Online Game(ランキング)

2014年01月20日

意外なものが1位に


(source:VB)

クロスファイア全世界の部分有料化の収益で1位、2位はLoL
[INVEN]


1位を記録した「クロスファイア」は、スマイルゲートが開発し騰迅がサービスしているゲームで、集計の売上高は9億5,700万ドルを記録した。ライオットゲームズの「リーグ·オブ·レジェンド」が6億2400万ドルで2位にとどまった

 日本円で約997億円である。あの時代遅れのFPSがと思うが、これがQQの地盤を持つ騰迅の力と同時接続者数200万超えの力なのだろう。3位の「アラド戦記」も同様の同時接続者数を持つ事から「リーグ・オブ・レジェンズ」も同じような数字ではないかと予想できる。

 ソーシャルの過剰な売上で麻痺していたが、こちらも相当な金額だ。順位を追ってみると

 4:ワールドオブタンク(SLG)
 5:メイプルストーリー(MORPG)
 6:リネージュ(MMORPG)
 7:ワールドオブウォークラフト(MMORPG)
 8:スターウォーズ:オールド・リパブリック(MMORPG)
 9:チームフォートレス2(TPS)
 10:カウンターストライクオンライン(FPS)

 このようになっており、市場としては依然、MMORPGが根強い。それは最も持続、中毒性が高いのだろう。FPS系も割と高く、これは回転数、消耗品などに課金されているのではないかと思われる。
⇒続きを読む

2013年01月14日

1月中盤の順位

振り返るとまるっと1年も更新が滞っていた。オンラインを巡る周囲の状況も諸々変わってきたので、一旦、ここで整理しておく。

1.リーグオブレジェンズ(DOTA)
2.サドンアタック(FPS)
3.アーキエイジ(MMORPG)
4.ブレード&ソウル(MMORPG)
5.スタークラフト(RTS)
6.リネージュ(MMORPG)
7.FIFAオンライン3(SPT)
8.ウォークラフト3(RTS)
9.アイオン(MMORPG)
10.ディアブロ3(MORPG)

(2012/12/20〜2013/1/13集計 各調査総合) 
⇒続きを読む

2012年01月01日

12月の順位

 運営ビジネスに移行してから、めっきり更新をサボっていたランキング。今年の総括として、自分も流し目程度にしか見ていない、現在の順位を追ってみる。

1.アイオン(MMORPG)
2.サドンアタック(FPS)
3.FIFAオンライン2(SPT)
4.ウォークラフト3(RTS)
5.スタークラフト(RTS)
6.メイプルストーリー(MMORPG)
7.リーグオブレジェンズ(DotA)
8.ワールドオブウォークラフト(MMORPG)
9.アラド戦記(MORPG)
10.リネージュ(MMORPG)

(11/30〜12/30集計 各調査総合) 
⇒続きを読む

2011年05月01日

4月の順位

 振り返ると昨年末から月次集計の結果を書くのを怠っていた。データは残っているので、いつか振り返ったら更新しよう。

 既に5月である。

1.アイオン(MMORPG)
2.サドンアタック(FPS)
3.FIFAオンライン2(SPT)
4.ウォークラフト3(RTS)
5.テラ(MMORPG)
6.スタークラフト(RTS)
7.リネージュ2(MMORPG)
8.ワールドオブウォークラフト(MMORPG)
9.リネージュ(MMORPG)
10.アラド戦記(MORPG)

(4/2〜4/28集計 各調査総合) 

⇒続きを読む

2011年01月10日

12月の順位

例年、11月、12月は新作リリースなのだが、今年は特に大型タイトルがこの時期に公開される事はなく、無難に既存タイトルが順位争いをしている。

1.アイオン(MMORPG)
2.サドンアタック(FPS)
3.ウォークラフト3(RTS)
4.スタークラフト(RTS)
5.ワールドオブウォークラフト(MMORPG)
6.アラド戦記(MORPG)
7.FIFAオンライン2(SPT)
8.メイプルストーリー(MMORPG)
9.リネージュ(MMORPG)
10.リネージュ2(MMORPG)

(12/5~1/5集計 各調査総合) 
⇒続きを読む

2010年12月21日

実際は倍という事か


(source:official site Title:アラド戦記)

『AION』100週連続1位...記録更新目前
[毎日経済]


ゲームトリックスによると、アイオンは、サービスを開始した2008年11月11日の初日から1位を占め、101週連続1位を走っていた『サドンアタック』が2位に

 集計会社によって順位のばらつきはあるものの、ゲームトリックスの調査では「アイオン」は100週連続という偉業を作った2作目になるようだ。

『アラド戦記』、自己最高26万人を記録
[スポーツ朝鮮]

最近の新キャラクター『男格闘家』のアップデートと歴代最強と呼ばれる様々なイベントが相乗効果を出した結果だと

 だが、時折、紙面を騒がせるネクソンのタイトルには25万以上、時には40万という数字が出てくる。1位と言われる「アイオン」の同時接続者は多く見積もっても20万人は居ない。ならば、「アラド戦記」「メイプルストーリー」が1位になってもおかしくないのだが、「アラド戦記」は大体4~7位、「メイプルストーリー」に至っては10位圏外に消えているのである。 
⇒続きを読む

2010年11月02日

10月の順位

 いよいよ年末が近づいてきた。韓国市場において上半期は比較的不発が多く、下半期に長期的にリリースされるタイトルが重なる。

 これは上半期に登場したタイトルが半年も経たず息切れするのに加え、年末に勝負を賭ける大作に踏み潰されるように追いやられるからである。毎年そんなパターンなので、6月までに公開される新作の数がかなり減った。

 いや、持続している新作が少ないので、新作が減った印象があるのだろう。残り2ヶ月、ここからが大勝負になる。

1.アイオン(MMORPG)
2.サドンアタック(FPS)
3.ウォークラフト3(RTS)
4.スタークラフト(RTS)
5.FIFAオンライン2(SPT)
6.アラド戦記(MORPG)
7.リネージュ(MMORPG)
8.リネージュ2(MMORPG)
9.スタークラフト2(RTS)
10.ワールドオブウォークラフト(MMORPG)

(10/3〜10/30集計 各調査総合) 
⇒続きを読む

2010年09月05日

8月の順位

 8月は未成年、学生の生活が大きく変わる為、毎年大きな変動がある。ただし、9月になるとそれも収まり、いつもの10位が帰ってくるのが恒例だった。

 しかし、今年の8月は色々と変化が大きく、9月になっても変化の影響が残るようなものもありそうに見える。

1.アイオン(MMORPG)
2.サドンアタック(FPS)
3.FIFAオンライン2(SPT)
4.スタークラフト(RTS)
5.メイプルストーリー(MMORPG)
6.アラド戦記(MORPG)
7.ウォークラフト3(RTS)
8.ワールドオブウォークラフト(MMORPG)
9.リネージュ2(MMORPG)
10.スペシャルフォース(FPS)

(8/5〜9/3集計 各調査総合) 
⇒続きを読む

2010年07月14日

6月の順位

 かなり7月に入ってしまったが、6月の集計をまとめる。今年の上半期はMOアクションの年とも呼べるほど、市場にMOアクションが並んだ。

 逆に大作MMORPGは発表こそされるが、時期を選んでいるのか、上半期に勝負に出たものは僅かで、市場的には見向きもされなかった。

1.アイオン(MMORPG)
2.サドンアタック(FPS)
3.スタークラフト(RTS)
4.ウォークラフト3(RTS)
5.ワールドオブウォークラフト(MMORPG)
6.リネージュ(MMORPG)
7.FIFAオンライン2(SPT)
8.アラド戦記(MORPG)
9.リネージュ2(MMORPG)
10.スペシャルフォース(FPS)

(6/5〜7/5集計 各調査総合) 
⇒続きを読む

2010年06月06日

5月の順位

 パッケージだが、昨年の北米市場はことごとく赤字に終わっており、恐竜市場の限界が予想される。

 一方、日本も恐竜化するはずだが、まだ踏ん切りが着かないのか、それとも恐竜の先を予見したのか、現状で踏みとどまる傾向が見られる。

 本来、2年前がピーク、そこから沈むと予想していた韓国市場の殆どが黒字、高景気にあるのが全世界から見ると異常にも見える。

 しかし、良く中身を見ると国内が稼いでいるわけではなく、主に中国に進出した功績が大きい。もう中国のパイは狩り尽くしたという意見もあるが…

1.アイオン(MMORPG)
2.サドンアタック(FPS)
3.スタークラフト(RTS)
4.ウォークラフト3(RTS)
5.アラド戦記(MORPG)
6.FIFAオンライン2(SPT)
7.ワールドオブウォークラフト(MMORPG)
8.リネージュ2(MMORPG)
9.リネージュ(MMORPG)
10.スペシャルフォース(FPS)

(5/6〜5/30集計 各調査総合) 
⇒続きを読む

2010年05月20日

まだ可愛いもんだぜ


(source:official site)

PlaySpan、仮想アイテム販売における仮想経済データを発表
[SECOND TIME]


最もARPPUの高い国は24.38ドルのオーストラリアで、続いてアメリカが2位の22.76ドル、3位はオランダの22.03ドル

 24.38ドルとは日本円で約2300円。日本でこんな客単価だったのは2003年辺りと思われる。当時は月額が中心だった。

 そこからアイテム課金が急激に増加、ガチャが主流になり、3000、4000円と増え、今では1万近い金額にまで跳ね上がった。

 昔から考えると決して安い娯楽ではない。1年で10万近くかかる。だが、車、オシャレ、旅行に比べれば安価である。

 可処分所得が減り、これらの趣味が維持できなくなった層のはけ口として、客単価が向上しているという説がある。

 だが、だとすれば、彼らは今までのユーザーではなく、新規の比率が高いのではないだろうか。
⇒続きを読む

2010年05月02日

4月の順位

 4月、幾つかの新作がオープンβに入っているが、10位圏内は不動。入ったとしても初週だけみたいなケースが増えている。

 ここに並ぶ上位10位の殆どは4年以上の年月、10位内を維持してきたようなものばかりだ。

 その中で唯一「アイオン」のみ、2年前に登場し、そして1位を維持している。

 10位内に入る事さえ困難な中、そこを通過し、1位を維持。これはNCソフトだからというわけではない。NCソフトも幾つも不作が存在する。

1.アイオン(MMORPG)
2.サドンアタック(FPS)
3.スタークラフト(RTS)
4.ウォークラフト3(RTS)
5.ワールドオブウォークラフト(MMORPG)
6.FIFAオンライン2(SPT)
7.リネージュ2(MMORPG)
8.アラド戦記(MORPG)
9.リネージュ(MMORPG)
10.スペシャルフォース(FPS)

(4/2〜4/30集計 各調査総合) 
⇒続きを読む

2010年04月11日

3月の順位

 3月に入り、年末から年始にかけて公開されたタイトルが停滞、または衰退期に入ってきた。

 一方、10位内は確固たる地盤があるせいか、例年通り、ほぼ変化がない。

1.アイオン(MMORPG)
2.サドンアタック(FPS)
3.スタークラフト(RTS)
4.ウォークラフト3(RTS)
5.ワールドオブウォークラフト(MMORPG)
6.リネージュ2(MMORPG)
7.リネージュ(MMORPG)
8.FIFAオンライン2(SPT)
9.スペシャルフォース(FPS)
10.アラド戦記(MORPG)

(3/3〜3/30集計 各調査総合) 
⇒続きを読む

2010年01月31日

1月の順位

 昨年末は幾つか新作が出たものの、「アイオン」が出た年に比べれば大人しいもので、他の新作とほぼ同じく、数ヶ月で沈下するものだった。

 そこまでの大作はないが、それなりに新作が出た事から11〜20位が様変わりしている。

1.アイオン(MMORPG)
2.サドンアタック(FPS)
3.スタークラフト(RTS)
4.ウォークラフト3(RTS)
5.リネージュ2(MMORPG)
6.ワールドオブウォークラフト(MMORPG)
7.アラド戦記(MORPG)
8.リネージュ(MMORPG)
9.FIFAオンライン2(SPT)
10.スペシャルフォース(FPS)

(1/5〜1/30集計 各調査総合) 
⇒続きを読む

2010年01月18日

異様なまでの加速


(source:official site Title:サンシャイン牧場)

開始から4ヶ月、mixiアプリの人気タイトルは?
100万強ユーザーを獲得したのは9社[GameBussines]


まだmixiアプリが実装されてから4ヶ月しか過ぎて
いなかったとは…実感ではもっと長い気がしたが、
それは普及率から感じた錯覚なのだろう。

現在の順位は

1 サンシャイン牧場 4,309,215
2 マイミク通信簿 3,320,145
3 脳力大学-漢字テスト 2,432,744
4 今日の血液型自分の説明書診断 2,017,482
5 みんなの農園 1,611,478
6 みんなの動物広場 1,278,534
7 記憶スケッチ 株式会社 1,205,756
8 たのしい☆みん顔!生活 1,059,812
9 英単語漬け 1,053,876
10 アニマルパラダイス 1,032,072

このようになっている。基本的に牧場系が強いが、
知育、便利系も強い。 家庭用で廃れていった路線
だが、こちらの仕組みと場こそ、適所だったのかも
しれない。
⇒続きを読む

2009年11月07日

10月の順位

 そろそろ夏に公開したタイトルの市場性が見えて来る頃である。10位内は殆ど変化はない。

1.アイオン(MMORPG)
2.サドンアタック(FPS)
3.ウォークラフト3(RTS)
4.スタークラフト(RTS)
5.ワールドオブウォークラフト(MMORPG)
6.リネージュ2(MMORPG)
7.リネージュ(MMORPG)
8.FIFAオンライン2(SPT)
9.スペシャルフォース(FPS)
10.アラド戦記(MORPG)

(10/1〜10/30集計 各調査総合) 
⇒続きを読む

2009年10月08日

9月の順位

年末にかけて大作が控えているものの、現在、
鉄板の10位を揺るがすような存在はない。

1.アイオン(MMORPG)
2.サドンアタック(FPS)
3.スタークラフト(RTS)
4.ウォークラフト3(RTS)
5.リネージュ2(MMORPG)
6.アラド戦記(MORPG)
7.FIFAオンライン2(SPT)
8.ワールドオブウォークラフト(MMORPG)
9.リネージュ(MMORPG)
10.スペシャルフォース(FPS)

(9/3〜9/30集計 各調査総合)  
⇒続きを読む

2009年08月31日

8月の順位

昨年はFPSがこの時期に無数に登場したが、今年
はアクションが流行らしく、既に幾つか市場に出て
いる。

アクションはMMOと違い、同期やサーバー問題が
多く、更に持続という問題もあり、過去の市場では
成功例がかなり少ない、方程式が見えないジャンル
である。

1.アイオン(MMORPG)
2.サドンアタック(FPS)
3.スタークラフト(RTS)
4.ウォークラフト3(RTS)
5.ワールドオブウォークラフト(MMORPG)
6.リネージュ2(MMORPG)
7.FIFAオンライン2(SPT)
8.スペシャルフォース(FPS)
9.アラド戦記(MORPG)
10.リネージュ(MMORPG)

(8/3〜8/28集計 各調査総合) 
⇒続きを読む

2009年08月05日

7月の順位

今年の傾向はアクションである。殆どのタイトルが
戦闘をアクションにしている。

その影響でMO化、ステージ周回型というシステム
になるのだが、過去、このシステムで成功した例は
少ない。

今はまだ公開されていないが、年内には公開される
と思うので、これらのタイトルが単に過去の内容に
見た目とアクション性を足しただけなのか、新しい
要素を盛り込んだ、MOでも成功する法則を導入
したものなのか、いずれわかるだろう。

1.アイオン(MMORPG)
2.サドンアタック(FPS)
3.スタークラフト(RTS)
4.ウォークラフト掘複劭圍咫
5.ワールドオブウォークラフト(MMORPG)
6.リネージュ供複唯唯錬劭丕如
7.FIFAオンライン2(SPT)
8.スペシャルフォース(FPS)
9.アラド戦記(MORPG)
10.リネージュ(MMORPG)

(7/1〜7/31集計 各調査総合) 
⇒続きを読む

2009年06月09日

17173的中国順位


(source:official site Title:アラド戦記)

6月1週中国順位
[17173.com]


17173.comの集計ではあるが、アンケートみたいな
デタラメではなく、ネットカフェ集計結果らしい。

1.アラド戦記(MORPG)
2.クロスファイア(FPS)
3.QQ舞(DANCE)
4.オーディション(DANCE)
5.QQ飞车(RACE)
6.向道(MMORPG)
7.反恐精英(FPS)
8.夢幻西遊(MMORPG)
9.天龍八部(MMORPG)
10.カートライダー(RACE)

(6/1〜6/7 17173.com集計)
⇒続きを読む

2009年05月27日

中国5月DL順位

5月第1週,中国オンラインゲームダウンロード
順位[MUD4U]


ダウンロード順位は同時接続者数とは異なるものの、
検索ワードよりは信憑性に足る順位だ。

1.クロスファイア(FPS)
2.オーディション(DANCE)
3.アイオン(MMORPG)
4.カートライダー(RACE)
5.フリフオンライン(MMORPG)
6.天竜八部(MMORPG)
7.カウンターストライク(FPS)
8.アラド戦記(MORPG)
9.ワールドオブウォークラフト(MMORPG)
10.神鬼伝奇(MMORPG)
(xunlei.com 5/17〜5/23)  
⇒続きを読む

2009年05月14日

ゲーム開発100位


(source:official site Title:WoW)

「世界で最も成功しているゲーム開発スタジオ」
を制したのは……?[iNSIDE]


Blizzardの急上昇の訳はやはり『World of
Warcraft』(WoW)とのこと。任天堂の『Wii
Fit』を抑えての1位ですから、その勢いが
伺えます

任天堂すらも叩き落とすのだから、ブリザードは文字
通り、世界1位なのだろう。英国の調査会社がつけた
順位なので、色々と異論があると思うが…

10位内は…

1.Blizzard (米国)
2.任天堂 (日本)
3.ロックスターノース(英国)
4.EAカナダ (カナダ)
5.カプコン (日本)
6.ユービーアイソフト モントリオール (カナダ)
7.Treyarch (米国)
8.Infinity Ward (米国)
9.Epic Games (米国)
10.Bethesda (米国)

このようになっており、世界の市場の殆どは家庭用で
成り立っている事を示す。これだけの大手が並ぶ中を
突き抜けて1位、しかもPCだけで抜き去ったWoWは
任天堂をも超越しているという事なのか。 
⇒続きを読む

2009年05月13日

ここにどう割り込む?

北米、欧州オンラインゲーム順位
[ゲーム朝鮮]


先月、北米のスクリーンダイジェスト社が北米、欧州
のオンラインゲーム順位の調査結果を発表。

1.World of warcraft
2.Club penguin
3.Runescape
4.Eve-online
5.Finalfantasy XI
6.Lord of the ring online
7.Dofus
8.Age of Conan
9.City of heroes
10.Everquest2

欧米市場調査は1年に1度くらい行うが、以前のもの
とあまり変化はない気がする。ここに並んでいるもの
はMMORPG、SNSが殆どで、これらのジャンルは欧米
ではほぼ固定化されたブランドが出来上がっている感
がある。


(source:official site)

強いて言えば「クラブ・ペンギン」が強い。
これはディズニーのオンラインゲームだ。

ディズニーと言えば「トゥーンタウンオンライン」
頭に浮かび、欧米でも日本でもマイナーだったなぁ…
などと思うのだが、こちらはWoWに次ぐメジャーだ。 
⇒続きを読む

2009年05月06日

4月の順位

4月に入り、現地では幾つかの新作が公開された。
まだ、集計に影響する段階ではないものの、確実に
2つに分類できる傾向が見えつつある。

ひとつは大作を大作として煽った販促をするもの。
タイトル自体のクオリティが高いのに加え、圧倒的
な露出、クローズドβの時点から何万人という層を
作り、人気と場の形成を促す。家庭用の大作と同じ
売り方である。

もうひとつは従来のように普通に発表し、テストを
行なうものだ。

片方が圧倒的に目立つため、従来の売り方が日陰に
追いやられている。

パッケージのように初動が成否を決める場合ならば、
この売り方が正しいと思うが、オンラインは持続が
勝負である。

だが、初動の動員がその後の結果を決めてしまう事
も多く、クオリティ、内容の厚みも含め、この売り方が
今後にどう影響するのか、興味深い。

1.アイオン(MMORPG)
2.サドンアタック(FPS)
3.スタークラフト(RTS)
4.ワールドオブウォークラフト(MMORPG)
5.ウォークラフト掘複劭圍咫
6.リネージュ供複唯唯錬劭丕如
7.スペシャルフォース(FPS)
8.FIFAオンライン2(SPT)
9.アラド戦記(MORPG)
10.リネージュ(MMORPG)

(4/6〜5/5集計 各調査総合) 
⇒続きを読む

2009年04月05日

3月の順位

3月も終わり、「アイオン」もほぼ半年を迎えた。
過去、2年間の新作MMORPGは10位内に半年
以上、留まった例はない。

この辺で3位とか4位に下落するなら、じわじわ
と落ちていく姿も想像できるのだが、同作品は1位
のままであり、シェアは20%台を維持している。

これはユーザーがリネージュシリーズのように毎日、
INして遊ぶ、生活の一部という遊び方が確立した
結果と思われる。

1.アイオン(MMORPG)
2.サドンアタック(FPS)
3.スタークラフト(RTS)
4.ワールドオブウォークラフト(MMORPG)
5.ウォークラフト掘複劭圍咫
6.リネージュ供複唯唯錬劭丕如
7.アラド戦記(MORPG)
8.スペシャルフォース(FPS)
9.FIFAオンライン2(SPT)
10.リネージュ(MMORPG)

(3/1〜4/3集計 各調査総合) 
⇒続きを読む

2009年03月27日

どこに向かうべきか


(source:official site Title:LBP)

Game Developers Choice Awards、Lifetime
achievementに小島監督! 「LittleBigPlanet」
が数々の受賞をするも、Game of the Yearは
「Fallout 3」に [Impress Watch]


Game of the Year「Fallout 3」
Innovation Award「 LittleBigPlanet」
Best Debut Game「 LittleBigPlanet」
Best Audio「Dead Space」
Best Game Design「LittleBigPlanet」
Best Technology「LittleBigPlanet」
Best Visual Arts「 Prince of Persia」
Best Writing「 Fallout 3」
Best Downloadable Game 「World Of Goo」
Best Handheld Game「 God Of War: Chains
Of Olympus」

今年も恒例のGDCアワードが発表された。
かつてはこの順位も市場を牽引してくれる、優れた
ゲームの目安になると思い、見てきたが、日本市場
を見る限り、昨年よりも更に離れた印象を持つ。

ゲームのアワードなのに、車か家電のアワードを見る
かのような、違うものを見ている気がする。

海外を中心に今後売っていくには、この辺と張り合う
センス、技術力、資本力が必要になるのだろう。

それとも、これはいわゆる芸術家が選んだ芸術作品
であり、一般の市場は漫画みたいなものなのか。

決して、そんな事はなく、海外ではこれらのタイトル
は興行的にも成功している。

ただ、日本という市場の中では見る影もない。これら
の名前は一般の人に聞いて、「ああ、アレね」と答え
が帰ってくるものではない。わかるのはゲーマーだけ
である。
⇒続きを読む

2009年03月01日

2月の順位

2月に入ったものの、1月と大きな変動は特に無い。
1月、2月にβテストを行う事も少なく、日数的にも
少ないせいだろうか。

ジャンルごとのシェアで見ると約6割がMMORPG、
2割がFPS、残り2割をRTS、カジュアルが占めて
いる。

1.アイオン(MMORPG)
2.サドンアタック(FPS)
3.スタークラフト(RTS)
5.ウォークラフト掘複劭圍咫
4.ワールドオブウォークラフト(MMORPG)
7.アラド戦記(MORPG)
6.リネージュ供複唯唯錬劭丕如
8.スペシャルフォース(FPS)
9.FIFAオンライン2(SPT)
10.リネージュ(MMORPG)

(2/1〜2/28集計 各調査総合) 
⇒続きを読む

2009年02月03日

1月の順位

1月。ランキング調査を開始して3年目となる。
ほぼ不動だと思われた10位圏内も3年を通して
見てみると、かなり様変わりしている。

法則めいたものを探しているが、方程式以外は
これといって、明確な法則は見えてこない。
今度、改めて3年分見直して、整理してみよう。

昨年末、世界的不況が広がりつつある中、市場
全体は新作ラッシュで妙な活気があった。

年が明けて、どう変わったのか。

1.アイオン(MMORPG)
2.サドンアタック(FPS)
3.スタークラフト(RTS)
4.ワールドオブウォークラフト(MMORPG)
5.ウォークラフト掘複劭圍咫
6.リネージュ供複唯唯錬劭丕如
7.アラド戦記(MORPG)
8.スペシャルフォース(FPS)
9.リネージュ(MMORPG)
10.FIFAオンライン2(SPT)

(1/5〜1/30集計 各調査総合) 
⇒続きを読む

2009年01月06日

昨年度、北米PC部門


(source:official site Title:WoW)

ニールセン調査、2008年プレイ時間最多は?
[shacknews]


ニールセンが昨年度、北米のPCゲームで最もプレイ
時間が長い順位を発表。

1.World of Warcraft
2.Call of Duty 4: Modern Warfare
3.Halo: Combat Evolved
4.The Sims
5.The Sims 2
6.RuneScape
7.Diablo II
8.Team Fortress 2
9.Counter-Strike
10.Counter-Strike: Source

驚くべき事に昨年度発売されたタイトルがひとつも
ないという。1位の「ワールドオブウォークラフト」
は1週間に平均11時間というプレイ時間である。

割とPCタイトルの売上順位と被るものの、新作が
ランクインしていないのは意外だった。

(C)2008 Blizzard Entertainment. All rights reserved.

2009年01月02日

12月の順位

昨年末、超新星的な登場を果たした「アイオン」
一ヶ月過ぎても、そのシェアに陰りはない。

最初から20%超えで維持するなど、過去を見ても
類はなく、まったく新しいパターンだ。

年末になり、幾つか新作が出たものの、見ての通り、
上位に入ったものはない。

1.アイオン(MMORPG)
2.スタークラフト(RTS)
3.サドンアタック(FPS)
4.ワールドオブウォークラフト(MMORPG)
5.ウォークラフト掘複劭圍咫
6.リネージュ供複唯唯錬劭丕如
7.スペシャルフォース(FPS)
8.リネージュ(MMORPG)
9.アラド戦記(MORPG)
10.FIFAオンライン2(SPT)

(12/1〜12/30集計 各調査総合) 
⇒続きを読む

2008年12月17日

毎年、やり方が変わる


(source:official site)

WebMoney Award 2008発表,今年最も愛された
オンラインゲームは「メイプルストーリー」
[4Gamer]


「"USER's VOICE" for "Internet Life"」
をテーマに,投票とユーザーの意見の収集,
そして表彰と運営側へユーザーの声を届ける
という位置付けのイベントに生まれ変わった

まだ受賞祭りの販促イベントめいた面は残っては
いるものの、資料として面白いものになっている。

そして、そのデータを明確な順位にしていない事
もそれぞれのタイトル、運営に対する配慮という
事なのだろう。

10代、20代、30代、男女別の順位が面白い。
割とよく分散している…と思ったが、「リブリー
アイランド」
が女性で全年齢で1位だ。

確か、以前も1位を受賞していた気がする。
それほどまでに土着率が高く、投票しようという
意欲を起こさせるのか。

(C)2003-2008 So-net Entertainment Corporation.

2008年12月08日

金なんて払わねーぜ


(source:IGN Title:Spore)

今年一番多い不法ダウンロードされたゲームは何?
[GAMEDONGA]


1.Spore(170万)
2.The Sims 2(115万)
3.Assasins Creeds(107万)
4.Crysis(94万)
5.Command&Coquer3(86万)
6.Call of Duty4(83万)
7.GTA San Andreas(74万)
8.Fallout3(約64万)
9.Far Cry2(約58万)
10.Pro Evolution Soccer 2009(47万)

今だにファイル共有ソフトは根強く残っており、これは
その類を使って年間でダウンロードされた回数である。

これだけの数、買わずに遊ばれたら、それはパッケージ
を買った人だけがボスを倒せるとか、コピーは2度まで
と無茶を言いたくもなるものだ。

2008年12月06日

11月の順位

先月は2つほど市場の法則を覆す事件が起きて
いる。

ひとつは「プリウス」の初日7万人という記録。
ここ2年くらいMMORPGの新作は期待されは
するものの、長続きせず下落していった。

そんなパターンが続いた為、次第に初回の動員数
も減る傾向すら生まれつつあった。その中で過去
最高の7万人という数字を出せたのは奇跡的だ。

1.アイオン(MMORPG)
2.サドンアタック(FPS)
3.ワールドオブウォークラフト(MMORPG)
4.スタークラフト(RTS)
5.リネージュ供複唯唯錬劭丕如
6.アラド戦記(MORPG)
7.スペシャルフォース(FPS)
8.ウォークラフト掘複劭圍咫
9.リネージュ(MMORPG)
10.FIFAオンライン2(SPT)


(11/5〜12/5集計 各調査総合)  
⇒続きを読む

2008年12月02日

ポータル別人気順位?


(source:official site Title:AION)

プレイNC急成長,ゲームポータル 5位進入
[THISISGAME]


PVという数字はやや扱いにくい。なぜなら意図的
に誘導したり、扇動する事が出来るため、実質的な
人気を読み取れるかというと、やや自信がない。

しかし、正確ではないにしろ、おおまかには実像に
近いものが得られる。アンケートも然りで数多くの
データを総合し、平均値を割り出せば、それなりに
実質的な数字が取れる。

2008年9月15日の時点では

1.ハンゲーム(約394万)
2.ネットマーブル(約365万)
3.ネクソン(約280万)
4.ピーマン(約270万)
5.プレイNC(約40万)

という順位だった。
毎月集計している順位とこの順位がいかに違うか。
上位の数字を出すにはタイトルに依存しない土着を
作らねばならない。看板となるタイトルがあっても、
ポータルとしては成功しない。
⇒続きを読む

2008年11月02日

10月の順位

今年の上半期はすこぶる新作が振るわなかった。
新作が出ても、一ヶ月程度で下落し、新旧交代が
まったく行なわれかった。

このまま続けば、新作が出ても「どうせすぐに…」
とβテストにすら参加しなくなるのではないか。
そう思っていたのだが…

「プリウス」は初日、オープンβで韓国市場過去
最大の同時接続者数を記録した。

1.サドンアタック(FPS)
2.スタークラフト(RTS)
3.リネージュ供複唯唯錬劭丕如
4.ワールドオブウォークラフト(MMORPG)
5.アラド戦記(MORPG)
6.ウォークラフト掘複劭圍咫
7.スペシャルフォース(FPS)
8.プリウス(MMORPG)
9.FIFAオンライン2(SPT)
10.リネージュ(MMORPG)

(10/1〜10/31集計 各調査総合) 
⇒続きを読む

2008年10月27日

シェアか、タイトル数か


(source:official site Title:WoW)

北米のユーザー動向を把握するツールとしてXFire
というメッセンジャーがある。中国もQQメッセンジャー
が普及しており、日本はそれなりに市場がありつつも
こうしたメッセンジャーではなく、ローカルな関係や、
ブログ、SNSつながりの縁が多い。

北米でMMORPGでの利用頻度の順位は

1.ワールドオブウォークラフト
2.ウォーハンマーオンライン
3.ギルドウォーズ
4.シルクロードオンライン
5.カバルオンライン
6.ラペルズ
7.メイプルストーリー
8.イブオンライン
9.ロードオブザリングオンライン
10.十二乃天

(2008/10/27現在) 
⇒続きを読む

2008年10月07日

北米での認知順位


(source:official site)

世界最高のパブリッシャーは任天堂,NCソフト15位
[THISISGAME]


北米のゲーム雑誌、ゲームデベロッパーマガジンが
今年のパブリッシャーの順位を発表。

あくまで同誌の中での順位だが、北米のゲーマーの
認知度を伺う事ができる。

1.任天堂
2.EA
3.アクティビジョン
4.UBI
5.SCE
6.テイクツー
7.セガアメリカ
8.THQ
9.マイクロソフト
10.スクウェア・エニックス
11.コナミ
12.ビベンディ
13.バンダイナムコ
14.カプコン
15.NCソフト
16.ディズニー・インタラクティブ
17.ルーカスアーツ
18.コードマスターズ
19.エイドス
20.ミッドウェイ 
⇒続きを読む

2008年10月05日

9月の順位

9月は「モンスターハンターフロンティア」
正式サービスを開始したが、予想通り、現地で
良い結果にはならなかった。

しかし、当初予想していたパッド操作の普及や、
コミュニティの薄さより、アイテム課金の酷さが
決定打になった気がする。

正式サービスするまでは同作品は総合で15位
あたりには残っていたのだ。

この推測通り、中身ではなく、課金内容に問題
があるのなら、運営の仕切り直し次第で復活の
可能性があるだろう。

1.サドンアタック(FPS)
2.ウォークラフト掘複劭圍咫
3.スタークラフト(RTS)
4.リネージュ供複唯唯錬劭丕如
5.ワールドオブウォークラフト(MMORPG)
6.スペシャルフォース(FPS)
7.アラド戦記(MORPG)
8.リネージュ(MMORPG)
9.FIFAオンライン2(SPT)
10.カウンターストライク(FPS)

(9/2〜9/30集計 各調査総合) 
⇒続きを読む

2008年09月01日

実益と人気と虚栄


(source:4Gamerから転載 Title:FEZ)

オンラインゲーム、公約付き人気投票
[gpara]


この投票は元々のタイトルの人口や、公約の内容、
告知の方法、頻度などが絡むので、真っ当な意味
での人気ではないが、色々な意味を持つ。

1.ファンタジーアースゼロ
2.マスターオブエピック
3.テイルズウィーバー
4.ワンダーランドオンライン
5.眠らない大陸クロノス
6.アルテイル
7.シールオンライン
8.ベルアイル
9.フリフオンライン
10.ミックスマスター

これと同時接続者数を比較するのは意味がない。
これは、このイベントに参加した人の人数だ。 
なので、他のランキングでは出てこないような名前
もあり、中々面白い。 
⇒続きを読む

2008年08月31日

8月の順位

毎年、この時期は韓国、日本ともに学生が休みになる
事で市場が変化するらしい。確かに体感では未成年の
印象が強く、順位では若年層向きのタイトルが伸びる。

だが、休みが終わるとゆっくりと下落していき、元の
順位に戻っていく。今年は変わるのだろうか。

1.サドンアタック(FPS)
2.スタークラフト(RTS)
3.ウォークラフト掘複劭圍咫
4.ワールドオブウォークラフト(MMORPG)
5.リネージュ供複唯唯錬劭丕如
6.FIFAオンライン2(SPT)
7.アラド戦記(MORPG)
8.スペシャルフォース(FPS)
9.メイプルストーリー(MMORPG)
10.リネージュ(MMORPG)

(8/4〜8/28集計 各調査総合) 
⇒続きを読む

2008年08月05日

7月の順位

7月に入り、昨年この時期に来ると期待されて
いた「ヘルゲイト:ロンドン」は没落、「アイオン」
は延期と、市場を牽引するはずの新作が不振、
順位は不動に近い。

上位のタイトルは累積した時間と人があるため、
不動に見えるが、それでも新作が入る余地がない
わけではない。

1.サドンアタック(FPS)
2.スタークラフト(RTS)
3.リネージュ供複唯唯錬劭丕如
4.ワールドオブウォークラフト(MMORPG)
5.スペシャルフォース(FPS)
6.リネージュ(MMORPG)
7.アラド戦記(MORPG)
8.ウォークラフト掘複劭圍咫
9.FIFAオンライン2(SPT)
10.CSオンライン (FPS)

(7/5〜7/30集計 各調査総合) 
⇒続きを読む

2008年06月16日

Xfireランキング


(Source:official site)

2008年海外人気MMOを見てみる
[GameMeca]


欧米で一般的なメッセンジャー「Xfire」の利用状況が
公開された。全ユーザーに対するメッセンジャー使用者
の割合は不明なので、アテにならないように見えたが、
TOP10を見てみると…

1.ワールドオブウォークラフト(MMORPG)
2.コールオブデューティ4(FPS)
3.コールオブデューティ2(FPS)
4.カウンターストライク:ソース(FPS)
5.バトルフィールド2(FPS)
6.ギルドウォーズ(MMORPG)
7.ウォークラフト掘複劭圍咫
8.ウルフェンシュタイン(FPS)
9.ワーロック(FPS)
10.トラックマニア(RCE)

今日の順位を見てみると5位に「エイジオブコナン」
が入っており、10位に「シルクロードオンライン」
入っている。

両タイトルとも、こないだニュースになったばかりで
公開されている同時接続者数と順位が非常に近い。
なので、この順位はかなり信憑性が高い気がする。
⇒続きを読む

2008年06月01日

5月の順位

4月が過ぎると新入生向けのイベントも終わり、
大体のタイトルが中休みに入る。

夏休みなどで接続数が上がるのは主にカジュアル
低年齢層向けだが、4月、5月のイベントで順位
が変化した事はあまり見た事がない。


1.サドンアタック(FPS)
2.スタークラフト(RTS)
3.リネージュ供複唯唯錬劭丕如
4.ワールドオブウォークラフト(MMORPG)
5.アラド戦記(MORPG)
6.リネージュ(MMORPG)
7.ウォークラフト掘複劭圍咫
8.スペシャルフォース(FPS)
9.オーディション(DAN)
10.十二乃天2(MMORPG)

(5/10〜5/30集計 各調査総合) 
⇒続きを読む

2008年05月10日

4月の順位

間にGWがあったせいで、集計が1週間遅れた。
過去の順位を見ると夏休み、冬休み、GWと連休が
あるとカジュアルゲームが順位を伸ばす。

だが、今回は日数が少なかったせいか、集計結果に
影響が見られず、あまり先月と順位が変わらない。

1.サドンアタック(FPS)
2.スタークラフト(RTS)
3.リネージュ供複唯唯錬劭丕如
4.ワールドオブウォークラフト(MMORPG)
5.リネージュ(MMORPG)
6.ウォークラフト掘複劭圍咫
7.スペシャルフォース(FPS)
8.アラド戦記(MORPG)
9.オーディション(DAN)
10.FIFAオンライン2(SPT)

(4/2〜5/9集計 各調査総合) 
⇒続きを読む

2008年03月29日

3月の順位

いかなるものも上位5位を貫く事はできない。
それくらい、上位の5タイトルは鉄壁だった。

だが、その上位5位にあった「アラド戦記」が7位に
下落。過去の例を見ると、突然新しいタイトルが登場し、
上位を奪った例は少なく、むしろ、上位にあったものが
じわじわと下落、その後、昇る事なく圏外に消える事
が多かった。

1.サドンアタック(FPS)
2.スタークラフト(RTS)
3.ワールドオブウォークラフト(MMORPG)
4.リネージュ(MMORPG)
5.スペシャルフォース(FPS)
6.リネージュ供複唯唯錬劭丕如
7.アラド戦記(MORPG)
8.ウォークラフト掘複劭圍咫
9.オーディション(DAN)
10.プリストンテール2(MMORPG)

(3/3〜3/28集計 各調査総合) 
⇒続きを読む

2008年03月02日

2月の順位

先月は「ヘルゲイト:ロンドン」が月額という課金
に挑戦した。そんな大事ではないが、韓国では
この2年の間、月額で成功したのは2つだけで
ある。

その結果は…以下の順位が物語っているだろう。
一ヶ月で10位圏外へと下落した。ますます市場
定員説、ユーザー固定説を裏付ける結果になって
いる。

1.サドンアタック(FPS)
2.スタークラフト(RTS)
3.ワールドオブウォークラフト(MMORPG)
4.アラド戦記(MORPG)
5.スペシャルフォース(FPS)
6.リネージュ(MMORPG)
7.リネージュ供複唯唯錬劭丕如
8.ウォークラフト掘複劭圍咫
9.オーディション(DAN)
10.メイプルストーリー(MMORPG)

(2/4〜2/29集計 各調査総合) 
⇒続きを読む

2008年02月03日

1月の順位

韓国では今が正月である。半年近く何も変わらない
ようなランキングだったが、今月は大物がある。

市場予想としては、市場定員説とタイトル固定説の
影響で、上位タイトルからユーザーが自然離脱する
しか、上位が揺らぐ事はない…と思っていたが、
色々と面白い事が見えてきた。

1.サドンアタック(FPS)
2.スタークラフト(RTS)
3.ワールドオブウォークラフト(MMORPG)
4.アラド戦記(MORPG)
5.スペシャルフォース(FPS)
6.ウォークラフト掘複劭圍咫
7.リネージュ(MMORPG)
8.リネージュ供複唯唯錬劭丕如
9.ヘルゲイト:ロンドン(MMORPG)
10.メイプルストーリー(MMORPG)

(1/4〜1/31集計 各調査総合) 
⇒続きを読む

2007年12月30日

12月の順位

数年間、順位を追ってきたが、今年は現地の環境
の変化や、家庭用並に急速に下落するパターン、
はたまたスタートは鈍いが持続するなど、過去に
あまり見ないケースが増えた気がする。

まだ確信はないが、ユーザーがそのタイトルを知り、
プレイする、プレイを持続する仕組みに変化がある
ような気がする。

1.サドンアタック(FPS)
2.スタークラフト(RTS)
3.ワールドオブウォークラフト(MMORPG)
4.スペシャルフォース(FPS)
5.ウォークラフト掘複劭圍咫
6.リネージュ(MMORPG)
7.アラド戦記(MORPG)
8.リネージュ供複唯唯錬劭丕如
9.メイプルストーリー(MMORPG)
10.オーディション(DAN)

(12/3〜12/28集計 各調査総合) 
⇒続きを読む

2007年12月14日

アマゾンランキング


(Source:official site Title:MHP2)

アマゾン ジャパン、「Amazon.co.jp『Best of
2007』〜ストア別年間ランキング〜」発表
[Impress Watch]


年末なので、各地で今年のランキング的なものが
発表されている。こちらはアマゾンでの順位だ。
小売店や大手流通店ではなく、オンラインショップ
という形だが、予約特典、価格などこちらの方が
優遇されているものもあり、何よりも買いに行く
必要がないアドバンテージが大きい。

<ゲームストア部門>
1位 PSP「モンスターハンターポータブル 2nd」
2位 DS「ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー」
3位 DS「ゼルダの伝説 夢幻の砂時計」
4位 DS「レイトン教授と不思議な町」
5位 DS「逆転裁判4」
6位 PSP「クライシス コア -ファイナルファンタジーVII-」
7位 PS2「フェイト/ステイナイト[レアルタ・ヌア]」
8位 PS2「スーパーロボット大戦OG」
9位 Wii「Wii Sports」
10位 DS「ドラゴンクエストIV 導かれし者たち」
[Impress Watchより転載]

据え置き機の低迷は今更書く必要はない。市場的には
DSが圧倒的に高いはずだが、1位はPSPが取った。
層の厚みでDSの方が上だと言いたいところだが、最近
はPSPタイトルも増え、企業も任天堂一色のDSから
ようやく抜け出せると踏んで、来年はPSPタイトルが
増える傾向にある。

しかし、PSPが過去のPS2と同じ役割を果たすのか、
また、果たさせていいものかは疑問だ。 
⇒続きを読む

2007年12月13日

もう、アテにしない


(Source:4Gamerより転載 Title:FEZ)

「WebMoney Award 2007」の授賞タイトルが発表。
2007年グランプリは「ファンタジーアース ゼロ」
[4Gamer]


今年はどこかの運営が組織票めいた動きをしたせいで、
何の意味もないアワードになってしまった。しかも順位
という形ではなく、各部門というゴマカシに走った。
これならば、名目さえ立てれば何でも受賞する事が
できる。いっそ、運営に金を積ませて受賞させた方が
シンプルだ。

元々、同時接続者や収益という、具体的な数字での
ランキングではないものの、そうした数字だけでは
ない、日本市場におけるポテンシャルのようなもの
を感じていたため、今までは扱ってきたが…

もう、このアワードから何かを感じ取る気持ちには
なれない。
Recent Comments
Monthly Log
Web Ring
 
 
 
 
Links
 
 
 
 
TalesWeaver
 
 
 
 
 テイルズウィーバー韓国公式
Service end
 
 
 
 
 
 
Board
 
 
Translation
Privacy Policy
当ブログに記載されている会社名・製品名・システム名などは各社の 登録商標もしくは商標です。利用している画像及び、データに 関する知的財産権は、各社、各情報サイトに帰属します。
当ブログはリンクフリーです。当ブログからの引用、転載は 自由ですが、各社及び各情報サイトの許諾が必要な場合が あります。
研究、考察に無関係、または思慮に欠けるコメントは一方的 に削除する事があります。
QR Code
QRコード