DECO Online

2010年06月23日

起死回生の準備か


(source:official site Title:DO)

ロックワークス,7月28日をもって「DecoOnline Frontier」「十二ノ天 〜TwelveSky〜」の両タイトルのサービス終了を発表
[4Gamer]


開発元との協議の結果,日本でのサービス継続は困難という結論に至ったため,ゲームサービスの終了が決定したとのこと

 兵力差がある場合、総力戦を避け、戦力を集中、各個撃破というのは戦略の基本ではあるが、オンラインゲームのビジネスに応用できるのか、分からない。

 世の中には売れているのか良く分からないようなものまで、長々と運営を続けている例もある。IRを公開している会社などを見ても、それらが売上げに貢献している様子はないのだが、運営を続けている。多分、契約や何かの事情があるのだろう。

 ひとつのタイトルに過剰なスタッフを置いても、ゲームの品質が上がるわけでもなく、サービスを押し売る事も出来ない。だが、明らかに不足しているという例は多く、この辺の人員配分は各社の極秘レシピだ。

 今回のサービス終了が新作への人力集中が狙いなのか、それとも赤字ライン整理なのかは分からないが、前者ならば、期待したい。

Copyright(C)2006 Rocksoft Co., Ltd.,(C)Copyright RoC Works Co.,Ltd. All rights reserved. / Published by RoC Works Co.,Ltd.

2009年09月10日

台湾風の味付けだ


(source:official site Title:SoS)

かれこれ、何年も記事を書いてない「デコオンライン
だが、まだ各国で運営されているようだ。

台湾はこの度、COS+PLAYと販促を一新した。
実に台湾らしい売り方だと思うが、中身はそれほど
変化はなく、昨今の新作に打ち勝つのは難しい気が
する。

(C)2003 UNALIS All Rights Reserved.
(C)2006-2008 Rock Soft Co,Ltd.




2009年02月10日

愛されてるよな…


(source:official site Title:SO)

最近、「デコオンライン」が日本風という、妙な
キャッチコピーがついて、中国圏に進出している。

香港では名前を変え「星矢オンライン」となった。
中国本土では「聖闘士オンライン」、こっちでは
星矢…

これだけ愛されている版権は世の中に2,3個
しかない。正式に開発されないのが不憫だ…

(C)2009 Run Up Game Distribution Limited.All Rights
Reserved.
(C)2009 Rocksoft Co.,Ltd.All Rights Reserved.
(c) 2006-2009 RoCWorks Co.,Ltd. All Rights Reserved./
Published RoCWorks Co.,Ltd.

2008年04月03日

いつかは冷める…?


(Source:4Gamerから転載 Title:DF)

「デコオンライン」に新PvPマップが実装! 
無期限アバターをスキンアイテムに変更できる
ポイントアイテムも追加[4Gamer]


このほか,オシャレなアイテムを着ていたいけど,
狩りのためには着替えないと――そんな場合でも
装備の上から装着できる“スキンアイテム”に新作
が登場

こちらも日本でいかに稼ぐかがわかってきたようで、
補正に影響なく見た目を変えるスキンアイテムを
強化。

スキンアイテム化したアイテムは、20日間の
使用期間を経過すると自動的に元の無期限
アバターアイテムに戻ります

さらにスキンエクスチェンジャーなるアイテムを使う
事で従来の装備も一定期間、スキンアイテム化
する事ができるという。この一定期間が重要だ。 
⇒続きを読む

2008年02月13日

名前を変えた意味は…


(Source:4Gamerから転載 Title:DF)

「デコオンライン」,本日のアップデートでリニューアル
オープン。新名称は「DecoOnline Frontier」


新名称を「DecoOnline Frontier」(デコ
オンライン・フロンティア)としてリニューアル
オープンする

てっきり、この「デコ」という語感でも気にいらない
のかと思ったが、どうやら違うらしい。改名ならば
もっと違うものにした方がいいと思うのだが…

過去、月額から無料のタイミングで復活する例は
幾つか見たが、無料からテコ入れで復活したもの
は見た事がない。

月額から無料に移行して成功したパターンの秘訣
は既存のユーザーよりも、新規ユーザーを念頭に
おいた政策である。新しいユーザーが土着する為
のコンテンツをどれだけ用意できたかが決め手だ。 
⇒続きを読む

2008年02月08日

名前変えの効果


(Source:official site)

『デコオンライン』2月13日(水)に新タイトルに
NONPvPチャンネルも追加[iNSIDE]


今回のアップデートではゲーム内容だけでなく、
『デコオンライン』というゲームタイトルも新たな
ものになる予定

タイトル変えの効果は市場定員説からすれば、あまり
効果がないように思える。

ただ、日本はまだ韓国ほど定員に至っていないという
見方もあり、タイトルを変える事で印象が変わって、
新規が見込めるという見方もできる。

チャンネルごとにプレイ傾向を変える事で戦闘好きや
まったり好きなど、プレイ傾向でユーザーを固める政策
は良い気がする。

後は…賞味期限と運営の性格だろうか。

(C)2006 Rocksoft Co., Ltd.,
(C)Copyright RoC Works Co.,Ltd. All rights reserved. /
Published by RoC Works Co.,Ltd.

2007年01月16日

GMをレンタル


(source:official site)

「デコオンライン」,2007年上半期のアップデート
方針を公開[4Gamer]


今回は,イベントの活性化やプレイヤーの意見に
対応するための,「GMレンタル制度」「アンケート
強化体制」

GMレンタル制度というのは中々面白いと思ったが、
ユーザー主催のイベントの宣伝と商品を行って
くれるという内容だ。

宣伝といってもGMブログ、商品もゲームバランス
を考えれば、あまり価値のあるものは出せないと
思われる。 
⇒続きを読む

2006年12月26日

デコはデコのまま


(source:4Gamer)

デコオンライン」イベント明日開催&次期アップデート
の内容[4Gamer]


コロニーシステムとは,「火」「水」「風」「土」
などの性質を持つ特殊な宝石「属性宝石」(仮称)
の採掘権をめぐり,「コロニー」に属するグループ
同士が争いを繰り広げるというもの

採掘権をめぐり、勢力が戦う…
もう典型的な利権と戦争の図式だ。これが韓国系MMO
RPGの典型というのは、今更言う必要がない。 
⇒続きを読む

2006年12月09日

今こそ変身なのか


(source:official site)

「デコオンライン」が断末魔の悲鳴を上げているらしい。
移管で1週間近く停止していた上にキャラクターが削除
されたり、マイレージが消えたり、告知がなかったりと
被害が凄まじいようだ。

各個人の補償はあまり期待できない。全体一律にアイテム
をばらまき、再スタートイベントとして、ブースト週間を設ける
程度になっている。

このまま強行しそうな気がしたのだが、被害は一段落する
どころか、まだ続いているらしい。 
⇒続きを読む

2006年11月29日

移管後と移管前


(source:official site)

12月から「デコオンライン」がGMO Gamesからロック
ワークスに移管[4Gamer]


先日、凸凹ランチセットさんから先に伝えられていた。
ロックワークスは「ダークアリーナ(ニダオンライン)」
をサービスする新規の運営会社である。

韓国では同一タイトルを複数の運営でサービスする、
チャネリングが多いが日本は少ない。チャネリングは
本来ならば、サービス競争が発生し、より良い運営に
変化するのだが、このチャネリングでサービスが向上
したり、両社の運営を比較する記事や意見を聞いた事
がない。そう言えば、同作品もネットマーブルで運営
されていたと思ったが… 
⇒続きを読む

2006年11月25日

コンセプト不在か


(source:official site)

時空賛歌,女性ユーザーのための懇談会開催
[GAMETIME]


時空賛歌の女性ユーザー達のトレンドを分析するための
特別懇談会を来る25日開催する

最近、ジャンルを問わず、韓国市場は女性顧客という存在
に敏感だ。女性層が1割増えれば、それを目当てに同数、
何倍の男性顧客が来るという目論見があるのだろう。

これは本来、そのタイトルをプレイしない層をも引き込む、
新規顧客獲得のチャンスでもある。ほぼ固定化されたシェア
を崩す手立てとして検討する理由もよくわかる。 
⇒続きを読む

2006年11月14日

結論はこれか


(source:official site)

時空賛歌、まともなPvPが来る
[INVEN]


「デコオンライン」から名を変え、地味に続けていた
「時空賛歌」が大幅な路線変更をする。

今までは限定されたエリアでのみ、国家戦があったが、
今後は安全地帯を除き、全ての場所で戦闘可能になる。
さらに敵国と一切の会話ができない仕様になる。

当初は気軽に皆で様々なルールのPvP、RvRをしよう
という内容だったと思ったが、結局は無差別戦争の道を
選んだ。

他のMMORPGもどれも戦争が中心、さらに売れる道
を狙うならば、アイテムドロップあり、同一国家内でも
PK可能にすれば、もっと人気が出るだろう。

(C)2006 Rocksoft Co., Ltd., GMO Games, Inc.
All Rights Reserved

2006年11月09日

プレイは小説になるか


(source:official site)

「デコオンライン」連動RvRイベントの模様がさまざま
な形で公開に[4Gamer]


MMORPGにストーリーがいらないという意見はゲームの
進行自体、そこでプレイするユーザー同士のドラマの方が
現実的かつ、生々しい、真のドラマがあるからである※1

同作品では、そのドラマ(RvR)を小説として描いている
ようだ。小説にする事でより演出が高まる…のならば、
面白い気もするが、小説に登場するゲーム内の勇者は
小説をどう見ているのか、気になるところだ。 
⇒続きを読む

2006年09月22日

殺さねば強くなれない


(source:official site)

施工賛歌,アップデートで生まれかわる
[GAMEABOUT]


タントラ、千道オンライン、竜天氣などはサービスを
中断してから「リニューアル」を通じて再び注目を引く
ようになった

これは大きな間違いだ。「竜天氣」は再びサービス中断、
他の2タイトルも決して上向きではない。あえて挙げる
ならば「十二之天」だけがリニューアル後、成功している。

現在施工賛歌という名前は国内のみで使っているし
海外はデコオンラインという名前にサービスされて
いる。海外市場でデコオンラインの反応は良い

これも大きな間違い…と指摘したいが、開発という視点
では、次々とアバターを作らされるので、凄く売れている
と勘違いしているのか、もうひとつの輸出国、インドネシア
では売れているのかもしれない。 
⇒続きを読む

2006年09月20日

個人的な違和感


(source:4Gamer)

「デコオンライン」公式サイトで,ミニゲーム
「デコPON!」が公開に[4Gamer]


デコPON!は,200ポイントと300ポイントの二つのコース
が用意された有料ミニゲーム。コースとマップ(順次追加
予定)を選択し,マップ内に点在する宝箱の一つを選んで
こじ開けることによってさまざまなアイテムを入手できる

アイテム課金には大抵ガチャという、クジに似たものがある。
これが一番ユーザーから金を搾取しやすい要素だ。同作品
にも、一風変わったものが登場する。 
⇒続きを読む

2006年09月08日

まだ続くようだ


(source:4Gamer)

騎乗ペット導入と週末恒例イベント
[4Gamer]


今回のアップデートの目玉は「ライド システム」で,
これはプレイヤーがペットに乗れるというもの

メイドや水着ではなく、今回は「馬」中々出来が良い。
ただ、維持費が結構かさむのではないかと思われる。

イベント妨害や不正行為と判断された場合は、接続
を切る場合や運営妨害として厳しく対応する場合が
ございます。あらかじめご了承ください

よほどイベントで不愉快な思いをさせられたようだ。
GM主導のイベントをユーザーが礼儀正しく守った光景
など見た事がないが…(自分が民度の低いタイトルしか、
知らないのかもしれない…)

現地では「時空賛歌」になり、日本も月末くらいには変化
がある気がしているが、相変わらずアイテム商法を続けて
いる。しかし、日本で収益を上げるには、この商法が正しい
と自分も思う。

(C)2006 Rocksoft Co., Ltd., GMO Games, Inc.
All Rights Reserved
(C)2003 Nexon Corporation. All rights reserved.
Developed by devCAT.

2006年09月01日

時空賛歌の実態

時空賛歌,正式サービスを振り返る
[MUD4U]


「デコオンライン」改め「時空賛歌」として再出発したが、
ぱっと見、変化は感じられなかった。しかし、内部を見て
みれば、何か違いがあるのかもしれない。


(source:official site)

・ペットシステム
これはソロプレイが辛いという名目で生まれたものらしい。
ならば、PTで補う事や、バランスを調整しようという方向に
なぜ進まないのか、謎だ。

その理由はペットは課金アイテムで高額で売りつけている
からである。時空賛歌になり、値下げされたようだ。好みも
あるだろうが、可愛くない。少なくとも「マビノギ」のような
愛くるしさはない。 
⇒続きを読む

2006年08月24日

名前だけでは無意味


(source:official site)

時空賛歌(デコオンライン),新しくサービス
[GAMETIME]


韓国で「デコオンライン」「時空賛歌」と名前を変えて
本日から再出発する。

3週間あまり、サービスを中断していたが、3ヶ月ならば
ともかく、3週間では何も変わらない。変わった点とすれば
中級レベルの狩りのフォローとして、ペットが導入された
くらいである。

突然サービスを中断したり、その事に関して一切の告知が
ないなど、同作品の運営姿勢に現地では多くの抗議が殺到
していた。

仮に中身が完全に変わったとしても、この運営下では成功
は遠い気がする。今回名前を変えて出直した効果は、何も
知らない初心者を引き入れるための策なのだろう。

(C)2006 Rocksoft Co., Ltd., GMO Games, Inc.
All Rights Reserved

2006年08月16日

メイドの需要


(source:4Gamer)

「デコオンライン」,秋葉原のメイドカフェ「ぴなふぉあ」
とコラボ[4Gamer]


GMO Gamesは本日「デコオンライン」で秋葉原の
メイドカフェ「ぴなふぉあ」とコラボレートし,ゲーム内
に「ぴなふぉあDeco支店」を開店するというアップ
デートを行った

それほどまでにメイドとは需要があるのだろうか。あの服
が良いのか、それとも主従関係が良いのか、それとも自分
の知らないメイドの世界があるのだろうか。

話題性はあるとしても、単にアバターとしての価値だけと
思っていたが、ここまでこだわるところを見ると、同作品
が異常か、自分の知らないニーズがあるのかのどちらか、
ではないかと思えてくる。

(C)2006 Rocksoft Co., Ltd., / GMO Games, Inc.
All Rights Reserved.

2006年08月11日

事実上の仕切り直し


(source:official site)

デコオンライン,時空賛歌に帰って来る
[GameMeca]


時空賛歌開発チームは「ユーザー達のためのフレッシュ
で面白いゲームで生まれかわるためのタイトル改編及び
相当部分をアップグレードして8月24日新しく門を開く」
と説明した

現地で突然、全データワイプ(名前のみ残す)という、恐る
べき措置に走った「デコオンライン」はタイトルを変えて
再出発する。まるで芸能人みたいだ。

この題名は誤訳であり、正式名称が判明次第、同記事も
修正しよう。

サービス中断から再開までの期間が短い事から、あまり
大きな変化はないと思うが、日本にも影響がある可能性
がある。

※追記
16日の時点でタイトルは「時空賛歌」と決定。

(C)2006 Rocksoft Co., Ltd., / GMO Games, Inc.
All Rights Reserved.

2006年08月06日

微妙な内容…?


(source:official site)

「デコオンライン」で賞金総額51万円の3on3大会
「大武神祭-Trinity-」が開催される。前回は1対1
だったものが3対3の形式になるという。

同作品はバランスやバグが致命的に多く、勝敗にランダム
性を持たせるために3対3の形式に変えたものと思われる。
発表された当初は気軽にPvP、RvRができるMMORPGと
いう内容を目指していたはずだったが…

総額51万という金額は宣伝になるのだろうか。
これならば、豊富な課金アイテムをバーンと200万円
相当くらい放出したほうが受けそうな気がする。

それでも、日本は現地の運営に比べれば、かなり積極的
な運営をしていると思う。現地はあまりにも…

(C)2006 Rocksoft Co., Ltd., / GMO Games, Inc.
All Rights Reserved.

2006年08月02日

過剰なアイテム供給


(source:4Gamer)


「デコオンライン」SSコンテスト&新アイテム「バニースーツ」
[4Gamer]


つい1週間前に水着や何やらと課金アイテムを大量導入
した「デコオンライン」がバニーガールを実装。1,000円
程度のアイテムだが、次々と課金アイテムを追加していく
姿勢が気になる。

現地では鯖統合、データリセットなる大技の後、ログイン
障害が頻発している様子。国内の状況もあまり良い噂を
聞かない同作品、この過剰なアイテム供給はもしや…と
不安がよぎってしまう。

(C)2006 Rocksoft Co., Ltd., / GMO Games, Inc.
All Rights Reserved.

2006年07月25日

商売が先である


(source:4Gamer)

「デコオンライン」,夏季限定の大規模アップデートを
実施[4Gamer]


「デコオンライン」では夏休みという事で大量に夏らしい
要素が26日から実装される。水着はどのMMORPGでも
見られるものだが…


(source:4Gamer)

スク水などは日本向けのローカライズというところなのだろう。
その他、非常に多くの課金グッズが追加される。現地では
課金グッズ追加などよりも、ギルド機能などの基本的なバグ
の修正を先にして欲しいとの声があるが…

(C)2006 Rocksoft Co., Ltd., GMO Games, Inc.
All Rights Reserved.

2006年06月28日

ネットマーブルも運営


(source:4Gamer)

MMORPG「デコオンライン」、ネットマーブルでも
プレイ可能に[4Gamer]


CJインターネットは,GMO Gamesが運営中のMMORPG
「デコオンライン」のサービス提供をゲームポータルサイト
「ネットマーブル」上で6月29日から行うと発表した

元々、テクノブラッドが買ったタイトルなので、当初、自分は
運営はネットマーブルではないかと思っていた。何にしても、
運営が2つになれば、多少は人口が増加するのではない
だろうか。

(C)2006 Rocksoft Co., Ltd., GMO Games, Inc.
All Rights Reserved.
(C)since 2004 CJ Internet Japan All Rights Reserved.

2006年06月15日

生きるには希望が必要


(source:4Gamer)

「デコオンライン」,PvP大会「大武神祭」を振り返る
企画が始まる[4Gamer]


同ゲーム内で5月に開催したPvP大会「大武神祭」の思い出
にひたる企画を実施する

内容を反省し、より魅力的なPvP大会にするのかと思ったが、
思い出にひたるそうだ。動画配信や同作品で掲載されている
ゲーム小説に登場するらしい。どうにも、思い出にひたると
いう言葉に後ろ向きなイメージを覚える。

名声値、レベル、対戦場での成績など、それぞれ100位まで
のランキングとギルドランキングを20位まで公式サイトで告知。
ランキングはコストが低く、大抵のタイトルで採用しているもの
だが、同作品は割と充実している。 
⇒続きを読む

2006年05月18日

検証と孤独と誘惑

戦闘は意外と好きである
(source:4Gamer)

ライトユーザー検証を行っている「デコオンライン」にレテ
平原とインスタンスダンジョンが追加される。

レテ平原はRvRエリアとあるが、別にチームを組んだりする
わけでもなく、「RvRになる事もあるよ」という場所のようだ。
このマップに出現するモンスターは他マップよりも経験値が
高く、狩場としてユーザーを誘導している。

ここで相手陣営のユーザーを殺すと名声値がつき、一定
以上名声値がないと利用できないショップが開設される。
さらに名声値のランキングで陣営内の競争心も煽るようだ。 
⇒続きを読む

2006年04月08日

正式サービスの嵐

これが日本向きの絵柄なのか…

「君主」「墨香オンライン」が正式サービスに移行、
「デコオンライン」も今月14日と正式サービスが相次ぐ。
正式サービスに合わせて、様々な追加要素やイベントが
行われるようで賑やかだ。

アイテムモールも最初からかなりの数のアイテムが
揃うようだ。同作品のアイテムモールが公開されたら、
一度、他のタイトルも含めて、課金アイテムの傾向を
一度まとめてみよう。

2006年04月01日

MMORPGの常識

現地の動きが鈍いため、早々にコンテンツ不足

デコオンラインの今後のアップデート[4Gamer]

当初は確か、簡単にRvRが楽しめるゲーム性と聞いて
いたのだが、今回の記事の内容からすると、かなり利権
の争奪戦といった内容になっている。

「ギルドウォーズ」のように「過程」が楽しめる内容ならば、
返って利権や報酬は邪魔な存在となるが、普通のMMO
RPGは「過程」よりも「結果」が求められる傾向が高い。

フロンティアシステムと称し、ギルドが街を持てるというが、
これは「城」であり、「狩場」である。 
⇒続きを読む

2006年01月15日

デコオンライン体験

非常にバリエーションの少ないメイキングだ

「ギルドウォーズ」と同様、こちらも体験せねばならない。
アニメっぽいグラフィックと既存の韓国製MMORPGと
大差がない内容からなのか、意外に人は少なく感じた。

キャラクターメイキングの幅が非常に狭い。パターンも
5種類程度であり、髪型と顔しか変える事ができない。
グラフィックは3年前くらいのものだろうか、プレーンな
光源と粗いテクスチャーが目立つ。 
⇒続きを読む

2006年01月11日

オープンβは翌日!

い、いいのか…? この路線で

韓国では深刻な事態が続いている「デコオンライン」だが、
国内では今月12日からオープンβ開始という、異様なまで
に早いリリース展開を見せている。

問題がなく、安定したタイトルという事なのか、とりあえず
ユーザーを囲ってから、問題点を直しつつ、運営していく
のか、おそらく後者ではないかと思いつつも、同作品も
一度触ってみない事には語る資格がない。

気になるのは課金方式だが、現在までの経緯から見ると
アイテム課金になる予感がする。

2006年01月09日

復旧の見込みなし

おびただしい抗議文

韓国の「デコオンライン」が5日のサーバー点検から現在
9日に至るまで接続不能状態が続いているという深刻な
事態が起きている。

接続不能の原因はデータベース間違いによりサーバーの
正常化が成り立っていないというが、復帰の見通しなどが
一切行われていない点にユーザーは激しい怒りを露にして
いる。 
⇒続きを読む

2005年12月09日

クリスマスから始動

ゼノギアスカラー?

「デコオンライン」が今月25日から29日まで、第1次
クローズドβを開始する。募集は16日から20日まで、
規模は不明だが、3,000人前後ではないかと予想。

韓国で問題になっているRvRの不具合や、同期の問題が
日本に来て解決されているとは思えないが、興味のある
タイトルである。

2005年12月06日

コンボの比較

普通に戦える、数少ない良作と思っていたのだが…

国内で来年から動き出す「デコオンライン」だが、
先月オープンβに入ったにも関わらず、40位台と
いう不遇な順位に甘んじている。

格闘ゲームのようなコンボが売りの同作品だが、
同じようにコンボを売りとした「カバルオンライン」
は5位。グラフィックやゲーム性という面もあるが、
コンボの差について比較している記事があるので、
要約してみる。 
⇒続きを読む

2005年11月25日

動き出すデコ

絵柄は日本向きかもしれない。子供ばかりだが。

日本における「デコオンライン」の運営はGMO
インターテインメントに決定した。

同社はネットクルーを通じて「コルムオンライン」
を運営している。同作品のパブリッシングは今回
自社で行うようだ。

6月にテクノブラッドが権利を獲得していたので、
ネットマーブルに流れると予想したのだが… 

近日中に日本でも運営プランなどが発表される
だろう。

2005年10月20日

年末年始に上陸…?

アニメ調の絵柄

韓国ではMMORPG「デコオンライン」が来月1日
からオープンβに入る。 
⇒続きを読む

2005年09月23日

デコのその後

非常にアニメっぽいデザイン…

韓国では今月末に「デコオンライン」がクローズドβに入る。
日本では6月にテクノブラッドが契約したという発表以来、
まったく音沙汰がないが…

少し古い感じのする画面だが、Z、X、Cのコンボに加え、
必殺技、さらに上位の必殺技とつなげられるコンボシステム
は非常に格闘ゲームの感覚に近い。クローズドβのレポート
で同作品の方向性が見えてきた。 

⇒続きを読む

2005年06月24日

デコのオンライン

トリオザパンチ

「デコオンライン」といっても、あのデータイースト※1
のオンラインではない。

こちらの記事によると、テクノブラッドが独占販売契約を
締結したとのこと。現在、パブリッシャーを募集中。 
⇒続きを読む
Recent Comments
Monthly Log
Web Ring
 
 
 
 
Links
 
 
 
 
TalesWeaver
 
 
 
 
 テイルズウィーバー韓国公式
Service end
 
 
 
 
 
 
Board
 
 
Translation
Privacy Policy
当ブログに記載されている会社名・製品名・システム名などは各社の 登録商標もしくは商標です。利用している画像及び、データに 関する知的財産権は、各社、各情報サイトに帰属します。
当ブログはリンクフリーです。当ブログからの引用、転載は 自由ですが、各社及び各情報サイトの許諾が必要な場合が あります。
研究、考察に無関係、または思慮に欠けるコメントは一方的 に削除する事があります。
QR Code
QRコード