2014年02月04日

変わるのか、残るのか


(source:official site Title:DQMSL)

ドラクエ新作のガチャの確率がヤバ過ぎるとネットで大炎上
[秒刊サンデー]


60回、つまり最低でも3万円必要となるが、その結果・・・残念ながらレアモンスターを引くことができなかったようだ。ちなみに筆者も試したところレアモンスターである(Sクラス)は出なかったものの、Aクラスは登場した

 正直、ソーシャルのガチャなんてこんなもので、毎月2ケタ近い万という金を注ぎ込むゲームだと自分は理解しているものの、世間的にはまだその感覚には染まっていないらしい。

 それもそのはず、同作品は国民的RPGの「ドラクエ」の冠を持つタイトルで誰もが楽しく遊べるものだと思うものだ。同じように「ドラクエX」がオンラインで公開された時も世間とギャップが生まれた。

 ソーシャルに慣れた身からすれば、別にこれが普通であり、毎月5,6万は奪っていくのが当たり前、上位を目指せば2ケタの万が消えていくのがソーシャルゲームだ。

 気になるのは自分のように多くの人もこの類のゲームには毎月、普通のゲームの何倍もの金を使うものだと自覚していくかである。そして、自覚した結果、それを容認してプレイを続けるのか。

 既にこの類のソーシャルゲームが何年も運営され、上位を持続しているところを見ると、自覚した上でプレイを続けている人は結構存在する。

 一方で一度は大枚を投じたものの、見返りに気がつき、これらのゲームに見切りをつける人達もいる。

 そして、こうした課金ではない形で人気を集めているソーシャルゲームも幾つか存在している。

 誰もが知っているIPを持つから、このまま残り、人々はそういう風に金を使うゲームだと認識して遊び続けるかもしれない。大手がこのままならば、中小がそれに習うのも自然な話だ。

 しかし、ソーシャルゲームは大手だから、有名なIPだから売れるわけではない。この辺がまだ、未来を変える可能性が残っている気がする。

(C) 2014 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
Developed by Cygames, Inc.

この記事へのコメント

1. Posted by :3   2014年02月05日 13:16
こんなのも出てました。

【DQM】ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライトで返金祭り発生中・・・スクウェア・エニックスとサイバーエージェント子会社Cygamesが作った糞ソシャゲー死亡確認
http://hamusoku.com/archives/8243805.html
http://hamusoku.com/archives/8241252.html
2. Posted by :3   2014年02月05日 13:25
ご丁寧に返金用のテンプレまで用意されているようで・・必要な方はご参考にどうぞ。

ちなみに、確率表記はまだされてないのでしょうか?詐欺やりたい放題に見えるのですが。

>【返金用テンプレ】
金の地図ふくびきというアイテムガチャのため、●●円を課金しました。
その金の地図ふくびきを引く際の画面には金の地図が8割、銀の地図2割で表示されていましたが
金の地図は全く出ませんでした。
現在、その画面は運営会社により金5割銀5割へと無言で変更されています。
これは著しく事実と相違し、実際よりも優良であるかのように錯覚させる行為であり、
不当表示の疑い、及び優良誤認に該当するかと思われます。
誇大広告の禁止の点からも含めまして●●円の返金を求めると同時にゲーム運営会社に指導を求めます。
3. Posted by :3   2014年02月05日 17:35
ヤフーのニュースにも出ているようです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140205-00000065-it_nlab-sci

ドラクエ返金祭の風評が立ってはぐれメタルな勢いでサイバーエージェントからお金逃げ出す
http://kabumatome.doorblog.jp/archives/65780761.html

一般に知られてないゲーム名ならいざしらず、「ドラクエ」ですからねえ。

この記事にコメントする

名前:
 
 
Recent Comments
Monthly Log
Web Ring
 
 
 
 
Links
 
 
 
 
TalesWeaver
 
 
 
 
 テイルズウィーバー韓国公式
Service end
 
 
 
 
 
 
Board
 
 
Translation
Privacy Policy
当ブログに記載されている会社名・製品名・システム名などは各社の 登録商標もしくは商標です。利用している画像及び、データに 関する知的財産権は、各社、各情報サイトに帰属します。
当ブログはリンクフリーです。当ブログからの引用、転載は 自由ですが、各社及び各情報サイトの許諾が必要な場合が あります。
研究、考察に無関係、または思慮に欠けるコメントは一方的 に削除する事があります。
QR Code
QRコード