2月に計画されている。

日本で「どこ」が運営できるのか?

Gravity社はROアップデート続けていますが、
個人的には魅力がないですし、RO2も音沙汰なく
Tree of Saviorと「かぶる」可能性あったRO3は
影も形もない状態ですね。
3. Posted by 後藤   2014年01月08日 21:50
>半可通さん

となれば、NHNかゲームオンではないかと思いますが、ネクソンが再び、MMORPG復権に名乗りを上げるかもしれません。
4. Posted by 半可通   2017年10月27日 07:08
NCソフト社長の父が遺体で見つかる 警察が捜査着手 http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/10/26/2017102602280.html?ent_rank_news

中国の「THAADいじめ」で韓国の中小ゲーム会社の半数が破産http://www.recordchina.co.jp/b194988-s0-c20.html

「THAADいじめ」より、PCゲームMMOからスマホMOへの流れで韓国の強みが消えた結果でしょう。

この記事にコメントする

名前:
 
 
Recent Comments
Monthly Log
Web Ring
 
 
 
 
Links
 
 
 
 
TalesWeaver
 
 
 
 
 テイルズウィーバー韓国公式
Service end
 
 
 
 
 
 
Board
 
 
Translation
Privacy Policy
当ブログに記載されている会社名・製品名・システム名などは各社の 登録商標もしくは商標です。利用している画像及び、データに 関する知的財産権は、各社、各情報サイトに帰属します。
当ブログはリンクフリーです。当ブログからの引用、転載は 自由ですが、各社及び各情報サイトの許諾が必要な場合が あります。
研究、考察に無関係、または思慮に欠けるコメントは一方的 に削除する事があります。
QR Code
QRコード