2014年05月20日

遥かに遠くへ・・・

いずれはオンラインの仕事が来るのは2000年辺りから
予想はしていた。

そして、3年前から業務が本格化し、忌み嫌うソーシャルから
ごく普通のオンラインまでそれなりに開発、運営するのが現状
となった。

が、、、今はもうそこすら離れて単純に金と規模の話のみと
なりつつある。かつて、ゲームを考えたり、集客を考えていた
あの頃とは遥かに遠いところに来てしまった。

もう面白いものを考えたり、熱中してゲームの事を騒いだりする
事は来ないのだろう・・・などと思っていたが、ふと動画で
TWの楽曲集が。

涙を流すほどの心は残っていなかったが、まだ、あの頃を懐かしむ
だけの思いは残っているようだ。

金と人ばかりに追われる日々だが、原点はここにあり、楽しんで
くれた人がふと思い出して、あの頃は楽しかったと思えるものが
作れるならそれでいい。

この金と人の部分は誰かが背負わないとゲームは作れないのだ。
楽しくはないが、楽しいものを作るにはやらねばならない部分だ。

borisgoto2 at 23:55コメント(7) 

2013年01月01日

目的は達せられたのか

昨年、中盤から異様に業務が忙しくなった。
それもこれもソーシャルやオンラインという仕事のせいで、
通常の家庭用よりも煩雑な内容が増えた影響が大きい。

そもそもメインはいつか自分がオンラインの仕事をやる際の
勉強の場のようなものだった。オンラインの敷居が下がり、
どこもかしこもオンライン要素が必要になった今、自分も
オンライン、持続を求める商売をするようになった。

外野で見ているのと異なり、10歩ほど先を行く先人の
ノウハウ、そして10歩昔のソーシャル黎明期の話だけで
仕事を考える経営者。そして日々続く統計と施策、そして
金額交渉と人員確保。いかに持続という商売が面倒くさいか、
思い知らされた。

そして、その苦労虚しく何年か後には忘れられるのである。

ソーシャルゲームが市場を席巻して自分が抱いていた本当の
不満は彼らが儲けているとか、既存の市場が消えることでは
なく、心に残らないゲームばかりになる事が嫌だった。

今の自分に残っている最後の動機は心に残るようなものを
作ろうという思いだけだと思う。

自分がかつてそういう体験をして、今も思い出せるゲーム
体験、そんなものを新しい人達に刻みたい。

今の仕事が確実に心に残らず、日々が過ぎていくだけにその
思いが膨らんでいく。続きを読む

borisgoto2 at 16:28コメント(12) 

2012年10月13日

特にお題なし(その30)

スマホが主戦場になってきたので、扱う案件数が急激に増えた。
記事を書くのが追いつかないほどに。というよりも忙しいので、
他で何が起きていても、その事に対して心や頭が動かない。

物を考えたり、想像したりするのは余裕が大事だなぁとつくづく
思う。きっと世のエグゼクティブは超絶多忙な日々を完全に遮断
するテクや、完全に自分の時間を確保するなどのテクを持つの
だろう。

そのテクがないと日々多忙で寝ても休まらない→日中の業務が
回らなくなり、脱落。自分の時間が確保できない→仕事に追われ、
次の手が打てず、いつか弾切れ、脱落。という事になるのだろう。
どちらも実は経験済みだ。

積極的に休むとか、全てを無視するという事に対して、内心気が
引けていたのもあるが、ここから先に進むには、このテクは必須
らしい。




borisgoto2 at 21:56コメント(6) 

2012年03月25日

特にお題なし(その29)

本業が多忙になったせいか、表すら滞るのだから裏が停滞
するのは当然だろう。

しかし、こっちでないと話にくいものもある。表は基本的には
記事の内容に対する議論が中心なので、何気ない問いや、
別のネタ投下はやりにくいものだ。

しかし、過去記事のコメントが51…放置し過ぎにも程がある。
本業や会社次第では、ここも続けられるのか若干不安。
(倒産とかではなく、会社がこの手の行為を許さない可能性
もあるという意味で)

borisgoto2 at 05:03コメント(19) 

2011年05月21日

特にお題なし(その28)

特にお題なしも28回目。
今年はあれだけの大震災があったにも関わらず、殆ど何も
変わらず過ごしている人が居たりして良く分からない。

夏は未曾有の電力不足になるというんだが…
外で何があってもなくても忙しさは変わらないが。

borisgoto2 at 22:42コメント(54) 

2011年04月30日

特にお題なし(その27)

特にお題なしも27に。
最近はめっきり忙しくなったので、メインの更新頻度が
ガタ落ち。しかし、忙しいせいなのか、そこらの新作や
アップデート程度のネタでは記事を起こす気になれなく
なりつつある。

一方、実務ではようやく「託す」実感が分かってきた。
かつては物語でしか実感がなかった、命消えるとも、
志消えず的なものを自分も分かるようになったのか…

どこがきっかけだったのかは良く覚えていない。
過去にも先人から得たノウハウを更に後人に伝える事も
してきた。多分、ノウハウではない。言葉で言い表す事
が難しい何かが自分の中にあるような気がする。

それはそれなりの年月が過ぎたから感じられたのかも
しれない。自分もおそらく残り20年くらい、そんな
ものを手渡せる人が出てくるのか、そもそも手渡せる
ものがあるのだろうか。

borisgoto2 at 04:07コメント(0) 

2011年03月02日

特にお題なし(その26)

中々多忙で記事数が減る一方。いや、記事を書く事は
そんなに大変じゃない。実務で心が磨り減っていると
世の中で何が起きていようと、どうでも良くなる。

そんなメンタリティで書いた記事は…それは酷いもの
になる。

borisgoto2 at 00:37コメント(8) 

2011年01月12日

韓ドラ紀行その1

今年に入って一度目。

正直、あまりゲームに興味が無くなって来た。新しいものは
面倒で、かといって古いものは慣れた分遊べるが、時間を
潰しているに過ぎない。そんなに暇じゃなくなってきた。

そんな自分が2,3年前から続けているのは韓ドラだ。
最初はカミサンとのコミュニケーションの充実を計るとか
言う理由だったのだが、これが中々ツボにはまっている。

韓ドラは大きく分けて3つに分類できる。

ひとつは大河ドラマ系、歴史もの。これは人物や専門用語
が難解なので、自分はスルーしている。

もうひとつはルックス系。台湾系の殆どがこれに属する。
若い層が好きなイケメンや若手を使って、漫画などの有名
な版権をドラマでなぞる。

芝居に重みもないし、別に女優の見た目やイケメン見たさ
で見ているわけではないので、これもスルー。カミサンは
良く見る。やはり女だ。続きを読む

borisgoto2 at 19:26コメント(6) 

2010年11月14日

特にお題なし(その25)

定期的に上げるのすら、すっかり忘れていた。
それにしても、もう11月中旬。1年の早さはより早く、
あっという間に歩くのが億劫な歳になってしまうのか…

borisgoto2 at 23:14コメント(11) 

2010年07月25日

結局、人間だと思う

企業としての弁え
[Box Diary]


ファルコムの公式twitterがファミ通をディスるとか。
ファミ通は一般ユーザーにこそ効力を失いつつあるが、
問屋には相変わらず絶大なマストアイテムだ。

メーカーからすれば問屋に買ってもらえないと商売には
ならないので、問屋の仕入れに大きく影響するファミ通
は10年以上も昔からお殿様である。

その為、やり方やら評価の仕方には昔から黒い噂があり、
ユーザーに効力を失いつつあるのは、もうリアルタイム
の評価と自分の望む情報が手に入る時代にそんな一部の
偏っているかもしれない評価を基準にする必要もないと
判断している人が増えてきたせいなのだろう。

あの雑誌でなければ手に入らない情報は特にない。ある
とすれば、ライターを人格として見なし、その人のファン
アイテムとなった場合だろう。

データはどこにでも流れるが、その人の人となり、価値
はそこにしかない。ファミ通は歴史のあるメディアで、
あれを場として考える読者には、かけがえのない毎週の
楽しみなのだ。

今回の問題はファミ通がどうとかではなく、ファルコム
という看板を背負ったtwitterの方である。
続きを読む

borisgoto2 at 00:38コメント(3) 
Recent Comments
  • ライブドアブログ