空を見上げて
トップページ » ネタバレ映画/リンカーン@映画の森てんこ森

ネタバレ映画/リンカーン@映画の森てんこ森

ネタバレ映画/リンカーン@映画の森てんこ森
 映画の森てんこ森■映画解説と予告編とレヴュー■映画ネタバレ
リンカーン
LINCOLN
| 「映画の森てんこ森」表紙 | 新作映画Top | タイトル一覧 | 本ページ更新 |
ネタバレ映画/リンカーン
ネタバレ注意@映画の森てんこ森
ストーリー展開の前知識やネタバレがお好みでない方は、読まないで下さい。
■ネタバレ映画/リンカーン@映画の森てんこ森
 GoogleやYahoo!の検索エンジンで、映画の森てんこ森のネタバレファイルをお探しの場合は、
ネタバレ リンカーン>又は
リンカーン ネタバレ>と入力してください。

【『リンカーン』ネタバレ】
ネタバレご注意:以下の<ネタバレ映画/リンカーン@映画の森てんこ森>のあらすじ・ストーリー・結末にはネタバレが含まれています。映画『 リンカーン (2012) LINCOLN 』をまだご覧になっていない方は、どうかネタバレにご注意ください。
 Warning!Plot synopsis, storyline and story-end items below here contain information that may give away important plot points. You may not want to read any further if you've not already seen this title.

★『 リンカーン 』劇場公開情報
 2013年4月19日(金)より、TOHO シネマズ日劇他全国ロードショー!!
 ※日本配給情報: 劇場公開(20世紀フォックス)


 本ファイル<ネタバレ映画/リンカーン>や、このページの他の「ネタバレ」コンテンツは、先行公開されている海外の映画作品を劇場鑑賞やDVD鑑賞したり、<Wikipedia>英語版の記事やその他の海外映画情報を幸田幸@映画の森てんこ森が翻訳編集したりして、ネタバレ版テキストを作成・アップしています。<ネタバレ映画/リンカーン>のあらすじに私の鑑賞誤解があったり、文章表現が稚拙であったり、直訳的だったり、翻訳ミスがある場合がありますので、どうかご了承くださいますようにお願い申し上げます。

<ネタバレ映画/リンカーン>の仕切り線

【リンカーン/あらすじ結末までネタバレ満開 第01段落】
 陸軍陣営の椅子に座るエイブラハム・リンカーン大統領(ダニエル・デイ=ルイス)。北軍の人種的に分離された大部隊の二人の黒人兵士<アフリカ系アメリカ人を、ここでは奴隷制に関する映画なので敢えて黒人と表記します>が、最近の戦闘の詳細を大統領に報告している。

【リンカーン/あらすじ結末までネタバレ満開 第02段落】
 その黒人兵卒ハロルド・グリーン(コールマン・ドミンゴ)とアイラ・クラーク伍長(デヴィッド・オイェロウォ)は、リンカーン直属で働けるよう等級の昇級を望み、それを聞いてリンカーンは誇りで嬉しくなる。

【リンカーン/あらすじ結末までネタバレ満開 第03段落】
 そこに、入隊したばかりの白人兵士二人(ルーカス・ハース、デイン・デハーン)が。この若い二人はリンカーンのゲティスバーグ演説を聞いて入隊してきたので、ゲティスバーグ演説を暗誦してみせて敬愛の情を示す。しかし、狼狽してしまい、最後の部分を度忘れする。

【リンカーン/あらすじ結末までネタバレ満開 第04段落】
 南北戦争が勃発して四年。リンカーンは大統領に再選されて、北部諸州<米国南北戦争当時の連邦政府を支持>を一体維持するのに苦心しており、合衆国憲法修正第十三条を推し進める決断をずっと熟考している。

【リンカーン/あらすじ結末までネタバレ満開 第05段落】
 奴隷解放宣言は一年半前になしたが、奴隷制度廃止を実行するのは今だとリンカーンは感じる。そして国務長官ウィリアム・スワード(デヴィッド・ストラザーン)の手助けで、合衆国憲法修正第十三条を批准するのに必要な支持を得るため下院議会に手を伸ばし始める。

【リンカーン/あらすじ結末までネタバレ満開 第06段落】
 ホワイトハウス内の居住部に戻ったリンカーンは、見た夢を妻に語っている。岸に向って素早く進む船の夢の説明に熱心に耳を傾けた妻メアリー・トッド・リンカーン(サリー・フィールド)は、夢の解釈を申し出てから、私は妻の代わりに単なる占い師・予言者かと文句を言う。

【リンカーン/あらすじ結末までネタバレ満開 第07段落】
 夫リンカーンは冗談を言ってから、家政婦のエリザベス・ケックリー(グロリア・ルーベン)に妻の世話を任せて部屋を出る。エリザベスは元奴隷。また、リンカーンには12歳の息子タッド・リンカーン(ガリヴァー・マグラス)がおり、暖炉のそばで熟睡中だ。タッドの傍には、数人の奴隷たちの額縁もある。競売に出された幼い黒人の子の写真がある。

【リンカーン/あらすじ結末までネタバレ満開 第08段落】
 国務長官ウィリアム・スワードは下院議員ウィリアム・N・ビルボ(ジェームズ・スペイダー)、ロバート・レザム(ジョン・ホークス)、リチャード・シェル(ティム・ブレイク・ネルソン)の三人を訪れる。修正第十三条を批准するのに必要な票の三分の二を集めるには、民主党員数人の投票を変えさせる必要があるからだ。

【リンカーン/あらすじ結末までネタバレ満開 第09段落】
 リンカーンは、修正第十三条批准への支持を説得するために、影響力のある共和党の保守派フランシス・プレストン・ブレア(ハル・ホルブルック)との会合を持つ。

【リンカーン/あらすじ結末までネタバレ満開 第10段落】
 修正第十三条の批准の支持を求めると、平和協定を始めるのに南部連邦の者たち数人と会うのを許可してくれるならば、リンカーンの修正第十三条を支持するとブレアは提案する。リンカーンはそれを許可し、極秘裏に平和への交渉を始めさせる。

【リンカーン/あらすじ結末までネタバレ満開 第11段落】
 ビルボとレザムとシェルは下院で修正第十三条に関する論争を見つめる。修正第十三条の通過への主な反対勢力は、ニューヨーク市の元市長フェルナンド・ウッド(リー・ペイス)であり、片や、主な支持者はジェームズ・アシュリー(デヴィッド・コスタビル)や奴隷解放急進派のタデウス・スティーブンス(トミー・リー・ジョーンズ)だ。

【リンカーン/あらすじ結末までネタバレ満開 第12段落】
 タデウス・スティーブンスはこの三十年間以上、黒人解放・黒人の平等の権利を提唱してきている急進派の共和党員である。下院の議員数人は選挙区民に再選されなかったのを知って、ビルボとレザムとシェルは、賄賂を贈って修正第十三条に賛成の投票をさせられそうな二十人の議員を探し始める。

【リンカーン/あらすじ結末までネタバレ満開 第13段落】
 リンカーンの息子タッドがホワイトハウスでロバの馬車に乗っていると、リンカーンの年長の息子つまりタッドの年の離れた兄ロバート・リンカーン(ジョゼフ・ゴードン=レヴィット)が大学から帰省した。大統領の祝賀会が済めば大学に戻るには、荷物が多すぎる。リンカーンの妻つまり子供らの母親メアリーはそれに驚く。ロバートは軍人になる決意なのだ。

【リンカーン/あらすじ結末までネタバレ満開 第14段落】
 ロバートは父リンカーンを探してこう訴える。15歳を越えていて軍服を着ていないのは僕だけだし、大学にいても文句を言われないのは、僕が大統領の息子であり、大衆は父さんを愛しているからだ、と。

【リンカーン/あらすじ結末までネタバレ満開 第15段落】
 大統領の祝賀会の晩、奴隷解放急進派のスティーブンスが訪れて、リンカーンの妻メアリーが迎えるが、メアリーの態度は冷たい。それは、メアリーが改装した際に家事を調査されていたからだ。このやり取りの後、リンカーンとスティーブンスは密かに会って修正第十三条について論じ合う。そして何が何でもこの修正議案を通さねばならないということで意見が一致する。

【リンカーン/あらすじ結末までネタバレ満開 第16段落】
 共和党の保守派ブレアは南部から戻ると、ブレアの共和党員たちの支持を得られるとリンカーンに知らせる。共和党員の二大勢力両者の支持を取り付けられたので、あとリンカーンが必要なのは、二十人の民主党員の投票あるいは投票棄権である。

【リンカーン/あらすじ結末までネタバレ満開 第17段落】
 副大統領アレクサンダー・スティーヴンズ(ジャッキー・アール・ヘイリー)と陸軍長官ジョン・アーチボルド・キャンベル (グレゴリー・イッツェン)ら、南部連邦からの使節三人がワシントンへの旅に出る。

【リンカーン/あらすじ結末までネタバレ満開 第18段落】
 彼らは北軍兵士たちに、バージニア州にいる北軍の陸軍中将ユリシーズ・S・グラント(ジャレッド・ハリス)の元へ連れて行かれる。そして、講和条約の事項を伝える。するとグラントは、リンカーンと会いたいと思うのなら、降伏を考えておいた方がいいと語る。

【リンカーン/あらすじ結末までネタバレ満開 第19段落】
 ワシントンでは、南北戦争終結への講和条約の噂が流れて、合衆国憲法修正第十三条の進展は狂わされる。成功確実な議員数人が、スワードら三人の議会工作員に、考えを変えたと伝える。リンカーンは、必要な投票数を確保するのに必要なことは出来る限り早く何でもやれと三人に促す。

【リンカーン/あらすじ結末までネタバレ満開 第20段落】
 講和条約の噂のために工作が狂わされていることを三人がリンカーンに訴えると、バージニア州の代表派遣を修正第十三条が通過する前にワシントンに到着させないために、遅らせるようにと、リンカーンはグラントに電報を打つ。

【リンカーン/あらすじ結末までネタバレ満開 第21段落】
 ビルボは、揺り動いている下院議員のことをリンカーンに話し、リンカーンはその男に会って考えを変えさせようと、秘密裏に会合を持つ。三人の議会工作員は、民主党の連邦議会議員クレイ・ホーキンス(ウォルトン・ゴギンズ)に州の役所の郵政局長の地位をオファーして、働きかけ始める。

【リンカーン/あらすじ結末までネタバレ満開 第22段落】
 リンカーンは長男ロバートを馬車に乗せて、陸軍病院に連れ出す。手足を切断されたりした負傷兵たちが治療を受けている所なので、ロバートは父親の魂胆が分かって入るのを拒否する。父としてリンカーンは息子に入隊させたくはないのだ。

【リンカーン/あらすじ結末までネタバレ満開 第23段落】
 病院の裏から荷車が押されて出てきて、赤い液体を流しているのをロバートは目撃し、跡を追う。すると切断された手足の処理場だと分かって、ロバートは嘔吐して泣く。リンカーンがそれに気付いて、どうしたのか訊くと、僕は戦争に行かねばならないのだと応える。駄目だと言う父に、息子は反抗して、怒って去って行く。

【リンカーン/あらすじ結末までネタバレ満開 第24段落】
 リンカーンは結局、グラント陸軍中将の個人的使節として息子ロバートが戦争に行くことを許した。妻メアリーはそれを知って激怒し、息子一人を腸チフスで失ったばかりだというのに長男まで戦死させるつもりなの、と叫ぶ。

▲TOPへ

◆ここからは、結末まで書いてネタバレしていますので、ストーリー全体が分ります。御注意下さい。
 ATTN: This review reveals the movie content. Please don't say that I didn't say !


★以下のネタバレ日本語訳は、映画『リンカーン』の公開日2013年4月19日(金)の翌日、又は翌日以降に公開予定ですが、映画をご覧になる前に、前もって<ストーリー/あらすじ/結末までの完全ネタバレ日本語版>をお読みになりたい方は、以下をクリックしてください。

 ・・・続きは<ネタバレ結末/リンカーン>をお読みください⇒


【感謝とお願い】多くの皆様にこのネタバレコーナーにアクセス頂き、ありがとうございますm(__)m
 GoogleやYahoo!の検索エンジンで、映画の森てんこ森のネタバレファイルをお探しの場合は
ネタバレ リンカーン>又は
リンカーン ネタバレ>と入力してください。

 もしクリックしてもネタバレファイルにジャンプしない場合は、映画会社や配給会社への配慮として、まだリンクを貼っていない期間です。リクエスト・メールが多い場合は(お返事は出せませんが)、タイミングを見計らって、映画公開一週間前にはアップしますので、どうかご了承ください。
以上。

※参考資料:映画『リンカーン』-Wikipedia、『LINCOLN』-Wikipedia英語版、『LINCOLN』-IMDb、『リンカーン』EPK、公式サイト
| ←前の閲覧ページに戻る |▲TOP | ▲目次 |
映画の森てんこ森代表:幸田幸
coda_sati@hotmail.com
「映画の森てんこ森」へ 「旅行の森てんこ森」へ
映画解説・レヴュータイトル一覧表へ
映画の森てんこ森 バナー03

映画の森てんこ森 coda21幸田幸 クレジット バナー01
幸のイタリア各都市情報へ
旅行の森てんこ森 バナー03
136x70
本サイトの作文、データ及び画像などのコンテンツの無断転用はお控え下さい。
貴サイトへの御掲載についてはメールにてお知らせ頂ければ幸いです。
© 2002-2013 Sachi CODA at Eigano-Mori Tenko-Mori, CODA21. All Rights Reserved.



borocsoborocso  at 20:20
コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星