DEKARON

2008年04月02日

ガチャは捨てられん


(Source:GAMEPLANET Title:DEKARON)

『デカロン』、日本独自のガチャシステム「トリ
エステトレジャー」が登場[GAMEPLANET]


レッドバナナの仮想通貨であるバナポイントを
使用してプレイする事が可能なゲームで、ゲーム
内で使用可能なレアなアイテムや課金アイテムを
もれなく手に入れる事ができるシステムです

釣りやスロットを絡めたとしても、結局は現金で
アイテムを当てるガチャに過ぎない…と思うのだが、
実際にプレイする側は違うのだろうか。この僅かな
遊び心にワクワクとかするのだろうか。

日本独自とは良い言葉だ。どんどん黎明期から続く
タイトルの方が価値が上がっている気がするが…
気のせいか?

COPYRIGHT (C)2007 GAME YAROU Inc. ALL RIGHT RESERVED

2008年03月04日

男らしい?生き方


(Source:4Gamerから転載 Title:DEKARON)

「DEKARON」,大規模アップデート「Action3 巡礼
の空間」実装直前。ゲームヤロウで新要素をプレイ&
ミニインタビュー[4Gamer]


むしろ,本気でPvPやGvGを楽しみたいというプレイ
目的が先にある方や,可愛いだけの生ぬるいMMO
RPGはお腹いっぱいだという嗜好のプレイヤーが,
DEKARONというタイトルをあえて選んでくださって
いるのでしょう

半端な志の自分は最初の雰囲気だけで撤退して
しまったが、同作品のユーザーの忠誠心はかなり
高いらしい。

ゲームバランスについては,とくにプレイヤーから
ここを変えて欲しいといった強い要望はありません
ので,手を入れる予定はありません

運営自身も自分のタイトルの「売り」を把握している。
この飽和の時代だからこそ、あえてこの道を選ぶのは
正道に思える。

むやみに「日本向き」を連呼してナゾの内容を加える
ところとは大違いだ。

(C)2007 GAME YAROU Inc. ALL RIGHT RESERVED

2007年03月16日

台湾で1位?


(source:official site Title:Dekaron)

デカロン、オープンβ後1ヶ月ぶりに台湾順位1位
[GAMEDONGA]


デカロンはオープンβ1ヵ月ぶりに台湾最大ゲームサイト
のオンラインゲーム順位でワールドオブウォークラフト
のような大作ゲームを追い抜いて堂々と1位に上がる

同時期に「カバルオンライン」「ローハン」が公開
されたというのに、1ヵ月過ぎたにも関わらず、人気が
あるとは…奇妙な話である。

重要なのは、この順位が接続率調査会社などのデータ
ではなく、情報サイトの順位というところにある。

あのサイトの人気順位は1日ごとの変動が大きい。
既に現時点で同作品は3位になっている。

Copyright(C)2006 by GAMEHI Co., Ltd. All Rights Reserved.
(C)2005-2006 YNK GAMES INC.ALL RIGHTS RESERVED.
(C)2006 YNK JAPAN INC.ALL RIGHTS RESERVED.
(C)2006 ESTsoft Corp. All rights reserved.

2006年12月09日

悪しき韓国の風習


(source:4Gamer)

最近は国内のアップデート速度が速くなった気がする。
それだけ、国内運営の精度が上がってきたのか、顧客
の消費速度が加速しているのか、理由はわからないが…

現地で先月テストしていた攻城戦を今月13日に実装
するという。同作品、現地では昨年は10位内にいた
のだが、今年下半期から圏外へ下落した。

現地は人口が厚いので、攻城戦があれば人気が再燃
するかもしれない。しかし、この人口がクセモノだ。 
⇒続きを読む

2006年09月01日

プロは違う…


(source:official site)

「デカロン」では今月から有名レースクィーンに同作品
のコスプレを依頼、様々なキャンペーンを実施している。

同作品のトゲトゲな衣装が現実のものになったのも凄いが、
この衣装を着て、真夏の屋外でイベントを行う根性が凄い。


(source:KDI news)

韓国は日本と同じ、または日本よりも高温多湿だ。
その中でこの衣装を着ながら、カメラを向けられると笑顔
とポーズを決める… 

プロという誇りを見た気がする。

レースクィーンなど、ルックスだけで大した苦労もない仕事
と、どこかで思っていたが、大間違いだ。

(C)2006 SUPLEX INC. All rights reserved.
(C)2006 by GAMEHI Co., Ltd. All Rights Reserved.
(C)2006 Neowiz Japan Corp. All rights reserved.

2006年07月31日

攻城戦実装


(source:official site)

デカロン、大規模攻城戦実装
[Gameshot]


本日、韓国の「デカロン」に攻城戦が実装された。30人
以上でギルドレベル3以上のギルドが参加可能で5,000
万ディールを支払い、クエストを完了した先着3つのギルド
のみ参加できるという、物々しい内容である。

現地では人気の高い同作品だが、今まで攻城戦抜きで
この人気を維持していたとは意外である。今回の実装で
再度、同作品が10位内に返り咲くかもしれない。

(C)2006 SUPLEX INC. All rights reserved.
(C)2006 by GAMEHI Co., Ltd. All Rights Reserved.
(C)2006 Neowiz Japan Corp. All rights reserved.

2006年07月18日

チャネリング開始


(source:official site)

デカロン、ゲームチューでも運営開始
[GameMeca]


ネオウィズがスープレックスとMMORPG「デカロン」に
関する戦略的提携を結んだと18日明らかにした

手駒の不足しているネオウィズと宣伝力が不足している
スープレックス、どちらも旨味があるwin-win戦略では
ないかと思われる。

チャネリング(同一タイトルを複数の運営でサービス)は
韓国では人気の落ちてきたタイトルを蘇生させる手法と
して使われる事が多い。市場全体で見れば、同一タイトル
をプレイする人口は間口を広げても変化はあまりない。 
⇒続きを読む

2006年07月04日

デカロン北米進出


(source:official site)

デカロン、アクレイムと手を取り合ってアメリカ進出
[GAMETIME]


ゲームハイはアクレイムと契約金300万ドルに商用化以後
月売上高の30%をロイヤリティとして契約を締結した

アクレイムは「九龍争覇」も昨年獲得しており、韓国系
MMORPGの窓口として機能しているようだ。世界観的に
ヘビーメタルと言えなくもない世紀末感は意外に北米に合う
のかもしれない。

といっても、昨年から数多くのMMORPGが現地に流れては
いるものの、まだ目立った反応がない。まだ結果が出るには
早い気もするが、宣伝力、内容ともに韓国系MMORPGが
北米で成功するとは思えないのだが…

(C)2005,2006 SUPLEX / MORIAH(C)2005 by GAMEHI Co., Ltd.
All Rights Reserved.
(C)9Dragons Indy21 Corp. All Right Reserved.
(C)2006 Acclaim Games Inc. All Right Reserved.

2006年05月25日

有料アイテム販売開始

ほぼ現地に追いついた。最近は非常に早い
(source:official site)

「デカロン」で本日から有料アイテムが販売開始された。

錬金術師の魂(精錬成功率アップ)200円
鍛冶師の魂(強化成功率アップ)200円
初期化ポーション(要素ごとに初期化)200〜300円
リターンゲートスクロール(ワープアイテム)300円
女神の加護(経験値2割増し)600円〜2,500円
エクステンションバッグ(所持品増加)3000円
各種ポーション100〜3000円

中々安価に設定されている気がする。特に経験値2割増しの
3ヶ月分が2,500円なのは嬉しいところだ。しかし、これで
月額相当、それ以上の収益が望めるとは思えない。

じきに同作品にもドーピング系や高額装備、ガチャが導入
されるのではないと見ている。

※追記
ポーション関係を完全に見落としていた。この消費量いかん
によっては月額並の出費が予想される。エクステンション
バッグは300円ではなく3000円。

(C)2005,2006 SUPLEX / MORIAH(C)2005 by GAMEHI Co., Ltd.
All Rights Reserved.

2006年05月02日

デカロンバー現る

現地では「カッコイイ」と映るらしい…

デカロンで揃えられたバー登場
[GAMETIME]


韓国の「デカロン」が共同マーケティングの一環として、
同作品をモチーフにしたバーを展開。e−sportsなどを
観戦しながら酒を飲むという、スポーツバーの変形を狙う。

向こうの市場規模ならば、こういう商売もアリなのだろう。
壁には同作品のキャラクターが飾られ、メニューなどにも
同作品をモチーフにしたものが検討されている。

同作品をモチーフにしたメニュー…想像を超える内容に
なりそうで興味が沸くが、食べるのは遠慮したいところだ。

2006年04月25日

バギウォーリアーの姿

メカンダーロボのような肩が気になる…

「デカロン」のテストサーバーにバギウォーリアーがその
姿を現した。結局のところ、身体的特徴はバーバリアン
というだけに留まったようだ。

武器はガントレット系で拳、膝などを使って戦うキック
ボクシング型。両手持ち武器などのほうが良いとの意見
が早くも出ているが…

まだスキルや武器など未実装のものが多いらしい。
果たして人気は出るのか…

2006年04月14日

新種族実装

デカロンは非常に硬派な選択だ

韓国の「デカロン」に新種族バギウォーリアーが追加
される。

異界からの影響で体が変形したというが、体の前面に
顔が浮かんでいる。おそらく特殊能力的なものもある
のだろう。

普通は客寄せ目的で色気のあるキャラクターにすると
思うが、デカロンは無骨な漢を追加してきた。人気が
出るのか、少し興味があるところだ。

2006年03月21日

非常に早い展開

日本には、これを装備できる人がウヨウヨいるのだろうか…

MMORPG「DEKARON」、正式サービス後初の大型アップ
デート実施[slashgames]


いつの間にか「デカロン」が正規サービスに移行していた
ようだ。しかし、同作品はアイテム課金、公式を見るとまだ
それらしい項目がないが…

今回のアップデートでは今年頭に現地に実装された羽と
先月実装されたばかりのデュエルシステムが導入される。
タイムラグの少ない、非常に早いローカライズだが、逆に
もうコンテンツを消費し尽くしてしまったのかと思う部分も
ある。

2006年02月24日

私闘という火種

いまだに10位内という事は土着民が多いのだろう

韓国の「デカロン」にPvPモードが追加される。同作品
は最初からPKシステムが実装されているが、PKを
した場合、一部の商店やワープが使えない、警備兵
に襲われるなど、古典的なペナルティが存在した※1

今回実装されるPvPは互いの了承を得た後に行われる、
「私闘」である。勝者はPvPポイントが得られるが、これ
がどのような補償が得られるのかは不明。 
⇒続きを読む

2006年01月28日

デカロン体験1日目

5つのキャラから選ぶだけ…

本日からオープンβに入った「デカロン」の様子の確認。
クライアントのダウンロードが滞っているせいか、それ
とも人気がないのか、オープンβとは思えない程、人は
少ない気がする。

キャラクターメイキングが皆無。顔、髪型、身長など、
一切の要素を変える事ができず、5つのクラスから選ぶ
のみ。性別すら選べない。 
⇒続きを読む

2006年01月24日

週末からオープンβ

戦闘が楽しければいいが…

今月27日から「デカロン」がオープンβを開始する。
クローズドβのデータはワイプされるが、レベル分の
お金やアイテムなどが与えられるなど、クローズドβ
で同作品に見切りをつけた層も逃がさないようにする
配慮がある。

同作品にどの位、人が集まるのか、今までの記事が
正しいのかを自分で試すため、初日の様子を伺って
みよう。

2006年01月12日

プレス発表会

コスプレを使った発表会は普通になった

本日、「デカロン」のプレス発表会が行われた。同作品は
昨年12月の22日から今月の9日までクローズドβを行って
おり、オープンβは今月末か遅くとも来月中に開始する予定
のようだ。

韓国や中国では非常に高い人気を持つ同作品、売り文句
はいくらでもあるだろう。細かいアップデートなど現地同様
に行う事ができれば、ユーザーを維持する事ができるかも
しれない。 
⇒続きを読む

2005年12月26日

中国では月額を採用

人が多過ぎるのも問題だ

日本ではクローズドβが行われている「デカロン」だが、
中国では今月30日から正規サービスを開始する。

韓国ではアイテム課金の同作品、中国ではなんと月額
を採用した。中国では同時接続者数20万を記録する
ほどの人気があり、月額に移行した場合でも同等数の
ユーザーが確保できるという自信からだと思われるが… 
⇒続きを読む

2005年12月22日

裏切られた期待

勝手に期待していただけだが…

韓国、そして中国でも高い人気を持つ「デカロン」
クローズドβが始まった。当初ガード、ブロックという
単語に駆け引きのある戦闘を期待していたが、現地
の真相を知る内にその可能性は低くなり…

4Gamerのレビューで完全に断たれた。ガードも
ブロックもユーザーが行うものではなく、単に敏捷度
によって偶然に起こるシロモノだと確定してしまった。 
⇒続きを読む

2005年12月02日

第一次募集始まる

極限の戦闘…それは血しぶき?

「デカロン」の第一次クローズドβの募集が本日から
始まる。定員は2,000人。意外に少ないが、これは
現在の完成度を考慮してなのか、運営時の予想なのか… 
⇒続きを読む

2005年11月24日

デカロン起動!

魔物?を召喚するビシャスサマナー

「デカロン」は第一次クローズドβを来月22日から
1月9日まで実施すると発表。テスター募集などの
詳細はないものの、近日中に発表されるだろう。

発表から1年近く経ったものの、韓国では上位を
守り、中国では同時接続者数が20万を越えた。
日本の市場でどこまで売れるのだろうか。 
⇒続きを読む

2005年11月15日

デカロン、中国で大入り

このゲームもトゲトゲ鎧…

中国に400万ドル(約4億7,000万)で輸出された
「デカロン」が初日から同時接続数14万人を突破する
という盛況ぶりを見せている。

ここのところ、契約金は年々上昇している。昨年340万
ドルで「ヨーグルティング」を契約した以上の金額だが、
この様子だと、早々に元は取れそうだ。

韓国、中国と運営が進んでいるにも関わらず、日本は
相変わらず動きがない。

2005年11月01日

デカロン無料化

戦闘、グラフィック共に良作だ

韓国では「デカロン」が正式に無料化したことが発表
された。今年5月にオープンβを開始した同作品は、
今までトップ10から転落する事のない人気作である。 
⇒続きを読む

2005年07月27日

ハッスルMMORPG

イメージガールらしき女剣士

「カンフーハッスル」の主役、チャウ・シンチーがMMORPG
「デカロン」の広告塔になるという記事が。

本人たっての希望でチャイナジョイにおける広報大使を志願
したという。

デカロン… チャウ・シンチーを動かすだけの魅力のある
ゲームなのか… さっそく調べてみよう。 
⇒続きを読む
Recent Comments
Monthly Log
Web Ring
 
 
 
 
Links
 
 
 
 
TalesWeaver
 
 
 
 
 テイルズウィーバー韓国公式
Service end
 
 
 
 
 
 
Board
 
 
Translation
Privacy Policy
当ブログに記載されている会社名・製品名・システム名などは各社の 登録商標もしくは商標です。利用している画像及び、データに 関する知的財産権は、各社、各情報サイトに帰属します。
当ブログはリンクフリーです。当ブログからの引用、転載は 自由ですが、各社及び各情報サイトの許諾が必要な場合が あります。
研究、考察に無関係、または思慮に欠けるコメントは一方的 に削除する事があります。
QR Code
QRコード