RF Online

2010年03月25日

金でしか釣れないのか


(source:official site Title:RFO)

RFオンライン,族長月給制に引き続きクレジット支援制実施
[GAMEDONGA]


イベントは毎週4人のゲーマーを選抜して1名当り60万ウォンずつ4週間支援する

 族長は結局のところ、現実を捨てねばなれない、完全に廃人だけの権利であり、この利権の為に給料も消えるという、妙な悪循環があった。

 今度は単に抽選で4名選んで金をあげるという内容である。

RFオンラインを楽しむすべてのゲーマーを対象に現実的に少しでもお手伝いする事を考案するようになった

 CCRは同作品を男性寄り、社会人の為のゲームと考え、販促している。この点は単に多くの人が遊べば良いなどと曖昧な意識の運営よりマトモに見える。

 だが、ゲームで勝負しようとしない。確かにこのターゲットには車や現金は魅力的だが、だからといってホイホイあげるのはどうだろうか。

 ユーザーはもう金か物が貰えないと遊ばなくなるのだろう。運営はユーザーを残す為にいつまでも金や物を出し続けるしかない。

 何を売る、何をサービスする仕事だ?

(C)1999-2009 CCR Inc, All Rights Reserved.

2009年10月26日

アバターに向かうと…


(source:offcial site Title:RFO)

RFオンライン,拡張パックプレビューサイトオープン
[ゲーム朝鮮]


「RF Online」の拡張パックの情報がZZAMと
呼ばれるミニページで随時公開されるようだ。

以前から方針を現金、現物主義かつ、男性ユーザー
に直接的な訴求をする内容に向かうと宣言しており、
このアバターはその一環なのだろう。

アバター商売はよほどその世界観を深く作り込んで
いない限り、他所からネタを集めるだけの寄せ鍋に
なる。

それがMMORPGという人もいるし、その世界観を
楽しむ人からすれば邪道だ。

しかし、人やエルフはいいが、ロボはどうするのか。
ガンダムみたいなアバターを着るのか。それとも、
人のアバターを着けると人になれる?

(C)1999-2009 CCR Inc, All Rights Reserved.


2009年10月15日

金のかかる世界だ…


(source:official site Title:RFO)

RFオンライン、族長達, 月給200万ウォンで何をした
だろうか?[THISISGAME]


族長たちの平均年齢は38歳で去年と違う,
すべての族長は男性利用者たちだった

「RF Online」が給料制に戻り一ヶ月。予定通り、月給
を手にした族長が8人現れた。日本円では15万円だが、
公式にゲームでユーザーにこれだけの現金を与える事
は稀である。

予想では30代そこら、高くても35歳前後と思ったが、
平均で38歳らしい。普通に40歳以上が現役で過酷な
MMORPGを続けているのだ。

大多数の族長たちは200万ウォンの活動費を
種族のために直接、間接的に使った

月給の用途は課金アイテムの購入が主な使い道らしい。
つまり、それだけの金を持ち出さないと戦えない戦争が
あるという事だ。

失業率が高くなる中、好きなゲームをしながら
お金を儲けることができる機会を提供することで
RFオンラインを楽しむゲーマーたちに少しでも
役に立つこと

運営はこんな事を言っているが、同作品で族長になる為、
会社を辞めたという人もおり、本末転倒、根本的な解決
にはなっていない気がする。

それでも復帰ユーザーが40%増加したらしい。

(C)1999-2009 CCR Inc, All Rights Reserved.

2009年09月08日

金に頼るしか道はなし


(source:official site Title:RFO)

CCR,'RFオンライン' 族長月給制強行
[inews24]


CCRは 7日から族長月給制1任期を始める.
これはゲームの各種族を導く族長たちに月
最大200万ウォンの活動費を支給するイベント

昨年、この月給制は国政監査によって国会議員から
射倖性マーケティングと非難され、ゲーム物等級
委員会も不適切なマーケティングと判断、分類拒否
に追い込まれそうな気配から中断した経緯がある。

昨今はゲリラ的に現金マーケティングを行なう運営
が増えてきた。増えてきた、という事はそれなりに
需要があるという事なのかもしれない。

同作品の場合、それらの単発イベントと違い、月給、
持続を促す為の内容ではあるものの、ゲリラと違い、
やり逃げが通用しない。

下手をすると等級拒否、無許可運営になり兼ねない
のだが、それでもCCRは突き進むようだ。

(C)1999-2009 CCR Inc, All Rights Reserved.

2009年08月27日

どこまで通用するのか


(source:official site Title:RFO)

射倖性イベント復活、RFオンライン,
もう大人用のゲームだから問題ないか?
[GAMEDONGA]


族長になるために一日に2〜3時間だけ
しか眠れず、ゲームをするしかない

「RFOnline」が18禁になり、予定していた
現金マーケティングを開始。しかし、ユーザーは
それを楽しんでいるのか。

族長投票が進行される時は切符を確保する
ために他のゲーマーと喧嘩することは普通、
いくつかの族長たちは現金でゲーマーの
投票権を買うと聞いたりした

普通のサラリーマンの月収程度が支給されるのなら、
多少の現金を使っても族長になろうと思うだろう。

金で票を買うのは、現実ならば当たり前の話だ。
政治家ならば、もっと巧妙であくどい方法を幾つ
も使っているのだろう。
⇒続きを読む

2009年08月12日

儲ける為に売っている


(source:official site Title:RFO)

RFオンライン18禁宣言… 射倖性論難ピリオド
[NOCUT NEWS]


ユーザー層の中心である、20〜30代を
狙った族長月給制、名品イベントなど
多様で力強い現金マーケッティングを
実施する予定だ.今よりもっと露骨な
性的なコンテンツも追加する計画

韓国の「RF Online」は一時期、給料制といって
族長に給料を支払い、その給料も長期族長になる
事で増えたり、仲間内で争わせるなど、色々と策を
講じた時期がある。

大抵は古参の競争になるのだが、同作品は次から次
へと新サーバーを作り、新しい競争の場を設けた。

この戦略はある時期までは同作品が総合30位台に
持続していた事から成功だったと思われる。

だが、内容的に選民的であり、持続に向かないのか、
結局はズルズルと下落していった。
⇒続きを読む

2009年01月14日

2年振りに上限解除


(source:official site Title:RFO)

2年振りにレベルキャップ解除
[GameMeca]


3種族キャラクターの高くなったレベルに
似合う機甲装備, 各種族を代表する新しく
力強い3大新武器が公開される

この2年間、同作品は無料化や現金支給など色々な
改革をしてきた。その成果なのか、新作が50位以下
に下落していく中、同作品は総合30位内に持続して
いる。

普通ならばレベルキャップ解除、新マップ、新MOB
と続けていくのだが、同作品は2年近く、55レベル
という上限を維持してきた。

65レベルに解除されるのは、そろそろ新規の迎入が
終わり、土着の仕込みに入るのか、または古参の
持続の為に行うのか、いずれにしろ安定期に入った。

(C)1999-2009 CCR Inc, All Rights Reserved.


2009年01月09日

中東、南極からもプレイ


(source:official site Title:RFO)

RFオンライン “南極,パレスチナでも利用”
[ゲーム朝鮮]


RFオンラインの北米,西ヨーロッパ1次クローズド
βテスト150余個国で数万人のゲーマーたちが
参加したと9日明らかにした

今回では南極からマダガスカル、パレスチナなどの
中近東圏からも参加者がいたという。

RFオンラインの北米,西ヨーロッパバージョン
が英語バージョンかつ、会員加入制約がない

つまり、英語がわかれば、どこからでも接続可能と
いう内容がこれだけ多くの地域からの参加を可能に
したという話である。
⇒続きを読む

2008年11月27日

ちょっと変わった運営


(source:KDI-news)

CCR、RFオンラインユーザーにジェネシスクーペ進呈
[GameMeca]


既存会員の中で9千9百ウォン以上の有料
アイテム購買者の中で条件を満たしたゲーマー
を抽選を通じて一人にスポーツカージェネシス
クーペを贈呈した

車を賞品にするプロモーションは過去にもあったが、
高額賞品になるにつれ、関係者がもらう出来レース
ではないのか、実際は当選しないんじゃないかなど、
あまり良い噂を聞かなかった。

CCRは贈呈式を行い、その内容を公開。
これすらも捏造する事はできるが、疑い出せばキリが
ない。現金支給や男性ユーザー狙いなど、CCRは他
とちょっと違ったポリシーを感じさせる運営だ。


2008年11月03日

安易な動機の行く末


(source:official site Title:RFO)

RFオンライン、成人サーバー追加
[GameMeca]


10月末からゲーム内で男性ゲーマーたちの新規
加入と既存利用者たちの回帰が目立つように増え
成人サーバーを新設するようになった

同作品は種族長に給与を支給し、敵種族間でも仲間内
でも直接、間接通じて競争が繰り広げられる世界だ。

しかし、ゲーム内の構造はシンプルで格上が圧倒的に
有利だ。先行者、より時間を投資している人に勝つ事は
できない。

それでいて、現金という強力な優劣をつけられる。
このやり方に走った以上、持続よりも冷え込みの方が
加速すると思ったのは正しかった。現に今、30位内
に同作品の名前はない。 
⇒続きを読む

2008年09月16日

サーバーを救うには


(source:official site Title:RFO)

RFオンライン ,‘不実’ サーバー救済出る
[THISISGAME]


新規サーバーが開かれれば、新規サーバーに移動
する既存サーバーゲーマーたちによってサーバー
たちの間優劣に変化が生ずるものと決まっている

「RF Online」は給料制実施sした後、2回ほど新規
サーバーを建てた気がするが、その反動なのか、既存
サーバーの2つが過疎化したらしい。

新規サーバーは新規ユーザーを獲得して、会員数増加
を目的とするものの、既存サーバーからの移民も多い。

何故、移民するのか。
それは既存サーバーでは勝てない、既存サーバーでの
人間関係に飽きたという理由が考えられる。

プレイする動機が競争であり、覇権ならば、勝てない
ところに存続する理由はない。ましてや、同作品では
給料が出る。覇権を狙う価値は十分にある。 

今回、そのエサが仇になったように思える。
順位からすれば、新規はあまり増えていない。相当数
のユーザーが移民したように思える。 
⇒続きを読む

2008年08月31日

皆殺しのメロディ


(source:official site Title:RFO)

RFオンライン,成人向けサーバー新設
[inews24]


今度新設されたサーバーでは同じ種族間でPKが
許容されて

プレイに実益が投入された同作品。その実益を巡り、
さぞ生臭い戦いが表裏で繰り広げられているのだろう。

この種族内PKもそんな戦いに拍車をかける、いい
内容だ。投票なんて生ぬるい事をせず、互いに殺し
合う事で現実的な強さがわかる。

そんな、ナマの感情をビンビン刺激する内容だが、
思いのほか、順位は上がらない。自分の推測では
この流れに着いていけない人が出つつあるように
思える。

(C)1999-2008 CCR Inc, All Rights Reserved.

2008年07月30日

平均年齢は33歳


(source:Official site Title:RFO)

RFオンライン、380万ウォンもらう族長は
16人[Gameshot]


族長たちの平均年齢は33歳で男性は11人

「RF Online」で族長給料制が施行、1ヵ月が経過
した。4週間、族長を続けると日本円で約40万円。
それを得たユーザーが16人いたらしい。その平均
年齢は33歳だろうだ。

サーバーの平均接続者数は38%増加している。
運営側はこの費用として1000万用意していたが、
族長争いが熾烈で700万前後で済んだ様だ。

金目当ての集客はひとまず、成功したというべきと
思われる。

(C)1999-2008 CCR Inc, All Rights Reserved.


2008年07月09日

生臭い世界へようこそ


(Source:official site Title:RFO)

RFオンライン、族長支給22人選抜
[GAMETIME]


11個のサーバーで22人の族長を含み、計
33人の男女比率は男28名に対し、女5名、
仮想世界でも女性が既得権を持つ事が難しい
事が明らかになった

これは女性の比率がそもそも低い事が原因だろう。
比率で見れば85%、全体人口でもそんなものでは
ないかと思われる。

族長連任割合は73%で普段に比べ22%落ちた。

通常は95%らしい。つまり、族長とは殆ど変わる事
がなく、不変の役職と言える。

だが、現金を絡ませた結果、それを狙って種族内の
不和が起きた。新しい族長を嫌い、同作品を離れた
人もいる。それだけ投票の重みが増したのだ。 
⇒続きを読む

2008年06月26日

給料で釣った結果


(Source:official site Title:RFO)

RFオンライン、現金マーケティング大きかった!
[THISISGAME]


ゲーマーたちの間に噂が広まり、成人利用者が一週間
の間に20%以上増加した

給料なので射倖性とは違うと思うが、射倖性論争がある
という。向こうでは現金が絡むと何でも射倖性なのかも
しれない。

族長になれば1ヵ月に約40万円。しかし、古参の多い
サーバーに今更新規で入っても、そんなチャンスはない。

CCRもニクく、このタイミングで新規サーバーを立てた。
同サーバーでは50レベルと55レベルに最初に到達
したユーザーに高級武器アイテムを支給するなど、
更にユーザーを煽り立てる。
⇒続きを読む

2008年06月13日

ゲームだけで暮らそう


(Source:official site Title:RFO)

RFオンライン、種族長に現金支援
[Gameshot]


CCRは毎週日曜日に投票を通じて選出される種族
長に一週目は50万ウォン、2週目は80万ウォン
3週目は100万ウォン、4週目は150万ウォンを
支給する

1ヵ月種族長を務めたユーザーには380万ウォン
が支払われるという。日本円で40万。月に40万
もらえるのなら、仕事に行かずゲーム三昧だ。

韓国には30の種族長がおり、この費用は1ヵ月で
1200万円となる。一時的なイベントで現金支給は
過去にあったが、恒久的な動機づけで現金を出して
きたのは韓国では初となる。 
⇒続きを読む

2008年04月02日

ロシアとインドネシア


(Source:official site Title:RFO)

RFオンライン、ロシアとインドネシア月販売10億
[Gameshot]


ロシアの同時接続者数は1万3千、会員数は42万人
であり、インドネシアは1万7千、会員数は57万人

ロシアはかなり急速に市場が拡大しているようだ。
月売上はロシアで約6200万円、インドネシアは
約4500万円となっている。

同時接続者数の多いインドネシアの方が低いのは貨幣
格差とかの理由なのだろう。大雑把な平均を取るなら
同時接続者1万5000人で月売上5000万円という
ところだろうか。

(C)1999-2008 CCR Inc, All Rights Reserved.

2007年11月05日

行星戦、動く


(source:official site Title:RFO)

かなり昔から予定に含まれていた星間戦(こちらの
言葉では行星戦と呼ぶらしい)がいよいよ公開。

新たに用意された告知ページによれば、今まで地上
だけだった戦闘が艦隊規模、立体的になるとのこと
だが…地上でドサ回りしか経験のない自分にはそれ
がどんな戦闘になるか、想像もつかない。

また行星戦では新たに「SR」エンジンが用いられる。
ワンソースマルチユースという単語といい、別エンジン
といい… もしかすると既存の同作品とは世界観は
同じだが、別物なのだろうか。

(C)1999-2007 CCR Inc, All Rights Reserved.

2007年06月08日

本日から正式スタート


(source:4Gamer Title:RF online Z)

「RF ONLINE Z」,本日より有料アイテムの販売
を開始[4Gamer]


アイテム課金の場合、どこから正式サービス開始か、
判断が難しいが、個人的にはユーザーから何かしら
の課金を行った時点から正式サービスと見ている。
(大抵の場合、オープンβ後となるのだが、それ以前
の段階から何かを売り始める所もあった)

課金アイテムの内容は現地と同じように思える。
日本独自の買わせ方や内容は今後登場するのだろう。
外野にはセガ時代とどれほどプレイ感が変わったか、
わかりにくいが、さほど悪い話も耳にしていない。

(C)1999-2007 CCR Inc. All Rights Reserved.
(C)2007 GameOn Co., Ltd. All Rights Reserved.

2007年04月10日

セキュリティ強化


(source:official site Title:RF Online)

台湾、RFオンライン、ハッキングとの戦いに勝利
[MUD4U]


ファイアガードはCCRが3年以上開発期間と数億円の
開発費用をかかって自体開発したという点で国内外
ゲーム業界の注目を引いている

先日、大規模アップデートを行った「RF Online」
自社セキュリティが高い評価を受けている。

同作品と言えば、オートマウスの代表的なタイトルと
思っていたが、このファイアガードは先月あたりから
現地で採用、効果をあげているようだ。

同作品の日本サービスの際にも採用されると思うが、
この辺はイタチごっこなので、安心はできない。
台湾の同作品の同時接続者数は1万未満のようだ。

※追記
日本での再スタートのタイトルは「RF Online Z」
なった。

(C)1999-2007 CCR Inc. All Rights Reserved.
(C)2005 Game Flier Inetrnational Corporation All rights reserved

2007年04月03日

20日から再起開始


(source:Impress Watch Title:RFO)

ゲームオン、MMORPG「RF online」4月20日
より正式サービス開始[Impress Watch]


先行して13日から18日にテストを開始。

このテストは、2月28日の終了時までに「RF online」
をプレイした人を対象にしており、終了時点でのアカ
ウントIDとパスワードが必要となる

サーバーはまず2つ。継続組、新規組と分ける形を採用、
バランスを取るためか、一部のアイテムを削除するなど、
公平感を与えるために色々と苦労しているようだ。

このサーバーの分配は継続組、新規組の人口や傾向など、
中々面白いデータが得られそうな気がする。

(C)1999-2007 CCR Inc. All Rights Reserved.
(C)2007 GameOn Co., Ltd. All Rights Reserved.

2007年03月14日

ロシアの状況


(source:official site Title:RF online)

CCR、RFオンライン、ロシアで注目されて
[ゲーム朝鮮]


RFオンラインの同時接続者数は歴代ロシアオンライン
ゲームの中で一番高い数値と言い、特にモスクワに
居住する若い富裕層たちの間で人気がすごく高い

ロシアという市場がどの位なのか、今回も実数を出して
いないところを見ると1万にも満たない気がする。

若い富裕層という表現に、都市部と農村部の格差が中国
に近いくらいにあるのではないかと予想する。

ロシア、中南米と手広く広めたものの、中東地域はまだ
手付かずの市場に思える。

※追記
同作品の現地の最高同時接続者数は7,000人のようだ。

(C)1999-2007 CCR Inc, All Rights Reserved.

2007年03月01日

引継ぎはあるらしい


(source:official site Title:RF online)

ゲームオン,「RF online」のサービス基本方針
を発表[4Gamer]


・サービス開始時期:2007年4月中旬
・データの引き継ぎ:アカウントID,パスワード,
キャラクターデータを移行
・料金体系:アイテム課金
・移行前のサーバーを一つか二つに統合する予定

個人情報の移行なく、どうやってキャラクターと個人
を判断するのか、謎であるが…

サーバーも新規が用意されるらしく、こちらを引継ぎ
禁止にすれば、例の問題は改善されるだろう。

残される問題は管理と課金アイテムだろうか。

(C)1999-2006 CCR Inc, All Rights Reserved.
Published by SEGA

2007年02月28日

ひとまず終了


(source:official site Title:RF online)

本日をもってセガの元で「RF Online」がサービス終了
した。ゲームオンでの運営が決定しており、厳密には
終了したわけではないが、ひとまず終了と見よう。

データの引継ぎに関しては、まだ公式なアナウンスが
ないものの、判断の要となるのは、引継ぎで継続する
ユーザー+新規で土着するユーザーの組み合わせか、
新規で土着するユーザー、どちらが多いかである。

先行有利の社会において、圧倒的なアドバンテージを
持つ引継ぎ組を恐れるかどうかだが、引継ぎを恐れる
ようならば、そもそも同作品に土着しないような気が
するし、土着するならば、既にセガで土着していた気
がする。 
⇒続きを読む

2007年02月20日

始動が迫る


(source:official site Title:RF online)

RFオンライン、本格的な日本列島征伐に出る
[OSEN]


契約条件は契約金1億3千万円(韓貨約10億ウォン)に
売上高基準でランニングロイヤルティを受ける条件

今日びのMMORPGとしては安価に思える数字だ。
昨今、カジュアルゲームでもこのクラスの金額になる。
ただ、同作品は3年前なので、昨今のタイトルと比較
しても意味はないのかもしれない。

韓国のような部分有料化への課金モデル転換可否,
データ移管に対しては追後公開する予定

ユーザーデータの引継ぎの可能性はかなり低いはずだが、
ここで議論されている事からすると、可能性はなくも
ない。

仮になかったとしても、何らかの優遇策で元ユーザーを
確保しようという策は使いそうな気がする。

(C)1999-2007 CCR Inc, All Rights Reserved.

2007年02月05日

奇跡はあった!


(source:official site)

ゲームオン,「RF online」日本サービスの運営権
を獲得へ[4Gamer]


ゲームオンは,本日(2月5日)に開かれた取締役会に
おいて,MMORPG「RF online」の開発元であるCCR
と,同タイトルの日本での独占的なサービスについて
基本合意を行うことを決定した

どう考えても一度失敗したタイトルを獲得しようなどと
いう運営が出てくるはずがない…仮に出てくるとしても、
二束三文まで落ちたものを新規運営が買い取るくらい…
などと思っていたが、ゲームオンが獲得した。

おそらく無料、現時点の韓国型の運営になると予想する。
これで運営が変わった場合、どう変化するのか、様々な
データが得られる、貴重なケースとなった。

(C)1999-2006 CCR Inc, All Rights Reserved.
Published by SEGA

2007年01月18日

サーバーを選べ


(source:official site)

中国 RF オンライン,有料とプレミアム/無料サーバー
同時運営[MUD4U]


有料サーバーはVIPサーバーで最新バージョンのアップ
デートが優先的に実施されて,プレミアム/無料サーバー
と違い経験値とアイテムドロップ率が2倍で適用されて,
プレミアム/無料サーバーはキャッシュアイテムを適用
して多様なアイテムサービスを提供される予定だ

有料サーバーは全員均一に2倍、つまり常時ブースト状態
で最新内容が優先されるのに対し、無料サーバーは後回し、
ブーストは使いたい人は使えという内容か。

言い方を変えれば、有料サーバーはごく普通の運営と内容
だが、無料はいい加減な運営でレベルも上がりにくければ、
レアも出にくい、でも無料だよという事になる。 
⇒続きを読む

2007年01月08日

台湾も無料化


(source:official site)

RFオンライン,台湾で部分有料化実施
[GameMeca]


CCRは来る24日から台湾ソフトワールドを通じて
RFオンラインの課金方式を月決め金額で部分有料
方式で切り替える

おそらく月額、パッケージ売り以外定着していない欧米
を除いて、すべての国で無料化が進むと思われる。

同作品、53ヶ国に輸出しているものの、同時接続者数
5万を超えているのは中国のみという状況であり、内容
的に短命なのは、現地や台湾の状況が証明している。

そして無料化により、新規が20倍、同時接続者数が
3倍近くになる事も過去のデータから予想がつく。 
⇒続きを読む

2006年12月20日

順調な韓国


(source:official site)

RFオンライン,ユーザー急増でサーバー増設
[MUD4U]


部分有料化後同時接続者が4〜5倍増加し、持続的な
サーバー増設につながっている

日本は来年でひとまず終了だが、現地は人が人を呼ぶ
サイクルが持続しているようだ。

順位的にも20台に定着しつつある。2004年のBIG3
だった同作品、ここに来て盛り返すとは誰が予想した
だろうか。

(C)1999-2006 CCR Inc, All Rights Reserved

2006年12月11日

後継作を公募?


(source:official site)

CCRはRFオンラインの後続作開発プロジェクト一環で
RFオンライン2の企画を公募する告知を発表。

公募は来年5月31日まで行われ、最優秀作品には
賞金約380万円が与えられるという。

意外にノンビリと構えているところから見て、公開は
2010年あたりではないだろうか。

前作は韓国で2番目に輸出国が多いだけにCCRの主力
候補でもあるのだろう。

(C)1999-2006 CCR Inc, All Rights Reserved

2006年12月06日

まだ終わらない…かも


(source:official site)

セガ,RFオンライン日本サービス 2月中断
[THISISGAME]


先日「RF Online」が来年の2月で終了するという
発表があり、その理由は概ね、セガの運営力不足と
いう意見が多かった。

一方、現地の記事では正式サービス後、急激に人口
が減少した影響や、月額の限界、セガとCCRの関係
などが疑われている。これで同作品が終わったかと
言うと…

日本サービスを新しく提供する現地パートナーを
探している。いくつかの業社と意見調律をしており、
早いうちに決まるだろう

セガではない運営で新たに再スタートする可能性も
あるという。興味深い話だが、過去、このような形
で再スタートされたタイトルは見たことがない。

(C)SEGA

2006年12月05日

何がいけなかったのか…


(source:official site)

「RF online」のサービスが2007年2月28日で終了
[4Gamer]


2004年9月に日本でのサービス計画が発表され,セガが
運営を行うということでも注目された


そして、約1年半、同作品は運営されてきた。
現地の勢いに乗り、無料が来るのかと思われたが、セガ
はより現実的な選択を選んだようだ。現地と同様の路線
を選んでも、状況は好転しないという判断だろう。

この国にRvRは流行らない。しかし、この国に土着する
RvRの形も見てみたい。そう思って追ってきたが、来年
で終了のようだ。

(C)SEGA

2006年11月20日

同じ手が使えるか


(source:official site)

RFオンライン,シャンペン噴き出すこと早い
[THISISGAME]


料金制転換直前までは同時接続者数が5,000人水準
にまで落ちた

サーバー4つで運営されていた同作品は無料化前は
こんな数字だったようだ。ランキングでも50位以下、
どうみても失敗したタイトルである。

しかし、無料化、18禁サーバー追加、同種族PK可能、
アップデート予定公開など、次々と内容を変えた結果、
同時接続者は5倍にまで増加した。つまり2〜3万人
が現在の数字、これはランキングでも10〜15位に属
している事からもわかる。 
⇒続きを読む

2006年11月16日

競争をいかに増やすか


(source:official site)

RFオンラインバトルトーナメント参加受付実施
[GAMEDONGA]


RFオンラインバトルトーナメント 大会は各サーバーの
総16個ギルドが参加、進行方式は3戦2勝制であり、
各ギルド構成人員は12人に制限される

先月、無料化、18禁サーバーにより復活した同作品、
今度はサーバー間戦闘を開始する。

同作品はかなりの国で運営されているため、国家間も
楽しめそうだ。多くのMMORPGで国家間トーナメント
は行われているものの、イベントが多い。 
⇒続きを読む

2006年10月25日

好調が続く世界


(source:official site)

先日、韓国の「RF Online」に新たに成人サーバーが
2つ追加された。既存サーバーは僅か6台で、無料化で
増加したユーザーを収容する事ができなくなったからで
ある。

追加されたのは一般サーバーではなく、同種族でPKが
可能な成人サーバーである。同作品の人気はどうやら
無料化と成人サーバーのコンボが理由らしい。

一方、同作品はブラジルに輸出を開始。南米は市場的に
未開の地だが、韓国は既に幾つかの会社が進出している。
クローズドβを行うものの、その規模は158人という、他で
あまり見る事のない数字だ。

(C)2004 CCR Inc,All Rights Reserved

2006年10月18日

同性愛という要素


(source:Banner)

RFオンライン,日本で同性愛マーケティング話題
[MUD4U]


CCRは最近、日本のマーケティング一環で同性愛を素材
にしたポスターを公開した

これは現地で口コミで広がり、韓国でも公開してほしいと
の意見が多かったからだそうだ。それだけ話題性があると
いう事なのだろう。実際、国内でもかなり話題になった。

かつては同性愛、ホモやレズという単語はタブーであり、
これらを題材にしたものは、普通の性表現よりもディープ
な扱いとなり、一般では手の届かないところにあった。

しかし、近年では同人層と一般層の境が薄くなり、ネット
という強力な情報伝達があるせいか、探す気になれば
容易に届くようになった。上記のプロモーションも過去で
は想像もできない内容だろう。 
⇒続きを読む

2006年10月09日

総合20位内に迫る


(source:official site)

RFオンライン,秋夕連休にも上昇勢引き続き
[MUD4U]


RFオンラインが部分有料化サービス11日ぶりにゲーム
トリックスとゲームレポートの全体ゲーム順位で24、
25位を記録して険しい上昇勢を現わしている

韓国は先週連休だったせいか、同作品の勢いも持続した
ようだ。ゲームチャートのジャンル別順位では12位、
10位内は目前である。

今月、気になるのは「ワールドオブウォークラフト」
の拡張パックあたりだが、クローズドβなのでシェア的な
脅威にはならないだろう。成人サーバーも好調のようだ。

(C)2004 CCR Inc,All Rights Reserved
(C)2006 Blizzard Entertainment. All rights reserved.

2006年10月02日

新規24倍の効果


(source:official site)

RFオンライン、部分有料化転換後人気上昇
[ゲーム朝鮮]


前と比べて同時接続者数3倍,仕事の利用者数3倍、
新規加入会員数24倍以上増加傾向を見せていると
言った

先日、9月下旬の順位調査ではジャンル別で15位内
に帰ってきた「RFonline」同時接続者数は2倍では
なく3倍に膨れ上がっている。

加えて新規24倍とは…以前がよほど低い事もあるが、
これは同時接続者数と共通の認識があると思われる。 
⇒続きを読む

2006年09月27日

2年振りに復活か


(source:official site)

RFオンライン、午後3時から部分有料化開始
[THISISGAME]


20日から全面無料サービスに切り替えた。定額サービス時
の同時接続者数から2倍以上増加するなど、激しい上昇勢
は引き続いており、初盤雰囲気は一応成功的という評価

現在、同作品の順位はジャンル別で

ゲームチャート:13位
ゲームトリックス:15位

と確実に20位内に帰ってきた。2倍以上増加したという話
は事実のようだ。ただ、この辺の数字はおよそ2〜3万台で、
10位内に入るには、最低でも4万以上の同時接続者数が
必要と思われる。

同作品はPC Bangでのプレイ時の経験値、アイテムドロップ
率を2倍にした。今週末は定例の下旬順位調査、同作品の
躍進が楽しみだ。

(C)2004 CCR Inc,All Rights Reserved

2006年09月26日

星の海へ旅立つ


(source:official site)

星間戦争と共に帰ってくる!RFオンライン
[INVEN]


2年という歳月の間 RF Onlineの姿は初めて見せて
くれた爆発的な反応とは距離が遠かった。持続的に
減るゲーマーの数によって、23個に達したサーバー
は4個まで減った

公開当初はランキング上位を維持していた「RF Online」
だが、その下落は早く、半年経たずに急降下していった。

しかし、MMORPGは不思議なもので、諦めなければ、復活
する事があるらしい。一時期50位以下まで落ちた同作品
はじわじわと復活の兆しを見せている。

そして今月末、無料化に加え、成人サーバー実装、同作品
は果たして20位内に復帰できるのか。 
⇒続きを読む

2006年09月14日

無料化に移行決定


(source:MMOSITE.com)

RFオンライン,9月末「部分有料化」予定
[GameMeca]


新作ゲームたちが続々と登場する状況で新規利用者
をより幅広く確保するためには、ゲームの変貌劣らず
利用者たちの懐事情を考慮した新しい課金政策を検討
する必要があった

現地では現在月額16,500ウォン(約2,000円)で
プレイできる。これが無料、アイテム課金へと移行する。

カジュアル化、MMORPG離れなどを考えると、この料金
で新規を募るのは確かに厳しい。年末には新作が列挙
している。

現地と輸出先で課金体制が変わる事はあまりない。
日本も無料化したほうがいいと思うのだが、セガの経営
方針が月額主義の場合、月額に固執する可能性もある。

(C)1999-2006 CCR INC, ALL RIGHTS RESERVED. Published
by SEGA Illustrated by SANA TAKEDA

2006年09月05日

これもひとつの手だが…


(source:SlashGames)

RF Online、アップデートに合わせたプレゼントキャンペーン
を実施[SlashGames]


セガは、MMORPG「RF online」において、9月5日
より「RF快適キャンペーン」を開催すると発表した

韓国系タイトルばりのプレゼント戦法が展開される。
気になったのは、最近の同作品の壁紙である。完全に
ロリと色気を前面に出し、メカは脇役、ヤローは削除と
いった、清々しいくらいの直球路線だ。

18禁市場とオンラインゲーム市場は近いため、この
ニーズは確かに存在し、確かに同作品のキャラクター
にその要素がないとは言えない。 
⇒続きを読む

2006年08月09日

秋のアップデート


(source:4Gamer)

「RF online」が大きく変わる? 「AUTUMN UPDATE」
9月5日実施[4Gamer]


久々に「RF Online」の記事を書く気がする。…が、
内容は恒例のアップデートに過ぎない。

サークルゾーンスクランブルという新要素が実装される。
これは種族内のギルド戦で勝者は中立地帯の管理権が
得られるという。種族、国家戦闘などのRvRを売りにして
いるタイトルでは、自軍内の戦闘要素がない場合が多い。
今回の内容はそんな欲求不満を解消するものなのだろう。

今まで戦闘貢献度のみで種族長が選ばれていたが、今度
からは投票制になる。意外に任期は短く1週間。現地の
温度がわからないので想像するしかないが、次第に適当
になりそうな気がする。 
⇒続きを読む

2006年07月03日

53ヶ国進出


(source:IGN.com)

RFオンライン,全世界 53ヶ国進出
[MUD4U]


「RFオンライン」を独立国家連合及び東欧19ヶ国輸出契約を
締結した事を3日明らかにした。契約金50万ドルに売上高
基準で25%をランニングロイヤルティに受ける条件

同作品は「ラグナロクオンライン」に次ぐグローバル展開
が成功したタイトルとして評価されるだろう。投げ売りという
印象はあるものの、実際に全世界に同作品を売る事を想像
すると容易ではない事が想像できる。

(C)1999-2005 CCR Inc, All Rights Reserved. Published by SEGA
(C)2006 Gravity Corp. & Lee Myoungjin(studio DTDS).
All Rights Reserved.
(C)2006 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.

2006年06月29日

追っかけマン制度


(source:official site)

RFオンラインに追っかけマン制度導入
[GameMeca]


追っかけマン制度はゲーム内でバグ使用者及びBOT使用者
の画面を取って運営に送れば、運営が措置後、申告者に
補償を提供する

いわゆるBOT、バグ利用者に対し、懸賞金制度が設けられた。
複数の申告があった場合、最も早い人に補償が与えられる。
補償の内容うんぬんよりも、ユーザーにとっては憎い奴らを
駆除できるほうが重要だ。

古くからある手法とも言えるが、最近、ユーザーによる自浄、
自治を求める運営が増えてきている。これは運営のコストを
下げると同時に、ユーザーに「自分達の世界は自分達が守る」
という意義を与える効果もあり、自己実現の欲求のひとつでも
ある。日本に導入されるかどうかは不明。

(C)1999-2005 CCR Inc, All Rights Reserved. Published by SEGA

2006年03月16日

ここからが正念場

課金開始と共に様々なコンテンツ、サービスが追加される

昨年、中国に進出した「RF Online」はオープンβ
で秒間1万人という熱狂的な人気を見せた。現在、
サーバー数に変化がない事から、先のオープンβが
ピークだったように思える。

現地では17日から課金が開始される。他の国の
状況を見る限り、大体3ヶ月目から急速に下落する
のだが、中国は例外となるのか、この課金後で判明
するだろう。

2006年03月13日

パッケージ発売

同作品らしさといえば、アクレシアなのかもしれない

「RF Online」が28日にパッケージ版を販売する。
価格は2,940円で、45日分のシリアルコードとイメージ
ソングのマキシシングル、ゲーム内アイテムが同梱されて
いる。

月額1,780円なので、ほぼ半月分の料金にオマケがついた
お徳用になっている。パッケージはそれ単体が宣伝効果を
持つため、新規顧客向きには効果性が高い。現在行われて
いる経験値アップなどのキャンペーンと相乗効果があれば、
人口も増えるのではないだろうか。

しかし、何も知らない人がPCゲームをパッケージ買いする
のだろうか。この部分は少々疑問だ。

2006年02月27日

英で課金開始

とんでもなく大きい武器だ

「RF online」は北米に続き、英でも正規サービスが
開始された。北米と同様、パッケージと月額の混合型
でパッケージは39.99ユーロ(約5,500円)、月額は
12.99ユーロ(約1,800円)と月額自体はほぼ日本
と変わりがない金額だ。

アジア圏と同じ結果になるのか、欧米ならではの結果と
なるのか、2月から課金開始と見て、6月あたりに再度
状況を見てみよう。


2006年02月22日

北米で正規サービス

ロボは確かにロボなのだが…

北米で「RF Online」が正規サービスを開始する。
現地では一般的なパッケージ販売が行われ、価格も
一般的な49.99ドル(約6,000円)である。

北米に続いてヨーロッパでも3月末には正規サービス
を開始するという。人によってはメックウォーリアーと
勘違いしているようだ。確かに向こうにはバトルテック
と呼ばれるメカ物ブームが存在したが…

2006年02月06日

欧米始動開始

3月末の順位が楽しみだ

「RF online」が北米、ヨーロッパで最終クローズドβ
を開始する。ヨーロッパ28ヶ国と北米を対象として
行われる今回のテストは4万人以上の規模を予定
している。

同作品は欧米の情報サイトでは期待度1位を死守して
おり、ファンサイトは60近くに登る。正規サービスは2月
末を予定。同作品が市場に入る事で順位がどう変わる
のか、楽しみである。

Recent Comments
Monthly Log
Web Ring
 
 
 
 
Links
 
 
 
 
TalesWeaver
 
 
 
 
 テイルズウィーバー韓国公式
Service end
 
 
 
 
 
 
Board
 
 
Translation
Privacy Policy
当ブログに記載されている会社名・製品名・システム名などは各社の 登録商標もしくは商標です。利用している画像及び、データに 関する知的財産権は、各社、各情報サイトに帰属します。
当ブログはリンクフリーです。当ブログからの引用、転載は 自由ですが、各社及び各情報サイトの許諾が必要な場合が あります。
研究、考察に無関係、または思慮に欠けるコメントは一方的 に削除する事があります。
QR Code
QRコード