Granado Espada

2010年09月10日

地盤が不安なんだが…


(source:4Gamerから転載 Title:GE)

同接1.5倍,新規定着率5倍。「グラナド・エスパダ ルネッサンス」のリニューアル成功要因を運営プロデューサーに聞いてみた
[4Gamer]


中尾氏によれば,セレスタイトには,新規プレイヤーおよび2〜3年以上前にGE Rを休止したプレイヤーが集まっているという。その一方で,既存ワールドの伸びを,休眠期間がここ1年以内のプレイヤーが復帰したからと説明した

 復帰組の起点は正直読めない。韓国でも「アイオン」が売り出された時、他のMMORPGは軒並み下がると予想されていた。

 実際、軒並み下がったのだが、NCソフトのリネージュシリーズはむしろ逆に上がった。まるで思い出したかのように復帰組が現れたと予想する。逆にこの時期、一番下がったのはちょっと前に売り出したばかりの「プリウス」だった。

この理由を,バランス調整と必須だった有料アイテムを無料化したことに加え,上位コンテンツを制限したことにより,プレイヤーに「先を急がず,じっくりプレイしよう」という心理が生じたのではないかと分析する

 短期的な収益という面では疑問ではあるが、昨今、無料でも持続が狙えないご時勢にそこまで持続できたのはバランス、UIが優秀なのだろう。MMORPGはある一定時間遊ばせれば、資産、コミュニティが生まれ、辞め難い状況に持ち込む事が出来 る。 
⇒続きを読む

2010年09月09日

かなり頑張っている


(source:4Gamerから転載 Title:GE)

グラナド:エスパダ,オルペシアワールド終了イベント実施
[GAMEDONGA]


先に,オルペシア家門が移転するワールドを申し込めば家門のレベルによってホームプレミアムサービス,プレミアム宝物箱などふんだんなアイテムが支給される

 「グラナド・エスパダ」はルネッサンスに変わり、大規模な新規対策を行なってきた。しかし、新規の入るサーバーがいかに利便性が高く、居心地が良くても、結局は古参の中に戻すようならば、新規はそこで居なくなるのではないか。ずっとそんな疑問を抱いていた。

 同作品もその辺は想定していたらしく、本サーバーに戻る際、プレイが大きく変わらないように、様々なアイテムでバランスを調整、お得感をアピール。

既存ワールドに移転した新規ユーザーの適応を助ける党には迎入家門数に応じて来月 28日から党員皆に戦闘経験値最大30%追加恩恵が与えられる

 一番の問題は古参の対応だろう。新規が入ってきても無視、またはカモにするような姿勢ならば新規は本サーバーに入ろうとしなくなる。古参が古参だけで群れたり、新規を狙っていたぶる図式を変えねばならない。

 同作品はその部分を補償で誘導している。昔はこの辺はユーザーの任意で循環が生まれていたが、今はもう市場が飽和している。次々と新しいタイトルへと人が流れていく。

 一度、掴まえたユーザーをどう逃がさずに望むプレイスタイルに適応させていくか。今後のMMORPGはそういうコンテンツ作りが求められるように思う。

 しかし、同作品、これだけ頑張っているのだが、韓国ではイマイチ順位が上がらない。この辺をどう作り込んでも新作の人気の前には無意味なのだろうか。

(C)2003-2010 IMC Games Co.,Ltd./Published by
Hanbit Ubiquitous Entertainment Inc.


2010年08月12日

時代はオートだよ!


(source:official site Title:GE)

ついに「グラナド・エスパダ ルネッサンス」始動。プレイヤーがいなくてもキャストが育つ新機能を搭載。“ルネッサンス”を紹介するPVも4GamerにUp
[4Gamer]


キープモードで学校や仕事,行楽に出かけている間に,自動戦闘に失敗してしまうということがあっても,公式サイトにアクセスできれば建て直しもできるというわけだ

 同作品が公開された後、「キープモードはBOTか?」という議論がユーザー内で起きた。韓国で同作品が一度没落した理由として、このモードの影響が挙げられている。

 今回のものは更にパウァーアップ、無線でBOTをコントロールできる。並列時間という価値の作り方は社会との共存を作る上で、ひとつの成功例であり、この内容自体は実はそれほど新しいものではない。

 既に結果が出ているように、BOTはコミュニティを希薄にし、タイトルを痩せ細らせる。

 だが、今の人達はそうなのだろうか。どうでもいいようなザコ狩りにいちいちINして遊ぶ必要があるのだろうか。遊びたいのはレイドやギルド戦であり、ある時間だけ、友人と一緒に遊べる事が今風のMMORPGの遊び方ではないだろうか。 
⇒続きを読む

2010年08月04日

日本での変化は


(source:4Gamerから転載 Title:GE)

4年の歳月を経て“真の姿”に生まれ変わる? オンラインRPGの常識を覆すかもしれない「グラナド・エスパダ ルネッサンス」運営スタッフインタビュー
[4Gamer]


ゲーム序盤では1〜2時間のプレイで次々に上位のマップに行けるとのことで,それに伴って異なる風景やモンスターが続々と登場する

 ゲーム序盤はサクサクと進みそうだ。同作品は見た目もMCCも遊び応えがあるので、パッケージ的な路線に合うと思う。無料でこんな完成度の高いゲームが遊べるなんてと感動するだろう。

 だが、それで売る側は何年遊ばせようとしているのか、だ。4年の歳月を謳うものの、この政策は商品価値を失った型落ちのMMORPGを超高速レベルアップとかで売り切ろうとした某タイトルと変わらないのかもしれない。

 カンストするまでサクサクが続くのなら、そこまでの期間ストレスなく遊べ、素晴らしいゲームだったと思うのかもしれない。だが、売る側はそこで終わってほしくないはずで、何年もユーザーを遊ばせ続けようと思うはずだ。

 4年間蓄えたコンテンツをおいそれと消耗させては続かないと思い、ほんの最初だけサクサクにするか、4年分あるのだから、3年分くらいはサクサクと遊ばせようと思うか。

そこでリニューアルでは,ビジネスの枠を無視し,既存のMMORPGの概念に捉われることのない調整を目指しました

 この言葉を信じるのなら、4年分サクサクと遊べるものにしているのだろうか。ならば、数ヶ月どっぷりと遊んだら遊び尽くしてしまうのだろうか。

しかも基本無料だ。どこかで集めた客に金を払ってもらわなければならない。何事もなく、サクサク遊べて飽きたらサヨウナラでは商売にならない。
⇒続きを読む

2010年06月23日

ブランド化に成功か


(source:official site Title:GE)

グラナドエスパダ、ルネサンスで接続2倍
[Gameshot]


更新前の同時接続者が100 %と見れば、新規接続者を含め、同時接続者が200 %になるするなど、スタートから快調を見せている

 「グラナド・エスパダ」のリニューアルが好調なスタート。復帰組用のコンテンツの賑わいから、完全な新期よりも休眠ユーザーの方が多い可能性がある。

 既に公開から4年経つが、デザインの優秀さのせいか、古さを感じさせず、他のMMORPGにない耽美なセンス、かつMCCのやり込み要素など、現在でも決して劣らないタイトルだと思う。

 今回の復帰は元々の期待値が示す数字と思われるが、有料コンテンツの無料化で釣られただけなのかもしれない。それはこの数字が続くかどうかで見えてくる。

(C)2003-2010 IMC Games Co.,Ltd./Published by
Hanbit Ubiquitous Entertainment Inc.


2010年06月15日

ルネッサンスの正体


(source:official site Title:GE)

新世界が開かれる!グラナドエスパダ:ルネサンス
[THISISGAME]


ユーザー達のプレイを妨害していたすべての有害な要素を思い切って削除して、ユーザ利便性を大幅に強化し、開発者中心ではなく、 100%ユーザー中心の、ユーザーの観点から作成された「グラナドエスパダ: ルネサンス」を披露

 ルネサンスの正体は予想通り、リニューアルだった。ここが単なるアップデートならば、既存ユーザー、特に高レベル向けになるはずで、ここまで仕切り直しを意識させない。


(source:official site Title:GE)

 主な内容はより簡単に分かり易く、かつコンテンツに面白みを持たせる形を目指している。より手軽に始められるようになった感はあるものの、行き着く先は同じである。

 ここで簡単に始められた人は既存ユーザーと違うレイヤーに進むように出来れば、単に導入部だけの手直しではなく、違う展開になったのだが…

 運営はユーザーを増やす政策は良く行うものの、区分けという政策はあまりしない。だが、マネージメントから考えると、増やして減らさないだけでなく、区分けと誘導を視野に入れるべきではないかと思う。

(C)2003-2010 IMC Games Co.,Ltd./Published by
Hanbit Ubiquitous Entertainment Inc.


2010年06月03日

模様替えの時期か


(source:official site Title:GE)

「グラナド・エスパダ」に別れを告げる……? 韓国HanbitSoftのGE公式サイトにタイトルリニューアルをうかがわせる意味深なティザーページが登場
[4Gamer]


高レベル帯を含めて,少なくとも日本国内では“ほぼ開拓し尽くされた状態”といえるGE+

 言い方を変えれば賞味期限が切れたとなる。だが、MMORPGはそんな生易しいものではなく、死ぬまで続けられるというレベルが存在している。

 後発の同作品がその域までユーザーを高められたか、多分、居ないからこそ、こんな芝居を打つのだろう。

 大型アップデートの目的は離脱しようと揺らぐ人に期待を持たせ、現役に動機を持たせ、新規に機会を与える事と思われる。

 仕切り直しなら、一端閉じてしまえばいいのだが、今まで持続させてきたユーザーは運営にとって資産以外の何物でもない。それを容易く捨てるなど自殺と呼べる話だ。 
⇒続きを読む

2010年03月02日

ハッキュ氏は多忙


(source:4Gamerから転載 Title:GE)

4周年を迎える「グラナド・エスパダ プラス」2010年には,大きな転機も? プロデューサーに今後の展開を聞いてみた
[4gamer]


インゲームイベントを頻繁に行うようにしてからは,プレイヤーの定着率向上や新規プレイヤーの流入増加も見られるようになりました

 コンテンツ追加はどうしても本国に支配される中、運営サイドで出来る事はイベントとなる。

 韓国でもインゲームイベントが活発なタイトルは比較的持続していた。タイトルをどう生かすかは運営が握っている。

 しかし、一方でMMORPGはほぼ完全に廃人をいかに長続きさせるかというビジネスに固まった感がなくもない。

 このインタビューでは新規も増加し、定着とある事から、同作品においては新規も持続して遊べる内容があるようだが…
⇒続きを読む

2009年07月21日

割とテコ入れするが…


(source:4Gamerから転載 Title:GE)

あのエミリアが悪に染まる? 新展開も発表
「グラナド・エスパダ プラス」3周年記念
オフラインイベントレポート[4Gamer]


この7月で正式サービスの開始から4年目
を迎えたGEでは,
「戦略性を楽しめる」
「好きな時間に仲間と楽しめる」
「オリジナルコンテンツを楽しめる」
という,三つのキーワード

かつてBIG3と呼ばれた代表格である。
ROの父と呼ばれ、韓国でもブランドになるほど
知名度のあるハッキュ氏が手がけた、豪奢で耽美、
壮大な世界観を持ったMMORPGを予感させた。


(source:official site Title:GE)

ファンタジーよりは近代的なそのセンスは未だに
他のものと差別化できていて、日本人でも好む人
は多いと思われる。 
⇒続きを読む

2008年12月15日

愛に飢えているのさ!


(source:21.cn Title:GE)

中国における同作品の不調は個人的には運営する
九城が買うだけ買って放置みたいな運営をした事が
理由と思っているのだが、当の本人達は同作品の
内容が問題だと考え、中国は中国独自の内容を
自分らで作ると言い出したのは今年の9月。

ようやく中国らしい内容が出てきた。
この国にとって、MMORPGは出会いとレジャーの場
である。 
⇒続きを読む

2008年09月11日

煽り方も大事だ


(source:official site Title:GE)

ユーザー達が離れるのでなければ成功
[Gameshot]


コアゲーマーは自分が持ったアイテムを現金と
等しく思うから、上級アイテムがアップデート
されれば、自分の持っているアイテムの価値が
下落するのでストレスを受ける人が多かった

ユーザーの持続を支えるものは自分が得た資産であり、
その資産が無価値になる事があれば、今まで費やした
全てが無価値となり、動機を失う。

決して資産だけがMMORPGの動機ではないのだが、
ゲームの目的は成長と競争に終始しているものが多い。

なので、上位アイテムを出す際は既存のアイテムの
価値が下がらないよう、配慮しなければならない。
⇒続きを読む

2008年08月26日

開発させてくれよ…?


(source:17173.com Title:GE)

九城,GEの中文バージョン開発権争う?
[MUD4U]


人気低調現象に対して開発社であるIMCに
必ず中国ゲーマーたちの趣向に当たるように
修正を力強く要求した

「グラナド・エスパダ」はかなり早い時期に中国
で契約されたものの、そのスタートは遥かに遅れ、
かなり旬が過ぎた時点から始まった。

個人的には同作品が売れないのは、その内容的
な部分もあるが、「ワールドオブウォークラフト」
ばかりを優先する九城にも問題があったと思う。

九城は開発に対し、もっと中国人向けにしなさい
と要望を出している。国が違ったり、運営と開発
が違う場合、これが起きない場合はない。

ここは両者の力関係と開発の開発力で決まる。
最新版のアップデート内容からすると、開発力は
既に削減済みではないかと思われる。
⇒続きを読む

2008年08月25日

遊び方は人それぞれ


(source:KDI-news Title:GE)

グラナド・エスパダ、既存ゲーマーのためのサービス
すること[GAMEDONGA]


他の雰囲気を持った新作ゲームも開発中と言い
ながらMMORPGでグラナド・エスパダではない
新作を製作中だと近況を明らかにしたりした

ハッキュ氏は新作に着手しているようだ。
韓国有数の開発者なので、公開された折には紙面を
賑わせてくれそうだ。

低レベルゲーマーたちのためにクエストや狩り
経験値上昇などで1000%以上早く進行する
ようにしている

こちらでは新規ユーザーは通常の10倍以上の速さ
で成長できるらしい。

どこでもレベル上げは苦行という認識しかないのか。
ならば、なぜレベルなどというものがあるのか。 
⇒続きを読む

2008年08月20日

ばら撒きとコスプレ


(source:official site Title:GE)

グラナドエスパダ、3.0 最後のアップデート
記念イベント実施[GAMEDONGA]


8月19日以後初めて接続する新規ゲーマーや5月
31日以後接続記録がなかったゲーマーに3万ウォン
相当の開拓支援セットと新規レアコスチューム5種
を支給するイベントだ

残念な事に大規模アップデートの割にはコンテンツの
内容が第三文明というキーワードのみでしか扱われて
おらず、新規、復帰に対するイベントばかりが目立つ
ものになっている。

いかに同作品がユーザー増加を迫られているか、この
部分だけでも明らかだ。

(C)JOYIMPACT Co,LTD.All Rights Reserved.
(C)2003-2007 IMC Games Co.,Ltd./Published by
Hanbit Ubiquitous Entertainment Inc.




2008年06月17日

不思議なデザインだ


(Source:KDI-news Title:GE)

グラナドエスパダ,新規ペットとダンジョンアップ
デート[GAMEDONGA]


ボペットはキャラクターの体力が低くなれば自動
ヒーリングで自分の体力を回復させてくれて,
体力に余裕がある時にはキャラクターの能力値を
進めてくれるバフをかけてくれる

新しいペットが公開された。ペットが実装されていない
MMORPGを探す方が大変だが、ペットは割と型がある。


(Source:official site Title:AIKA)

愛玩動物から始まり、神獣などの空想上の生物、
最近ではペットといいつつ、人間以外の何者でも
ないものが出てきた。

同作品のペットは能力はごく普通だが、デザインが
よくわからない。これは可愛いを狙ったのか、それ
ともブサカワとか、キモカワとかいう路線か?

(C)JOYIMPACT Co,LTD.All Rights Reserved.
(C)2003-2007 IMC Games Co.,Ltd./Published by
Hanbit Ubiquitous Entertainment Inc.

2008年05月20日

ゴンタ君か…?


(Source:KDI-news Title:GE)

グラナド・エスパダ、ペットシステム導入
[Gameshot]


周りにあるアイテムを自動で拾ってくれ、今後は
ボブペットやヒーリングペットなど多彩な種類が
公開される予定だ

韓国系MMORPGでペットのいないタイトルは少ない。
同作品もついに導入。その内容も他のペットと大差は
ないように見える。

ただ、大きく違う点として、このペットのエサは第3通貨
であるペソを通じてしか買えないという事だ。

(C)2003-2007 IMC Games Co.,Ltd./Published by
Hanbit Ubiquitous Entertainment Inc.

2008年04月22日

貧乏だか金持ちだか…


(Source:Fan site Title:GE)

グラナドエスパダ3.0 アップデート記念イベント
実施[THISISGAME]


レアコスチュームイベントはイベント期間に初めて
加入する新規ユーザーと今年1月31日以後ゲーム
に接続する復帰ユーザーに最高級レアコスチューム
をプレゼントする

耽美、豪奢な世界観が売りの同作品。この路線は
極めると幻想的な方向へと向かうのか。

総400人余りには最高級韓牛と最高級米,キムチ,
石鹸などの国内特産物とラーメン1箱 ,シャンプー
セットなどの生活必需品を贈呈する

だが、一方で牛肉や米、ラーメンにシャンプーと
いった災害援助品みたいなものも振舞う。実に
不思議なイベントだ。

(C)2003-2007 IMC Games Co.,Ltd./Published by
Hanbit Ubiquitous Entertainment Inc.

2008年04月15日

第三の通貨を導入


(Source:official site Title:GE)

GE,新しい貨幤と少女キャラクター取り揃えた
3.0 バージョン公開[THISISGAME]


ペソは指定された地域で指定された方法を通じて
獲得することができるから、オートや作業場から
一般ユーザー達を保護することができ、ユーザー
達はゲームプレイで得たペソで決済なしに有料
アイテムを持つことができる

要点をまとめると有料アイテムが買える、ゲーム内
貨幣となるのだろうか。

このペソという第三の通貨はゲーム内プレイで得る
事ができるのだから、オート、作業場でも得る事が
できそうに思えるのだが…

一番大きいのは現金がない人でも、有料アイテムを
買う事ができる点だろう。

(C)2003-2007 IMC Games Co.,Ltd./Published by
Hanbit Ubiquitous Entertainment Inc.



2008年03月18日

ガチャのない国


(Source:official site Title:GE)


グラナド・エスパダ、プレミアムパッケージ発売
[Gameshot]


プレミアムパッケージでは既存有料アイテムパッケージ
から脱した新しい概念のパッケージで5万ウォン以上の
価格を50%以上割引された24200ウォンで楽しむ事が

韓国でガチャが存在するのは「SDガンダム カプセル
ファイター」
のみだ。これは文字通りカプセルなので、
ガチャにならざるを得ない。

日本では当たり前のガチャだが、向こうではガチャ
を模倣した売り方をするだけでユーザーは怒る。
今回は福袋みたいなものに加え、くじ引きみたいな
要素も含まれており…ユーザーの怒りを買いそうに
思える。

(C)2003-2007 IMC Games Co.,Ltd./Published by
Hanbit Ubiquitous Entertainment Inc.
(C)SOTSU, SUNRISE (C)SOTSU, SUNRISE, MBS
(C)BANDAI KOREA Developed by SOFTMAX /
Published by CJ internet.

2007年12月26日

グラナド・エスパダ2?


(Source:official site)

ハンビット、グラナド・エスパダ2確定?
[Gameshot]


IMCゲームス公式HPに上がってきた3つの画面が次期作
に使われるエンジンを「グラナダ・エスパダ」にテストして
みた結果物

今のところ、「グラナド・エスパダ2」とは明言されては
いないものの、売上の成果からすれば続編はあって当然
だろう。

問題はリリース時期である。
オンライン市場では新作と旧作は同時に運営される事が
多い。そして大抵の場合は、MMORPGの構造によって
旧作に新作は敗れる。

最近は世代交代が早い気がする。最近加速する消費速度
からすれば当然かもしれないが、家庭用と違い、前作も
アップデートしつつ、新作を作らねばならない。

前作のアップデートを別チームに任せ、新作を作るか。
または別チームが新作を作るのか。人問題はどの会社
でもある話だ。

売れれば問題ない


(Source:official site Title:GE)

グラナド・エスパダ、累積売上げ300億突破見込み
[ゲーム朝鮮]


グラナド・エスパダの全世界累積売上げがパンヤ
に引き続き二番目で300億ウォンを突破することと
見込まれると26日明らかにした

日本円で約36億円。公開後、下落していく同作品
に現地メディアはBIG3の衰退と嘆いたが、この
数字があれば、結果は出したと胸を張れるのだろう。

しかし、この額の殆どは20ヶ国に輸出した契約金
ではないかと思われる。各国の市場を見れば、その
国から入るロイヤリティは大体予想できる。

2年前あたりから世界中にばらまき、契約金を稼ぐ
手法は一般化しているが、今後はこの手法は難しく
なるだろう。

(C)2003-2007 IMC Games Co.,Ltd./Published by
Hanbit Ubiquitous Entertainment Inc.

2007年11月02日

首にしても怒りは残る


(source:official site Title:GE)

グラナド・エスパダ PK職員公式謝罪
[ゲーム朝鮮]


先週、韓国の「グラナド・エスパダ」でGMらしき
人物が最強装備でユーザーをPKしまくった事件が
起きた。

掲示板は運営に対する抗議や反発で溢れ、いよいよ
代表が公式に謝罪文を掲載する事となった。

今回の事件に関わった職員は開発者ではなくて,
テスト及び運営と係わる職員で解雇及び懲戒措置
が取られた

この加害者が運営スタッフか開発者かはあまり関係
がないように思えるが、土着ユーザーには重要な事
のようだ。

職員をクビにしても、ユーザーは運営に対して怒り
が収まらないらしい。どうやら求めるものは補償の
ようだ。

(C)2003-2007 IMC Games Co.,Ltd./Published by
Hanbit Ubiquitous Entertainment Inc.

2007年08月28日

金は払ってねーぜ


(source:4Gamer Title:GE)

ハンビットと九城,彼らの本音は?
[gdaily]


ハンビットソフトは去る10日2004年9月九城と契約
したグラナドエスパダ最小契約金280万ドルに対する
支給が引き延びになっていることに対して法的訴訟
も辞さないという立場を明らかにした

ついこないだ中国でようやく運営開始か、と思ったが、
九城は金を払っていないようだ。24日、このままでは
運営が滞ると見たのか、九城はハンビットに対し払うと
約束したものの、難癖をつけて中々払わないような気
がする。

同作品だけでなく、他のタイトル、他の運営会社でも
中国は似たような事件が多い。偏見は持ちたくないが、
少なくとも同じモラルは持ち合わせていない気がする。

(C)2003-2007 IMC Games Co.,Ltd./Published by
Hanbit Ubiquitous Entertainment Inc.


2007年08月03日

こちらでも水着実装


(source:4Gamer Title:GE)

「グラナド・エスパダ」の水着写真を掲載
[4Gamer]

夏と言えば、海と水着。MMORPGは現実の季節に
応じたイベントがごく普通にあるので、これも特に
違和感のない光景だ。

元々、キャラクター的に優れている同作品、水着は…
というと、個人的にはややモデルが悪い気がする。
体型がかなりゴツいのだ。 
⇒続きを読む

2007年06月28日

1年が経過


(source:4Gamer Title:Granado Espada)

HUE COOに聞く,「グラナド・エスパダ」一周年と
HUEの今後3年間の展望[4Gamer]


韓国では無料化以降、20位内に返り咲き、安定した
順位を維持している同作品だが、日本の様子はどうか。

党専用掲示板を利用すれば,新規にGEを始めてまだ
まだキャラクターのレベルが低いプレイヤーであっても,
ベテランプレイヤーの教えを請うことができるでしょう

チラッと除いてみたが、中々に使いにくい。
初心者がこの掲示板の存在と使い方がわかるとは正直、
思えない。

そもそも、コミュニティとは大抵の場合、仮想世界で
出会い、会話した上で成り立つものではないだろうか。 
⇒続きを読む

2007年05月26日

時限型はキライ


(source:Playforum Title:GranadoEspada>

グラナドエスパダ,モバイル決済イベント進行
[MUD4U]


モバイル決済は最近、どのタイトルでも行なえるようになり
つつある。おおよそ1人に1台あり、ウェブマネーなどより
も簡単な決済方法だ。一端ゲームポイントに換金せずに
直接ゲーム内アイテムが買えたりすると、翌月の請求に
驚く人が多くなるだろう。

グラナドエスパダはユーザー達が直接コスチュームを製作
してゲーム内で活用することができる期間制コスチューム
製作システムを追加した

ある程度のパーツの組み合わせでオリジナル衣装でも
作れるのだろうか。その場合の補正など気になるところ
だが、もっと気になるのは期間制という言葉だ。これが
予想通り、時限という意味なら失望である。 
⇒続きを読む

2007年05月16日

持続にはネタが必要


(source:KDI news Title:Granado Espada>

グラナドエスパダ「バハマルの魔女」アップデート
[MUD4U]


新規地域、バハマルは100レベル以上のユーザー達の
ための高レベル地域でウスティウル地域の上側に広く
開かれた沼地だ

あらゆるMMORPGはカンストしてしまうと、途端に動機を
見失う。大抵の場合、そこまで育てた資産があるため、
そのタイトルを抜ける事はなく、別キャラ育成などを始める。

だが、浮気は可能だ。そして他のタイトルを遊んでいる内
に本家の資産の価値が薄れたり、関係が疎遠になって
自然引退…という事もあるし、逆に古巣の方が落ち着くと
言って戻る事もある。

政治も予定されている内容を完全に実装したわけではない
が、ユーザーをつなぎとめるにはコンテンツ追加が一番、
効果があるのだろう。

(C)2003-2007 IMC Games Co.,Ltd./Published by Hanbit
Ubiquitous Entertainment Inc.

2007年04月18日

ガチャ…ではない?


(source:4Gamer Title:Granado Espada>

「GE」,新たなアイテム購入システムを4月24日に
実装[4Gamer]


既存のコンテンツ『トレジャーインパクト』と違い、
アイテム商品種類が少ないためほしいアイテムが
狙いやすく、低価格、更に商品の確率や当選まで
の流れを自分の目で確認できるので、安心して
トライできます

実際に使わない身からすれば、ガチャに変わりない気が
するのだが、売り手はより狙いやすくなったとアピール
している。

アイテム課金において、ガチャは最も購買欲を得られる
コンテンツだが、このガチャのあり方もまだまだ凶悪な
ものへ変化できる余地が残っていそうだ。

(C)2003-2007 IMC Games Co.,Ltd./Published by Hanbit
Ubiquitous Entertainment Inc.

2007年03月23日

全サーバー戦開始


(source:official site Title:Granado Espada)

グラナドエスパダ、全サーバー最強の党、選り分ける
[gdaily]


ワールド統合トーナメントは統合サーバーを構成して
総10個の党がトーナメント対陣を構成,14対14の団体
PvPコロニー占領を通じて全サーバーをひっくるめて
最高強者を選り分ける戦争だ

投票が同作品の性質上、競争が鈍化しているサーバー
もあり、盛り上がらないところもあったが、ワールド統合
トーナメントならば、その問題はない。

このトーナメントで各コロニーや敵陣に向かう途中も
戦闘になる可能性があるらしく、各党の裏工作なども
可能らしい。

単なる力自慢ではなく、泥臭い闘争を盛り込むあたり、
まだ、同作品の当初掲げていた野心は残っている気が
する。

(C)2003-2007 IMC Games Co.,Ltd./Published by Hanbit
Ubiquitous Entertainment Co.,Ltd

2007年03月13日

言葉ひとつの違い


(source:Slash Games Title:GranadoEspada)

グラナド・エスパダ、アップデート「GE2.017」を実装
[Slash Games]


新要素として「有料ダンジョン」や新ボスが実装される。
「有料ダンジョン」は、入場するのに有料アイテムが
必要となるダンジョン

個人的に基本ラインは無料、しかし、追加されるクエスト
やダンジョンは個別に金を払う形こそ、売り手と買い手が
納得し、今の市場に適した形と思っていた。

上記の有料ダンジョンはその形のはずなのだが…
「有料ダンジョン」という語感に抵抗を感じてしまう。
金を払わなければ「ならない」感がしてしまうのだ。

ベストな形は金を払ったと意識させずに金を使わせる事
で、そこには言葉やイメージ、間に一枚挟むなどの工夫
が必要である。

(C)2003-2007 IMC Games Co.,Ltd./Published by Hanbit
Ubiquitous Entertainment Co.,Ltd

2007年03月11日

投票、立候補する意味


(source:KDI news Title:Granado Espada)

グラナドエスパダ,初選挙投票率58%で集計
[GameMeca]


公約掲示板を作って、サーバーのオート根絶にもっと努力、
45%の利金で中小規模党を支援する、などの多様な内容
の公約で活発な選挙活動を広げた

このマニフェストめいたものはは中々面白い。公約違反の
規則などないので、好きなだけ嘘八百が書ける。もっとも、
それで信用を失えば次はないが、結局どれだけ党員が多い
かが当選を決めてしまうため、手段などどうでもいいのだ。

人口の多いサーバーや、対立する党が存在するサーバー
ではこのように面白い展開があったものの、一党がほぼ
独占しているサーバーや、対立すら冷え切ったサーバー
では公約を書くことすらなかったようだ。

同作品に必要なのは、サーバー間の自由移動かもしれない。

(C)2003-2007 IMC Games Co.,Ltd./Published by Hanbit
Ubiquitous Entertainment Co.,Ltd

2007年02月27日

選挙実装


(source:official site Title:Granado Espada)

本日、韓国の「グラナド・エスパダ」に選挙が導入
された。

各派閥の党首が立候補し、党員が投票する形で各派閥
の代表には税率調停権と警察権が与えられる。

また今までコロニー占領党首に与えられたマーケット
積立金はコロニー戦集権派閥代表に与えられる。

政治は現地ユーザーの好みからすれば、かなり効果的
なコンテンツに思える。ただ、実装される内容は過去の
MMORPGで見たもの、結局は利権に対しどうするかと
いう部分のみであり、あまり目新しい気がしない。

(C)2003-2007 IMC Games Co.,Ltd./Published by Hanbit
Ubiquitous Entertainment Co.,Ltd


2007年02月11日

意外に長生きだ


(source:official site)

1月、2月、欧米のビッグタイトルに加え、数多くの続編が
βテストに入る事から苦戦は免れない…と予想していた
のだが、欧米タイトルは運営、政治的な問題で思った
以上に人気がなく、続編も相次ぐ延期で実際、めぼしい
ライバルは市場に出現しなかった。

そのせいか、同作品の順位は20位圏内に持続中。
党レベルアップシステム、制服を導入、党内の結束性
を強化する事がコミュニティ活性、人口の定着を促す、
と見込んだのだろう。

今後も現時点でシェアを揺るがすほどのタイトルが出る
気配がなく、3,4月あたりまでは同順位圏に安定しそう
な気がする。

(C)2003-2007 IMC Games Co.,Ltd./Published by Hanbit
Ubiquitous Entertainment Co.,Ltd

2007年01月25日

名を変え、北米進出


(source:official site)

「グラナド・エスパダ」が北米で名を変えて「ソードオブ
ザニューワールド」
として運営される。

2004年あたりまでは北米で運営される韓国タイトルは
10本にも満たない数だったが、昨年あたりから日本
とまではいかないものの、20近い数が輸出されている。

この内、シェアが取れているのはリネージュシリーズ
のみであり、他のタイトルの人気、現状は不調にしか
見えない。現に幾つかのタイトルは撤退している。 
⇒続きを読む

2007年01月16日

ブルロンという魅力


(source:official site)

「グラナド・エスパダ」テストサーバーで2.0
稼働[4Gamer]


PKシステムが実装されるのか気になっていた同作品
だが、遜色なく日本にも実装された。

強制攻撃するとブルロンという状態になるようだ。
この状態の特徴は

・全キャラクターから敵扱いとなる
・頭上に赤いドクロマークがつく
・倒した数によって、特殊Buffの効果が増す
・ブルロン状態でしか行けない街、クエストが
 ある
・状態を解くにはモンスターを狩るか、ブルロン
 状態のキャラクターを狩る
⇒続きを読む

2007年01月14日

無料でも変わらない


(source:official site)

グラナドエスパダ、朝三暮四運営
[PLAYFORUM]


韓国の「グラナド・エスパダ」が無料後、新規加入が以前
の約25倍、ダウンロード数が約60倍近く跳ね上がって
いる。

この背景に何かあるな、と思っていたが、無料化と同時に
イベントキャッシュ支給を行なっていたようだ※1

アイテム課金はユーザーにいかに課金アイテムが買う事に
値するかを知らしめる必要がある。その方法は幾つかある
が、直接的な方法として初回限定で無料配布、または今回
のようにキャッシュを支給するという方法がある。 
⇒続きを読む

2007年01月12日

増加が続く世界


(source:official site)

グラナドエスパダ、無料化以後上昇勢急増
[GAMEDONGA]


昨年末無料化でサービスを切り替えた後、急増する
ゲーマーにより、新しいサーバーを追加,無料化当時
5個であったサーバーが総9個に増えるようになった

昨年無料化後に3つ追加したが、ユーザーはいまだに
増加傾向にあるのか、最初の3つでは収まりきらない
のか、さらに追加するようだ。

経験値20%増しなどのイベントでさらに新規獲得を
狙うようだ。対抗相手がいなければ、来月には10位
内に返り咲く可能性が高い。

(C)2003-2006 IMC Games Co.,Ltd./Published by Hanbit
Ubiquitous Entertainment Co.,Ltd

2006年12月29日

内容では補えない


(source:official site)

GE 2.0と部分有料化,そして未来
[THISISGAME]


年末、現地のゲーム賞の中で最も権威のある大統領賞
を受賞、無料化で人口が急増している同作品。

実際はどうなのだろうか。同作品の道程、現状に対する
考察が掲載されている。

PKの導入した理由はレイドの時、入って来る邪魔者、
またはオートの退治のためユーザー達が願ったからだ

元記事ではレイドをインスタンスダンジョン形式にして、
オートに対する対策をもっとしっかりとすれば、こんな
ものは不要だったとまとめている。 
⇒続きを読む

2006年12月27日

日本も絶好調


(source:4Gamer)

「グラナド・エスパダ」無料化で同時接続者数
が3倍,ダウンロードは20倍に&2万以上の不正
アカウントを停止[4Gamer]


2006年12月19日の基本無料化以来,同時接続
者数で3倍,公式サイトアクセスで10倍,クライアント
ダウンロード数で20倍に達したことを発表した

何か数字が韓国と殆ど同じなので、韓国と勘違いしたが、
これは日本の事だったようだ。 
⇒続きを読む

2006年12月22日

まずは順調らしい


(source:official site)

グラナド・エスパダ、無料化成功か?
[ゲーム朝鮮]


同時接続者数は3倍以上、新規加入者は20倍,
ホームページ一日訪問数は10倍,クライアント
ダウンロードは5倍

本日の順位を見るならば

ゲームトリックス:30位(7位ダウン)
ゲームチャート:25位(5位アップ)
ゲームレポート:31位

となっている。正直、先週とあまり差を感じない順位
にあると思うのだが…結果が反映するのはもう少し
時間がかかるのだろう。 
⇒続きを読む

2006年12月19日

悪のカリスマ


(source:GE forum)

月額からアイテム課金へ移行。この変化に対し、韓国、
日本共に好意的な意見を自分はまだ見ていない。

いよいよ同作品もついに終焉かと思ったが、同作品の
PKシステムが意外に気にいった。

決闘ではなくPKをすると、画像のようなシンボルが表示、
すべてのユーザー、モンスターの攻撃対象となる。

この状態で死亡すると、アイテムを2つ以上ドロップし、
さらに街の設備が使用不能になる。ここまではありがちな
ペナルティと言える。

気にいったのは「殺せば殺すほど、攻撃力は上がり、
防御力は下がる」という内容だ※1。 
⇒続きを読む

2006年12月15日

日韓同時無料化


(source:4Gamer)

「グラナド・エスパダ」12月19日より無料化決定
[4Gamer]


ハンビットユビキタスエンターテインメントは,現在
サービス中のMMORPG「グラナド・エスパダ」を,
12月19日より無料開放することを発表した

韓国の無料化の日取りもつい先日決まったばかりだが、
水面下では日本も同時に動いていたようだ。

また,無料化と同時に初心者応援キャンペーンが
展開され,初心者に役立つアイテムセットがもれなく
もらえる

この程度では人は来ないだろう。初心者が早く育つように、
ブーストアイテムを課金化、さらにはんびっとコイン1,000
円分プレゼントなどをして、課金アイテムの味を知らしめる
方が良いと思う。

(C)2003-2006 IMC Games Co.,Ltd./Published by Hanbit
Ubiquitous Entertainment Co.,Ltd

2006年12月14日

違和感の正体


(source:official site)

グラナド・エスパダ,19日から部分有料化で転換
[GameMeca]


一方,グラナド・エスパダ有料化転換は日本でも一緒
に成り立つ

日本が無料に移行する事はほぼ確実のようだ。現地より
も先にNPCカードやスロットでアイテム課金を実施、評判
が良いなどと書かれている。

経営者は「儲かる=評判が良い」なのだろう。
間違いではないが…何かしっくり来ない。楽しんで金を
使うのならば納得できるのだが、どこか違う気がする。 
⇒続きを読む

2006年12月13日

裏切りと悲しみ


(source:official site)

GE,サービス利用料金は無料です
[GAMETIME]


韓国の「グラナド・エスパダ」の無料化は確定した。
しかし日程に関しては不明で15日、公式に発表する
という。大抵のMMORPGは月額から無料になると
人口が増加、復活したかのような扱いになる。

しかし、GEユーザー達は部分有料化に対する内容
が確かになると「失望だ」の反応を見せている

現在、同作品に留まっている人は運営当初の「無料化
はしない」「政治と闘争がある」という言葉を信じて今日
まで続けてきたのだ。無料化移行を、運営の裏切りと
感じているらしい。

人が増えるのか、それとも去るのか。微妙なところだ。 
⇒続きを読む

2006年12月12日

無料化が迫る


(source:official site)

グラナド・エスパダ、2.0バージョンで新しく帰って
来る[GAMEDONGA]


韓国で2.0が本日アップデートされる。今回の目玉は
100レベルをさらに強化する昇級システムと、PKだ。

PKは決闘という、同作品らしい格式を重んじた形で
始まる。負けたほうは経験値を失うというシビアな
ものだ。

全然PKじゃないと思われるかもしれないが、決闘を
拒否した相手も殺す事ができる。この場合ペナルティ
が2倍になるという。 
⇒続きを読む

2006年12月08日

政治の先の存在


(source:official site)

韓国の「グラナド・エスパダ」のテストサーバー
に政治システムが実装された。

ユーザーは王党派、共和派、傭兵団のいずれかを
選択するもので、基本は王党派、共和派が対立、
金次第で傭兵団がどちらでも加担するという構図
のようだ。

派閥…というが、これは国と大差はない気がする。
そして投票と税収がある。これも来年から多くの
タイトルに実装される利権と戦争、そして経済だ。 
⇒続きを読む

タイの市場規模


(source:official site)

「グラナド・エスパダ」がタイでオープンβサービス2週
ぶりに加入者15万人を突破。

2週で15万、現地の期待度からすると、おおよその
市場規模が伺える。日本でこの結果だと普通、または
不人気と扱われそうだが、現地では5位内に属すると
思われる。

タイは他の輸入タイトルもそうだが、オリジナルより微妙
に彩度が濃い、キツめに修正される(ゲーム画面は変更
がなさそうだ)

同作品の豪奢さと相まって、タイ語がいい味を出して
いると個人的には思う。

(C)2003-2006 IMC Games Co.,Ltd./Published by Hanbit
Ubiquitous Entertainment Co.,Ltd

2006年12月07日

日本人は物で釣れ


(source:SlashGames)

グラナド・エスパダ、クマにも変身できる?コスチューム
アイテムの販売をスタート[SlashGames]


今回販売されるのは「熊スーツ」、「リンドンコート」、
「リーフィングクロックスキン」、「クリサリスウィング」、
「ジャバーウォックアーマー」、「トータス甲羅」の6種類

こちらでもハイブリッド課金らしき動きが。しかし、ネタが
ないせいか、ネットカフェ特典を課金アイテムとして販売
するという状況だ。

耽美、豪奢なテイストこそが同作品の売りと思っているが、
この珍獣シリーズは欲しいものなのだろうか…

「日本人はアバターに弱い」

どこから広まったのか、大体想像はつくが、下半期に入り、
アバター売りが目立ってきた。 
⇒続きを読む

2006年12月05日

政治はこれからだ


(source:official site)

政治本格化!GE 2.0 12月の中でアップデート
[THISISGAME]


特定日付を基準でそれぞれ独立的に各派閥大公を
選ぶ投票が行われます。各派閥大公同士はお互い
に競争関係になって、コロニー戦を通じて執権党を
選別するようになります

いよいよ2.0から予定されていた内容が実装される
ようだ。執権党になった派閥は各種税金や連合など
を組む事ができるという。

しかし、現地ではサーバーを仕切る党の独占の被害
が続出しており、逆コミュニティ効果を生んでいると
いう。 
⇒続きを読む

2006年11月21日

ソロはPTに劣る


(source:official site)

グラナド・エスパダ、3属性ダンジョン
[ゲーム朝鮮]


ビングマタブのモンスターは一匹一匹が盾でガードしな
ければキャラクターがすぐ死亡するほどの凄まじい攻撃
力を誇ります。タンカー,ダメージディーラー,ヒーラー,
バッファーなど職業役目によるパーティプレイが必要で

新たに追加されたレイドダンジョンは各プレイヤーが役割
を持ってプレイしなければ突破できないらしい。そもそも、
MCCの中でこれらの役割を分配するものだと思うのだが、
同作品はコミュニティ不足を緩和するため、PTプレイ向き
にしたようだ。

MCCというシステムはMMORPGには不向き、という敗北
宣言をしたように思える。 
⇒続きを読む
Recent Comments
Monthly Log
Web Ring
 
 
 
 
Links
 
 
 
 
TalesWeaver
 
 
 
 
 テイルズウィーバー韓国公式
Service end
 
 
 
 
 
 
Board
 
 
Translation
Privacy Policy
当ブログに記載されている会社名・製品名・システム名などは各社の 登録商標もしくは商標です。利用している画像及び、データに 関する知的財産権は、各社、各情報サイトに帰属します。
当ブログはリンクフリーです。当ブログからの引用、転載は 自由ですが、各社及び各情報サイトの許諾が必要な場合が あります。
研究、考察に無関係、または思慮に欠けるコメントは一方的 に削除する事があります。
QR Code
QRコード